体験談

【体験談】事故物件に1年以上住み続けた感想【幽霊は弱者という考え方】

「事故物件」と聞くと悪いイメージを持っている人が多いと思う。

どのような形でも人が亡くなっているのだから、肯定的でプラスのイメージを持っている人の方が少数はだろう。

あまり印象の良くない事故物件だけど毎月支払う賃料はかなり安くなるから、金銭的なメリットは比較的大きい。これをプラスと捉えるかマイナスと捉えるかは人によりけりで私はプラスに捉える側の人間だった。

事故物件に住んで1年以上の月日が流れたんだけど、結果としては良い部屋に安く住めているから文句はない。

契約した理由は安いから

事故物件の賃料のほとんどが安く設定されている。

賃料を下げなければいけない決まりは無いみたいなんだけど、人が亡くなった事実があるから他の部屋と同じ賃料で貸し出しても精神的なストレスを懸念して契約する人がいないのが原因らしい。

確かに人が亡くなっているのに高い賃料を払って住みたいと思う人は少数はだと思うから、なんとか事故物件を契約させようとする管理会社と大家さんの作戦なんだろう。

そんな作戦にハマってしまった人間はどこのどいつだ~い?あたしだよ!

事故物件の賃料は2~3割引

管理会社と大家さんが事故物件に人を住ませるためにする賃料の値引きは20~30%が一般的な相場らしい。

人気の物件で事故物件だけどすぐに入居が見込まれる部屋は値引き額は少ないみたいなのであくまでも相場観での話でしかない。逆に人気がなければもっと安くなるけど、きっと安いのはそれなりの理由があるから事前に調べたほうが良い。

ちょっとでも怪しいと思ったら「大島てる」のサイトから事故物件を検索できる。

有名なサイトだから知っている人も多いと思うけど、情報性は確かなもので実際に事故物件に住んでいる筆者の賃貸物件も載っているんだ。

大島てるのサイトはコチラ

事故物件の契約には時間がかかる

実際に事故物件を契約した感想としては、ほとんど通常の契約と変わりはない。違いがあるとすれば契約時の説明の時間が長いことくらいだ。

賃貸の管理会社は事故物件になってしまった賃貸を貸し出す最初の入居者には、事故物件である旨を告知しなければいけない義務がある。

筆者の時は賃貸物件の内見に同行した営業マンではなく、支店長が長々と「重要事項説明書」なる事務的な文章を読み上げる。その話の長さはなんと30分の時間を要した。

興味のない話を30分も聞き続けるのは私にとっては苦痛でしかなく、事故物件に住むことよりも延々と事務的で抑揚のない話を聞いている方が辛い。思い出すだけでもうんざりする。

きっと説明をしてくれた支店長も同じ思いだったに違いない。不憫な者同士が長時間机を挟んで話している様は傍から見れば滑稽だったかもしれない。

その30分の説明の中に幾度となく登場したワードが「心理的瑕疵」という言葉だった。なんやそれ?

心理的瑕疵には告知義務がある

「心理的瑕疵」とはなんぞや?と思って調べてみたら、その賃貸に住む人の「心理的なストレスになる可能性のあること」を指すようだ。

例えば、以前住んでいた人が亡くなったとか、墓地を埋め立てた土地に建てた建物だとか、過去に事件や事故があったとか、賃貸物件に住む人が嫌悪感を感じてストレスになる可能性があるならば、管理会社と大家さんは入居希望者に事前に説明しなければいけない。

事故物件に入居契約するには、賃貸契約書の締結の他に「重要事項説明書」という書類に説明を受けた上で合意する必要があるらしい。

管理会社が事故物件である事を説明して入居者は承諾をいましたよ、という証明書になるわけだ。

1度人が住めば事故物件表示はしなくていい

改めて調べてみると、事故物件になったあとに人が一度でも住めば、管理会社は賃貸に事故物件の表示をする必要はないと、天下のGoogle先生が仰っていた。

事故物件の表示をする必要がないということは告知の義務が要らないということで、噂によると事故物件の表示を無くすためのアルバイトもあるらしい。

真っ当なアルバイトではなく、あくまでも希望入居者という形で賃貸契約をさせて1ヶ月~3ヶ月で退去してもらい、次回以降の入居希望者には事故物件である告知をしなくてもいいようにするための裏バイトのようだ。

本当かどうかは分からないけど、火のない所に煙は立たないと言うし今は無くても昔にはあったかもしれない。こういう都市伝説的な話って面白いよね。信じるか信じないかはアナタ次第(キリッ

事故物件は内装はキレイ

初回の内見のときに思った感想は、部屋の内装がメチャメチャ綺麗だと感じた。

壁紙は全部屋新品に貼り直されていて、フローリングもピカピカ、シンクや浴室などの水回りも新しく交換してあって「本当にこんなに安い賃料で住んでいいの?」って思ってしまった。

管理会社目線で考えてみると事故物件っていうマイナスポイントを帳消しにするために賃料を安くして部屋を綺麗にするのはとても理にかなっていると思う。

そんなこんなで管理会社の思惑にハマってしまった私は内見をしたその日のうちに事故物件への入居契約を済ました。

入居初日はやっぱり怖い

いざ契約を済ませて入居日に一人で事故物件に行ってみると多少なりとも怖いと感じた。

初回の内見は管理会社の同行があったし、今まで事故物件に住んだことはないし、いざ一人になると怖いものは怖いよね。

でも引っ越しが進むにつれて家具家電が部屋に増えてくると、怖さはドンドン無くなっていって入居2日目からはもう恐怖感は全く無かった。室内に生活感が溢れてくると自分のテリトリー感が増すし、テレビや音楽などを部屋で垂れ流すことで恐怖も寂しさも感じなくなる。やっぱり文明の利器は最高。

幽霊は家賃を払っていないから私の方が立場が上

筆者が事故物件に住み始めて一番不安に思ったのが幽霊の存在だ。今まで一度も見たことは無いから存在を信じている訳ではないけど、事故物件=幽霊の連想はきっと誰でもするだろう。

しかし事故物件に住むことで、なんと筆者は幽霊に対して有利になるマインドを手に入れた。

部屋の家賃を払っているのは私なのだから、1円も払っていない幽霊が私を困らせるのはおかしい。

私に迷惑をかけるのであれば家賃を払ってからにしろ!

屁理屈かもしれないけど自分の部屋で勝手に幽霊がのさばっているのなら家賃の半分くらいは払って欲しい。

もしも部屋に幽霊が出てきたら説教をしてやろうと思っている。今の所は幽霊が出現したことは無いから杞憂に終わっている。

1年経って快適だから今の所は大満足

事故物件に住んで1年の月日が経ったわけだけど特に異常なことは起こることがなく、ただ家賃の安い綺麗なアパートに引っ越しをして快適に暮らしている。

結果的に満足のいく内容だけど噂によると事故物件の状態はピンきりで、部屋に入った瞬間に寒気や違和感に襲われる物件もあるらしい。実際に住むとすれば自己判断と自己責任でお願いしたい。

自分の感覚と本能を信じて決断して欲しい。

東京に引っ越した

2021年5月、転職を転機に東京都に引っ越しした。

転職サイト『doda』を利用して年収が95万円アップした話【体験談】

2021年の5月から私は新しい会社に転職する。 新しいことをしたい、もっと深く踏み込んだ仕事がしたい、という気持ちが大きくなってきたので30歳になったことを機に転職活動を去年の秋口くらいから始めていた ...

続きを見る

東京に住むことに対する期待と不安【30歳で初の東京進出】

私は2021年5月から転職して東京都に住むことになる。 今まで栃木県、岡山県、福島県と移り住んできたけど、今回は人生初の主要都市への居住ということで様々な感情が入り混じっている。 今回は私が東京に行く ...

続きを見る

さようなら事故物件。機会があればまた住みたい。

新着記事

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/12

【体験談】親知らずを抜歯して死にかけた話【痛みが来たのは4日後】

33歳にして俺はついに親知らずを抜いてきた。 術後は全く痛くなくて「あれ?これ余裕じゃね?」とか思っていたんだけど、まさかの親知らずを抜いて4日後に痛みがきて死にかけたんだ。というか今まさに俺は死にかけている。 この耐えがたい痛みをこの記事を見てくれる人と共有するために、今回は親知らずを抜いた体験談を書き殴っていく。 親知らずを抜くメリット・デメリット 「親知らずは抜いたほうがいいよ」と言ってくる人は腐るほどいたけど、明確にメリットとデメリットを提示してくれた人は今までいなかった。 どうせ金をかけるんだか ...

続きを見る

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/4

【体験談】ヒゲ脱毛は湘南美容クリニックの一択だった【大手・最安・単発OK】

数社のヒゲ脱毛カウンセリングを受けた結果、湘南美容クリニックで施術を受けることに決めた。 今回は数ある脱毛サロンのなかで俺が湘南美容クリニックを選んだ理由と実際の体験談を紹介するので参考にしてほしい。 ヒゲ脱毛をするメリット ヒゲ脱毛をして得られるメリットは下記。 ヒゲを剃る時間が無くなる。 清潔感がアップする カミソリなどの出費が無くなる ヒゲ剃りで失う時間は1日10分と言われている。 年間にすると3,650分、つまり約60時間も無駄にしているという計算になる。20歳から33歳までヒゲを剃り続けている俺 ...

続きを見る

DIY ガジェット ライフハック

2024/1/28

【壁美人】賃貸ワンルームでも簡単に壁掛けテレビが実現する【壁を傷つけない】

壁掛けテレビの取り付けといえば「壁に穴をあける」「ねじを壁に打つ」「DIYで突っ張り柱に取り付ける」などをイメージする人が多いだろう。しかし、賃貸アパートで壁に穴をあけると退去時に原状回復の費用負担になるし、DIYで突っ張り柱を作るとなると利便性よりも面倒臭さが勝つ。 それに引き換え「壁美人」はホチキスの針で取り付けるから壁へのダメージを最小限に抑えることができる。 今回は壁美人を使って賃貸ワンルームに壁掛けテレビを導入したので紹介する。俺と同じく賃貸で壁掛けテレビを検討している人の参考になれば幸い。 部 ...

続きを見る

体験談

2024/1/19

【目標】2024年は記憶に残る年にしなければならない【東京都在住33歳独身男性】

いつのまにか2023年が終わっていた。振り返っても大した記憶がない。 今年で34歳になるのに記憶にも記録にも残らない1年を送っていた、という絶望が俺の心を駆け巡る。 このままだといつの間にか老衰で死ぬ。それは避けなければいけない。 というわけで2024年の目標を書き殴っていく。 2023年の記憶はない Q.1年間の思い出は何ですか? A .無いんだな。これが。 2023年を振り返り思い出すことは仕事のことばかり。 残業時間は100~200時間/月を維持し続けた結果、会社のあらゆる人間に”すずきは仕事好き” ...

続きを見る

お得情報 節約

2024/1/19

キャッシュレス支払いをするべき理由【節約の第一歩】

Suicaから始まり、PayPayや楽天Payなどが普及することでキャッシュレス支払いが当たり前になってきた。 かくいう私は一人暮らしを始めて5年目時点でクレジットカードの作り、8年目で電子マネーを使い始めて、今となってはほぼキャッシュレス生活に完全移行することができた。 実際にキャッシュレス生活に慣れると、家計簿管理が楽ちんで節約にもなって、キャッシュレス支払いで獲得した通算ポイントは100万ポイントを超えている。 今回は、キャッシュレス支払いのメリットと移行方法を紹介する。 キャッシュレスのメリット ...

続きを見る

節約 美容・健康

2023/10/10

フィットネスジムで毎日シャワーを浴びて光熱費を削減した【毎月3,000円の節約】

世はフィットネス全盛期。 今や町の至る所でフィットネスジムを見かけるようになった。 運動をして痩せたり、筋トレをしてボディメイクをしたりと、利用している人によってフィットネスジムに行く目的は様々だ。 フィットネスジムは、運動して書いた汗を流すためにほぼ100%でシャワールームが完備されている。 今回はフィットネスジムで毎日シャワーを浴びて、私がどれだけ光熱費を削減できたのかを紹介する。 自宅で浴びる10分間のシャワーの光熱費は1回100円 自宅でシャワーを浴びた場合、ガス代・水道代を合わせた光熱費は約10 ...

続きを見る

-体験談