ライフハック

事故物件に1年以上住み続けた感想【体験談・考え方】

2021年1月21日

「事故物件」と聞くと悪いイメージを持っている人が多いと思う。

どのような形でも人が亡くなっているのだから、肯定的でプラスのイメージを持っている人の方が少数はだろう。

あまり印象の良くない事故物件だけど毎月支払う賃料はかなり安くなるから、金銭的なメリットは比較的大きい。これをプラスと捉えるかマイナスと捉えるかは人によりけりで私はプラスに捉える側の人間だった。

事故物件に住んで1年以上の月日が流れたんだけど、結果としては良い部屋に安く住めているから文句はない。

契約した理由は安いから

事故物件の賃料のほとんどが安く設定されている。

賃料を下げなければいけない決まりは無いみたいなんだけど、人が亡くなった事実があるから他の部屋と同じ賃料で貸し出しても精神的なストレスを懸念して契約する人がいないのが原因らしい。

確かに人が亡くなっているのに高い賃料を払って住みたいと思う人は少数はだと思うから、なんとか事故物件を契約させようとする管理会社と大家さんの作戦なんだろう。

そんな作戦にハマってしまった人間はどこのどいつだ~い?あたしだよ!

事故物件の賃料は2~3割引

管理会社と大家さんが事故物件に人を住ませるためにする賃料の値引きは20~30%が一般的な相場らしい。

人気の物件で事故物件だけどすぐに入居が見込まれる部屋は値引き額は少ないみたいなのであくまでも相場観での話でしかない。逆に人気がなければもっと安くなるけど、きっと安いのはそれなりの理由があるから事前に調べたほうが良い。

ちょっとでも怪しいと思ったら「大島てる」のサイトから事故物件を検索できる。

有名なサイトだから知っている人も多いと思うけど、情報性は確かなもので実際に事故物件に住んでいる筆者の賃貸物件も載っているんだ。

大島てるのサイトはコチラ

事故物件の契約には時間がかかる

実際に事故物件を契約した感想としては、ほとんど通常の契約と変わりはない。違いがあるとすれば契約時の説明の時間が長いことくらいだ。

賃貸の管理会社は事故物件になってしまった賃貸を貸し出す最初の入居者には、事故物件である旨を告知しなければいけない義務がある。

筆者の時は賃貸物件の内見に同行した営業マンではなく、支店長が長々と「重要事項説明書」なる事務的な文章を読み上げる。その話の長さはなんと30分の時間を要した。

興味のない話を30分も聞き続けるのは私にとっては苦痛でしかなく、事故物件に住むことよりも延々と事務的で抑揚のない話を聞いている方が辛い。思い出すだけでもうんざりする。

きっと説明をしてくれた支店長も同じ思いだったに違いない。不憫な者同士が長時間机を挟んで話している様は傍から見れば滑稽だったかもしれない。

その30分の説明の中に幾度となく登場したワードが「心理的瑕疵」という言葉だった。なんやそれ?

心理的瑕疵には告知義務がある

心理的瑕疵」とはなんぞや?と思って調べてみたら、その賃貸に住む人の「心理的なストレスになる可能性のあること」を指すようだ。

例えば、以前住んでいた人が亡くなったとか、墓地を埋め立てた土地に建てた建物だとか、過去に事件や事故があったとか、賃貸物件に住む人が嫌悪感を感じてストレスになる可能性があるならば、管理会社と大家さんは入居希望者に事前に説明しなければいけない。

事故物件に入居契約するには、賃貸契約書の締結の他に「重要事項説明書」という書類に説明を受けた上で合意する必要があるらしい。

管理会社が事故物件である事を説明して入居者は承諾をいましたよ、という証明書になるわけだ。

1度人が住めば事故物件表示はしなくていい

改めて調べてみると、事故物件になったあとに人が一度でも住めば、管理会社は賃貸に事故物件の表示をする必要はないと、天下のGoogle先生が仰っていた

事故物件の表示をする必要がないということは告知の義務が要らないということで、噂によると事故物件の表示を無くすためのアルバイトもあるらしい。

真っ当なアルバイトではなく、あくまでも希望入居者という形で賃貸契約をさせて1ヶ月~3ヶ月で退去してもらい、次回以降の入居希望者には事故物件である告知をしなくてもいいようにするための裏バイトのようだ。

本当かどうかは分からないけど、火のない所に煙は立たないと言うし今は無くても昔にはあったかもしれない。こういう都市伝説的な話って面白いよね。信じるか信じないかはアナタ次第(キリッ

事故物件は内装はキレイ

初回の内見のときに思った感想は、部屋の内装がメチャメチャ綺麗だと感じた。

壁紙は全部屋新品に貼り直されていて、フローリングもピカピカ、シンクや浴室などの水回りも新しく交換してあって「本当にこんなに安い賃料で住んでいいの?」って思ってしまった。

管理会社目線で考えてみると事故物件っていうマイナスポイントを帳消しにするために賃料を安くして部屋を綺麗にするのはとても理にかなっていると思う。

そんなこんなで管理会社の思惑にハマってしまった私は内見をしたその日のうちに事故物件への入居契約を済ました。

入居初日はやっぱり怖い

いざ契約を済ませて入居日に一人で事故物件に行ってみると多少なりとも怖いと感じた。

初回の内見は管理会社の同行があったし、今まで事故物件に住んだことはないし、いざ一人になると怖いものは怖いよね。

でも引っ越しが進むにつれて家具家電が部屋に増えてくると、怖さはドンドン無くなっていって入居2日目からはもう恐怖感は全く無かった。室内に生活感が溢れてくると自分のテリトリー感が増すし、テレビや音楽などを部屋で垂れ流すことで恐怖も寂しさも感じなくなる。やっぱり文明の利器は最高。

幽霊は家賃を払っていないから私の方が立場が上

筆者が事故物件に住み始めて一番不安に思ったのが幽霊の存在だ。今まで一度も見たことは無いから存在を信じている訳ではないけど、事故物件=幽霊の連想はきっと誰でもするだろう。

しかし事故物件に住むことで、なんと筆者は幽霊に対して有利になるマインドを手に入れた。

部屋の家賃を払っているのは私なのだから、1円も払っていない幽霊が私を困らせるのはおかしい。

私に迷惑をかけるのであれば家賃を払ってからにしろ!

屁理屈かもしれないけど自分の部屋で勝手に幽霊がのさばっているのなら家賃の半分くらいは払って欲しい。

もしも部屋に幽霊が出てきたら説教をしてやろうと思っている。今の所は幽霊が出現したことは無いから杞憂に終わっている。

1年経って快適だから今の所は大満足

事故物件に住んで1年の月日が経ったわけだけど特に異常なことは起こることがなく、ただ家賃の安い綺麗なアパートに引っ越しをして快適に暮らしている。

結果的に満足のいく内容だけど噂によると事故物件の状態はピンきりで、部屋に入った瞬間に寒気や違和感に襲われる物件もあるらしい。実際に住むとすれば自己判断と自己責任でお願いしたい。

自分の感覚と本能を信じて決断して欲しい。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ライフハック

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5