スマホ

誰でも簡単に「Antutuベンチマークテスト」を計測する方法【スマホ1台で計測可能】

2021年8月22日

スマホやタブレットの処理能力を計測するできるアプリ『AnTuTuベンチマーク』

この記事ではAnTuTuベンチマークアプリのインストール方法と測定方法について紹介する。

AnTuTuベンチマークはスマホスペックの指標

AnTuTuベンチマークはスマホ・タブレットの能力水準を示す指標のひとつ。

AnTuTuベンチマークのテストを行うことで、自分が使用しているデバイスの性能を点数で評価することができる。

点数別の性能区分

AnTuTuベンチマークのスコア(点数)別の性能区分は下記。

AnTuTuベンチマークスコア(点数) 操作感
総合スコア:約50万点以上
GPUスコア:約18万点以上
ストレスを感じることは無い
総合スコア:約35万点〜50万点
GPUスコア:約14万点〜18万点
重いゲーム(原神・荒野行動)をプレイ可能
総合スコア:約25万点〜35万点
GPUスコア:約7万点〜14万点
軽いゲームを快適にプレイ可能
総合スコア:約15万点〜25万点
GPUスコア:約3万点〜7万点
ゲームをする最低限のスペック
総合スコア:約15万点以下
GPUスコア:約3万点以下
LINE・ブラウジング程度なら快適

AnTuTuベンチマークのスコア(点数)が高ければ処理能力が高い

逆にスコア(点数)が低ければ処理能力も低い

快適にゲームをするならスコア40万点以上

アプリの中でも特にゲームアプリはデータ処理量が多い。

データ処理量が大きいアプリをダウンロードするなら、AnTuTuベンチマークスコア(点数)が高いハイエンドスマホを選ぶことをオススメする。

AnTuTuベンチマークスコア(点数) スマホの区分
総合スコア:50万点以上 ハイエンドスマホ
総合スコア:30万点~50万点未満 ミドルエンドスマホ
総合スコア:30万点以下 ローエンドスマホ

原神などの重いゲームを快適にプレイしたいなら、AnTuTuベンチマークスコアは50万点以上のハイエンドスマホを選んだほうがいい。

AnTuTuベンチマークアプリのインストール方法

AnTuTuベンチマークアプリは、Android版のみGoogle Playストアでダウンロードすることが出来ない

OS毎のインストール方法

  • Android版 → 公式サイトからダウンロード
  • iOS版 → 公式サイトまたはApp Storeからダウンロード

何故かAndroid版だけは公式サイトからしかダウンロードできない。なんでや!

注意

AnTuTuベンチマークの利用はあくまでも自己責任でお願い致します。

AnTuTu公式サイトからファイルを2つダウンロード

step
1
公式サイトにアクセス

AnTuTuベンチマークの公式サイトはコチラ

step
2
「AnTuTu Benchmark Android」の[Download]をクリック

step
3
左下の[詳細]をクリック

step
4
一番下の[このサイトにアクセスする]をクリック

step
5
ダウンロード開始

これでダウンロードが完了。

step
6
公式サイトに戻り[Download 3D]をダウンロード

ファイルマネージャーからファイルを起動

この時点で「AnTuTu Benchmark」「AnTuTu Benchmark 3D」2つのファイルがダウンロードされているはずだ。

step
1
スマホのファイルマネージャーを起動

step
2
「ダウンロード」をタップ

step
3
ダウンロードしたデータを選択

step
「ダウンロード」をタップ

step
5
「不明なアプリ」のインストール手順

step
5
2つ目のアプリもインストール

AnTuTuベンチマークアプリをインストール

これでスマホには「AnTuTu Benchmark」、「AnTuTu 3DBench」の2つのアプリがインストールされているはずだ。

この時点でアプリが2つインストールされていないなら最初から確認をして欲しい。

AnTuTuベンチマークの測定方法

2つのアプリをインストールできれば、AnTuTuベンチマーク測定ができる状態。

あとはアプリを起動して計測するだけ。

step
1
「AnTuTu Benchmark]アプリを起動

ダウンロードした「AnTuTu Benchmark]アプリを起動する。

注意ポイント

「AnTuTu 3DBench」は放置

step
2
AnTuTuベンチマークの測定開始

[今すぐテスト]をタップすることで測定を開始。

step
3
5分ほど放置

あとはしばらくデバイスを放置。

計測中はデバイスが熱くなる。ホカホカでカイロみたい。

注意ポイント

計測中はスマホが暖かくなる

step
4
AnTuTuベンチマークの測定完了

AnTuTuベンチマークスコアを高くするための方法

AnTuTuベンチマークスコア(点数)は現時点でもスマホ・タブレットの処理能力を示す。

アプリを入れすぎたり、写真・動画を保存していたりして、ストレージを圧迫しているとAnTuTuベンチマークスコアが低くなる。

スコア(点数)を高くする方法

  • ストレージを整理する
  • バックグラウンドのアプリをOFFにする

デバイスを使えば使うほどスコア(点数)は低くなる。

AnTuTuベンチマークスコアが低下した時こそ、スマホ買い替えを検討するベストな時期。

iOS版はApp Storeでダウンロード可能

Android版はスマホに標準インストールされている「Google Playストア」でダウンロードをすることが出来ない。

それに対してiOS版はApp Storeで検索ことで簡単にインストールできる。

AnTuTu

AnTuTu

無料posted withアプリーチ

なんでAndroid版は公式サイトでしかダウンロードできないんや(2回目)。ぴえん。

誰でも簡単にAnTuTuベンチマークを測定できる

ここまで紹介した方法を実践することで、誰でも簡単にAnTuTuベンチマークを測定することができる

AnTuTuベンチマークは現時点のスマホの処理能力を測定できるので、今使っているスマホ買い替えの指標にもなる。

ゴリブロでもスマホレビューをしたい

今まで当ブログ『ゴリブロ』では、スマホのレビューをしたことはなかった。

私はスマホが好き。

好きなスマホの事をみんなに伝えるために、これからはゴリブロでもスマホのレビューをしていく予定だ。

まずは現時点でメインで使用しているGalaxy S21の記事を作成する。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-スマホ

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5