ライフハック

人生初の新車を購入して1年経った感想【高額な買い物は冷静に。後悔先に立たず】【体験談】

2021年2月1日

2019年10月に消費税が8%→10%になったことは、記憶に新しい。

余計な支払いをしないためにも、大きな買い物は増税前に済ませてしまえ!と思って新車を買って早1年。

人生初めての新車を購入したものの、見切り発車で高額な買い物をしてしまった。

今となっては後の祭りで、これからの買い物はよく考えて計画しなければいけない、と自分を戒める経験になったんだ。

今回は、見切り発車で新車を購入して1年経った感想を記事にする。

大きな買い物こそ、出費を見つめ直せ

人間は不思議なもので、小さい出費に対しては「少しでも安くしてやろう!」と思う一方で、大きい出費に対しては「節約してやる!」という気を持ちにくい。

例えば、車やバイクに給油をする時に利用するガソリンスタンドの値段が1円2円上がった時に、「もっと早く給油しておけばよかった」と後悔はするのに、家や車などの高額商品を購入する時には1万円くらいの差があっても「まあいいか」と開き直ってしまう人が多い。恥ずかしながら、例にもれず私も後者。

大きい買い物をする時は、一度冷静になってその出費を見つめ直すことが大切だってことに気づいたんだ。

お金の1円の価値は変わらないので、買い物の金額に惑わされない精神力を身につけることが、立派な倹約家になり豊かな生活を送る近道のはず。

新車を買って1年経ったんだけど、実は後悔は大きい。かなしみ。

最初の1週間はウキウキ

人生初の新車の購入、筆者の人生史上一番大きな買い物で100万円以上の買い物をしたことなんて無かった。

これからのローン地獄に怯えながらもやっぱり新しい物を手に入れた喜びは大きい

ピカピカの内装は見るたびに心が踊り、ワックスでコーティングしたボディを見るたびに口角が釣り上がるのが抑えられないほどに嬉しかった事は、購入したから1年経った今でも鮮明に思い出せる。

2週間目には慣れる

筆者は東北に住んでいるため、通勤、買い物などで車に乗らない日はない。むしろ「車には乗らない!」なんて東北に住みながら豪語できる人は、宮城県の仙台在住区の人位のものだろう。

東北地方民にとっては、車は生活に欠かせないもので、生活する上での生命線に他ならない。

毎日、車に乗っていると不思議なもので特別な気持ちがどんどん薄れていった

最初の1週間はあんなにウキウキで車に乗り込み、運転を楽しんでいたのに、2週間目には新車に慣れてしまった。

あんなに嬉しかったのに…

あんなに嬉しかったのに…(復唱)

3週間目に車に興味がないことに気づく

新車を購入してからというもの、会社の同僚や上司から話してくる話題は「車関係の話」が増えた。

「あのメーカーの新車がでる」とか「あの車種がマイナーチェンジする」とか、それはもう車関係の話の多いこと多いこと。

そんな話をした始めの頃は、「みんな車のことをよく知ってるなー」と思っていただけだったんだけど、ある日ついに気づいてしまったんだ。

自分が車に全く興味がなかったことに。、そして、興味がないからこそ車の知識が全く無かった事に。

1ヶ月目で愛着が湧かないことに気づく

買う前にはあんなにも大事にしようと思っていたのに、1ヶ月も経つ頃には前の車同様にぞんざいな扱いをしていたんだ。

春には花粉で、雨上がりには水アカで、車が汚れていたんだけど結局は洗車もせずに汚い車のまま乗っていた。

買う前には、毎週休みには車を洗ってピカピカな状態を維持することを確信していたのは今となっては昔の話。

どうしてこんな事になってしまったんだ!?

どうしてこんな事になってしまったんだ!?(復唱)

1年経っても愛着は湧かない

1ヶ月目と1年後の気持ちは変わらなかった。

未だに愛着らしい感情が湧かないし、この1年で洗車をした回数は3回だけ。

気づいてしまったんだけど、筆者は車に興味がない。

人間は興味関心がないことに対して、愛着を持ちにくいってことに気づいた。

興味がないと愛着が湧かない

興味・関心がないことに対して、愛着を持てる人はいるだろうか?いやいない(反語)

例えば、縁もゆかりもない他人に愛着を持つ人はいないけど、自分の家族には愛着を持てるだろう。

家族が悲しんでいれば、喜んでいれば、その理由を聞くと思う。それこそが関心であって興味にほかならない。

興味が持てない対象に対して愛着を持て、という話自体が土台無理な話なんだ。

今回の車の購入で一番の敗因は、増税前という状況に焦ってしまい冷静に、新車が必要なのか否かを判断できなかったことだ。

買い物前に本当に必要かを確認するべき

増税前という限られた時間に焦るがあまり、必要性のない買い物をしてしまった。

冷静でない状態でカーディーラーからの「増税前に買ったほうがお得ですよ!」「今なら大幅に値引きしますよ!!」という甘言に釣られてしまい、即決で買ってしまった昔の自分を叱ってやりたい。

今考えると、大きい買い物なのだから一度冷静に考えて一晩寝てから決めてもよかったはずだ。

むしろあの時に購入するのだとすれば、中古車が正解だったと今は考える。

今考えれば、中古車でよかった

結論から言ってしまうと、別に新車を買う必要はなかったので中古車を買えばよかった、とちょっぴり後悔している。

筆者は車に対してこだわりがない。

車に求める要素は、

  • 快適に移動ができること
  • 荷物が積めること

この2つしか求めていないので、ぶっちゃけ屋根とタイヤが付いていれば何でもいい感もある。むしろそれしかない。

新車は値段が高い

当然なんだけど、新車の購入費用は高い。

軽自動車でも150万円を超える買い物になるため、サラリーマンの年収から考えると大きすぎる出費。

筆者が買った車は日産のX-TRAIL。

そう。あのゴーンの一件から株価大暴落のやっちゃえ日産の看板SUV車だ。

その新車価格は250万円を超えてしまうので、当然一括の支払いなんてできない。

つまりはローンを組んで購入してしまった。

ローンは車メーカーが用意した『鎖』

新車の購入は「残価型クレジット」で購入したんだけど、これこそが車メーカーが消費者を縛るための「鎖」に他ならない。

残価型クレジットは5年間で半分の金額を支払って、5年後に「残り半分の金額を元に新車に乗り換える」か「あと2年でローンを完済する」ことの2択を迫られる。

新車に乗り換えると再びローンを組まされる

残価型クレジットを使用して、5年後に新車に乗り換えると今まで乗っていた車はカーディラーが買い取ってくれる。

その買取価格を元に新車の購入費を安くする仕組みだが、結局またローンを組まなければいけない。

しかも、5年間の間に車に傷をつけてしまうと車の価値が下がるので、当然のように買取の値段は低くなる。

そのうえカーディーラーの買取価格は相場よりも低く設定されているので、思っているよりも安く新車を購入できない事が多いようだ。

残り2年でのローン完済は負担が大きい

ローンはなぜ組むのか?それは一括で購入できないので、毎月分割で支払うからだ。

しかし、毎月支払うにしても金額が大きいと生活に負担が大きい。

そこで毎月の支払金額を少なくできるのが残価型クレジットの強みなんだけど、ローンを完済しようとすると場合によっては負担、つまり出費が大きくなってしまう可能性があるんだ。

月々の支払金額を小さくしていると、5年後の残債は当然のように大きくなる。

大きな残債を6~7年目の2年間で払わなければいけないのだから、支払金額は大きくなるし、毎月の支払金額を最低金額に設定していると5年後には月々倍以上の金額を払うことになってしまう可能性すら出てくる。

完全にカーディーラーの仕組んだ罠にハマってしまったんだ。

ローンは怖い、買い物は計画的に

今回の新車購入で得た教訓は、「ローンは怖い。買い物は冷静に。」ということだ。

何も考えずに大きな買い物をすると、気づかぬ間に泥沼にハマってしまうということが分かった。

まだ車だったから良かったものの、これが家などの1000万円を超える買い物だったら目も当てられない。

出費としては大きな金額ではあるものの、いい勉強になったと思ってグッと堪える他ない。

大切なことは学習であって、同じ間違いを起こさなければ、それは大勝利と言える。

クドいようだけど勉強代だと思って堪える事とする。ぴえん。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ライフハック

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5