アウトドア ガジェット

【大容量リュックサック】THE NORTH FACE:Big Shot CL【これ1つで何処にでも行ける】

2021年6月7日

今までバッグを持つことに対して否定的だったが、東京に進出してきてバッグに対しての価値観が180°変わってしまった。
私はファッションに全く興味がないから機能性を最も考慮して普段遣いのバッグにリュックサックを選択した。

大容量かつ軽量、防水性能も高くてポケットがたくさんあることを条件にリュックサックを探しているとTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)から私の希望をすべて満たすリュックサックが発売されていたから速攻で購入した。

この記事ではTHE NORTH FACEから発売されている『Big Shot CL(ビッグショット シーエル)』を紹介する。

都会の生活にはリュックサックが最適解

私は東京に住むまでは東北地方に住んでいた。地方に住んでいると生活に車が必須で、徒歩で買い物に出かけることは皆無。イオンに行くのも車、スーパーで食材を買うのも車、最寄りのコンビニだって3km先だから車で行っちゃうのが地方のライフサイクル。

様々な理由で車を保有しにくい都会では、買い物に行くのにバッグが必須なんだ。そしてバッグの最適解がリュックサックというのが我が持論。ブログ記事にしているので是非見ていただきたい。

リュックサックは都会の生活に最適【バッグの最適解かもしれない】

レジ袋の有料化が始まり早1年以上、毎回レジ袋を購入するのは余計な出費だからエコバックを持参する人が街に増えた気がする。 もともと私はバッグを持つこと自体が反対派だったけど、東京に住むことでバッグの利便 ...

続きを見る

リュックサックと都会の相性はマジで抜群。

Big Shot CLの見た目は「良くも悪くも無難」

Big Shot CL(ビッグショット シーエル)は、有名アウトドアショップメーカーのTHE NORTH FACEから発売されている大型リュックサック。

公式サイトより引用

見た目には特筆することはなく、そのデザインは「THE・リュックサック」というフォルムで、正にリュックサックの模範生という見た目だ。
尖ったデザインじゃないから場面を選ばずに使用できるのがBig Shot CLの利点。街に行っても同じような見た目のリュックサックを背負っている人は多い。

変わったデザインが好きな人にはオススメできない

「誰よりも目立ちたい!」
「人と違ったリュックサックが欲しい!」

そんな個性を求める人にはBig Shot CLはオススメできない。
電車に乗ればデザインが似ているリュックサックを嫌でも見かけることになるだろう。誰よりも自己主張が強い人にとってはBig Shot CLは物足りなすぎるデザインに違いない。

Big Shot CLのスペック

Big Shot CL(ビッグ ショット シーエル)
寸法 (H×W×D)55×35×25.5cm
容量 32L
重量 約1,270g

Big Shot CLには15.6インチのノートPC収納可能

私的な最重要ポイント。
パソコンはノート派なので帰省や旅行時にはノートパソコンを持ち運ぶ予定だ。高価なノートパソコンを安全に持ち運ぶためには、ノートパソコン専用の収納スペースが必須。

公式サイトより引用

Big Shot CLにはノートパソコン専用の収納ポケットが完備されていて、最大で15.6インチのノートパソコンが収納可能。

Big Shot CLは小物ポケットがたくさん

ボールペンやメモ帳、充電器にイヤホンなど大量のガジェット類を持ち運ぶ時も、Big Shot CLなら小物ポケットがたくさんあるので収納場所に困らない。

公式サイトより引用

メインポケットを開けば10個ものポケットが私達ユーザーをお出迎えしてくれるBig Shot CLの配慮が憎い。素敵。

Big Shot CLはメッシュ素材で蒸れにくい

リュックサックで出かけるときに気にすることといえば背中の蒸れ。異論は認める。

夏場にリュックサックを背負っていて背中が汗でビショビショになった経験がある人は多いと思う。背中が蒸れる原因はリュックサックの素材だ。

公式サイトより引用

Big Shot CLの背面クッションとベルトはメッシュ素材でできているから、他の材質のリュックサックに比べて背中の蒸れが少ない。

完全に蒸れを防ぐことは不可能

リュックサックを使用する以上は、背中の蒸れを完全に避けることはできない。
常時背中にリュックサックが密着しているので、こればかりは仕方がない。我慢するしかない。

Big Shot CLなら登山にも行ける

アウトドアショップメーカーのTHE NORTH FACEの商品だけあって、Big Shot CLは登山などのアウトドアで進化を発揮する。

公式サイトより引用

圧倒的な収納量に加え、Big Shot CLは耐久力の高いナイロン素材を採用している。場所ごとにナイロンとポリエステルの素材を併用することで耐水性ある程度確保されているらしい。素材の詳しいことは私も分かっていないから、気になる人は自分で調べてみて欲しい。

ガチ目の登山に行くならBig Shot CL専用のレインカバーが別売りされているので別途検討して欲しい。

Big Shot CLはカラーバリエーションも豊富

THE NORTH FACEの商品のカラーバリエーションは豊富だ。

公式サイトより引用

無難な黒色をはじめ、青色、黄色、迷彩柄などの様々なカラーがラインナップされている。
カラーバリエーションが豊富なので、好きな色が必ず見つかる。…と思う。責任は持たない。

Big Shot CLの収納場所は3つだけ【不満点】

Big Shot CLの収納場所は、メインポケットとフロントのチャック収納の3箇所だけ。メインポケットの中にはポケットが10個もあるのに…。

フロント右ポケット

フロント左ポケット

小物を取り出すためには、

  1. メインポケットを開ける
  2. 小物ポケットから取り出す
  3. メインポケットを閉じる

以上の3つのステップを踏む必要がある。正直面倒くさい。

小物を取り出しやすい収納がもう少し多ければ、もっと使いやすいリュックサックになっただろう。

旅行も買い物もオールインワン

Big Shot CLを購入したおかげで、普段の買い物もちょっとした旅行などの全てをBig Shot CLで完結させることができた。

パソコンも入るし、着替えも入る。買い物で2Lペットボトルも余裕で収納できるBig Shot CLは普段遣いもできるマジでオススメのリュックサックだ。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-アウトドア, ガジェット

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5