生活が豊かにならない

【ポンコツ】お馬鹿な加湿空気清浄機KI-JS40【加湿を永遠に続ける】

2021年8月20日

春先の花粉、冬場の乾燥は人類の敵。

加湿空気清浄機を使用することで、花粉も乾燥も気にならなくなる。

引越しに際して空気清浄機KI-JS40を購入したけど、まじでポンコツ過ぎて泣きたい。

この記事ではポンコツ加湿空気清浄機KI-JS40を購入してしまった悲しみを綴っていく。

楽天DEALに騙された

引っ越しに際し、楽天市場の割引品である楽天DEALで加湿空気清浄機KI-JS40を購入した。

ポイント還元率は驚異の20%だったんだけど、購入して2週間で後悔をしまっくている。

  • 水を入れた状態で加湿機能をオフにできない
  • ルーバーが手動
  • フィルターがホコリとキャッチしない
  • 脱臭効果はほぼ無し

KI-LS50-Wはマジでポンコツ過ぎ

空気清浄機を購入するなら同じSHARPから販売されているKI-LS50を購入したほうが幸せになれる

絶対にKI-JS40は買ってはいけない。

KI-JS40は永遠に加湿をし続けるポンコツ

一般的に加湿空気清浄機は、室内の湿度を60%に保つように加湿をしてくれる。

だがKI-JS40は部屋の湿度に関係なく、貯水タンクが無くなるまで加湿を続けてしまうポンコツなんだ。

たとえ部屋の湿度が90%でもタンクの水が無くなるまで加湿をし続ける。一度ウケたネタを延々と続ける小学生みたいな加湿空気清浄機。それがKI-JS40の正体だ。

加湿空気清浄機 KI-JS40のスペック

サイズ 622mm × 280mm × 260mm
最大加湿量 420mL / 時間
最大風量 4.0m3 / 分
プラズマクラスター(適用畳数) 10畳
空気清浄(適用畳数) ~18畳
貯水タンク容量 2.0L

省スペースで邪魔になりにくい

KI-JS40は縦に長い加湿空気清浄機なので、部屋の中の占有スペースが小さい。

私の部屋は約7畳だけど、KI-JS40はスリムな形状なので邪魔にならない。他社の空気清浄機と比較してもKI-JS40のコンパクト性はトップクラス

ここは良かったんだ。そう、ここだけは…。

お馬鹿すぎて永遠に加湿をし続ける

KI-JS40は水を入れた状態で加湿機能をオフにできない。加湿を続ける。永遠に(倒置法)。

KI-JS40は貯水タンクに入れた水が全て無くなるまで加湿を続けるんだ。それはもう馬鹿みたいに部屋を加湿し続けてくれる。

その原因はKI-JS40に湿度センサーが搭載されていないことにある。

湿度センサーが非搭載

KI-JS40には湿度センサーが搭載されていない。

湿度センサーが搭載されている加湿空気清浄機なら、湿度を検知して快適な湿度である60%に保つことができる。

KI-JS40には湿度センサーが無いから、暴走機関車のように水が無くなるまで加湿をし続ける。うんこ。

貯水タンクはバケツタイプ

KI-JS40の貯水タンクに蓋はない

水を貯めたタンクをそのまま加湿空気清浄機にセットする。

以前使用していた空気清浄機の貯水タンクはしっかりと蓋ができるものだった。蓋を閉めることで水をこぼす心配がなく、加湿器にセットが出来た。

KI-JS40の貯水タンクの形状は旧式以外の何物でもない。ゴミ。

ルーバーが手動

買うまでは全く気が付かなかったんだけど、KI-JS40はルーバーの開閉が手動

これに気がつくまでは風を出しているのに蓋をし続ける、という訳の分からない状況が部屋で発生していた。

ルーバーが手動なので、スイングさせて部屋中に風を送ることは出来ない。空気清浄機としては致命的なポイントだと思う。クソすぎ~。

外部フィルターがホコリをキャッチしない

定期的に外部フィルターを観察しているが、ホコリをキャッチしているようには思えない

私の部屋ではKI-JS40を24時間使い続けているので、そこそこのホコリをキャッチしているはずなのに外部フィルター掃除のたびに汚れの少なさに驚く。

部屋に掃除機をかけるとそこそこのホコリが吸引されているので、KI-JS40はほとんど役に立っていない可能性が高い。

脱臭効果はほぼ無し

3ヶ月以上使い続けているけど、脱臭効果はほとんど感じない

試しに納豆を近づけてみたこともあったが、KI-JS40は全く反応せずに静音で動き続けていた。

部屋のニオイ対策に関しては、ファブリーズの方が効果が高い

KI-JS40はサブとしてはオススメ…かもしれない

メインで使う加湿空気清浄機としてKI-JS40は力不足感が否めない。

キッチンや別室でサブの加湿空気清浄機として使うなら、KI-JS40のコンパクト性を活かすことができるのでオススメはできる。

しかしサブの空気清浄機を買うくらいなら、メインを張れる加湿空気清浄機を2台買ったほうが幸せになれる思う。

信じるか信じないかはアナタ次第。

ポンコツ過ぎるから買い替えた

KI-JS40のあまりのお馬鹿っぷりには悲しみしかない。

加湿空気清浄機の効果を最大に発揮するのは、乾燥する冬場だけどKI-JS40では少々心許ない。というわけで、空気清浄機を買い直した。

この記事を見ている人は絶対にKI-JS40を購入してはいけない

購入するなら同じSHARPから販売されているKC-L50購入したほうが絶対に幸せになれる

この記事を見てくれている人が不幸な買い物をしないことを祈る。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-生活が豊かにならない

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5