ブログ

同時期にブログを始めたフォロワーがほぼ息をしていない【最も難しいのは継続すること】

Twitterを見ていたら同時期にブログを開設したフォロワーたちがほとんど存在していないことに気がついてしまった。

毎日更新を継続していたあの人、ブログのノウハウをつぶやきまくっていたあの人、#ブログ初心者を全てのツイートに付けていたあの人。

今回は消えていったブロガーたちへの鎮魂歌としてこの記事を殴り書きした次第だ。

同期ブロガーはほぼ絶滅危惧種

あんなにたくさんいた同期ブロガーはツイッター上でほぼ消息不明。

ブログを見ても全く更新されていないので、彼ら彼女らはもうブログを辞めてしまったのかもしれない。

「月収5桁ブロガー」とか「10万PV達成」とか報告のツイートをしていたのに。

そんな有能なブロガーが消えて、私のような底辺ブロガーが生存している。アンビリーバボー。

2020年初旬はコロナによるテレワークが始まった時期

ゴリブロを開設したのは2020年2月。この時期はちょうどコロナ禍によるテレワークが世の中に広まっていった時期だった。

コロナにより今後の生活に不安を覚えた人たちが一斉に副業を始め、まさに副業ブームと言って差し支えないような状況だったことを今でも覚えている。

テレワーク中に出来る手軽な副業として多くの人が選んだのがブログだったんだと思う。この時期にブログを始めた人はとても多かったはずだ。

絶滅した同期ブロガーの特徴

ここからは活動をやめてしまった同期ブロガーに共通していた特徴を紹介する。

総じて言えることだけど消息を絶ったブロガーはみんな、ブログを書いている事が楽しそうじゃなかった

楽しくないことは続かない。世の真理だね。

毎日更新の使命感に追われていた

ブログを開設した当初は誰しも情熱に燃えていたと思う。私もそのうちの一人だ。

誰もが毎日更新に挑戦して、いつの間にか隔日更新になり、そのうち自分のライフワークの負担にならないペースでのブログ更新に落ち着く。

しかし、一部の人は毎日更新をすることが目的になっているんじゃないか?と思うようなペースでブログを書き続けていた。ヤバい人だと1日2記事更新していて、コイツいつ寝てんねん、と突っ込みたくなるようなペースだった。

盛者必衰、という言葉が非常にマッチしている。

ブログ収益化のみが目的

2020年は所謂ビジネス系Youtuberが増えた年だった。

ビジネス系Youtuberとは

ビジネス・投資・副業などの内容で動画を投稿している人達

中田敦彦・両学長・マナブなど

コロナ禍により起こった今後の不安感も後押しして、副業を勧めるビジネス系Youtuberの動画が爆発的に増えたんだ。

そんなビジネス系Youtuberを信仰する人たちが副業としてブログを初めて、思ったように稼げずについにはブログを書くことを辞めてしまったんだと思う。

ある日突然、啓発本みたいなことをTwitterでつぶやく

Twitterを利用していたらブロガーじゃなくても一度は目にした光景だと思う。

最初はブログを更新したことや、ブログへの熱い思いを綴っていた人たちがある日突然啓発本のコピペみたいな事をつぶやく様になってしまうんだ。

何かに取りつかれたように突然変化するから恐怖しか感じない。そしていつの間にかブログの更新は途絶え、毎日決まった時間に機械的なツイートを残し続けていく。

まさに現代のホラーと言えるのではないだろうか。

アイアンマンを作ろうとしている

ブログを始めたばかりの時にTwitterでDMを何度も送ってきた人がいた。

彼のプロフィールページを見ると「アイアンマンを作るのが夢」と書いてあったんだ。

そんな彼から送られてきたDMの一部が下記。

僕は現在、夢の実現のために資産構築型(ストック型)の事業を展開しています!

事業拡大に際して新たにメンバーを募集していて、プロフを拝見させて頂いて、向上心・行動力がありこの企画にうってつけの人物だと思いお声がけさせていただきました!

長期にわたる基盤となる権利収入を構築し、それを元手に自分のしたいことに発展させて行く、インターネット上での事業です。

詳細をまとめた事業動画を用意してますのでご覧になりますか?

何一つとして具体的な内容が伝わってこない文章。

こいつはヤバい、と思って無視し続けていたんだけど今回この記事を書くにあたって消息を確認したらTwitterが非公開になっていた。

事業動画とは一体どんなものだったのだろうか。もう確かめる術がないのでかなしい(嘘)。

結局みんな簡単に稼ぐことが目的

結局の所、みんなお金が大好きなんだと思う。

副業ブームに加えて、コロナ禍の不安が後押しして、好きな時間に好きな内容を書くことが出来るブログに副業に燃える人たちが群がってしまっただけのお話。

去年に比べて経済が回りだした現時点では以前に比べて世間の副業熱は少なくなっている。

物事は楽しいから続けられる

当ブログ「ゴリブロ」は2021年2月に開設をしたので既に1年以上が経過している。

そんなゴリブロの収益は1ヶ月で約1,000円程度だ。

それでも私がブログを書き続けるのはブログを書くことが楽しいから。書くことをお休みした期間もあるけど、そもそもブログを書くことを他人に矯正されているわけじゃない。

楽しければ続けるし、つまらなくなったら辞めればいい。

今後も自己満足バリバリの当ブログ「ゴリブロ」をよろしくお願いいたします。

新着記事

アウトドア ガジェット

2024/4/15

【雨対策】超軽量で超コンパクトな折りたたみ傘と出会った話【KIZAWA】

雨の日に出かけるときの必需品である傘。 しかしビニール傘は大きくて邪魔になるし、一般的な折りたたみ傘もバッグに入れておくには大きすぎる。 そんな時に超軽量で超コンパクトなKIZAWAとかいうメーカーが販売している折りたたみ傘に出会った。 感動するほど軽すぎるKIZAWAの折りたたみ傘を紹介する。 KIZAWAの折りたたみ傘は1/2の重さ KIZAWAの折りたたみ傘はとにかく軽い。 その重さはたったの69g。野菜のキュウリが100gくらいなので、KIZAWAの傘がどれだけ軽いかが分かってもらえると思う。 ス ...

続きを見る

お得情報 ライフハック 一人暮らし

2024/3/31

【蚊を必ず殺す】1,000円以下で200日使える「蚊がいなくなるスプレー」。ワンプッシュで部屋の蚊を撃退する。【効果抜群】

寝てるときに蚊の羽音で目を覚ました経験をした人は多いはずだ。 目を覚ます→電気をつける→蚊を探す→見つからない→電気を消す→蚊の羽音で目を覚ます(以後無限ループ)。 ただでさえ夏場は暑さで体力が低下しやすいのに、蚊の出現ごときで睡眠時間を削られたくはない。 今回はそんな悩みを一発で解決する「蚊がいなくなるスプレー」について紹介する。 「蚊がいなくなるスプレー」で部屋の蚊が消滅する。 結論から言ってしまえば、アース製薬から発売している「押すだけノーマット スプレータイプ」を部屋でワンプッシュするだけで部屋の ...

続きを見る

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/12

【体験談】親知らずを抜歯して死にかけた話【痛みが来たのは4日後】

33歳にして俺はついに親知らずを抜いてきた。 術後は全く痛くなくて「あれ?これ余裕じゃね?」とか思っていたんだけど、まさかの親知らずを抜いて4日後に痛みがきて死にかけたんだ。というか今まさに俺は死にかけている。 この耐えがたい痛みをこの記事を見てくれる人と共有するために、今回は親知らずを抜いた体験談を書き殴っていく。 親知らずを抜くメリット・デメリット 「親知らずは抜いたほうがいいよ」と言ってくる人は腐るほどいたけど、明確にメリットとデメリットを提示してくれた人は今までいなかった。 どうせ金をかけるんだか ...

続きを見る

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/4

【体験談】ヒゲ脱毛は湘南美容クリニックの一択だった【大手・最安・単発OK】

数社のヒゲ脱毛カウンセリングを受けた結果、湘南美容クリニックで施術を受けることに決めた。 今回は数ある脱毛サロンのなかで俺が湘南美容クリニックを選んだ理由と実際の体験談を紹介するので参考にしてほしい。 ヒゲ脱毛をするメリット ヒゲ脱毛をして得られるメリットは下記。 ヒゲを剃る時間が無くなる。 清潔感がアップする カミソリなどの出費が無くなる ヒゲ剃りで失う時間は1日10分と言われている。 年間にすると3,650分、つまり約60時間も無駄にしているという計算になる。20歳から33歳までヒゲを剃り続けている俺 ...

続きを見る

DIY ガジェット ライフハック

2024/1/28

【壁美人】賃貸ワンルームでも簡単に壁掛けテレビが実現する【壁を傷つけない】

壁掛けテレビの取り付けといえば「壁に穴をあける」「ねじを壁に打つ」「DIYで突っ張り柱に取り付ける」などをイメージする人が多いだろう。しかし、賃貸アパートで壁に穴をあけると退去時に原状回復の費用負担になるし、DIYで突っ張り柱を作るとなると利便性よりも面倒臭さが勝つ。 それに引き換え「壁美人」はホチキスの針で取り付けるから壁へのダメージを最小限に抑えることができる。 今回は壁美人を使って賃貸ワンルームに壁掛けテレビを導入したので紹介する。俺と同じく賃貸で壁掛けテレビを検討している人の参考になれば幸い。 部 ...

続きを見る

体験談

2024/1/19

【目標】2024年は記憶に残る年にしなければならない【東京都在住33歳独身男性】

いつのまにか2023年が終わっていた。振り返っても大した記憶がない。 今年で34歳になるのに記憶にも記録にも残らない1年を送っていた、という絶望が俺の心を駆け巡る。 このままだといつの間にか老衰で死ぬ。それは避けなければいけない。 というわけで2024年の目標を書き殴っていく。 2023年の記憶はない Q.1年間の思い出は何ですか? A .無いんだな。これが。 2023年を振り返り思い出すことは仕事のことばかり。 残業時間は100~200時間/月を維持し続けた結果、会社のあらゆる人間に”すずきは仕事好き” ...

続きを見る

-ブログ