スマートホーム

一人暮らしでスマートLEDライトを導入した話【声で照明を点ける】

2020年9月28日

我々現代人の取り巻く環境は日々めまぐるしく変わっている。

その中でもデジタル化のスピードは凄まじい。

ついには声で電気を付けることができる時代に突入してしまったんだ。科学の進歩とは末恐ろしい。

Google Homeと組み合わせて、スマートLEDライトを導入したけど、大成功を収めたので記事にする。

便利さよりも感動が勝つ(ノブ風)

すべての操作が『声』でOK

スマートライトを導入して、スイッチに触れずして照明を点けることができるようになった。

声だけで照明を点けられるのは便利なんだけど、それ以上に感動が勝っているというのが筆者の感想。

「便利さ」よりも「感動」が勝る体験が他にあるだろうか?いやない。(反語)

録画の機器がVHSからDVDに変わった時くらいの感動はあるのではないだろうか?いやある。(反語ではない)

声で照明が点くのは便利

導入前に思っていた以上に、声で電気のオン・オフができるのは便利だった。

寝る直前のオフはもちろん、家に帰宅した時に玄関からでも声で照明を点けることができる。

Google Homeとスマホを連携させていれば、スマホに「ライト点けて」というだけで、家の電気が点くようにすることも可能。すごい。

スイッチに触れることが無くなった

声で電気のオン・オフが切り替えられるので、当然のように電源スイッチに触れることが無くなった。

「電源スイッチに触れないくらいで便利に感じることはないでしょう(笑)」と思っていたんだけど、予想に反して超便利。

生活の中のたった少しの移動が減っただけなのに、無駄な動きが無くなったのでかなり便利に感じる。

導入するならブリッジが不要なものを選ぶ

スマートライトを導入するのであれば「ブリッジ」が不要な製品を選ぶことが必須。

ブリッジは中継機の役目を担っているんだけど、「え?お前必要なの?」と思ってしまうくらい無駄な機器だといえる。

しかも、このブリッジを買うのに8000円くらいしてしまうんだ。無駄な機器なのに。

ブリッジなし

  1. Googleアシスタント
  2. スマートライト

ブリッジあり

  1. グーグルアシスタント
  2. ブリッジ
  3. スマートライト

家電メーカーのPHILIPS(フィリップス)が販売しているスマートライトには必要なようだったので、筆者は購入検討段階で選ぶことはしなかった。

Alexaユーザーの情報によると、Alexa管理アプリにはブリッジがなくてもスマートライトが検出されるみたいだけど、公式はブリッジが必須と言っている。

どちらにせよブリッジが必要な可能性の高いPHILIPS(フィリップス)のライトはこだわりがない限り避けておいたほうがいい

LEDライトは蛍光灯の1/2の消費電力

実はLEDライトはランニングコストが安い。

その消費電力差は、白熱電球の1/10、蛍光灯の1/2と優秀。

導入すればその日からコストダウンの恩恵に預かることができるぞ。スゴイぞ。

未だに白熱電球を使っている人はいないと思うけど、使っている人がいれば今すぐにLEDに変えたほうが良い。

間違いなく電気料金が下がることをお約束しよう(キリッ)。

LEDライトの寿命は4000時間

もう時間単位が子供の作り話みたい。

照明を点け続けても4年以上も持つし、1日8時間の使用でも13年は使い続けることができる計算になる。

これから照明を買い換える人がいれば、蛍光灯を選ぶ人はいないと思うが、まだ蛍光灯を使用している人はLEDライトに乗り換えをオススメする。

シーリングタイプを購入した

スマートライトの種類には、電球タイプとシーリングタイプの2つが存在する。

今回購入したのは、「シーリングタイプ」だ。

電球タイプを使用するには、電球用のソケットが付いている天井照明器具を別に購入しなければいけない。

部屋をオシャレにするのであれば、電球タイプを購入してもいいかもしれない。

しかし、筆者は電気が点けばいいだけなので、シーリングタイプの『+style』スマートLEDライトを選択した。

設置時間はたったの5分

スマートLEDライトの設置は、他のライトの導入の方法と変わらない。

5分もかからずに設置し終わるので、さっさと終わらせてしまおう。

いざ開封してみると…

ん?

ん?ん?

スポンジが外れてるやんけ!!

まあでも接着剤でくっつければ元も戻るでしょ。無問題。

天井のソケットにスペーサーを取り付ける
シーリングライトをスペーサーに取り付ける
取り付け完了

取り付けが済んだので、電源を点けてみる。

問題なくライトが点灯した

ライトの交換はしたことなかったけど、思った以上に簡単に交換できた。

まるで自分が器用な人種になったように錯覚させてくれるこの手軽さは素晴らしい。

シーリングライトのカバーを付ければ取り付けが完全に完了!

良いじゃない!

これからの新生活にワクワクとウキウキが止まらないぜ☆

Wi-Fiに接続する

スマートライトを設置するだけでは、ただのシーリングライトと何も変わらない。

Wi-Fiに接続するためには、「+style」のアプリから設定すればOK。

アプリを開いて、追加設定すれば誰でも簡単に登録できる。

まずはアプリをダウンロードして
アプリ上部の『+』をタップ
照明タグの「シーリングライト」をタップ
指示に従って連携完了

調光ボタンとタイマーボタンを交互に3回押せば連携できるのだが、6回押すと「互換モード」とかいうよく分からない連携方法でWi-Fiを探してしまう。

筆者はコレに気づかずに30分くらい「接続できない。ぴえん。」と泣いていた。

必ず回数を守って連携をさせよう。

Googleアシスタントと連携

連携操作はもれなく手順が多くて面倒くさい。

とは言うものの、Googleアシスタントの連携さえ完了すれば「OK、Google」の一言で部屋に光が灯る環境が完成するのでここで止めるわけにはいかない。

Googleアシスタントとの連携は、Google Homeアプリのデバイスセットアップをすれば完了。

Google Homeのアプリをダウンロード
アプリ左上の『+』をタップ
新しいデバイスのセットアップで連携

嬉しい誤算で連携は簡単だった。

スマホを持っていれば、外からでも操作ができる

遠隔操作は全人類の理想。

Google Homeとスマホを連携させていると、外にいる状態でも照明のオン・オフが可能になるんだ。スゴイよね!

スマホがネットに繋がっていれば、どれだけ離れていても、例え100km離れていても操作ができるのは便利すぎてむしろ怖い。

外出先で「あれ?照明消したかな?」ということがあっても、

すずき
OK、Google。電気消して。

とスマホに言うだけでどこにいても照明を消すことができる

外出時の不安要素が1つ無くなるのは忘れっぽい身からするとありがたい。

一度導入すると前には戻れない

スイッチに触れる必要がない。

それだけなのに前の生活に戻れ、と言われたら

ヾノ・∀・`)<無理無理

と答えるだろう。

台所で料理をしながら、他の作業をしながらでも、声で簡単に操作ができる。

スマート家電は総じて簡単なので、利便性が高いので生活のレベルが間違いなく上がる。

シーリングライトの購入費は約1万円だったが、価格以上の価値は十分。

導入も比較的低コストなので、未体験の人は是非導入して感動して欲しい。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-スマートホーム

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5