生活が豊かにならない

【ポンコツ】お馬鹿な加湿空気清浄機KI-JS40【加湿を永遠に続ける】

2021年8月20日

春先の花粉、冬場の乾燥は人類の敵。

加湿空気清浄機を使用することで、花粉も乾燥も気にならなくなる。

引越しに際して空気清浄機KI-JS40を購入したけど、まじでポンコツ過ぎて泣きたい。

この記事ではポンコツ加湿空気清浄機KI-JS40を購入してしまった悲しみを綴っていく。

楽天DEALに騙された

引っ越しに際し、楽天市場の割引品である楽天DEALで加湿空気清浄機KI-JS40を購入した。

ポイント還元率は驚異の20%だったんだけど、購入して2週間で後悔をしまっくている。

  • 水を入れた状態で加湿機能をオフにできない
  • ルーバーが手動
  • フィルターがホコリとキャッチしない
  • 脱臭効果はほぼ無し

KI-LS50-Wはマジでポンコツ過ぎ

空気清浄機を購入するなら同じSHARPから販売されているKI-LS50を購入したほうが幸せになれる

絶対にKI-JS40は買ってはいけない。

KI-JS40は永遠に加湿をし続けるポンコツ

一般的に加湿空気清浄機は、室内の湿度を60%に保つように加湿をしてくれる。

だがKI-JS40は部屋の湿度に関係なく、貯水タンクが無くなるまで加湿を続けてしまうポンコツなんだ。

たとえ部屋の湿度が90%でもタンクの水が無くなるまで加湿をし続ける。一度ウケたネタを延々と続ける小学生みたいな加湿空気清浄機。それがKI-JS40の正体だ。

加湿空気清浄機 KI-JS40のスペック

サイズ 622mm × 280mm × 260mm
最大加湿量 420mL / 時間
最大風量 4.0m3 / 分
プラズマクラスター(適用畳数) 10畳
空気清浄(適用畳数) ~18畳
貯水タンク容量 2.0L

省スペースで邪魔になりにくい

KI-JS40は縦に長い加湿空気清浄機なので、部屋の中の占有スペースが小さい。

私の部屋は約7畳だけど、KI-JS40はスリムな形状なので邪魔にならない。他社の空気清浄機と比較してもKI-JS40のコンパクト性はトップクラス

ここは良かったんだ。そう、ここだけは…。

お馬鹿すぎて永遠に加湿をし続ける

KI-JS40は水を入れた状態で加湿機能をオフにできない。加湿を続ける。永遠に(倒置法)。

KI-JS40は貯水タンクに入れた水が全て無くなるまで加湿を続けるんだ。それはもう馬鹿みたいに部屋を加湿し続けてくれる。

その原因はKI-JS40に湿度センサーが搭載されていないことにある。

湿度センサーが非搭載

KI-JS40には湿度センサーが搭載されていない。

湿度センサーが搭載されている加湿空気清浄機なら、湿度を検知して快適な湿度である60%に保つことができる。

KI-JS40には湿度センサーが無いから、暴走機関車のように水が無くなるまで加湿をし続ける。うんこ。

貯水タンクはバケツタイプ

KI-JS40の貯水タンクに蓋はない

水を貯めたタンクをそのまま加湿空気清浄機にセットする。

以前使用していた空気清浄機の貯水タンクはしっかりと蓋ができるものだった。蓋を閉めることで水をこぼす心配がなく、加湿器にセットが出来た。

KI-JS40の貯水タンクの形状は旧式以外の何物でもない。ゴミ。

ルーバーが手動

買うまでは全く気が付かなかったんだけど、KI-JS40はルーバーの開閉が手動

これに気がつくまでは風を出しているのに蓋をし続ける、という訳の分からない状況が部屋で発生していた。

ルーバーが手動なので、スイングさせて部屋中に風を送ることは出来ない。空気清浄機としては致命的なポイントだと思う。クソすぎ~。

外部フィルターがホコリをキャッチしない

定期的に外部フィルターを観察しているが、ホコリをキャッチしているようには思えない

私の部屋ではKI-JS40を24時間使い続けているので、そこそこのホコリをキャッチしているはずなのに外部フィルター掃除のたびに汚れの少なさに驚く。

部屋に掃除機をかけるとそこそこのホコリが吸引されているので、KI-JS40はほとんど役に立っていない可能性が高い。

脱臭効果はほぼ無し

3ヶ月以上使い続けているけど、脱臭効果はほとんど感じない

試しに納豆を近づけてみたこともあったが、KI-JS40は全く反応せずに静音で動き続けていた。

部屋のニオイ対策に関しては、ファブリーズの方が効果が高い

KI-JS40はサブとしてはオススメ…かもしれない

メインで使う加湿空気清浄機としてKI-JS40は力不足感が否めない。

キッチンや別室でサブの加湿空気清浄機として使うなら、KI-JS40のコンパクト性を活かすことができるのでオススメはできる。

しかしサブの空気清浄機を買うくらいなら、メインを張れる加湿空気清浄機を2台買ったほうが幸せになれる思う。

信じるか信じないかはアナタ次第。

ポンコツ過ぎるから買い替えた

KI-JS40のあまりのお馬鹿っぷりには悲しみしかない。

加湿空気清浄機の効果を最大に発揮するのは、乾燥する冬場だけどKI-JS40では少々心許ない。というわけで、空気清浄機を買い直した。

この記事を見ている人は絶対にKI-JS40を購入してはいけない

購入するなら同じSHARPから販売されているKC-L50購入したほうが絶対に幸せになれる

この記事を見てくれている人が不幸な買い物をしないことを祈る。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-生活が豊かにならない