ブログ

同時期にブログを始めたフォロワーがほぼ息をしていない【最も難しいのは継続すること】

2021年7月31日

Twitterを見ていたら同時期にブログを開設したフォロワーたちがほとんど存在していないことに気がついてしまった。

毎日更新を継続していたあの人、ブログのノウハウをつぶやきまくっていたあの人、#ブログ初心者を全てのツイートに付けていたあの人。

今回は消えていったブロガーたちへの鎮魂歌としてこの記事を殴り書きした次第だ。

同期ブロガーはほぼ絶滅危惧種

あんなにたくさんいた同期ブロガーはツイッター上でほぼ消息不明。

ブログを見ても全く更新されていないので、彼ら彼女らはもうブログを辞めてしまったのかもしれない。

「月収5桁ブロガー」とか「10万PV達成」とか報告のツイートをしていたのに。

そんな有能なブロガーが消えて、私のような底辺ブロガーが生存している。アンビリーバボー。

2020年初旬はコロナによるテレワークが始まった時期

ゴリブロを開設したのは2020年2月。この時期はちょうどコロナ禍によるテレワークが世の中に広まっていった時期だった。

コロナにより今後の生活に不安を覚えた人たちが一斉に副業を始め、まさに副業ブームと言って差し支えないような状況だったことを今でも覚えている。

テレワーク中に出来る手軽な副業として多くの人が選んだのがブログだったんだと思う。この時期にブログを始めた人はとても多かったはずだ。

絶滅した同期ブロガーの特徴

ここからは活動をやめてしまった同期ブロガーに共通していた特徴を紹介する。

総じて言えることだけど消息を絶ったブロガーはみんな、ブログを書いている事が楽しそうじゃなかった

楽しくないことは続かない。世の真理だね。

毎日更新の使命感に追われていた

ブログを開設した当初は誰しも情熱に燃えていたと思う。私もそのうちの一人だ。

誰もが毎日更新に挑戦して、いつの間にか隔日更新になり、そのうち自分のライフワークの負担にならないペースでのブログ更新に落ち着く。

しかし、一部の人は毎日更新をすることが目的になっているんじゃないか?と思うようなペースでブログを書き続けていた。ヤバい人だと1日2記事更新していて、コイツいつ寝てんねん、と突っ込みたくなるようなペースだった。

盛者必衰、という言葉が非常にマッチしている。

ブログ収益化のみが目的

2020年は所謂ビジネス系Youtuberが増えた年だった。

ビジネス系Youtuberとは

ビジネス・投資・副業などの内容で動画を投稿している人達

中田敦彦・両学長・マナブなど

コロナ禍により起こった今後の不安感も後押しして、副業を勧めるビジネス系Youtuberの動画が爆発的に増えたんだ。

そんなビジネス系Youtuberを信仰する人たちが副業としてブログを初めて、思ったように稼げずについにはブログを書くことを辞めてしまったんだと思う。

ある日突然、啓発本みたいなことをTwitterでつぶやく

Twitterを利用していたらブロガーじゃなくても一度は目にした光景だと思う。

最初はブログを更新したことや、ブログへの熱い思いを綴っていた人たちがある日突然啓発本のコピペみたいな事をつぶやく様になってしまうんだ。

何かに取りつかれたように突然変化するから恐怖しか感じない。そしていつの間にかブログの更新は途絶え、毎日決まった時間に機械的なツイートを残し続けていく。

まさに現代のホラーと言えるのではないだろうか。

アイアンマンを作ろうとしている

ブログを始めたばかりの時にTwitterでDMを何度も送ってきた人がいた。

彼のプロフィールページを見ると「アイアンマンを作るのが夢」と書いてあったんだ。

そんな彼から送られてきたDMの一部が下記。

僕は現在、夢の実現のために資産構築型(ストック型)の事業を展開しています!

事業拡大に際して新たにメンバーを募集していて、プロフを拝見させて頂いて、向上心・行動力がありこの企画にうってつけの人物だと思いお声がけさせていただきました!

長期にわたる基盤となる権利収入を構築し、それを元手に自分のしたいことに発展させて行く、インターネット上での事業です。

詳細をまとめた事業動画を用意してますのでご覧になりますか?

何一つとして具体的な内容が伝わってこない文章。

こいつはヤバい、と思って無視し続けていたんだけど今回この記事を書くにあたって消息を確認したらTwitterが非公開になっていた。

事業動画とは一体どんなものだったのだろうか。もう確かめる術がないのでかなしい(嘘)。

結局みんな簡単に稼ぐことが目的

結局の所、みんなお金が大好きなんだと思う。

副業ブームに加えて、コロナ禍の不安が後押しして、好きな時間に好きな内容を書くことが出来るブログに副業に燃える人たちが群がってしまっただけのお話。

去年に比べて経済が回りだした現時点では以前に比べて世間の副業熱は少なくなっている。

物事は楽しいから続けられる

当ブログ「ゴリブロ」は2021年2月に開設をしたので既に1年以上が経過している。

そんなゴリブロの収益は1ヶ月で約1,000円程度だ。

それでも私がブログを書き続けるのはブログを書くことが楽しいから。書くことをお休みした期間もあるけど、そもそもブログを書くことを他人に矯正されているわけじゃない。

楽しければ続けるし、つまらなくなったら辞めればいい。

今後も自己満足バリバリの当ブログ「ゴリブロ」をよろしくお願いいたします。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-ブログ