ブログ

同時期にブログを始めたフォロワーがほぼ息をしていない【最も難しいのは継続すること】

2021年7月31日

Twitterを見ていたら同時期にブログを開設したフォロワーたちがほとんど存在していないことに気がついてしまった。

毎日更新を継続していたあの人、ブログのノウハウをつぶやきまくっていたあの人、#ブログ初心者を全てのツイートに付けていたあの人。

今回は消えていったブロガーたちへの鎮魂歌としてこの記事を殴り書きした次第だ。

同期ブロガーはほぼ絶滅危惧種

あんなにたくさんいた同期ブロガーはツイッター上でほぼ消息不明。

ブログを見ても全く更新されていないので、彼ら彼女らはもうブログを辞めてしまったのかもしれない。

「月収5桁ブロガー」とか「10万PV達成」とか報告のツイートをしていたのに。

そんな有能なブロガーが消えて、私のような底辺ブロガーが生存している。アンビリーバボー。

2020年初旬はコロナによるテレワークが始まった時期

ゴリブロを開設したのは2020年2月。この時期はちょうどコロナ禍によるテレワークが世の中に広まっていった時期だった。

コロナにより今後の生活に不安を覚えた人たちが一斉に副業を始め、まさに副業ブームと言って差し支えないような状況だったことを今でも覚えている。

テレワーク中に出来る手軽な副業として多くの人が選んだのがブログだったんだと思う。この時期にブログを始めた人はとても多かったはずだ。

絶滅した同期ブロガーの特徴

ここからは活動をやめてしまった同期ブロガーに共通していた特徴を紹介する。

総じて言えることだけど消息を絶ったブロガーはみんな、ブログを書いている事が楽しそうじゃなかった

楽しくないことは続かない。世の真理だね。

毎日更新の使命感に追われていた

ブログを開設した当初は誰しも情熱に燃えていたと思う。私もそのうちの一人だ。

誰もが毎日更新に挑戦して、いつの間にか隔日更新になり、そのうち自分のライフワークの負担にならないペースでのブログ更新に落ち着く。

しかし、一部の人は毎日更新をすることが目的になっているんじゃないか?と思うようなペースでブログを書き続けていた。ヤバい人だと1日2記事更新していて、コイツいつ寝てんねん、と突っ込みたくなるようなペースだった。

盛者必衰、という言葉が非常にマッチしている。

ブログ収益化のみが目的

2020年は所謂ビジネス系Youtuberが増えた年だった。

ビジネス系Youtuberとは

ビジネス・投資・副業などの内容で動画を投稿している人達

中田敦彦・両学長・マナブなど

コロナ禍により起こった今後の不安感も後押しして、副業を勧めるビジネス系Youtuberの動画が爆発的に増えたんだ。

そんなビジネス系Youtuberを信仰する人たちが副業としてブログを初めて、思ったように稼げずについにはブログを書くことを辞めてしまったんだと思う。

ある日突然、啓発本みたいなことをTwitterでつぶやく

Twitterを利用していたらブロガーじゃなくても一度は目にした光景だと思う。

最初はブログを更新したことや、ブログへの熱い思いを綴っていた人たちがある日突然啓発本のコピペみたいな事をつぶやく様になってしまうんだ。

何かに取りつかれたように突然変化するから恐怖しか感じない。そしていつの間にかブログの更新は途絶え、毎日決まった時間に機械的なツイートを残し続けていく。

まさに現代のホラーと言えるのではないだろうか。

アイアンマンを作ろうとしている

ブログを始めたばかりの時にTwitterでDMを何度も送ってきた人がいた。

彼のプロフィールページを見ると「アイアンマンを作るのが夢」と書いてあったんだ。

そんな彼から送られてきたDMの一部が下記。

僕は現在、夢の実現のために資産構築型(ストック型)の事業を展開しています!

事業拡大に際して新たにメンバーを募集していて、プロフを拝見させて頂いて、向上心・行動力がありこの企画にうってつけの人物だと思いお声がけさせていただきました!

長期にわたる基盤となる権利収入を構築し、それを元手に自分のしたいことに発展させて行く、インターネット上での事業です。

詳細をまとめた事業動画を用意してますのでご覧になりますか?

何一つとして具体的な内容が伝わってこない文章。

こいつはヤバい、と思って無視し続けていたんだけど今回この記事を書くにあたって消息を確認したらTwitterが非公開になっていた。

事業動画とは一体どんなものだったのだろうか。もう確かめる術がないのでかなしい(嘘)。

結局みんな簡単に稼ぐことが目的

結局の所、みんなお金が大好きなんだと思う。

副業ブームに加えて、コロナ禍の不安が後押しして、好きな時間に好きな内容を書くことが出来るブログに副業に燃える人たちが群がってしまっただけのお話。

去年に比べて経済が回りだした現時点では以前に比べて世間の副業熱は少なくなっている。

物事は楽しいから続けられる

当ブログ「ゴリブロ」は2021年2月に開設をしたので既に1年以上が経過している。

そんなゴリブロの収益は1ヶ月で約1,000円程度だ。

それでも私がブログを書き続けるのはブログを書くことが楽しいから。書くことをお休みした期間もあるけど、そもそもブログを書くことを他人に矯正されているわけじゃない。

楽しければ続けるし、つまらなくなったら辞めればいい。

今後も自己満足バリバリの当ブログ「ゴリブロ」をよろしくお願いいたします。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ブログ

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5