スマホ

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

2021年10月3日

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。

2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。

今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。

HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ

HUAWEI(ファーウェイ)のスマホは消費者の情報を抜き取り中国に送信している。

2018年にアメリカが上記の内容を発表した。ここからは流石世界を牛耳るアメリカといった手際で、関税の引き上げ・輸入の禁止を即座に発令したことは覚えている人は多いと思う。

この政策の一環で以後HUAWEIから発売されるスマホは全てGoogle非搭載となった。現にP30 Proの上位機種のP40 Proが一年後に発売されたがGoogleが非搭載のため、LINEなどのアプリを使用することができない。

相当なスマホオタクじゃない限りHUAWEIのスマホでまともに使用ができるのはP30 Proが最後の機種なんだ。

世界情勢に踊らされた悲運の名作。それがHUAWEI P30 Proだ。

P30 Proのスペック

サイズ(横×高さ×厚み) 73mm × 158mm × 8.7mm
重量 192g
CPU Kirin 980
CPUコア数 オクタコア
メモリ(RAM) 6 GB
ストレージ(ROM) 128 GB
バッテリー容量 4100 mAh
ディスプレイ 有機EL
画面サイズ / 解像度 6.5 インチ / 1080 × 2340ピクセル
リフレッシュレート 60Hz
カメラ画素数 約4000万画素(広角)
約2000万画素(128°超広角)
約800万画素(望遠)
ワイヤレス充電
防水性能 IP86

Antutuベンチマーク37万点

P30 Proは2018年時点では間違いなくハイエンドスマホの部類に入る。

しかし、時は2021年すでにスマホのスペックは頭打ちをしてしまい80万点近いスコアを叩き出す機種も登場してしまった。私が現在メイン機として使用しているMi 11 Ultraは79万点となんとP30 Proにダブルスコアをつけてしまっている。

ただ通常利用では37万点あれば全てのアプリを利用することが出来るので、Antutuベンチマークスコアを計る意味は無いような気がしてきた。

有機EL、リフレッシュレート60Hz対応

P30 Proは2018年のスマホなので残念ながらリフレッシュレートは60Hz止まり。動画やゲームの臨場感は低い。やっぱり120Hzは一度慣れてしまうと戻れない魅力がある。

発熱はするが画面はカクつかない

長時間ゲームをしてみたけどP30 Proはカクつくことなくプレイができた。

グラフィック設定はHD+(1560×720)とFHD+(2340×1080)の2種類あり、高解像度で動画を楽しむこともできYou Tubeを見るくらいなら2021年の今でも十分事足りる。

P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン

背面が鏡面加工でツルツルピカピカ。

質感もかなり高くてデザインの何処をとっても安っぽく見える箇所が見当たらないし、鏡面加工はピカピカ過ぎてマジで鏡として使えるレベルでヤバい。

2018年発売の型落ちモデルとは言え流石は中国最強のスマホメーカーのフラグシップスマホ。その洗練されたデザインには一流企業の片鱗が見える。

P30 Proは手に馴染むラウンド形状

ラウンド形状を採用しているおかげで手に持ったときの収まりが心地よい。

ポケットから出す時にも手に優しくフィットする。P30 Proの半分は優しさでできているのかもしれない。

6.5インチの大画面を感じさせないサイズ感

縦長のデザインのため手に持った感覚よりも画面が大きく感じる。

P30 Proの本体サイズは約158(高さ)×73(幅)×8.6(厚さ)mmで片手で持ちやすいサイズ感だ。

P30 Proの右側面に音量ボタン、電源ボタンが配置されている。

左側面にはボタンは無し。

上部には通話用ノイズキャンセリングマイクを搭載。

下部にはモノラルスピーカー、充電用端子、Simスロット、通話用ノイズキャンセリングマイクが配置されている。

アスペクト比は19.5:9を採用しており本体は縦長なので、片手で持った時に画面上部をタッチするには少し持ち替えないとタッチしにくい。

ノッチはしずく型

ノッチはOPPOのRenoシリーズと同じくしずく型なので、ほぼフルディスプレイと言っていいだろう。

個人的にはパンチホール型の方が好きだが、慣れてしまえば気にならなくなるので問題にする程度のことでもない。この程度のノッチで騒いでいたらiPhoneのノッチは見ただけで発狂してしまうだろう。

P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用

P30 ProのカメラレンズにはLEICAを採用していて、2018年時点でのカメラ性能はトップクラスだった。

広角カメラ

P30 Proのカメラは2018年のスマホと思えないほどキレイな写真が撮影できる。比較するのは2021年最高のカメラ性能をもつMi 11 Ultraだ。

2021年最強のカメラ性能を誇るMi 11 Ultraには敵わないものの、P30 Proのカメラは空の青色や葉っぱの緑色をより自然に近い色で表現できている。

木の陰になっている場所の表現がP30 Proは少々弱いように思うけど、Mi 11 Ultraのカメラセンサーが高性能すぎるだけ。P30 Proの広角カメラ性能は十分高い。

この写真では明確に彩度の差が出た。

芝の緑色はどちらの写真もキレイに切り取っているが、P30 Proは空の青色がボヤけてしまっている。完全にセンサーサイズの差。これが2021年最強と2018年最高のスペックの違いだ。

十分にきれいな写真なんだけどMi 11 Ultraと比べてしまうと少々見劣りする感は否めない。

広角カメラ

超広角カメラはセンサーが暴走して空が真っ青に写ってしまった。

葉っぱの緑色も潰れてしまっているので、2021年時点では超広角カメラはあまり使い物にならないかもしれない。

全体的に暗くなってしまうのもマイナスポイントだ。

望遠カメラ

P30 Proは最大50倍までズーム可能。

5倍ズームだとボケ気味の写真が撮れる。

被写体の角度は変えたけど、2.5倍ズームまでならかなり鮮明な写真が撮影できる。

望遠カメラで撮影した写真は若干明るめに表現されるから、超広角カメラと比べると100倍は重宝する。

夜景の撮影

P30 Proのカメラは夜景に超強い。

周囲の光量をセンサーが自動検知してナイトモードで撮影を開始する。

P30 Proは防水対応なので水場でも使用できる

P30 Proは防水防塵規格IP68に対応しているので、安心してキッチンなどの水場近くでもつ書くことが出来る。

IP68あれば少しハードな場所でも使用しても問題はないだろう。責任は持たないけど。

モノラルスピーカーだから音の迫力はイマイチ

P30 Proのスピーカーは下部に一箇所のみのモノラルスピーカー。
近年デュアルスピーカーのスマホが増えているため、音の広がりに物足りなく感じる人もいると思う。

イヤホンジャック非対応

イヤホンを使用するならBluetooth対応のものしか使えない。

近年イヤホンジャック対応のスマホの方が少なくなってきているので、別に大したことではないかもしれないけど気になる人は気になるポイント。

最近、有線イヤホンをBluetoothとして使用することが出来るBluetoothレシーバーなるものの存在を知ったので、時期を見て購入してみるつもりだ。

P30 Proのバッテリーは約13時間保つ

PC Mark for Androidでバッテリーを計測した結果、P30 Proは連続で約13時間使用することが可能。

これだけ保てばスマホをたくさん使う人でも余裕で1日は充電無しで使い続けることができる。普段遣いのスマホとしては十分なバッテリー性能を持っている。

ワイヤレス充電対応

P30 Proはワイヤレス充電に対応しているから、充電のためにケーブルを抜き差しする必要はない。

ワイヤレス充電器に慣れてしまうとケーブルで充電していることが馬鹿らしくなるほど、ワイヤレス充電性の利便性は高い。まだワイヤレス充電器を使ったことがない人はぜひ使ってみて欲しい。

P30 Proは悲劇のヒロイン

HUAWEIの作るスマホには名作が多かったと聞く。特にカメラにはあのLEICAのレンズを採用しているので、どの機種を使っても良い写真が撮れていたらしい。

2018年のアメリカによる制裁でGoogleが非搭載になってから、HUAWEIのスマホは世界的にシェアを落としてしまい企業としての力はドンドン削がれてしまってるのが現状だ。

アメリカの目的がHUAWEIひいては中国の力を削ぐことであれば、目的を達しているため残念ながらHUAWEIの今後のスマホにGoogleが搭載されることはないと思われる。

HUAWEI P30 Proは最後のGoogle搭載スマホとして歴史に名を刻む悲運の名作として高清に語り継がれる機種になるだろう。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-スマホ