ライフハック

【ガス・水道代の削減】節水シャワーヘッドは絶対に買ったほうが良い【年間2万円以上の節約】

2020年9月21日

固定費の削減は、我ら人類の永遠のテーマ。

当ブログ「ゴリブロ」では何度も取り上げたテーマだけど、今回は節水シャワーヘッドを賃貸物件に導入した。

節水シャワーヘッドは一度導入してしまえば、半永久的に節水効果で水道代を安くできる最強節約グッズの1つ。

導入前は「水の勢いが落ちるんじゃないの?」と不安を抱いていたんだけど、全てが杞憂に過ぎなかった。

節水シャワーヘッドは誰もが必ず得をするアイテムだから、まだ導入していない人がいるのであれば今すぐに導入した方がいい。

導入すれば必ず元が取れる

一人暮らしを初めて10年以上の私は、今の今まで節水シャワーヘッドを導入していなかったんだけど、今となっては「なんでもっと早く導入しなかったのか」と後悔をしている

節水シャワーヘッドは一度導入してしまえば、永遠にガス・水道代を節約することができるんだ。

材質はステンレスなので錆びにくく、壊れにくい。

コストパフォーマンスも最高で、1年間使えば間違いなく元がとれる。

節水シャワーヘッドは万人が今すぐに導入するべきもので、確実に買って得をする節約アイテムの一つだ。

1年で2万円以上の節約

節水シャワーヘッドは、すでに商品名にも付いているように「節水効果」を向上させるものなんだ。

その節約効果はメーカーは、年間2万円以上の効果を謳っている。

少なく見積もっても毎月1000円以上の節約になるのだから、導入しない理由はない。

節水の原理は、シャワーヘッドを交換することで内部の水圧を高くして、少ない水の量で今までと同じ使用感を出せるらしい。

何を言っている変わらないかもしれないが、ぶっちゃけ私も節水シャワーヘッドに何をされているのか分からない。

水の勢いは変わらない

実際に導入前には「水の勢いが落ちるんじゃないの?」と思っていたんだけど、節水シャワーヘッドは良い意味で期待を裏切ってくれた。

水の勢いは変わらないどころか、前よりも勢いが強くなった。

以前の感覚で蛇口をひねると水の勢いが強すぎて痛いくらいだ。

少ない水量で水の勢いが変わらない節水シャワーヘッドの詳しい仕組みは分からないけど、とにかくスゴイことだけは実際に体験することで感じた感想。

ガス代も節約できる

節水シャワーヘッドは毎月のガス料金も節約できる。

シャワーで使うお湯の量が減るので、水を温めるためのガスの使用量も減るというのが節約の要因。

筆者は実際に節水シャワーヘッドを使用してから、ガス料金の節約になることに気づいたんだけど、これのおかげで毎月の支払いが1000円以上も少なくなった。

取り付けは簡単

実際にシャワーヘッドを取り替えたことなんてなかったから、ちょっぴり不安だったんだけど、やってみると取り付け方法は「回すだけ」だった。

交換前のシャワーヘッド
回すだけで簡単に取り外しできる
ここに取り付ける
取り付け完了まで2分

ここまで簡単だとは思わなかった。

たった2分でこんなに簡単に取り付けが可能なのだから、老若男女だれにでもオススメできる。

買うなら「節水率50%」

節水シャワーヘッドの商品の中には、「30%の節水効果」などの表記しているものもある。

節水効果が小さい商品のほうが安い傾向はあるんだけど、購入するなら絶対に節水効果が高いものを選んだほうがいい

前項でも説明した通り、節水シャワーヘッドは導入すれば半永久的に使用することができる。

半永久的に使えるからこそ、初期の導入コストが多少高くても長い目で見ればお得に使えるのは節水効果の高い商品の方なんだ。

初期投資額も5000円程度で、かなり安い上に毎月1000円以上の節約効果だと仮定すれば、6ヶ月で元が取れる。

7ヶ月目以降は、すでに導入コスト分は償却しているので、お金が貯まっていくんだぜ~。

選ぶなら有名メーカー

節水シャワーヘッドは色々なメーカーがを販売しているけど、その中には「水の勢いが弱くなった」という情報もネットには掲載されている。

そういった苦情の多くは、どこのメーカーか分からないような製品を買ってしまった人の声だ。

購入するなら安心できるメーカーの製品を購入しよう。

筆者が購入したのはSANEIの「RAINY(レイニー)」。

ネットでの前評判を確認してから購入したけど、買ってみて正解だった。

メルカリで買うとお得

節水シャワーヘッドの導入コストは高いものではない。

それでも少しでも安くしたい!!と思う人はメルカリを活用しよう。

節水シャワーヘッドは壊れにくいものなので、メルカリの中古品でも十分に使えるものが手に入る。

壊れやすいのであれば新品を買ったほうが安心できるけれど、丈夫な節水シャワーヘッドだから中古の購入でも安心できる所は見逃してはいけない。

買えば『確実に』元が取れる

取り付ければ半永久的に節約できる

節水シャワーヘッドは、

  • 壊れにくい
  • メンテナンスも簡単
  • 導入コストも安い
  • 1年以内に元が取れる

一度導入さえしてしまえば、意識しなくても勝手に節約効果を発揮してくれる魔法の節約アイテムだ。

導入してその日から、節水の効果は発揮される。

つまり、どれだけ早く節水シャワーヘッドを導入するかが節約の鍵になるっていうことだ。

まだ節水シャワーヘッドを使用していない人は、今すぐに購入して節約の効果を実感して欲しい。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ライフハック

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5