アウトドア ガジェット

【大容量リュックサック】THE NORTH FACE:Big Shot CL【これ1つで何処にでも行ける】

今までバッグを持つことに対して否定的だったが、東京に進出してきてバッグに対しての価値観が180°変わってしまった。
私はファッションに全く興味がないから機能性を最も考慮して普段遣いのバッグにリュックサックを選択した。

大容量かつ軽量、防水性能も高くてポケットがたくさんあることを条件にリュックサックを探しているとTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)から私の希望をすべて満たすリュックサックが発売されていたから速攻で購入した。

この記事ではTHE NORTH FACEから発売されている『Big Shot CL(ビッグショット シーエル)』を紹介する。

都会の生活にはリュックサックが最適解

私は東京に住むまでは東北地方に住んでいた。地方に住んでいると生活に車が必須で、徒歩で買い物に出かけることは皆無。イオンに行くのも車、スーパーで食材を買うのも車、最寄りのコンビニだって3km先だから車で行っちゃうのが地方のライフサイクル。

様々な理由で車を保有しにくい都会では、買い物に行くのにバッグが必須なんだ。そしてバッグの最適解がリュックサックというのが我が持論。ブログ記事にしているので是非見ていただきたい。

リュックサックは都会の生活に最適【バッグの最適解かもしれない】

レジ袋の有料化が始まり早1年以上、毎回レジ袋を購入するのは余計な出費だからエコバックを持参する人が街に増えた気がする。 もともと私はバッグを持つこと自体が反対派だったけど、東京に住むことでバッグの利便 ...

続きを見る

リュックサックと都会の相性はマジで抜群。

Big Shot CLの見た目は「良くも悪くも無難」

Big Shot CL(ビッグショット シーエル)は、有名アウトドアショップメーカーのTHE NORTH FACEから発売されている大型リュックサック。

公式サイトより引用

見た目には特筆することはなく、そのデザインは「THE・リュックサック」というフォルムで、正にリュックサックの模範生という見た目だ。
尖ったデザインじゃないから場面を選ばずに使用できるのがBig Shot CLの利点。街に行っても同じような見た目のリュックサックを背負っている人は多い。

変わったデザインが好きな人にはオススメできない

「誰よりも目立ちたい!」
「人と違ったリュックサックが欲しい!」

そんな個性を求める人にはBig Shot CLはオススメできない。
電車に乗ればデザインが似ているリュックサックを嫌でも見かけることになるだろう。誰よりも自己主張が強い人にとってはBig Shot CLは物足りなすぎるデザインに違いない。

Big Shot CLのスペック

Big Shot CL(ビッグ ショット シーエル)
寸法 (H×W×D)55×35×25.5cm
容量 32L
重量 約1,270g

Big Shot CLには15.6インチのノートPC収納可能

私的な最重要ポイント。
パソコンはノート派なので帰省や旅行時にはノートパソコンを持ち運ぶ予定だ。高価なノートパソコンを安全に持ち運ぶためには、ノートパソコン専用の収納スペースが必須。

公式サイトより引用

Big Shot CLにはノートパソコン専用の収納ポケットが完備されていて、最大で15.6インチのノートパソコンが収納可能。

Big Shot CLは小物ポケットがたくさん

ボールペンやメモ帳、充電器にイヤホンなど大量のガジェット類を持ち運ぶ時も、Big Shot CLなら小物ポケットがたくさんあるので収納場所に困らない。

公式サイトより引用

メインポケットを開けば10個ものポケットが私達ユーザーをお出迎えしてくれるBig Shot CLの配慮が憎い。素敵。

Big Shot CLはメッシュ素材で蒸れにくい

リュックサックで出かけるときに気にすることといえば背中の蒸れ。異論は認める。

夏場にリュックサックを背負っていて背中が汗でビショビショになった経験がある人は多いと思う。背中が蒸れる原因はリュックサックの素材だ。

公式サイトより引用

Big Shot CLの背面クッションとベルトはメッシュ素材でできているから、他の材質のリュックサックに比べて背中の蒸れが少ない。

完全に蒸れを防ぐことは不可能

リュックサックを使用する以上は、背中の蒸れを完全に避けることはできない。
常時背中にリュックサックが密着しているので、こればかりは仕方がない。我慢するしかない。

Big Shot CLなら登山にも行ける

アウトドアショップメーカーのTHE NORTH FACEの商品だけあって、Big Shot CLは登山などのアウトドアで進化を発揮する。

公式サイトより引用

圧倒的な収納量に加え、Big Shot CLは耐久力の高いナイロン素材を採用している。場所ごとにナイロンとポリエステルの素材を併用することで耐水性ある程度確保されているらしい。素材の詳しいことは私も分かっていないから、気になる人は自分で調べてみて欲しい。

ガチ目の登山に行くならBig Shot CL専用のレインカバーが別売りされているので別途検討して欲しい。

Big Shot CLはカラーバリエーションも豊富

THE NORTH FACEの商品のカラーバリエーションは豊富だ。

公式サイトより引用

無難な黒色をはじめ、青色、黄色、迷彩柄などの様々なカラーがラインナップされている。
カラーバリエーションが豊富なので、好きな色が必ず見つかる。…と思う。責任は持たない。

Big Shot CLの収納場所は3つだけ【不満点】

Big Shot CLの収納場所は、メインポケットとフロントのチャック収納の3箇所だけ。メインポケットの中にはポケットが10個もあるのに…。

フロント右ポケット

フロント左ポケット

小物を取り出すためには、

  1. メインポケットを開ける
  2. 小物ポケットから取り出す
  3. メインポケットを閉じる

以上の3つのステップを踏む必要がある。正直面倒くさい。

小物を取り出しやすい収納がもう少し多ければ、もっと使いやすいリュックサックになっただろう。

旅行も買い物もオールインワン

Big Shot CLを購入したおかげで、普段の買い物もちょっとした旅行などの全てをBig Shot CLで完結させることができた。

パソコンも入るし、着替えも入る。買い物で2Lペットボトルも余裕で収納できるBig Shot CLは普段遣いもできるマジでオススメのリュックサックだ。

新着記事

お得情報 ライフハック 節約

2024/7/22

【節約】1日でできる節約生活の基盤づくり【今すぐやれ】

節約で最も大切なのは、節約のための基盤を作ることだ。 基盤を作ってしまえば、あとは何も考えずに生活をするだけで自動的に節約ができる。 実際に節約の基盤を作るのは面倒くさいんだけど、その労力に見合った節約効果は俺が保証する。 面倒くさいからこそ、できれば1日で終わらせてしまいたい。 今回は節約の基盤を作るために1日でできることを紹介する。 1日でできる節約基盤の作り方 優先順位が高い順を下記する。 全てやり切れば毎月1000円~20,000円ほどの節約になるから、是非最後まで目を通してほしい。 格安SIMに ...

続きを見る

お得情報 ライフハック

2024/7/18

小銭をSuicaにチャージする方法【小銭を消費せよ】

財布の中でいつの間にか溜まっている小銭。 キャッシュレス決済が増えている現代では、小銭の消費が難しくなっているのが実情だ。 小銭の消費方法の中でも、Suicaへのチャージがかなりオススメなので、今回はSuicaのチャージに小銭を使用して消費する方法について紹介する。 小銭をSuicaにチャージする方法 現金払いという魔のシステムから発生した小銭をSuicaにチャージする方法を下記する。 東京メトロ駅の券売機でSuicaにチャージする コンビニでSuicaにチャージする。 イオンなどの店舗でSuicaにチャ ...

続きを見る

お得情報 ライフハック

2024/7/18

貯まった小銭を処理する方法【現金払いという悪】

現金で支払いをしていると、小銭がどんどん溜まってしまった経験はないだろうか? 気が付いたら財布がパンパンで、増えてしまった小銭をどうやって使い切ればいいのかわからない。 そんな迷える子羊たちを救うため、今回は溜ってしまった小銭を処理する方法を紹介する。 貯まった小銭を処理する方法 現金払いという魔のシステムから発生した小銭を処理する方法を下記する。 交通系ICカードにチャージする 銀行ATMで入金する 金券ショップで商品券を買うのに使う セルフレジで使う 普段の買い物で使う 交通系ICカードにチャージする ...

続きを見る

仕事

2024/4/22

【社会人】仕事用のカバンはリュックサックを選ぶべき理由【ブリーフケースはクソ】

俺もついに社会人経験が10年を超え、会社の中でも中堅どころとして扱われるようになった。 そんなベテラン社会人の俺はリュックサックを仕事用のカバンとして愛用している。 未だに仕事用のカバンでリュックサックを使用していない、そんな哀れな子羊達への注意喚起として今回の記事で警鐘を鳴らしていきたい。 仕事用カバンはリュックサックを選べ 仕事用のカバンはほぼ2択。「ブリーフケース型」と「リュックサック型」だ。 結論から言ってしまえばリュックサック型を選んでほしい。というかその他のバッグは選ぶ必要がない。 なぜならば ...

続きを見る

アウトドア ガジェット

2024/4/15

【雨対策】超軽量で超コンパクトな折りたたみ傘と出会った話【KIZAWA】

雨の日に出かけるときの必需品である傘。 しかしビニール傘は大きくて邪魔になるし、一般的な折りたたみ傘もバッグに入れておくには大きすぎる。 そんな時に超軽量で超コンパクトなKIZAWAとかいうメーカーが販売している折りたたみ傘に出会った。 感動するほど軽すぎるKIZAWAの折りたたみ傘を紹介する。 KIZAWAの折りたたみ傘は1/2の重さ KIZAWAの折りたたみ傘はとにかく軽い。 その重さはたったの69g。野菜のキュウリが100gくらいなので、KIZAWAの傘がどれだけ軽いかが分かってもらえると思う。 ス ...

続きを見る

お得情報 ライフハック 一人暮らし

2024/3/31

【蚊を必ず殺す】1,000円以下で200日使える「蚊がいなくなるスプレー」。ワンプッシュで部屋の蚊を撃退する。【効果抜群】

寝てるときに蚊の羽音で目を覚ました経験をした人は多いはずだ。 目を覚ます→電気をつける→蚊を探す→見つからない→電気を消す→蚊の羽音で目を覚ます(以後無限ループ)。 ただでさえ夏場は暑さで体力が低下しやすいのに、蚊の出現ごときで睡眠時間を削られたくはない。 今回はそんな悩みを一発で解決する「蚊がいなくなるスプレー」について紹介する。 「蚊がいなくなるスプレー」で部屋の蚊が消滅する。 結論から言ってしまえば、アース製薬から発売している「押すだけノーマット スプレータイプ」を部屋でワンプッシュするだけで部屋の ...

続きを見る

-アウトドア, ガジェット