ライフハック

東北の一人暮らしで最も安い電力会社は?【切り替えの検討】

2021年1月17日

2016年に私達消費者が自由に電力会社を契約できる「電力自由化」が制度として確立された。

電力会社を自由に選べることで、私達は安い電力会社を選んで契約することができるようになったんだ。

2020年現在、筆者が契約している電力会社は東北電力。

手間を惜しんだ結果、ズルズルと契約し続けてしまった。

これを機に、東北地方に一人暮らしをしている人最も安く契約できる電力会社がどこなのかを検討する。

一人暮らしなら「おうちでんき」が一番安い

結論から言ってしまうと、ソフトバンクが提供しているサービスである「おうちでんき」を契約することに決めた。

理由は当然、他社の電力会社よりも安かったからだ。

2020年7月と年間の支払いをシミュレートした結果が下記。

おうちでんき」に乗り換えた場合の差額
  東北電力 おうちでんき 差額
1ヶ月 4,251円 3,846円 -405円
12ヶ月 51,012円 46,152円 -4,860円

毎月405円のコスト削減。

年間で4,860円のお金が浮くので、ちょっとしたガジェットを買うことができる。

固定費の削減は一度してしまえば、永遠に節約効果が持続する。

実行すればお得を享受できるのであれば、すぐに行動するべき。

電力自由化でサービスの多様化

2016年より前は地域ごとに指定の電力会社を契約をしなければ電気を使用することができなかった。

まさに電力会社の殿様商売。

業績不振などのコスト増を、消費者からの電気代値上げでまかなっていたと聞く。

しかし、電力の自由化によって各企業が独自のサービスを提供し始めて、電力会社同士が競合するようになった

競争があるからこそ、消費者を取り込むための魅力的なサービスが生まれるのでガンガン競争を続けて欲しい。

「情報格差」と「選べる自由」

電力の自由化によって各社の電力供給サービスが充実した。

各社ともに「どこよりも安く」を掲げてサービスを提供しているんだけど、各サービスの内容は消費者が調べなければ本当にお得なサービスかは分からない。

何も知らないで既存の電力会社を契約継続をしていると、いつまでも高い電気料金を支払い続けることになる。

情報を知らないと、お得なサービスを受けることができない。

情弱はいつだって搾取されるのが資本主義の宿命。

選べる自由があるからこそ、情報のアンテナは張っておかなければいけない。

契約中の「東北電力」の内容

公式サイトより引用

現在まさに契約中の電力会社。

賃貸契約の際に、不動産から強制的に契約をさせられて、今の今まで契約をズルズルと続けていた。

現在の契約

  • 従量電灯B
  • 使用アンペア 30A

契約のアンペアを30A→20Aに変えると基本料金が下がる。

契約を20Aに変更した場合の支払料金は下記。

東北電力 【30A→20Aに変更した場合の比較】
  30A【現在の契約】 20A 差額
1ヶ月 4,251円 3,921円 -330円
12ヶ月 51,012円 47,052円 -3,960円

計算方法は東北電力の公式サイトを参考にした。

電気料金の比較条件

比較するにはベースになる数値が必要。

Googleで調べてみたところ、一人暮らしの平均使用電力は「150kWh」らしい。

今回の比較にはこの数値を使用する。

電力比較の条件

  • 従量電灯B
  • 電力使用量 150kWh
  • 使用アンペア 20A
  • 使用月 2020年7月

【比較】電力会社6社 VS 東北電力

 

電力を提供できる会社は、電力自由化によって急激に増加した。

電力供給会社は日本全国で100社を超え、その中から自分の生活にあったサービスを探し出す。

東京などの首都圏と違って、東北地方は対応してくれる会社数が少ない。

今回はネットの前評判を調べて良さそうだった6社を比較した

比較する電力会社

  • おうちでんき
  • 楽天でんき
  • LoooPでんき
  • HTBエナジー
  • auでんき
  • ENEOSでんき
【料金比較】東北電力と電力会社6社
  1ヶ月 12ヶ月 現在契約との差額
おうちでんき 3,846円 46,152円 -4,860円/年
東北電気(20A) 3,921円 47,052円 -3,960円/年
Looopでんき 3,960円 47,520円 -3,492円/年
HTBエナジー(30A) 4,057円 48,648円 -2,364年/年
【契約中】東北電力(30A) 4,251円 51,012円 0円/年
auでんき 記載なし 53,843円 +2,831円/年
楽天でんき(30A) 4,771円 57,252円 +6,240円/年
ENEOS電気 記載なし 年間1,573円オトク(HP記載) 信憑性なし

「auでんき」と「ENEOSでんき」の公式サイトの料金シュミレーションは残念ながら不親切な作りだった。

月々の費用を記載しないで、〇〇円オトク!!といった表示だったので信憑性に欠ける。

信憑性に欠ける・納得のできない情報を信用してはいけない。

auでんきENEOSでんきにはシミュレーションを更新してから出直してきて欲しい。

「楽天でんき」は20Aで契約できない

筆者は生粋の「楽天経済圏」で生活をしている楽天信者に他ならないんだけど、楽天電気は残念ながら一人暮らしの人にとってはお得とはいい難い

お得ではない最大の理由こそが、20アンペアの契約ができないことなんだ。

公式サイトより引用

楽天経済圏は、日々の出費を楽天のサービスに統一することで楽天ポイントをガッポガッポ稼ぐ環境を作り出す状態を指す。

筆者も楽天信者に他ならないので「楽天でんき」への契約を前提に検討をしていた

しかし、蓋を開けてみると、一人暮らしにとって楽天でんきはお得ではないことが分かった。

むしろ電気料金が跳ね上がり過ぎて赤子も泣き出すレベル。グッバイ楽天。

楽天電気の契約アンペアに20Aが可能になったら再度検討したい。

すずき
楽天さん、20A契約の採用をお願いします。

東北電力は意外と安い

公式サイトより引用

今回の電力会社ごとの電気料金の比較で、思っていたよりも東北電力の電力料金は安かった。

これは一人暮らしだからであって、使用電力が多くなれば他の電力会社のほうが安くなる可能性は高い。

契約アンペアを30A → 20Aに変更するだけで、ほとんどの電力会社よりも一人暮らしであれば安くなるので、他社に乗り換えるのが面倒であれば契約アンペアの切り替えだけでも十分なメリットがある

「おうちでんき」に切り替える

比較の結果、ソフトバンクのサービス「おうちでんき」が一番安いことが分かった。

思っていたよりも東北電力の電気料金は安いことに驚いた。

一人暮らしの少ない使用電力では、そこまで大きな金額差にはならないことが比較をしてみて分かったので、やっぱり比べることは大切。。

大きな金額差にはならなくても、電気料金のような固定費の削減は、積み重ねてオトクを享受するもの。

東北地方の一人暮らしで一番安い電力会社は「おうちでんき」でファイナルアンサー。

さっさと電力会社は切り替えるに限る。

ソフトバンクユーザーなら、さらに割引

筆者はソフトバンクのサービスを利用していない。

本当に1つも利用していない。

それでも最安値を叩き出すソフトバンクのサービスの良さは流石。

Ymobileやソフトバンク光を契約している人であれば、もっと電気料金を下げることができるので羨ましい。いいなぁ。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-ライフハック