ライフハック

【ガス・水道代の削減】節水シャワーヘッドは絶対に買ったほうが良い【年間2万円以上の節約】

2020年9月21日

固定費の削減は、我ら人類の永遠のテーマ。

当ブログ「ゴリブロ」では何度も取り上げたテーマだけど、今回は節水シャワーヘッドを賃貸物件に導入した。

節水シャワーヘッドは一度導入してしまえば、半永久的に節水効果で水道代を安くできる最強節約グッズの1つ。

導入前は「水の勢いが落ちるんじゃないの?」と不安を抱いていたんだけど、全てが杞憂に過ぎなかった。

節水シャワーヘッドは誰もが必ず得をするアイテムだから、まだ導入していない人がいるのであれば今すぐに導入した方がいい。

導入すれば必ず元が取れる

一人暮らしを初めて10年以上の私は、今の今まで節水シャワーヘッドを導入していなかったんだけど、今となっては「なんでもっと早く導入しなかったのか」と後悔をしている

節水シャワーヘッドは一度導入してしまえば、永遠にガス・水道代を節約することができるんだ。

材質はステンレスなので錆びにくく、壊れにくい。

コストパフォーマンスも最高で、1年間使えば間違いなく元がとれる。

節水シャワーヘッドは万人が今すぐに導入するべきもので、確実に買って得をする節約アイテムの一つだ。

1年で2万円以上の節約

節水シャワーヘッドは、すでに商品名にも付いているように「節水効果」を向上させるものなんだ。

その節約効果はメーカーは、年間2万円以上の効果を謳っている。

少なく見積もっても毎月1000円以上の節約になるのだから、導入しない理由はない。

節水の原理は、シャワーヘッドを交換することで内部の水圧を高くして、少ない水の量で今までと同じ使用感を出せるらしい。

何を言っている変わらないかもしれないが、ぶっちゃけ私も節水シャワーヘッドに何をされているのか分からない。

水の勢いは変わらない

実際に導入前には「水の勢いが落ちるんじゃないの?」と思っていたんだけど、節水シャワーヘッドは良い意味で期待を裏切ってくれた。

水の勢いは変わらないどころか、前よりも勢いが強くなった。

以前の感覚で蛇口をひねると水の勢いが強すぎて痛いくらいだ。

少ない水量で水の勢いが変わらない節水シャワーヘッドの詳しい仕組みは分からないけど、とにかくスゴイことだけは実際に体験することで感じた感想。

ガス代も節約できる

節水シャワーヘッドは毎月のガス料金も節約できる。

シャワーで使うお湯の量が減るので、水を温めるためのガスの使用量も減るというのが節約の要因。

筆者は実際に節水シャワーヘッドを使用してから、ガス料金の節約になることに気づいたんだけど、これのおかげで毎月の支払いが1000円以上も少なくなった。

取り付けは簡単

実際にシャワーヘッドを取り替えたことなんてなかったから、ちょっぴり不安だったんだけど、やってみると取り付け方法は「回すだけ」だった。

交換前のシャワーヘッド
回すだけで簡単に取り外しできる
ここに取り付ける
取り付け完了まで2分

ここまで簡単だとは思わなかった。

たった2分でこんなに簡単に取り付けが可能なのだから、老若男女だれにでもオススメできる。

買うなら「節水率50%」

節水シャワーヘッドの商品の中には、「30%の節水効果」などの表記しているものもある。

節水効果が小さい商品のほうが安い傾向はあるんだけど、購入するなら絶対に節水効果が高いものを選んだほうがいい

前項でも説明した通り、節水シャワーヘッドは導入すれば半永久的に使用することができる。

半永久的に使えるからこそ、初期の導入コストが多少高くても長い目で見ればお得に使えるのは節水効果の高い商品の方なんだ。

初期投資額も5000円程度で、かなり安い上に毎月1000円以上の節約効果だと仮定すれば、6ヶ月で元が取れる。

7ヶ月目以降は、すでに導入コスト分は償却しているので、お金が貯まっていくんだぜ~。

選ぶなら有名メーカー

節水シャワーヘッドは色々なメーカーがを販売しているけど、その中には「水の勢いが弱くなった」という情報もネットには掲載されている。

そういった苦情の多くは、どこのメーカーか分からないような製品を買ってしまった人の声だ。

購入するなら安心できるメーカーの製品を購入しよう。

筆者が購入したのはSANEIの「RAINY(レイニー)」。

ネットでの前評判を確認してから購入したけど、買ってみて正解だった。

メルカリで買うとお得

節水シャワーヘッドの導入コストは高いものではない。

それでも少しでも安くしたい!!と思う人はメルカリを活用しよう。

節水シャワーヘッドは壊れにくいものなので、メルカリの中古品でも十分に使えるものが手に入る。

壊れやすいのであれば新品を買ったほうが安心できるけれど、丈夫な節水シャワーヘッドだから中古の購入でも安心できる所は見逃してはいけない。

買えば『確実に』元が取れる

取り付ければ半永久的に節約できる

節水シャワーヘッドは、

  • 壊れにくい
  • メンテナンスも簡単
  • 導入コストも安い
  • 1年以内に元が取れる

一度導入さえしてしまえば、意識しなくても勝手に節約効果を発揮してくれる魔法の節約アイテムだ。

導入してその日から、節水の効果は発揮される。

つまり、どれだけ早く節水シャワーヘッドを導入するかが節約の鍵になるっていうことだ。

まだ節水シャワーヘッドを使用していない人は、今すぐに購入して節約の効果を実感して欲しい。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-ライフハック