ライフハック

【太ったから痩せる!】ゴリブロ式頑張らない減量法【目標は体脂肪率3%減】

すずき
あれ?ベルトがキツくなってきたぞ…

東京に進出をしてきて4ヶ月が経過した。

都会はファーストフード店やコンビニが多くて誘惑が多い。

4ヶ月前の体重は80kgだったはずなのに、いつの間にか10kg以上体重が増えてしまっていた。

これはヤバい。どげんかせんといかん。

2021年9月時点で約90kg

最近ちょっぴりお腹が可愛くなってきた、というと聞こえはいい。

が、Tシャツを着るとお腹が少しひっかかるので間違いなく脂肪を蓄えている。デブまっしぐらだ。

私の現状は下記。

  • 31歳 男性
  • 身長176cm
  • 体重90kg
  • 体脂肪率28%

そして絶望のお腹周りの写真はこちら。

おわかりいただけただろうか?

ちなみに30代の平均体脂肪率は17~23%。

私の体脂肪率は28%。完全に肥満体でございます。誠にありがとうございます。

【目標】1ヶ月後に体脂肪率25%になる

現時点での私の体脂肪率は28%なので、第一目標として3%体脂肪を減らしていきたい。

1ヶ月間で体脂肪率を3%減らすことが難しいのかは分からない。

とりあえず1ヶ月間は様子見でトライしてみる。

目標達成のためにやること

ここからは1ヶ月後に体脂肪を3%減させるために、私がやるべきことを書いていく。

大前提として、苦しくなりそうな事はやらない。

苦しかったり、辛かったりすると人間は継続することはできないからだ。自分に甘く、しかし痩せる。そんな目標を達成するための秘訣(仮)を下記していくぜ!

お腹が空いたらプロテインを飲む

空腹を感じて余計な間食をしてしまうから太る。ならば間食をカロリーの低いものにしてしまえば自然に痩せるはずだ。

プロテインを構成する栄養素のほとんどはタンパク質。

タンパク質は消化に時間がかかるため、満腹感の持続が長い。

カロリーが低く、満腹感を得られるプロテインは魔法の健康食品と言える。

こまめに水分補給をする

水分をこまめに補給することで新陳代謝がアップする。

新陳代謝が上がると身体から老廃物を出しやすくなるので、自然に痩せやすい身体になっていく。

しかも水を飲むことで食欲を抑えることも出来るので、食事量を減らすことも出来る。

コップ一杯の水(150~250ml)を2時間毎に摂ると良いらしいので実践する。

週3回以上の筋トレをする

痩せるためには「消費カロリー>摂取カロリー」が必須だ。消費カロリーを増やすためには筋トレが最も効率が良い。

筋肉は存在するだけでカロリーを消費するので、筋肉をつけることで太りにくい身体にすることが出来る。

しばらくサボっていた筋トレを再開するにはいい機会だ。

ランニングは逆効果

ダイエットメニューで最も主流なのがランニングだけど、ランニングをしても減量効果は低い。

ランニングは心肺能力を高める運動であって、基礎代謝を上げるトレーニングではない。

しかもランニングで脂肪が燃料を始めるのは有酸素運動を開始してから40分後。基礎代謝も上がらず、40分以上必要なランニングは原料には非効率。

筋トレならメニュー次第では30分以内で終了する。ランニングするくらいなら筋トレをした方が100倍幸せになれる。

マルチビタミンで栄養素を補給

減量をしているとビタミンが不足しやすいので、マルチビタミンで不足分を補う。

ビタミンが不足すると風を引きやすくなったりして体調を崩しやすくなる。

健康に痩せるためにもマルチビタミンは必須。

むしろ現代人はビタミンが不足がちなので、減量をしなくてもマルチビタミンで栄養素を補給したほうがいい。

食べたものは記録に撮る

減量期間中はTwitterに食事の写真をアップする。

減量やダイエットが続かないのは何故か?それは一人でやっているからだ。自分に甘くなってしまえば間食にチョコレートだって食べるし、夜中にマックに行ってしまうこともあるかもしれない。

第三者に見られていると思えば、間食や甘えに対する抑止力になるはずだ。

私が食べたものをTwitterにアップすることで、誰かに見られているという意識を持って減量を継続しようと思う。水曜日のダウンタウンのクロちゃんを反面教師として取り組みたい。

朝・夜に体重を測定する

起床後と就寝前の1日2回体重を測ることで、目標体脂肪と体重を毎日確認する。

常に数字を目の前にすることで、目標までの進捗具合を把握できるはずだ。

体重計はMi体組成計を使用することで、計測結果をアプリで記録できる。

自動で結果をグラフにしてくれるので常に減量を意識して生活が出来るはずだ。

Mi band6とMi体組成計をつかってアプリ管理をする

8月末にXiaomiから発売されているスマートバンド「Mi band6」を購入した。

【Mi Band6】予想以上にコンパクトな人生初のスマートバンド【初めての健康管理デバイス】

前々からスマートウォッチ系のガジェットには興味があった。 欲しい、でもすでに腕時計を持っている、でも欲しい、といったエンドレス思考に陥ってしまい早2ヶ月が経過していたんだ。 ここまで悩むならいっそ買っ ...

続きを見る

Mi band6使っているうちに体重も計測したいと思って、2週間後にはMi体組成計を購入していた。

Mi体組成計は乗るだけで「体重」「体脂肪率」「水分量」を計測してくれる。

今回の減量にはピッタリのアイテムだ。…まあ、そもそもMi体組成計のせいで体重が90kgを超えていた事が分かり、焦って減量を始めるのでマッチポンプと言える。

食事制限はしない

今回の減量では、食事制限を設けない。

理由は、私が営業職であるためお客さんと食事をする機会が多いからだ。

食事を制限するのではなく食事量を減らすための対策を行うことで、無理なく体脂肪率を落とすことが可能になるはずだ。自らの身体を使って人体実験を行う。

とりあえず1ヶ月継続する

10月1日から減量を開始する予定だ。

まず1ヶ月試してみて身体の変化を観察していく。

経過は毎日Twitterにアップしていくので都度確認をして欲しい。そして心が折れそうになったら張本氏ばりに喝を入れて欲しい。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ライフハック

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5