ライフハック

【ガス・水道代の削減】節水シャワーヘッドは絶対に買ったほうが良い【年間2万円以上の節約】

固定費の削減は、我ら人類の永遠のテーマ。

当ブログ「ゴリブロ」では何度も取り上げたテーマだけど、今回は節水シャワーヘッドを賃貸物件に導入した。

節水シャワーヘッドは一度導入してしまえば、半永久的に節水効果で水道代を安くできる最強節約グッズの1つ。

導入前は「水の勢いが落ちるんじゃないの?」と不安を抱いていたんだけど、全てが杞憂に過ぎなかった。

節水シャワーヘッドは誰もが必ず得をするアイテムだから、まだ導入していない人がいるのであれば今すぐに導入した方がいい。

導入すれば必ず元が取れる

一人暮らしを初めて10年以上の私は、今の今まで節水シャワーヘッドを導入していなかったんだけど、今となっては「なんでもっと早く導入しなかったのか」と後悔をしている

節水シャワーヘッドは一度導入してしまえば、永遠にガス・水道代を節約することができるんだ。

材質はステンレスなので錆びにくく、壊れにくい。

コストパフォーマンスも最高で、1年間使えば間違いなく元がとれる。

節水シャワーヘッドは万人が今すぐに導入するべきもので、確実に買って得をする節約アイテムの一つだ。

1年で2万円以上の節約

節水シャワーヘッドは、すでに商品名にも付いているように「節水効果」を向上させるものなんだ。

その節約効果はメーカーは、年間2万円以上の効果を謳っている。

少なく見積もっても毎月1000円以上の節約になるのだから、導入しない理由はない。

節水の原理は、シャワーヘッドを交換することで内部の水圧を高くして、少ない水の量で今までと同じ使用感を出せるらしい。

何を言っている変わらないかもしれないが、ぶっちゃけ私も節水シャワーヘッドに何をされているのか分からない。

水の勢いは変わらない

実際に導入前には「水の勢いが落ちるんじゃないの?」と思っていたんだけど、節水シャワーヘッドは良い意味で期待を裏切ってくれた。

水の勢いは変わらないどころか、前よりも勢いが強くなった。

以前の感覚で蛇口をひねると水の勢いが強すぎて痛いくらいだ。

少ない水量で水の勢いが変わらない節水シャワーヘッドの詳しい仕組みは分からないけど、とにかくスゴイことだけは実際に体験することで感じた感想。

ガス代も節約できる

節水シャワーヘッドは毎月のガス料金も節約できる。

シャワーで使うお湯の量が減るので、水を温めるためのガスの使用量も減るというのが節約の要因。

筆者は実際に節水シャワーヘッドを使用してから、ガス料金の節約になることに気づいたんだけど、これのおかげで毎月の支払いが1000円以上も少なくなった。

取り付けは簡単

実際にシャワーヘッドを取り替えたことなんてなかったから、ちょっぴり不安だったんだけど、やってみると取り付け方法は「回すだけ」だった。

交換前のシャワーヘッド
回すだけで簡単に取り外しできる
ここに取り付ける
取り付け完了まで2分

ここまで簡単だとは思わなかった。

たった2分でこんなに簡単に取り付けが可能なのだから、老若男女だれにでもオススメできる。

買うなら「節水率50%」

節水シャワーヘッドの商品の中には、「30%の節水効果」などの表記しているものもある。

節水効果が小さい商品のほうが安い傾向はあるんだけど、購入するなら絶対に節水効果が高いものを選んだほうがいい

前項でも説明した通り、節水シャワーヘッドは導入すれば半永久的に使用することができる。

半永久的に使えるからこそ、初期の導入コストが多少高くても長い目で見ればお得に使えるのは節水効果の高い商品の方なんだ。

初期投資額も5000円程度で、かなり安い上に毎月1000円以上の節約効果だと仮定すれば、6ヶ月で元が取れる。

7ヶ月目以降は、すでに導入コスト分は償却しているので、お金が貯まっていくんだぜ~。

選ぶなら有名メーカー

節水シャワーヘッドは色々なメーカーがを販売しているけど、その中には「水の勢いが弱くなった」という情報もネットには掲載されている。

そういった苦情の多くは、どこのメーカーか分からないような製品を買ってしまった人の声だ。

購入するなら安心できるメーカーの製品を購入しよう。

筆者が購入したのはSANEIの「RAINY(レイニー)」。

ネットでの前評判を確認してから購入したけど、買ってみて正解だった。

メルカリで買うとお得

節水シャワーヘッドの導入コストは高いものではない。

それでも少しでも安くしたい!!と思う人はメルカリを活用しよう。

節水シャワーヘッドは壊れにくいものなので、メルカリの中古品でも十分に使えるものが手に入る。

壊れやすいのであれば新品を買ったほうが安心できるけれど、丈夫な節水シャワーヘッドだから中古の購入でも安心できる所は見逃してはいけない。

買えば『確実に』元が取れる

取り付ければ半永久的に節約できる

節水シャワーヘッドは、

  • 壊れにくい
  • メンテナンスも簡単
  • 導入コストも安い
  • 1年以内に元が取れる

一度導入さえしてしまえば、意識しなくても勝手に節約効果を発揮してくれる魔法の節約アイテムだ。

導入してその日から、節水の効果は発揮される。

つまり、どれだけ早く節水シャワーヘッドを導入するかが節約の鍵になるっていうことだ。

まだ節水シャワーヘッドを使用していない人は、今すぐに購入して節約の効果を実感して欲しい。

新着記事

アウトドア ガジェット

2024/4/15

【雨対策】超軽量で超コンパクトな折りたたみ傘と出会った話【KIZAWA】

雨の日に出かけるときの必需品である傘。 しかしビニール傘は大きくて邪魔になるし、一般的な折りたたみ傘もバッグに入れておくには大きすぎる。 そんな時に超軽量で超コンパクトなKIZAWAとかいうメーカーが販売している折りたたみ傘に出会った。 感動するほど軽すぎるKIZAWAの折りたたみ傘を紹介する。 KIZAWAの折りたたみ傘は1/2の重さ KIZAWAの折りたたみ傘はとにかく軽い。 その重さはたったの69g。野菜のキュウリが100gくらいなので、KIZAWAの傘がどれだけ軽いかが分かってもらえると思う。 ス ...

続きを見る

お得情報 ライフハック 一人暮らし

2024/3/31

【蚊を必ず殺す】1,000円以下で200日使える「蚊がいなくなるスプレー」。ワンプッシュで部屋の蚊を撃退する。【効果抜群】

寝てるときに蚊の羽音で目を覚ました経験をした人は多いはずだ。 目を覚ます→電気をつける→蚊を探す→見つからない→電気を消す→蚊の羽音で目を覚ます(以後無限ループ)。 ただでさえ夏場は暑さで体力が低下しやすいのに、蚊の出現ごときで睡眠時間を削られたくはない。 今回はそんな悩みを一発で解決する「蚊がいなくなるスプレー」について紹介する。 「蚊がいなくなるスプレー」で部屋の蚊が消滅する。 結論から言ってしまえば、アース製薬から発売している「押すだけノーマット スプレータイプ」を部屋でワンプッシュするだけで部屋の ...

続きを見る

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/12

【体験談】親知らずを抜歯して死にかけた話【痛みが来たのは4日後】

33歳にして俺はついに親知らずを抜いてきた。 術後は全く痛くなくて「あれ?これ余裕じゃね?」とか思っていたんだけど、まさかの親知らずを抜いて4日後に痛みがきて死にかけたんだ。というか今まさに俺は死にかけている。 この耐えがたい痛みをこの記事を見てくれる人と共有するために、今回は親知らずを抜いた体験談を書き殴っていく。 親知らずを抜くメリット・デメリット 「親知らずは抜いたほうがいいよ」と言ってくる人は腐るほどいたけど、明確にメリットとデメリットを提示してくれた人は今までいなかった。 どうせ金をかけるんだか ...

続きを見る

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/4

【体験談】ヒゲ脱毛は湘南美容クリニックの一択だった【大手・最安・単発OK】

数社のヒゲ脱毛カウンセリングを受けた結果、湘南美容クリニックで施術を受けることに決めた。 今回は数ある脱毛サロンのなかで俺が湘南美容クリニックを選んだ理由と実際の体験談を紹介するので参考にしてほしい。 ヒゲ脱毛をするメリット ヒゲ脱毛をして得られるメリットは下記。 ヒゲを剃る時間が無くなる。 清潔感がアップする カミソリなどの出費が無くなる ヒゲ剃りで失う時間は1日10分と言われている。 年間にすると3,650分、つまり約60時間も無駄にしているという計算になる。20歳から33歳までヒゲを剃り続けている俺 ...

続きを見る

DIY ガジェット ライフハック

2024/1/28

【壁美人】賃貸ワンルームでも簡単に壁掛けテレビが実現する【壁を傷つけない】

壁掛けテレビの取り付けといえば「壁に穴をあける」「ねじを壁に打つ」「DIYで突っ張り柱に取り付ける」などをイメージする人が多いだろう。しかし、賃貸アパートで壁に穴をあけると退去時に原状回復の費用負担になるし、DIYで突っ張り柱を作るとなると利便性よりも面倒臭さが勝つ。 それに引き換え「壁美人」はホチキスの針で取り付けるから壁へのダメージを最小限に抑えることができる。 今回は壁美人を使って賃貸ワンルームに壁掛けテレビを導入したので紹介する。俺と同じく賃貸で壁掛けテレビを検討している人の参考になれば幸い。 部 ...

続きを見る

体験談

2024/1/19

【目標】2024年は記憶に残る年にしなければならない【東京都在住33歳独身男性】

いつのまにか2023年が終わっていた。振り返っても大した記憶がない。 今年で34歳になるのに記憶にも記録にも残らない1年を送っていた、という絶望が俺の心を駆け巡る。 このままだといつの間にか老衰で死ぬ。それは避けなければいけない。 というわけで2024年の目標を書き殴っていく。 2023年の記憶はない Q.1年間の思い出は何ですか? A .無いんだな。これが。 2023年を振り返り思い出すことは仕事のことばかり。 残業時間は100~200時間/月を維持し続けた結果、会社のあらゆる人間に”すずきは仕事好き” ...

続きを見る

-ライフハック