オーディオ

【骨伝導イヤホン】耳を塞がないから環境音が聞こえる。ただし騒音は苦手なイヤホン【AfterShokz:TREKZ AIR】

2021年8月1日

みなさんは「骨伝導イヤホン」を使用したことがあるだろうか?

骨伝導イヤホンは耳の穴を塞がない。だから音楽を聞きながら周囲の環境音を聞き取ることが出来るんだ。

今回は私が1年以上愛用している骨伝導イヤホンの「 AfterShokz TREKZ AIR」を紹介する

1万円で購入できる骨伝導イヤホン

AfterShokz TREKZ AIRは骨伝導イヤホンの中では比較的低価格。

接続方法はBluetooth通信だから、接続デバイスと簡単にペアリングすることが出来る。ペアリングはデバイス側で設定するのでAfterShokz AIR本体で面倒な操作は一切なし。

しかも、AfterShokz TREKZ AIRには購入から2年間の無料保証が付いている。保証期間なら故障しても無料で交換が可能。すごい。

骨伝導ってなに?

骨伝導イヤホンとは

骨に振動を伝えて、脳に音を伝える事が出来るイヤホン

通常のイヤホンで音を聴く場合は、耳の穴を塞いで鼓膜から音を伝えて脳が認識する。
骨伝導の場合は、頭蓋骨に音の振動を直接伝えることで、耳を塞がずに音を伝えることが出来る。

骨伝導の最大のメリットは、耳の穴を塞がないので周囲の音が聞こえやすいこと。

スポーツや徒歩などの移動時、作業時などの環境音が聞こえて欲しい状況で最も効果を発揮する。

TREKZ AIRのスペック

製品スペック
スピーカー方式 骨伝導変換器
周波数特性 20Hz ~ 20,000Hz
音響感度 100 ± 3dB
音声マイク特性 - 40dB ± 3dB
スピーカーインピーダンス 11.4 omh 
重量 約30g
接続方法 Bluetooth通信
Bluetooth通信距離 最大10m程度
対応プロファイル A2DP/AVRCP/HSP/HFP
バッテリー駆動時間

約6時間(連続再生)

20日間(スタンバイ状態)

充電時間 約2時間
充電端子 micro-USB端子

TREKZ AIRは耳を塞がない

AfterShokz TREKZ AIRは独自に特許を取得した骨伝導技術により、耳を塞がずに音楽を楽しむことが出来る。

引用元:公式HP

一般的なイヤホンは耳穴を塞いでしまい蒸れてしまうのに対して、AfterShokz TREKZ AIRは耳を塞がないので蒸れることは無い。

圧迫感や閉塞感も無く、長時間装着も苦にならない。

TREKZ AIRはメガネをかけたまま使える

AfterShokz TREKZ AIRは耳にかける仕様なんだけど、メガネをかけたままでも装着が可能。

私は耳にかけたAfterShokz TREKZ Airの上にメガネのテンプルを乗せている。AfterShokz AIRの上にテンプルを乗せることで幅を取らず耳の負荷が小さくなる。長期間装着するならオススメ。

TREKZ AIRは低音が弱い

骨伝導技術のデメリットなのかは分からないがAfterShokz TREKZ AIRは低音が弱い。

人の声とか高温はそこそこ聞き取りやすいんだけど、低音は壁一枚挟んだ先から聴こえてくるような薄っぺらさがある。ドンシャリ感は感じない。

イコライザーモードの変化はほぼ無し

音楽再生時に音量調節ボタン(+/-)の同時押しで低音ブーストモードに変更することが可能。

だけどその差は私の耳では全く感じられなかった。

TREKZ AIRは通話は「静かな場所」なら快適

AfterShokz TREKZ AIRには通話用マイクが搭載されていて、ハンズフリーで通話をすることが可能。

デュアルノイズキャンセリングマイクが搭載されていて周囲のノイズをかき消して相手に声を伝えられる、というのがメーカーが謳っている特徴なんだけど残念ながら期待はずれだった。

AfterShokz TREKZ AIRの音量はそこまで大きくならないので、雑踏の中ではイヤホンの音を聞き取ること自体がほぼ不可能。

デュアルノイズキャンセリング機能は期待はずれ

AfterShokz TREKZ AIRのマイクは右耳部分に搭載されている。

通話用マイク

集音能力が低いのかは分からないが、AfterShokz TREKZ AIRでハンズフリー通話をしている時に相手から「声が小さくて聞こえにくい」と何度も言われてしまった。

かなり大きな声で話していたので、これ以上大きな声を出すとヤバい人間と思われてしまう。駅の構内や町中でハンズフリー通話をすることは止めておいたほうがいいだろう。

TREKZ AIRはイヤホンで音量調節が可能

AfterShokz TREKZ AIRは右耳の後ろのバッテリー部分に音量調節ボタンが搭載されている。

音量調節ボタンを押すと、接続デバイスの音量を操作することが出来る。

音量を上げすぎると音漏れする

AfterShokz TREKZ AIRは骨伝導部分にスピーカーも搭載されていて、音の聴き取りやすさを補助している。

スピーカーなので音量を上げすぎると激しい音漏れを発生させてしまう。さらに音を大きくするために骨伝導部分も大きく震えるので、こめかみに大きい振動が伝わり長時間装着していると痒くなってくる。

騒音の中でAfterShokz TREKZ AIRの音量は上げすぎてはいけない。

TREKZ AIRのバッテリー持ちは抜群に良い

AfterShokz TREKZ AIRはスタンバイ状態なら約20日間、連続再生ならメーカー公称で6時間の使用が可能。

体感のバッテリー持ちは更に良く、連続再生7時間~8時間くらい出来ているように感じた。

バッテリー充電を100%にするまでの時間は約2時間。

たった30gのボディでこの充電持ちはそこそこ優秀。ただ他のイヤホンは急速充電などに対応している製品が増えてきたから、早々に急速充電対応のモデルと発売して欲しい。

バッテリー残量の確認方法

音楽を再生していない状態で音量調節ボタン(+)を1回押す。

TREKZ AIRは防水・防塵規格を取得済み

AfterShokz TREKZ AIRはIP55の防水規格を取得している。

IP55の防水・防塵能力

防水能力:噴流に対して保護。

防塵能力:粉塵が内部に侵入することを防止する。若干の粉塵の侵入があっても正常な運転を阻害しない。

IP55あれば汗や雨くらいなら安心して使用ができる。

使用時は充電キャップを確認

充電用の端子はキャップで保護できているのでその点も心配無用。

充電キャップが開いていると水が入ってしまって AfterShokz AIRが壊れてしまうから使用前にはチェックが必要。

TREKZ AIRの保証期間は2年間

一般的なイヤホンメーカーの保証期間が6ヶ月~1年なのに対して、 AfterShokz TREKZ AIRの保証期間は2年間。

イヤホンは壊れやすいのはだいたい1年が経ってからなので、 AfterShokz TREKZ AIRの保証はかなり手厚い。

壊れたら保証書に書いてある連絡先に連絡するだけで修理・交換の対応をしてくれる。

私も一度交換対応をしてもらったことがあるが、だいたい一週間くらいで新品の AfterShokz TREKZ AIRがメーカーから郵送で送られてきた。消費者としてはありがたいけど、2年保証は太っ腹すぎ。

TREKZ AIRの最適解はランニング

周囲の環境音を聞きながら、音楽を楽しむ用途がAfterShokz TREKZ AIRの最適な使用方法だ。

ランニングや筋トレなどのスポーツ時の使用であれば、AfterShokz TREKZ AIRのパフォーマンスを十二分に発揮できる。

しかし野外で使用する場合は、音楽を楽しみすぎて注意散漫になると重大な事故になる可能性があるので注意が必要だ。

骨伝導イヤホンは体験としてもかなり面白い機構なので、今まで体験していない人はぜひ一度は骨伝導の体験をしてもらいたい。

最新モデルのAEROPEXは約2万円

TREKZ AIRは2年以上前のモデル。

最新版モデルのAEROPEXの改善点・比較は下記。

  AEROPEX AIR
重量 26g 30g
バッテリー駆動時間 8時間(連続再生) 6時間(連続再生)
防水/防塵規格 IP67 IP55

ここに1万円の価格差があるかは個人差があるけど、イヤホンにこだわりがない人や初めて骨伝導イヤホンを購入する人は型落ちのTREKZ AIR で十分。

だが型落ち品はいつか商品ラインナップから無くなってしまうので購入するならお早めに。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-オーディオ

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5