ライフハック

フローリングの床にジョイントマットを敷いた話【足元に感じる優しさ】

2021年1月17日

私も一人暮らしを初めて早12年ということで年月が経つのは早いものだと、オッサンのような想いを心にひた隠す年齢となった。

12年の間に4回の引っ越しを経験したんだけど、入居前には必ず床を傷つけないように床に敷物を敷くようにしている。

前回まではホームセンターに売っているカーペットを購入していたが、今回はジョイントマットを床に敷くことにした。

実際1年間ジョイントマットの上で生活をしているわけなんだけど、カーペットの5倍位快適だから比較的満足度が高い。

ジョイントマットは熱に弱くて、夏に膨らんだり、冬には縮んだりで少しのデメリットもあるんだけど、メリットに対してのデメリットは限りなく小さい。

さあ、この記事を見ている君も私と同じジョイントマット信者にならないかい?

快適な足元で毎日にっこり

ジョイントマットを敷いてから足元がいつでも快適。

クッション素材だからフワフワしているし、一番嬉しかった所冬場の朝に床が冷たくなくなったこと

私が現在住んでいる東北地方の冬場の気温は0℃以下に達してしまう。

ただでさえ会社に出勤するのは憂鬱なのに、布団から出てすぐに足元に刺さるような冷たさの槍が突き刺してくる。その憂鬱さは私のキャパシティを超えて無断欠勤を考えてしまうほど(したことはない)。

足元が温かいだけで人の心はこんなにも温かいものになるんだ、と聖母マリアのような慈愛の心で朝を迎えることができるようになったのジョイントマットのおかげ。

ジョイントマットは加工が簡単

私が床に敷いたジョイントマットの材質はPE(ポリエチレン)素材。

柔らかくて弾力があるけど、家にあるハサミで簡単に自由な形にカットできる。

既成のカーペットだとハサミできるのにも力がいるし、失敗したら目も当てられないけど、ジョイントマットなら一枚一枚を繋げて使うから加工に失敗しても交換が簡単。

一枚一枚は安くて500円以下で購入できる。

まとめ買いするともっとお得。

床に傷がつく心配が無くなる

クッション材質だから物を落としても床が傷つかない

床の傷どころか落とした物も傷つかない可能性すらある。

生活していればいつか物を落とす場面はやってくるから、もしものときに備えてジョイントマットを敷いておけば安心感はマシマシ。

「ああジョイントマットを敷いていて良かった」そんな場面がすでに5回以上あった私が言うんだから間違いない。

床に傷がつくと賃貸を引き払う時に、管理会社に余計な金額を請求されがちだから床へのダメージは絶対に少なくしなければいけない。

汚れにくいから掃除が楽

ジョイントマットはPE(ポリエチレン)素材で作られているから汚れに強い。

水はもちろん醤油やソースなどの調味料をこぼしてしまっても、すぐにティッシュで拭き取れば少しの汚れも残らない。

マット同士がピッタリくっつくからホコリも隙間に入りづらいし、掃除機やコロコロを使って掃除のしやすさも抜群

ひどい汚れが付いてしまっても汚れたマットだけを外して、新しい交換用のマットと入れ替えれば何事もなかったかのような見た目に早変わり。

子供がいる家庭の床にジョイントマットが採用される理由が分かる気がする。

汚れに強くて柔らかくて、交換しやすいジョイントマットは攻守ともに最高。

夏場は膨張、冬場は収縮する

ここまでジョイントマットの良いところを上げてきたけど、一年を経て私のマットに変化が訪れた。

夏場にマットが膨張をしてしまい、家の中に高尾山よりも低い山が創造されてしまったんだ。

膨張したジョイントマット

そして冬場には膨張したマットは鳴りを潜めて、逆にマットが収縮してしまい今度は家の中に小さなクレバスが創造されてしまった。

ジョイントマットは交換しやすいように安価なPE(ポリエチレン)素材で作られている。

PE素材は熱に弱くて夏場は熱で膨張して、冬場は寒さで収縮するから同じマットを長期間使用するとどんどん形が崩れていく。

隙間ができると見た目が悪い

ジョイントマットの形が崩れると見栄えが悪い。

1年間使い続けた私の部屋のジョイントマットの写真がコチラ。

マットの収縮と荷物跡

夏場の膨張によってできた山は座布団やクッションを床において無理矢理修復(?)をできたんだけど、隙間はどうすることもできなかった。

隙間にホコリも溜まるし、見た目も悪いし気にする人は本当に気になってしまうかもしれない。

私は気にしない側の人間だから現状維持で行けるところまで行きます(キリッ)。

マットの形状変化はトレードオフ

ジョイントマットを敷くメリットは多い。

メリット

  • 足元が冷えない

  • マットのサイズ加工が簡単

  • 床を傷つけない

  • 汚れに強い

  • 掃除が簡単

マットを敷くだけでこれだけのメリットがあって、生活がちょっぴり豊かになるのは間違いない。

ジョイントマットのデメリットは、温度による経時変化で膨張したり収縮したりとサイズが微妙に変わってしまうこと

ここのデメリットを許せるか、許せないかでジョイントマットを敷くかどうかを決めてしまえばいいと思う。

私は1年間ジョイントマットの上で生活した上で、メリットが大きかったと感じているので模様替えをするまでは現状のジョイントマットたちにご活躍いただくことだろう。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ライフハック

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5