ライフハック

USBメモリが必要ない理由【Androidスマホの有用性】

2020年12月5日

解決できる悩み

  • USBメモリを無くしてしまう
  • 家電量販店のセールで毎回USBメモリを購入してしまう
  • USBメモリは家出してしまい帰ってきません
  • USBメモリ?なにそれ?美味しいの?

パソコンのデータを持ち運びできるUSBメモリ。

USBメモリはコンパクトで持ち運びが簡単というメリットがある反面、コンパクトで小さいが故に無くしやすい。

私はUSBメモリを使っていない。

USBを持たない理由は、Androidスマホを外部ストレージ化することでUSBメモリの役割を代替できるからなんだ。

知っていると地味に便利な機能だから、今回はAndroidスマホを外部ストレージ化する方法を紹介する。

現代人にデータの持ち運びは必須

現代は何をするにもデータ、データ、データとデジタル情報が世の中にあふれていて、アナログ情報はどんどん淘汰されていく傾向が凄まじい。

私は営業職だからお客さんと商談をするんだけど、「この商品の資料をデータで送ってください」とか「こちらの調査書類を記入してPDFファイルで○月○日までください」とか、とにかくデータでのやり取りが多い。

初対面の時に会社のパンフレットは渡すけど、2回目以降はメールやチャットなどでデータ媒体でのやり取りがほとんど。

データの持ち運びは現代人には必須なんだ。

私がUSBメモリを使わない理由

パソコンのデータを持ち運ぶ方法の代名詞といえば「USBメモリ」。

たぶんパソコンを持っている人のほとんどが持っていて、普段データの持ち運びをしない人も家電量販店で置いてある在庫処分のワゴンの中に入っているUSBメモリを買ってしまった人もいるのではないだろうか?

大学生の私は「安いじゃん、儲け!」と思って家電量販店に行くたびにUSBメモリを買っていた。

結局買って満足してケースから出すこともなく押入れの肥やしになってしまっていた。

引っ越しのたびに捨てていたから、あの頃の自分に「その買い物は完全に無駄やで。そのお金は別のことに使ったほうが良いで」と伝えてあげたい。

USBメモリは無くしやすい

USBメモリってすぐ無くなるよね?

現代ではあらゆる情報がデータ化されていて、パソコンを持っていない人を探す方が難しい。

私自身、仕事でもプライベートでもパソコンで作成したデータの持ち運びをすることは多くて、常に外部ストレージの「USBメモリ」をバッグに携帯していた。

USBメモリはコンパクトなものが多い。小さいものだと親指の爪くらいの大きさでカバンなポケットに入れても全く邪魔にならない。

しかしUSBメモリはサイズが小さすぎるが故に行方不明になりがち

私も今まで何個のUSBメモリを無くしたか分からないほど、行方不明者を量産している。

バッグに入れたのか?机の引き出しに入れたのか?それともポケットに入れっぱなしで選択してしまったのか?

全ての真相は闇の中だけど、私がUSBメモリを何個も無くしてしまった事実は変わらない。

USBメモリの持ち運びは荷物が増える

UCBメモリは携帯性に特化したガジェット。

昔は人差し指くらいの長さがあったのに、今は親指の爪サイズのコンパクトなサイズも販売されていて時代の流れと技術の進歩を感じる。

小さいものはポケットに簡単に収まるし、鍵やスマホのアクセサリーとして使えるUSBメモリもあるけど、携帯する荷物が増えていることに変わりはない

しかも、USBメモリはコンパクトさが故にふとした時に無くしやすい。どこに置いたかも分からなくなってしまうことがしばしば(当社比)。

無くしたUSBメモリに大切なデータが入っていたら目も当てられない。

だけど、USBメモリは2020年の現在では全く必要ないデバイスと化してしまったんだ。

私はいつも肌身離さず持ち運んでいるAndroidスマホを外部ストレージとして使っている

外部ストレージを使うメリット

前項では私がUSBメモリを使用しない理由を紹介したけど、ここからは外部ストレージを使うメリットを説明する。

パソコンにデータを入れっぱなしにしたり、クラウドを使うことで

パソコンにデータを入れると動作が遅くなる

パソコンにデータを保存する内部ストレージにデータを入れ過ぎるとパソコンの動きが遅くなる。

パソコンの動作が遅くてイライラした経験は誰にだってあるはず。

かくいう私も会社支給のノートパソコンの動作が遅すぎて自腹でメモリを増設したくらい、パソコンの軽い作業環境は価値があると思っている。

データを持ち運ぶために快適な作業環境を手放すかはトレードオフだけど、ゴリブロ的には作業環境を悪くすることはあまり推奨しない。

パソコンの動作環境の品質を落とさないためにも頻繁に使わないデータは絶対に外部ストレージに入れておくこと

通信料金がかからない

「Googleドライブ」や「iCloud(アイクラウド)」といったクラウドストレージはパソコンのストレージを使わないから便利で使っている人は多いだろう。

ネット環境があればどこでもデータを引き出せるクラウドストレージはメリットが多いけど、スマホのテザリングで通信をするとデータ通信料金が大変なことになる。

外でのネット通信は「モバイルWi-Fi」か「スマホのテザリング」を使用する人が多いと思うけど、クラウドストレージから大きいデータをダウンロードすると着々とデータ通信制限の魔の手が迫ってくること請け合い。

Wi-Fi環境下で使用すれば問題ないけど、いざデータが必要になる場面に限ってコンビニやカフェもない場面が多い(東北民の感想)。

パソコンが無くてもデータを使用できる

データをパソコンに入れていたりクラウド上に保存していても、パソコンが動かなくなったら為す術もない

外部ストレージにデータを入れておけば、仮にパソコンが壊れてしまっても別の端末があれば簡単にデータを移動することができる。

PDFやWordファイルならコンビニのコピー機で印刷もできるのでアナログな対応も可能。

転ばぬ先の杖じゃないけど、外部ストレージはビジネス上の保険にはもってこい。

Androidスマホを外部ストレージ化する方法

持ち物は増やさないに限る。

USBメモリはコンパクトで持ち運びも簡単だけど、忘れるリスクや無駄な荷物が増えてしまうことがデメリット。

USBメモリのデメリットを無くしたデータの持ち運び方こそが「スマホの外部ストレージ化」だ。

Androidスマホを外部ストレージ化する方法は簡単。

パソコンとAndroidスマホをケーブルで接続するだけ。

外部ストレージ化する方法

  1. パソコンとスマホをケーブルで接続する
  2. パソコンのメニューから「PC」→「デバイスとドライブ」を選択
  3. スマホのロックを解除
  4. 「デバイスとドライブ」にスマホが表示される
  5. 表示されたスマホのアイコンをクリック
  6. データ保存用のファイルを作成
  7. 外部ストレージ化の完了

1.パソコンとスマホをケーブルで接続する

2.パソコンのメニューから「PC」→「デバイスとドライブ」を選択

3.スマホのロックを解除

4.「デバイスとドライブ」にスマホが表示される

 

5.表示されたスマホのアイコンをクリック

6.データ保存用のファイルを作成

7.外部ストレージ化の完了

Androidスマホに限った利用方法にはなるが、パソコンに接続してデータをスマホに転送することで簡単に外部ストレージ化することができる。

ファイル名を分かりやすく作っておけば、いつどこで見てもデータの保存場所を忘れない。

スマホのセキュリティ性は高い

USBメモリに比べるとスマホのセキュリティは超絶安心

スマホのロックを解除するには「パスワード」「パターン」「指紋認証」「顔認証」が必要で、仮にスマホの中に大切なデータが有ってもセキュリティを解除しなければデータの閲覧ができない。

USBメモリはパソコンに挿せば誰でもデータが閲覧できる事と比べると、スマホのセキュリティ難攻不落の要塞みたいに感じる。

大切なデータこそスマホに入れておくことで安心感が増し増し。

iPhoneは不可

回紹介したスマホの外部ストレージ化はアンドロイドスマホに限った方法。

残念ながらiPhoneは外部ストレージ化できないんだ。

iPhoneを販売しているAppleは自社端末に対してのデータのコピーや追加を決して許さない会社で、iPhoneにDocomoの羊が出てくるようなキャリア専用のアプリが入っていないことも企業の特徴の一つ。

うちの商品に他社が介入するな!というAppleからのメッセージなんだろうけど、ユーザーとしてデータの持ち運びくらいは許す柔軟性がAppleには欲しかった。

Appleくらいの巨大企業のマーケティング部門がこんなことを見過ごしているわけがないから、色々と天秤にかけて搭載しないようにしているんだろう。

私はiPhoneユーザーじゃないから関係ないけど(キリッ)。

データはスマホで持ち運ぶ時代

スマホはいつでもどこでも持ち運ぶ万能デバイス。

会社に行くにも、コンビニに行くにもどこにでも持ち運んでいるのは私だけじゃない。でもUSBメモリをいつでも持ち運んでいる人は殆どいないはず。

コンパクトなサイズのUSBメモリは持ち運びするのに苦は感じないけど、持ち運びする価値があるか?と答えは否!

Androidスマホを持っている人は今すぐにUSBメモリを捨てて、データの持ち運びはスマホに一本化しよう。

そしてiPhoneを使っている人はこれを機に、Androidスマホに乗り換えを検討してみてはいかがだろうか?

Androidスマホは良いぞぉ。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ライフハック

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5