スマートホーム

【スマートリモコン】Magic Dotを使ってエアコンをスマート化させた話

2020年12月10日

Google Homeを手に入れてからというもの考えることは、如何に家中の家電をスマート家電化させるかということばかり。

家で一番使用する照明はすでにスマート化しているから、照明の次に使用頻度が高いエアコンをスマート化させることにした。

今回はエアコンをスマート化させた体験を記事にする。

スマートリモコンを導入した経緯

Google Homeを導入してからというもの、どうやってスマートホーム化しようかで頭を悩ませている幸せな日々を送っていた。

すでに照明はスマート家電化して声で操作できるようになったから、次のターゲットは部屋を快適な温度に操作してくれるエアコンだ。

我が家は賃貸だからエアコンは備え付けの備品だから、エアコン自体をスマート家電対応のものに買えることはできない。

Google検索をしてみると私と同じような悩みを抱えている人は多くて、スマート機能が付いていないエアコンのスマート家電化にはスマートリモコンが必須。

スマートリモコン赤外線リモコンを声やスマホで操作できるスマート家電

エアコンを取り替えるよりも圧倒的に安いし、赤外線で操作する家電ならテレビだってブルーレイレコーダーだって何でも操作ができるようになる。

激安のスマートリモコンのORVIBO「Magic Dot(マジックボット)を購入したんだけど、設定方法が分かりにくかった。

全ての家電をスマート化できる

スマートリモコンはWi-FiやBluetoothに対応していない家電を声やスマホで操作することができるするためのIoT機器。

赤外線リモコンをスマート化するから家の中のリモコンを操作する必要がなくなる。

外出先でもスマホ1つで遠隔操作ができるから、家に帰る前に操作しておけば「家に着く頃には照明もエアコンもテレビも付いている」

こんな事ができるからスマート家電は一人暮らしにこそ最適な家電と言えると私は信じている。

スマートリモコン1つで家の中の全てのリモコンをスマート化させることができるから、スマートホームの入門者にとってはスマートリモコンが最適。

家中のリモコンを「声」と「スマホ」で操作できる

スマートリモコンを家に導入する最大のメリットこそがスマホ1台でリモコン操作する家電の全てを操作できることなんだ。

エアコン、テレビ、ブルーレイレコーダー、照明に限らず、赤外線で操作できる家電の全てをスマホで操作できるようになるから、家中のリモコンが必要なくなる。

家の中でリモコンが行方不明になって、家電を使いたいタイミングで使えなかった経験をすることは多いはず。かくいう私の家では常時リモコンは行方不明で、テレビのリモコンはここ1年くらい消息を絶っている。

スマートリモコンを導入すれば全ての操作がスマホで完結するから、外出先でも家電の操作が可能。さらにGoogle HomeやAlexaと同期させれば声でも操作ができるから超絶便利に家中の家電を使いまくることができる。

家にいるときでも手が離せないタイミングがあるから、そんなときでも声で家電を操作ができるのはスマートリモコンの強み

ORVIBOの「Magic Dot」

スマートリモコンの王道といえばNature Remo(ネイチャーリモ)だけど、新品価格で6480円と値段が高い。

そこで見つけたのがORVIBOの「Magic Dot(マジックドット)」

新品定価が3840円となかなかの低価格。しかもメルカリで探してみると新品未使用品が2000円で売っていた。鬼安いィ。

お試し価格としても申し分なかったので、Magic Dot(マジックドット)をメルカリで即日購入した。

Magic Dot(マジックドット)の製品規格は下記

製品名 Magic Dot(マジックドット)
Wi-Fi規格 IEEE802.11 b/g/n(2.4Ghz帯)
赤外線周波数 20~60Khz
赤外線到達距離 8m以上
赤外線放射角度 360度
赤外線透過率 93%
対応機器 8000種類以上
ケース素材 PC+ABS+TPU
電源 5V/1A microUSB給電 
(ケーブルのみ同梱)
外形寸法 65x65x42mm 
(高さ×幅×厚さ)
質量 約82g

見た目が可愛い

Magic Dotの見た目はコンパクトな円柱形で可愛い。

シンプルなデザインだからどんな部屋のレイアウトにも合いそうで、パッと見はスマートリモコンだとは分からないだろう。

こんなふうに棚の上に雑に置いてもそれっぽく見えるから家具のデザインって重要だよね。

中国版を買ってしまったので説明書が読めない

私が買ったMagic Dot(マジックドット)は中国語版だったようで同封されていた説明書を見てもわけわかめ。

怯えながらMagic Dotの設定を始めたんだけど、設定は全てアプリで行うから説明書を見る必要はない。

Magic Dotを販売しているORVIBOが配信しているアプリ「ORVIBO Home」のインフォーメーション通りに進めていけば設定は完了する。

設定方法

Magic Dotの設定はまずアプリのダウンロードをする必要がある。

スマホとの連携の手順

  1. アプリ「ORVIBO Home」をダウンロードする

  2. メールアドレスなどの登録をする

  3. Magic Dotのボタンを押してアプリと同期させる

ここまでの手順でスマホアプリとの連携が完了する。

1.アプリ「ORVIBO Home」をダウンロードする

2.メールアドレスなどの登録をする

3.Magic Dotのボタンを押してアプリと同期させる

スマホのSIMカードを取り出すための「SIMピン」に似たものが同封されているから、ピンを使って同期用のボタンを6秒ほど長押しをする

6秒押し続けるとランプが赤く点滅するから、あとはスマホを操作すれば同期が完了。

スマホアプリにMagic Dotを連携できれば、ここからが本題のエアコンのリモコンをMagic Dotに同期させる。

リモコンの登録

 

アプリを起動して「スマート赤外線リモコン」をタップ

右下の「+ 追加」をタップ

 

「エアコン」をタップ

エアコンのブランドを選択する

私の部屋のエアコンは富士通なので「Fujitsu」を選択した。

リモコンのマッチング【ココが難関】

初心者にとってはココが鬼門になると思う。私もココが一番時間を使った。

スマホに表示されているボタンをしらみ潰しに押していき、エアコンが動作した設定を登録する。

中には「電源はつくけど温度調節ができない」「温度調節はできるけど風量の調節ができない」などのパターンもあるから、全てのプリセットを試してみることをオススメする。

プリセットはメーカー毎に20~40セット用意されているから、しらみ潰しには根気が必要。とはいうもののエアコンが反応しないプリセットの方が多かったので、10分位で設定は終わると思う。

エアコンがスマホと声で操作できるようになった

Google Homeと同期させることでスマホ以外でも声で操作ができるようになった。

家にいる時は、

OK、Google エアコンをつけて!

と言えばエアコンの電源がつくようになった。

さらにORVIBOのスマートホームアプリを操作することで、外出中でもエアコンのオン・オフ、設定温度の変更、風量の変更をできるようにもなって便利さに拍車がかかる。

スマートリモコンを導入したおかげで、エアコンのリモコンは入居当初から壁に設置してあった定位置に還っていった。

これでリモコンが行方不明になることも無い。

我が家のエアコンが古すぎる?

スマートリモコンの設定中にふと思ったんだけど我が家のエアコン古くない?

入居したからエアコンの年式を一度も確認したことはなかったから、これを機に確認をしてみると…

2003年式の17年型落ちのエアコンだった。

エアコンの寿命は10年と言われるので、もう交換時期が迫っているはずだ。

なんとか不動産管理業者を丸め込んで新しいエアコンに交換して貰う方法を考える。大家は出費を嫌がるだろうけど、管理会社としては借り主に10年以上前のエアコンを使わせている事の方が見栄えが悪い。

情報化社会でTwitterやInstagramで対応が悪いとすぐに拡散されてしまうから、きっと企業側も評判を下げるような対応は避けるはずだと信じて交換してもらえそうな正当っぽい理由を考えてみる。

管理会社に無料でエアコン交換してもらった

無料でエアコンを交換してもらった体験談を書いた記事がコチラ。

【体験談】ホテルのエアコンが動かなくて宿泊費を全額返金してもらった話【宿泊約款と契約の債務不履行】

2021年某日、一泊二日の出張のためにビジネスホテルを予約したんだけど、ホテルのエアコンが全く効かなかった。 ホテルの立地は東北の豪雪地帯で、早朝は-6℃の寒冷地帯。 生命を危機を感じたんだけど、なん ...

続きを見る

工事業者の電話対応がメチャクチャだったり、手抜き工事が発覚したりと色々なドラマが有った。情弱入居者は搾取されるしか無いと実感した体験だった。

価格と設定難易度はトレードオフ

ORVIBOの「Magic Dot」は定価は3840円で他のスマートリモコン製品と比べると圧倒的に激安だ。さらにメルカリであれば2000円位で購入できるからマジの激安。

ただし、前述したように設定方法がちょっぴり分かりにくいから家電製品の操作やスマホの知識に疎い人には向かない。

実際にAmazonや楽天市場のレビュー評価は高評価と低評価が極端に二分されているから、たぶん設定できた人とできなかった人に二極化されていると私は睨んでいる。

設定方法さえ乗り切ってしまえば、使用感は問題がないから安ければOKという人にはORVIBOの「Magic Dot」はオススメできる。

ぶっちゃけある程度のネットリテラシーがあれば、設定方法も難しくない。

分からなければ答えはネットに載っているから恐れずにORVIBOの「Magic Dot」を購入しておけばいいと思う。安いし

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-スマートホーム

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5