ライフハック

リュックサックは都会の生活に最適【バッグの最適解かもしれない】

2021年5月31日

レジ袋の有料化が始まり早1年以上、毎回レジ袋を購入するのは余計な出費だからエコバックを持参する人が街に増えた気がする。

もともと私はバッグを持つこと自体が反対派だったけど、東京に住むことでバッグの利便性に気がついた。

そしてバッグの中でもリュックサックの利便性は頭一つ飛び抜けている。今回はリュックサックが都会の生活に最適な理由について紹介する。

都会の移動は身体一つ

都会の移動手段は電車・バス・自転車・徒歩の大きく4つに分類される。

人によっては車やバイクを利用するだろうけど、都会の駐車場代は高いので費用対効果を考えるとほとんどの人は上記の4つの移動方法を利用するのがほとんどだと思う。

車というプライベートスペースを持っていれば、購入したものは車に置いて手ぶらでショッピングを楽しむことができる。

しかし、多くの人が車を必要としていない都会においては、買い物のための袋やバッグが必要になってしまうのはなんとなく分かってもらえると思う。

都会の買い物にはリュックサックが最適

都会で買い物をするためにはバッグが必須。そして、バッグの中でもリュックサックは圧倒的な利便性を誇っている。

東京に住むまでは私はバッグ否定派だった。そんな私の価値観が一瞬で変わってしまうんだから環境の変化はスゴイ。東京に進出する前の心情を書いた記事は下記。

東京に住むことに対する期待と不安【30歳で初の東京進出】

私は2021年5月から転職して東京都に住むことになる。 今まで栃木県、岡山県、福島県と移り住んできたけど、今回は人生初の主要都市への居住ということで様々な感情が入り混じっている。 今回は私が東京に行く ...

続きを見る

ここからはバッグ否定派だった私を価値観を塗り替えたリュックサックの利便性を紹介する。

両手が使える

リュックサックであれば背負うだけなので両手が自由に使うことができる。

手持ちバッグだと、駅の改札やバスの乗り降りをするたびにバッグを持ち直してポジションを変える、という余計な手間をかけなければいけない。

リュックサックなら常に両手がフリーなので、背負うという1工程で全てが完了する。

荷物がたくさん収納できる

手持ちバッグと比較して、リュックサックは容量が大きい。

背中に背負えるサイズで大容量のものだと30Lを超えるものも市販されている。

容量30Lのリュックサックなら2泊3日の旅行に必要な荷物は余裕で収納できるから、ちょっとした旅行ならスーツケースを別で持ち運ばずともリュックサックのみで完結できる。

移動の邪魔にならない

背中に背負うためリュックサックは移動の邪魔にはならない。

リュックサックを使っていれば、徒歩でも自転車でもバイクでの移動だって全く邪魔に感じることはない。

それに引き換え手持ちのバッグはどうだろう。

片手にぶら下げてブンブン揺れているさまは凶器に他ならない。すれ違う人々にぶつかってしまう手持ちのバッグを持っている人はもれなく優しさが足りない人間だって小学校の先生が言っていた。私はそんなことはこれっぽっちも思っていない。

疲れにくい

手持ちのバッグのように持ち続ける必要がないので、リュックサックは身体への負担が少ない。

背負っているだけなので急ぎのときにも走れるし、身体に密着しているから重心が安定していて激しい動きをしても負荷が少ないから体が疲れづらい。

リュックサックがデメリットだと感じた瞬間

都会の買い物に抜群にマッチングするリュックサック。

しかし、そんなリュックサックにも使用中に感じるデメリットは存在する。メリットとデメリットは表裏一体なので、リュックサックを使用したいならこれから紹介するデメリットを許容できる人に限られるだろう。

夏場は背中が蒸れる

夏場にリュックサックを背負っていると背中はもう汗でビショビショだ。

夏場のリュックサックとグレーのTシャツの相性は最悪で、グレーのTシャツを着た日にはリュックサックを背中から下ろすことはできない。ビショビショの背中を衆目に晒さないようにビクビクしながら買い物をすることになるからだ。

夏場にリュックサックを背負うなら、間違いなくグレーのTシャツを着ることはできないだろう。

人の隙間をすり抜けにくい

都会は人通りが多くて、人と人の隙間をすり抜けないと歩けない場面が多い。

リュックサックを背負っていると、もれなく通行人に背中から飛び出しているリュックサックがぶつかりまくる。

渋谷のスクランブル交差点や秋葉原のヨドバシカメラを歩いていると、10分に1回ぐらいはリュックサックに人がぶつかってくることは逃れられない。

防水性能が高いリュックサックが最適解

リュックサックを購入するなら絶対に「防水性能」が高いものを選択しよう。

リュックサックは背負うという利便性が故に他のバッグに比べてサイズが大きめ。大きいが故に雨が降ってきたときにビニール袋でリュックサックを保護するなどの応急処置がしにくい。

雨に怯えるくらいなら最初から防水性能の高いリュックサックを購入しておけば、無駄な不安や後悔をすることはなくなる。

これから購入するなら絶対に防水性能が高いものをチョイスしよう。

私はTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のビッグショット シーエルを愛用している。大容量で抜群のフィット感、メッシュ素材を採用しているから背中が蒸れにくい、などなどの素晴らしい機能性のリュックサック。

【大容量リュックサック】THE NORTH FACE:Big Shot CL【これ1つで何処にでも行ける】

今までバッグを持つことに対して否定的だったが、東京に進出してきてバッグに対しての価値観が180°変わってしまった。私はファッションに全く興味がないから機能性を最も考慮して普段遣いのバッグにリュックサッ ...

続きを見る

Amazonで15,000円で購入したけどマジで買ってよかった。今の所2021年で一番良い買い物がこのビッグショット シーエルだ。

リュックサックがあればどこにでも行ける

リュックサックが一つあるだけで、都会での買い物がかなり楽になる。日用品のサイズであればリュックサックがあれば十分に収納が可能なはずだ。

短期間の旅行にだってリュックサックと身体一つあれば十分に行ける。しかも、宿泊するホテルの洗濯機を使用することができれば、男性に限定されるだろうが1週間だってリュックサック一つで十分かもしれない。

汎用性が低い手持ちの小さすぎるバッグを使うよりも、リュックサックのような汎用性の高いバッグを一つ持っていたほうが利便性も経済性も優れている。

都会で生活をするなら、とりあえずリュックサックを購入しておいたら間違いない。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ライフハック

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5