ライフハック

USBメモリが必要ない理由【Androidスマホの有用性】

2020年12月5日

解決できる悩み

  • USBメモリを無くしてしまう
  • 家電量販店のセールで毎回USBメモリを購入してしまう
  • USBメモリは家出してしまい帰ってきません
  • USBメモリ?なにそれ?美味しいの?

パソコンのデータを持ち運びできるUSBメモリ。

USBメモリはコンパクトで持ち運びが簡単というメリットがある反面、コンパクトで小さいが故に無くしやすい。

私はUSBメモリを使っていない。

USBを持たない理由は、Androidスマホを外部ストレージ化することでUSBメモリの役割を代替できるからなんだ。

知っていると地味に便利な機能だから、今回はAndroidスマホを外部ストレージ化する方法を紹介する。

現代人にデータの持ち運びは必須

現代は何をするにもデータ、データ、データとデジタル情報が世の中にあふれていて、アナログ情報はどんどん淘汰されていく傾向が凄まじい。

私は営業職だからお客さんと商談をするんだけど、「この商品の資料をデータで送ってください」とか「こちらの調査書類を記入してPDFファイルで○月○日までください」とか、とにかくデータでのやり取りが多い。

初対面の時に会社のパンフレットは渡すけど、2回目以降はメールやチャットなどでデータ媒体でのやり取りがほとんど。

データの持ち運びは現代人には必須なんだ。

私がUSBメモリを使わない理由

パソコンのデータを持ち運ぶ方法の代名詞といえば「USBメモリ」。

たぶんパソコンを持っている人のほとんどが持っていて、普段データの持ち運びをしない人も家電量販店で置いてある在庫処分のワゴンの中に入っているUSBメモリを買ってしまった人もいるのではないだろうか?

大学生の私は「安いじゃん、儲け!」と思って家電量販店に行くたびにUSBメモリを買っていた。

結局買って満足してケースから出すこともなく押入れの肥やしになってしまっていた。

引っ越しのたびに捨てていたから、あの頃の自分に「その買い物は完全に無駄やで。そのお金は別のことに使ったほうが良いで」と伝えてあげたい。

USBメモリは無くしやすい

USBメモリってすぐ無くなるよね?

現代ではあらゆる情報がデータ化されていて、パソコンを持っていない人を探す方が難しい。

私自身、仕事でもプライベートでもパソコンで作成したデータの持ち運びをすることは多くて、常に外部ストレージの「USBメモリ」をバッグに携帯していた。

USBメモリはコンパクトなものが多い。小さいものだと親指の爪くらいの大きさでカバンなポケットに入れても全く邪魔にならない。

しかしUSBメモリはサイズが小さすぎるが故に行方不明になりがち

私も今まで何個のUSBメモリを無くしたか分からないほど、行方不明者を量産している。

バッグに入れたのか?机の引き出しに入れたのか?それともポケットに入れっぱなしで選択してしまったのか?

全ての真相は闇の中だけど、私がUSBメモリを何個も無くしてしまった事実は変わらない。

USBメモリの持ち運びは荷物が増える

UCBメモリは携帯性に特化したガジェット。

昔は人差し指くらいの長さがあったのに、今は親指の爪サイズのコンパクトなサイズも販売されていて時代の流れと技術の進歩を感じる。

小さいものはポケットに簡単に収まるし、鍵やスマホのアクセサリーとして使えるUSBメモリもあるけど、携帯する荷物が増えていることに変わりはない

しかも、USBメモリはコンパクトさが故にふとした時に無くしやすい。どこに置いたかも分からなくなってしまうことがしばしば(当社比)。

無くしたUSBメモリに大切なデータが入っていたら目も当てられない。

だけど、USBメモリは2020年の現在では全く必要ないデバイスと化してしまったんだ。

私はいつも肌身離さず持ち運んでいるAndroidスマホを外部ストレージとして使っている

外部ストレージを使うメリット

前項では私がUSBメモリを使用しない理由を紹介したけど、ここからは外部ストレージを使うメリットを説明する。

パソコンにデータを入れっぱなしにしたり、クラウドを使うことで

パソコンにデータを入れると動作が遅くなる

パソコンにデータを保存する内部ストレージにデータを入れ過ぎるとパソコンの動きが遅くなる。

パソコンの動作が遅くてイライラした経験は誰にだってあるはず。

かくいう私も会社支給のノートパソコンの動作が遅すぎて自腹でメモリを増設したくらい、パソコンの軽い作業環境は価値があると思っている。

データを持ち運ぶために快適な作業環境を手放すかはトレードオフだけど、ゴリブロ的には作業環境を悪くすることはあまり推奨しない。

パソコンの動作環境の品質を落とさないためにも頻繁に使わないデータは絶対に外部ストレージに入れておくこと

通信料金がかからない

「Googleドライブ」や「iCloud(アイクラウド)」といったクラウドストレージはパソコンのストレージを使わないから便利で使っている人は多いだろう。

ネット環境があればどこでもデータを引き出せるクラウドストレージはメリットが多いけど、スマホのテザリングで通信をするとデータ通信料金が大変なことになる。

外でのネット通信は「モバイルWi-Fi」か「スマホのテザリング」を使用する人が多いと思うけど、クラウドストレージから大きいデータをダウンロードすると着々とデータ通信制限の魔の手が迫ってくること請け合い。

Wi-Fi環境下で使用すれば問題ないけど、いざデータが必要になる場面に限ってコンビニやカフェもない場面が多い(東北民の感想)。

パソコンが無くてもデータを使用できる

データをパソコンに入れていたりクラウド上に保存していても、パソコンが動かなくなったら為す術もない

外部ストレージにデータを入れておけば、仮にパソコンが壊れてしまっても別の端末があれば簡単にデータを移動することができる。

PDFやWordファイルならコンビニのコピー機で印刷もできるのでアナログな対応も可能。

転ばぬ先の杖じゃないけど、外部ストレージはビジネス上の保険にはもってこい。

Androidスマホを外部ストレージ化する方法

持ち物は増やさないに限る。

USBメモリはコンパクトで持ち運びも簡単だけど、忘れるリスクや無駄な荷物が増えてしまうことがデメリット。

USBメモリのデメリットを無くしたデータの持ち運び方こそが「スマホの外部ストレージ化」だ。

Androidスマホを外部ストレージ化する方法は簡単。

パソコンとAndroidスマホをケーブルで接続するだけ。

外部ストレージ化する方法

  1. パソコンとスマホをケーブルで接続する
  2. パソコンのメニューから「PC」→「デバイスとドライブ」を選択
  3. スマホのロックを解除
  4. 「デバイスとドライブ」にスマホが表示される
  5. 表示されたスマホのアイコンをクリック
  6. データ保存用のファイルを作成
  7. 外部ストレージ化の完了

1.パソコンとスマホをケーブルで接続する

2.パソコンのメニューから「PC」→「デバイスとドライブ」を選択

3.スマホのロックを解除

4.「デバイスとドライブ」にスマホが表示される

 

5.表示されたスマホのアイコンをクリック

6.データ保存用のファイルを作成

7.外部ストレージ化の完了

Androidスマホに限った利用方法にはなるが、パソコンに接続してデータをスマホに転送することで簡単に外部ストレージ化することができる。

ファイル名を分かりやすく作っておけば、いつどこで見てもデータの保存場所を忘れない。

スマホのセキュリティ性は高い

USBメモリに比べるとスマホのセキュリティは超絶安心

スマホのロックを解除するには「パスワード」「パターン」「指紋認証」「顔認証」が必要で、仮にスマホの中に大切なデータが有ってもセキュリティを解除しなければデータの閲覧ができない。

USBメモリはパソコンに挿せば誰でもデータが閲覧できる事と比べると、スマホのセキュリティ難攻不落の要塞みたいに感じる。

大切なデータこそスマホに入れておくことで安心感が増し増し。

iPhoneは不可

回紹介したスマホの外部ストレージ化はアンドロイドスマホに限った方法。

残念ながらiPhoneは外部ストレージ化できないんだ。

iPhoneを販売しているAppleは自社端末に対してのデータのコピーや追加を決して許さない会社で、iPhoneにDocomoの羊が出てくるようなキャリア専用のアプリが入っていないことも企業の特徴の一つ。

うちの商品に他社が介入するな!というAppleからのメッセージなんだろうけど、ユーザーとしてデータの持ち運びくらいは許す柔軟性がAppleには欲しかった。

Appleくらいの巨大企業のマーケティング部門がこんなことを見過ごしているわけがないから、色々と天秤にかけて搭載しないようにしているんだろう。

私はiPhoneユーザーじゃないから関係ないけど(キリッ)。

データはスマホで持ち運ぶ時代

スマホはいつでもどこでも持ち運ぶ万能デバイス。

会社に行くにも、コンビニに行くにもどこにでも持ち運んでいるのは私だけじゃない。でもUSBメモリをいつでも持ち運んでいる人は殆どいないはず。

コンパクトなサイズのUSBメモリは持ち運びするのに苦は感じないけど、持ち運びする価値があるか?と答えは否!

Androidスマホを持っている人は今すぐにUSBメモリを捨てて、データの持ち運びはスマホに一本化しよう。

そしてiPhoneを使っている人はこれを機に、Androidスマホに乗り換えを検討してみてはいかがだろうか?

Androidスマホは良いぞぉ。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-ライフハック