ライフハック

東北地方民が楽天Unlimitedを半年契約した感想【オススメできる人・できない人】

2021年1月24日

CMや広告でさんざん取り上げられている「楽天モバイル」。

1年間使用料無料に釣られて、かくいう筆者も2020年4月に契約をした。

早いもので約半年が過ぎたので、東北地方民が楽天モバイルを契約した感想を記事にする。

楽天Unlimitedを契約するにはまだ早い

東北地方に住んでいる人に楽天モバイルをオススメできるか?と聞かれれば、答えは否だ。

楽天モバイルはオススメできない。

まだまだ第4のキャリアとしてのスタートを切ったばかりの楽天モバイルは使いづらいポイントが多い。

通話が不安定

電波基地局が少ないせいなのか、何なのかは不明だが電話の通信品質は悪い。

電話を掛けるとベルの音が鳴らないのは日常茶飯事。

通話中に突然切れてしまうことも少なくない。

「楽天Link」というアプリを使用すれば、電話代が無料になるのはありがたいけど、快適に電話ができなければ意味がない。

データ通信量は5GB/月まで

楽天モバイルの新プラン「楽天Unlimited」はデータ通信量無制限を売りにしているんだけど、それは楽天回線の範囲内のみのお話。

楽天回線外の通信は、au回線を借りてパートナー回線として5GB/月までが無料通信の範囲になる。

1ヶ月に5GBを超えてしまっても、電波制限がかかるのみで1Mbpsの通信速度で通信は可能。

しかし、通信速度は遅いのでできることは限られてくる。

1Mbpsでできること

1Mbpsは通信速度としては遅く、できるとは言えど読み込み速度の遅延は避けられない。

通信量が多くない下記の使い方であれば、1Mbpsでも十分に利用は可能。

1Mbpsで出来ること

  • ブラウジング

  • LINE

  • SNSの閲覧(Twitter・Instagramなど)

  • 地図アプリ

  • You Tube視聴(低~中画質)

こうしてみると1Mbpsでも出来ることは十分に多い。スマホのヘビーユーザーでない限りは速度制限になっても十分に使用できる通信速度だ。

1Mbpsで難しいこと

上記で記載しなかった大容量のデータ通信が前提となるアプリゲームなどは1Mbpsの通信速度は起動すら難しい。

1Mbpsで難しいこと

  • アプリゲーム
  • 動画視聴(高画質)
  • Amazonなどのショッピングサイト
  • ダウンロード全般
  • アップロード全般

ゲームを外でも長時間する人には、快適とは言えない環境だろう。

ショートメールは無料対象外

AmazonセキュリティやTwitterの認証コード、各種デバイスの2段階パスワードで必要となるショートメール(SNS)は無料データ通信の対象外。

筆者も実際に楽天モバイルを使用するまで知らなかった。盲点だよね。

ネット銀行の登録などで2段階パスワードは比較的多く使用することが多い。

毎月毎月100円位を払っていて、支払いが目立つ。

小さい出費だけど、無料だと思っていたから結構衝撃的だった。

キャリアのメールアドレスは使えない

乗り換えの手間の一つになっている人も多いと思うが、楽天Unlimitedにはキャリアメールアドレスが存在しない。

auの「~@ezweb.ne.jp」、Docomoの「~@docomo.ne.jp」、Softbankの「~@softbank.ne.jp」、各キャリアで設定されているアドレスが楽天Unlimitedでは使用できないし、楽天のキャリアメール自体が存在しないんだ。

フリーメールアドレスを使用すればいいので問題にはならないが、乗り換える人にとってはひと手間が必要。

今契約するべきはどんな人?

楽天モバイルはまだまだ開始したばかりのサービス。

東北に住んでいる筆者としては、まだまだ使いやすいサービスではない。

今すぐに契約したほうがいい人は下記。

契約をオススメできる人

  • 都心に住んでいる人

  • 楽天回線エリア内に住んでいる人

  • サブ端末として契約する人

  • 毎月のデータ使用量が5GB未満の人

  • Wi-Fi環境での使用がメインの人

日常でゲームをしないなど、日常のスマホの利用が少ない人ならば契約すればお得になるだろう。

地方民はまだ楽天モバイルの恩恵は受けられない

楽天回線のエリアは絶賛拡大中。

日々エリアは広くなっているんだけど、都心や主要都市部以外はまだまだ回線の範囲外だ。

自分が住んでいる地域が楽天回線エリアの範囲に入っているかは、楽天の公式ホームページから確認できる。

詳しい検索は公式サイト

上記の画像の濃いピンクが楽天回線のエリア。

頻繁に更新されているので、定期的に確認をして、自分が住んでいる地区が楽天回線のエリア内かどうかを調査していただきたい。

住んでいる場所が楽天回線エリア内であれば、すぐに楽天モバイルを契約して1年間使用料無料という常軌を逸したサービスを享受していただきたい。

第4のキャリアはまだ始まったばかり

今まで私達が使用している携帯電話、スマートフォンのキャリアは3社のみだった。

「au」「Docomo」「Softbank」この3社のみが電波基地局を保有して、高額な電波通信料金を我々消費者に課していることは、知っている人も多いだろう。

しかし、2020年4月から楽天が「第4のキャリア」として本格的に指導した。日本各地に電波基地局を建て始めたんだ。

まだ1年も経っていない楽天モバイルの第4のキャリアとしてのスタート。

良否の判断をつけるにはまだ早すぎる。

楽天Unlimitedの1年後に期待

楽天モバイルは「楽天Unlimited」を発表して、1年間の使用料無料を掲げている。

これは「1年間で使える物にしてやるから、お前ら見ていろよ」という楽天モバイルの決意表明に他ならない。

まだ楽天の電波基地局が日本全国に整備されていないので、まだ楽天モバイルを契約するのは時期尚早。

現在、楽天回線の基地局が増えているので、自分が住んでいるエリアが楽天回線の範囲内に入ってから契約をするのが賢い使い方。

菅総理の政策で2021年は通信業界激動の予感

画像引用元:ITmediaビジネス

2020年9月から日本の総理大臣は安倍さんから菅義偉さんにバトンタッチした。

菅さんが真っ先に行った制作が「携帯料金の値下げ」だ。今までau・Docomo・Softbankが談合しているとしか思えない携帯料金プランを設定していたが、世界各国の中でも高い日本の通信料金の値下げを日本政府が各キャリアに要請している。

実際Docomoの「ahamo」やauの「Povo」が新しい料金プランを打ち出しているので、菅さんの政策は効果を発揮しているのだろう。

しかし、どのキャリアのプランも2,980円がベースに設定されているんだ。この2,980円はどこかで聞いた数字ではないだろうか?これはたぶん楽天Unlimitedの2,980円に対抗して設定された料金設定だと私は睨んでいる。

つまり楽天Unlimitedの登場は各キャリアに通信料金の新しい価格帯を作らせたという、消費者にとって固定費が安くなるありがたい結果をもたらしたんだ。

通信料金の優位性は楽天Unlimitedからは現時点では失われているけど、このまま楽天Unlimitedが衰退すれば再び各キャリアの談合のような料金プランを設定されかねない。

是非とも楽天には第4のキャリアとしてこれからも頑張ってほしい。今のところは私も楽天Unlimitedとの契約を継続するつもりだ。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ライフハック

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5