仕事

営業車の中でできる暇つぶし【時間の有効活用】

2020年9月3日

地方在住だと車の運転をしない日はない。

私の職業は法人営業なんだけど、工場を相手にすることがほとんど。

工場の多い工業地帯などは町からは離れているので、必然的に営業車で目的地まで向かうのが最も効率的な移動手段。

毎日運転していると、営業車の中で過ごす時間にかなりの拘りを持っているので今回は「営業車での過ごし方」について紹介する。

時間の使い方は人生を左右する

優秀な人ほど時間の使い方、過ごし方が上手い。

時間の使い方は、そのままいのちの使い方になる。

渡辺和子氏

たいていの成功者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。

これは私が長年、この眼で見てきたことである。

ヘンリー・フォード氏

Google検索で「時間 使い方」で検索するとこんな名言が出てくるように、偉人はみんな時間についての共通の考えを持っているようだ。

できれば私も優秀な人間側に行きたいから、時間の使い方はできる限りこだわっていきたい。

営業車での空き時間を無駄にするのはもったいない

営業車の中で過ごす時間は就業時間に当たると思うんだけど、ぶっちゃけ気にしなくていい。

例えば、営業車で目的地に早く着いて時間に余裕ができたとする。

これは予定時間に遅れないために会社を早く出た「自己努力」によって得られた時間に他ならない。

自己努力によって得られた時間は、できる限り自分のために有効に使いたいと思うのが人の心だろう。

決して屁理屈ではない。誰も見ていないのだから大丈夫。

【時間の使い方】読書

教養を身につけるには読書が良いツールの一つ。

私は営業職なので人と話す機会が多い。

話す相手の品性はピンからキリまでいるけど、できれば頭のいい人と継続的にお付き合いをしたい。

頭のいい人と同じステージに立つためにも、自分の教養は少しでも底上げしておきたい

 電子書籍であればスマホのアプリでも読書をすることができる。荷物が増えずにバッグも重くならないので、読書をするのであれば電子書籍がオススメ。

今更になって「鬼滅の刃」を読み始めたんだけど面白いね。

【時間の使い方】動画の視聴

You TubeやNetflixなどの動画配信サービスはスマホさえあれば、時間も場所も気にせずに動画を楽しむことができる

エンタメ、アニメ、教養、音楽なんでもござれの近年での激熱コンテンツ。

私は営業車に乗っている殆どの時間で、You Tubeの教養系や投資系の動画をラジオ代わりに再生して聴いている。

運転中も再生をしているがスマホの操作は絶対にしないように心がけている。ホントだよ。

【時間の使い方】ポイ活

空いた時間でお小遣い稼ぎ。

ポイントサイトのアンケートに答えたり、広告をクリックしてポイントを稼ぐ。

時間の割に稼ぐことができないが、少しの空き時間で簡単にポイントをゲットできるのは強み

ポイントサイトを初めて使う人は、登録も簡単な「モッピー」がオススメ。

【ポイ活】頑張らないモッピー活用法【ポイントサイトの最適解】

消費税も物価もどんどん上がっていく中、私たち社会人の給料は全くと言っていいほど増えていかない。 家計がどんどん苦しくなっている現代で注目されているのがポイ活。 今回の記事では、ポイ活ができるポイントサ ...

続きを見る

【時間の使い方】ブログ作成

このブログも営業車の中で書いている。

自分の考えを文章にするって意外と難しいので、営業職の人にはブログを始めることをオススメする。

アウトプットの練習になるので、ブログを書くことでプレゼンが上手くなる。

パソコンかスマホが有ればできるので、始めるのであれば最初は無料ブログで始めるのがオススメ。

【時間の使い方】昼寝

疲れていたら寝ろ。

ただし、会社にはバレないようにしよう。家電量販店の1階駐車場は日影になっているのでとても寝やすい。

しかもバレる可能性も限りなく低い。

私は仕事をサボって寝たことは一度もない。ホントダヨ。

【時間の使い方】買い物

地方に出ている時こそ、地元では買えないものを買うチャンス

ご当地品や名産品はもちろん、中古ショップなども見てみると思わぬ掘り出し物が見つかったりする。

私は中古ショップを回るのが好きで出張の空き時間にふらりと寄ったりするんだけど、中古ショップで売られている物を買ってメルカリで売ることでお小遣い稼ぎをしていた時期がある。

あまりにも力を入れすぎて本業が疎かになりそうだったので控えた。

時間に余裕がある人であれば、せどりでお小遣い稼ぎもできる。

【時間の使い方】仕事

なんだかんだ言っても、仕事は大切

次の仕事のアポ取り、仕事の進捗の確認、見積もり・資料作成など車の中でもできる仕事はかなりある。

営業車の中で事前に仕事を進めておけば、スムーズに定時退社することもできる。

何事も要領の良さが大切。

必ずしも仕事に時間を割く必要はない

会社に背く考えだけど、自分の努力で作った時間は自分のために使うようにしよう

月並みの言葉だけど、会社は私達を守ってはくれない。

正社員がクビにならない理由は、労働基準法が施行されているから。

決して会社からの温情ではないので勘違いをしてはいけない。

あまりにも素行が悪いとクビにされてしまうので何事も節度が重要。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-仕事

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5