美容・健康

【乾燥肌】正しい水分補給でお肌の潤いを取り戻せ【肌質改善の道】

すずき
肌がカサついて困る!

筆者は30歳を迎えて絶賛オッサン化現象の真っ只中。

思考もオッサンになりつつあるんだけど、見た目だけは若々しくありたい。

人間の第一印象は顔であって、肌質が見た目の若さを左右する。

瑞々しい肌を手に入れるために、毎日の水分補給を意識したら思っていた以上の結果を手に入れたから記事にする。

肌の潤いを取り戻し始めた

結果から言ってしまうと、水分補給を意識することで肌の潤いが以前よりも増した。

まず水分補給をするにルールを作ったんだ。

水分補給ルール

1時間にコップ1杯分(200ml)の水を飲む

このルールを守るだけで、お肌の瑞々しさが向上してビックリ。

2週間くらいで効果を実感

水分補給を意識づけて毎日を過ごすこと2週間。

すずき
あれ?ちょっとだけ前よりお肌のカサつきが少なくなった?

2週間目は些細な気づきだったので気のせいかと思ったけど、1ヶ月も続けていると確信を持って変わったと言える肌になった。

超嬉しい。

乾燥はお肌の大敵

テレビCMやYou Tube広告で耳にタコができるほど「乾燥はお肌の大敵」と言っているように、乾燥はマジで怖い。

肌は紫外線や最近から私達を守ってくれている「バリア」のようなもの。

肌が乾燥すると、このバリアが剥がれてしまってシミや荒れ肌の原因になるので要注意。

化粧水や保湿クリームで水分を逃さない対策方法もあるけど、全体の水分量を考えると決定的な対策にはならない。

お肌のためは、定期的な水分補給が最適解。

水分補給のメリット

お肌のためだけに水分補給を意識付けたんだけど、筆者の予想を超えた効果もあった。

どれも健康的な事柄なので、水分補給は絶対にしたほうが良い。

肌が瑞々しくなる

筆者の主目的of人類の理想。

肌は新陳代謝を繰り返して、古い肌と新しい肌を入れ替えている。

しっかりと水分を補給することで、新しい肌が瑞々しく仕上がるので若々しい肌を維持することができる。

水分不足になると、古い角質がめくり上がって粉吹き肌になる可能性が高くなる。

瑞々しい肌を作り出すには、こまめな水分補給が必須。

便秘が解消した

筆者は便秘になりやすい体質なんだ。

毎日排泄できることはなく、体外に放出する頻度は2~3日に1回くらいだった。

水分補給を意識づけてからは、ほぼ毎日大きいほうが出るようになった。

たぶん、適度に軟便化をした結果だと思う。

以前までの下っ腹のポッコリ感も無くなって、スタイリッシュな見た目になった(自画自賛)。

おそらく痩せる

水分補給を意識し始めてから間食を全くしなくなった。

1時間毎にコップ一杯の水を飲んでいると、空腹感を感じにくくなったからだと思われる。

さらに、水を飲むことで胃袋が満たされるので1回の食事量も減ったのは嬉しい誤算だった。以前よりも食べなくなったので、継続するとたぶん痩せるはず。

自分の身体で人体実験をしているので、いずれは記事にして報告をするつもりだ。…たぶん。

他にも効果は多い

筆者が実感しているのは上記の点くらいなんだけど、医療系の情報によると他にもメリットがある。

●メリット①:ドロドロ血液を解消

⇒血液の水分不足によるドロドロを解消し、脂質を排出して血流をよくします。

●メリット②:生活習慣病の改善

⇒体内水の循環で、糖の代謝や塩分の排出を促し、糖尿病や高血圧を改善します。

●メリット③:ボケ防止と脳の活性化

⇒脳内の細い血管の血流を促し、脳細胞に栄養素や酸素を届けることで、

 脳を活性化させ、認知機能を高めます。

リハプライド 引用元はコチラ

水分補給のメリットはこんなにもモリモリ。もう水分補給をしない理由が見つからない

1日の水分必要量は2.5L

人間が一日で消費する水分は1.2Lと言われている。

新陳代謝以外にも、汗、尿、唾液などを作るためには水分は必須。

さらに、1日に必要な水分量はなんと2.5Lと言われていて、達成するのは結構なハードモード。

意識的に水分補給をしなければ、1,2Lを下回ってしまう人も多いはず。

一気に飲むとお腹がタポタポになるので、1時間毎のコップ一杯(約200ml)を取る方法が筆者のオススメ。

【デメリット】トイレが近くなる

1日のうちに行くトイレの回数は増えた。

めちゃくちゃ増えた。

もともと筆者はトイレが近い方ではあったのだが、水分補給を意識してからは2時間に1回くらいのペースでトイレに行くようになった。

何回もトイレに行くのは面倒くさい。

しかし、尿は身体の中の老廃物を出しているので、体内環境としては良いのだろう。

些細なデメリットだと自分を説得して諦める他ない。

ジュースやコーヒーの飲みすぎはNG

やっぱり味のついた飲み物は美味しい。

ジュースやコーヒーは私達の生活からは切り離すことのでいない飲み物になっているけど、水分補給にはオススメできない。

コーヒー

カフェインの利尿効果により、水分が吸収される前に尿として排出されてしまう

ジュース

砂糖を大量に摂取すると、肥満や肌のむくみの原因となる

趣向品として楽しむ程度であればOK。コーヒーやジュースの飲み過ぎには注意をしよう

水分補給がしやすいように水筒を買った

水分補給をするために毎回飲み物を買っていては、お財布に優しくない。

ペットボトルを1本買うのに100円の出費をするくらいなら、水筒を買って水を持ち運んだほうがコスパが良い。

ステンレスの水筒で有名なのは「klean Kanteen(クリーンカンティーン)」。

ステンレス一枚板の水筒でシンプルなデザインが男心をくすぐるんだけど、購入価格が4,000円前後するのでちょっと高い。

同じ様なステンレスボトルがニトリで売っている。

ニトリのステンレスボトル

なんと、このステンレスボトルは1,200円で購入できる

お値段異常と言われているニトリには珍しく、安く帰る商品なので買って損はない。

ステンレスボトル全体

今の所ステンレスボトルに、ジュースなどを入れる予定はない。水を入れるだけなので、洗うのも簡単…のはず。

体の調子も良いし今後も意識して水分補給は継続したい。

新着記事

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/12

【体験談】親知らずを抜歯して死にかけた話【痛みが来たのは4日後】

33歳にして俺はついに親知らずを抜いてきた。 術後は全く痛くなくて「あれ?これ余裕じゃね?」とか思っていたんだけど、まさかの親知らずを抜いて4日後に痛みがきて死にかけたんだ。というか今まさに俺は死にかけている。 この耐えがたい痛みをこの記事を見てくれる人と共有するために、今回は親知らずを抜いた体験談を書き殴っていく。 親知らずを抜くメリット・デメリット 「親知らずは抜いたほうがいいよ」と言ってくる人は腐るほどいたけど、明確にメリットとデメリットを提示してくれた人は今までいなかった。 どうせ金をかけるんだか ...

続きを見る

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/4

【体験談】ヒゲ脱毛は湘南美容クリニックの一択だった【大手・最安・単発OK】

数社のヒゲ脱毛カウンセリングを受けた結果、湘南美容クリニックで施術を受けることに決めた。 今回は数ある脱毛サロンのなかで俺が湘南美容クリニックを選んだ理由と実際の体験談を紹介するので参考にしてほしい。 ヒゲ脱毛をするメリット ヒゲ脱毛をして得られるメリットは下記。 ヒゲを剃る時間が無くなる。 清潔感がアップする カミソリなどの出費が無くなる ヒゲ剃りで失う時間は1日10分と言われている。 年間にすると3,650分、つまり約60時間も無駄にしているという計算になる。20歳から33歳までヒゲを剃り続けている俺 ...

続きを見る

DIY ガジェット ライフハック

2024/1/28

【壁美人】賃貸ワンルームでも簡単に壁掛けテレビが実現する【壁を傷つけない】

壁掛けテレビの取り付けといえば「壁に穴をあける」「ねじを壁に打つ」「DIYで突っ張り柱に取り付ける」などをイメージする人が多いだろう。しかし、賃貸アパートで壁に穴をあけると退去時に原状回復の費用負担になるし、DIYで突っ張り柱を作るとなると利便性よりも面倒臭さが勝つ。 それに引き換え「壁美人」はホチキスの針で取り付けるから壁へのダメージを最小限に抑えることができる。 今回は壁美人を使って賃貸ワンルームに壁掛けテレビを導入したので紹介する。俺と同じく賃貸で壁掛けテレビを検討している人の参考になれば幸い。 部 ...

続きを見る

体験談

2024/1/19

【目標】2024年は記憶に残る年にしなければならない【東京都在住33歳独身男性】

いつのまにか2023年が終わっていた。振り返っても大した記憶がない。 今年で34歳になるのに記憶にも記録にも残らない1年を送っていた、という絶望が俺の心を駆け巡る。 このままだといつの間にか老衰で死ぬ。それは避けなければいけない。 というわけで2024年の目標を書き殴っていく。 2023年の記憶はない Q.1年間の思い出は何ですか? A .無いんだな。これが。 2023年を振り返り思い出すことは仕事のことばかり。 残業時間は100~200時間/月を維持し続けた結果、会社のあらゆる人間に”すずきは仕事好き” ...

続きを見る

お得情報 節約

2024/1/19

キャッシュレス支払いをするべき理由【節約の第一歩】

Suicaから始まり、PayPayや楽天Payなどが普及することでキャッシュレス支払いが当たり前になってきた。 かくいう私は一人暮らしを始めて5年目時点でクレジットカードの作り、8年目で電子マネーを使い始めて、今となってはほぼキャッシュレス生活に完全移行することができた。 実際にキャッシュレス生活に慣れると、家計簿管理が楽ちんで節約にもなって、キャッシュレス支払いで獲得した通算ポイントは100万ポイントを超えている。 今回は、キャッシュレス支払いのメリットと移行方法を紹介する。 キャッシュレスのメリット ...

続きを見る

節約 美容・健康

2023/10/10

フィットネスジムで毎日シャワーを浴びて光熱費を削減した【毎月3,000円の節約】

世はフィットネス全盛期。 今や町の至る所でフィットネスジムを見かけるようになった。 運動をして痩せたり、筋トレをしてボディメイクをしたりと、利用している人によってフィットネスジムに行く目的は様々だ。 フィットネスジムは、運動して書いた汗を流すためにほぼ100%でシャワールームが完備されている。 今回はフィットネスジムで毎日シャワーを浴びて、私がどれだけ光熱費を削減できたのかを紹介する。 自宅で浴びる10分間のシャワーの光熱費は1回100円 自宅でシャワーを浴びた場合、ガス代・水道代を合わせた光熱費は約10 ...

続きを見る

-美容・健康