ライフハック

モバイルWi-Fiの解約を検討した話【You Tube Premiumに入会する】

2020年8月12日

スマホやパソコンにとってデータ通信は最も重要な要素。

スマホにテザリング機能が付いているものは多いけど、キャリアのデータ通信料金は異常なほどに高い。

だからこそモバイルWi-Fiを契約していたんだけど、自分の使用用途を見直したら「必要ないんじゃない?」と思い始めたので解約を検討する。

モバイルWi-Fiの解約を決めた

検討をした結果、モバイルWi-Fiを解約することに決めた。

消費者にとって固定費の削減は永遠のテーマ。

固定費の削減は一度の手間を惜しまなければ、あとは放っておくだけで出費が抑えられる

モバイルWi-Fiを契約したのはauの通信料金が高いから

そもそも私がモバイルWi-Fiを契約した理由は、当時契約していたauのデータ通信料金が高かったから。

データの使用量は30GBを1ヶ月で使用していて、毎月概ね8,000円ぐらいの通信費が発生していた。

ここにスマホの分割金が入ってくるので、毎月の支払いは1万円を超えていた。

年間にすると12万円の出費。いくら何でも高すぎる。

モバイルWi-Fiは「キャリアより」通信料金が安い

私が通信費を抑えるために契約したのは「GMOとくとくBB」。

CMなどの広告がバンバンやっているので、知らない人はいないだろう。

毎月30GBを使用した時の「au」と「GMOとくとくBB」の通信費を比較した内容は下記。

  au GMOとくとくBB
月額の通信費 7,480円 4,690円
データ通信制限 30GB/月 10GB/3日
年間コスト 89,760円 56,280円

月額の差額は2,790円。

年間にすると33,480円もの出費を抑えることができるので、2018年の8月にモバイルWi-Fiを契約した。

データ通信のほとんどがYou Tubeだった

基本的にケチな私は、いつも生活費固定費を削減することを考えている。

すでにデータ通信費の高い3大キャリアであるauを解約して、格安SIMである楽天モバイルを契約している。

私のWi-Fiデータ使用量のスクショは下記。

筆者の使用データのスクショ

上記のスクショの通信量は自宅や出張先のホテルのWi-Fiの使用も含まれるので、実際にモバイル通信での利用の80%以上はYouTubeの利用。

主に車の運転中にラジオ代わりに音楽やお得情報の動画を流している。

もちろん運転中にスマホをいじらないし、画面の注視は絶対にしない。ほんとだよ。

すでに格安SIMに乗り換え済み

もともとモバイルWi-Fiを契約したのは、auの月額費用が高かったから。

実は既に脱キャリアに成功していて、「楽天モバイル」に乗り換え済み。

楽天モバイルのおかげで、データ通信料金が約2,000円しかかかっていない。

支払いの割合だけを見れば、モバイルWi-Fiの支払いが大きくても立ってきたので本末転倒感がハンパない。

出先でのYouTube利用のデータ通信を無くすことでモバイルWi-Fiの必要性は無くなる

そもそも外でのデータ通信の利用方法のほとんどがYouTube。

このデータ通信を無くせば、モバイルWi-Fiは要らないよねっていうことにある日気づいてしまってた。

色々と方法を模索していると、私の使い方であればYouTube Premiumに入会すれば解決できそうなことが分かった。

YouTube Premium入会のメリットは?

私のデータ通信の使い方は、ほとんどがYou Tube。

You Tubeの動画データを保存することで全ては解決する。

メリット

  • スマホに動画の保存ができる
  • 広告表示が無くなる
  • バックグラウンド再生が可能
  • 音楽聴き放題
  • 月額1180円

YouTube Premiumについて調べたところ、完全に私の悩みを解決できるサービスが準備されていた。素敵。

スマホに動画の保存ができる

YouTube Premiumになれば、スマホのストレージに動画データを保存できる。

保存した動画は、最大で30日間いつでもデータ通信なしのオフラインでの再生ができて、再度ネットに繋ぐことで視聴期間を30日に延長できるらしい。

完全に私の使用ニーズに合っているサービスでしょ。

再生中の広告表示が無くなる

You Tube Premium会員になる利点の一番に広告の非表示を挙げる人も多いと思う。

YouTubeを再生していると頻繁に広告が流れてきてイライラする。「プロテインの30倍の効果~」「メンズマッサージの~」などの、胡散臭い広告ばっかりでいい加減にして欲しいと思っていたので広告が無くなるのは嬉しい。

バックグラウンド再生ができる

スマホでのYouTubeの再生中は、ブラウザやラインなどの他のアプリを使用することはできなかったけど、YouTube Premiumになれば解決。

バックグラウンドでの再生をしながらSNSやブラウジングができるので色々と捗りそう。

YouTube Musicを無料で使用できる

映像コンテンツ以外にも、音楽コンテンツまで網羅しているんだからYouTubeはスゴイ。

プレイリストを作ったりもできるみたいだけど、私には必要なさそう。

月額料金1180円(税別)

YouTube Premiumの月額費用は決して安い金額ではなく、1,180円(税抜)もかかる。

税込みで1298円。結構するよね。

でも、モバイルWi-Fiよりは半分以下の出費。ウキウキしてきた。

【注意】iPhoneユーザーは月額が高い

Androidとブラウザのユーザーであれば月額1,180円(税抜)で使用できるんだけど、iPhoneユーザーは月額1,550円(税抜)とさらに割高の月額費用になる。

  Android・ブラウザ iPhone
月額費用 1,180円(税抜) 1,550円(税抜)

世の中のiPhoneユーザーへ喧嘩を売っているのではないか、と思われても仕方がない攻めた価格設定。

私はiPhoneユーザーじゃないから関係ない。

【分かったこと】切り替えると年間4万円以上の得をする

YouTube Premiumの月額費用は1,180円なんだけど、今払っているモバイルWi-Fiの月額費用4,690円に比べれば半分以下の出費で済む。

  YouTube Premium GMOとくとくBB
月額費用 1,180円 4,690円
年間コスト 14,160円 56,280円

年間にすると42,120円の差額になる。

40,000円も有れば自分の好きなものを買えるし、絶賛マイブームの投資に充てるのも悪くない。

固定費が安くなるなら万々歳。

【結論】モバイルWi-Fiは解約決定

ここまでの確認で、モバイルWi-Fiの契約の継続は財布に優しくない事がわかった。

私の契約内容は「2年縛り」なので、契約の2年後である2020年8月であれば解約金がかからない。

固定費削減のための自分ルール

  • YouTubeの再生はオフライン
  • ダウンロードは自宅かホテルのWi-Fiを利用

8月に絶対にモバイルWi-Fiは解約することにする。

困った時はブログの記事にしてお得かどうかの確認をするに限るね。

私のデータ通信料金の移り変わりは下記。

  au GMOとくとくBB YouTube Premium
月額費用 7,480円 4,960円 1,180円
年間コスト 89,760円 56,280円 14,160円

固定費の削減は、豊かな生活の第一歩

携帯の契約変更、電力会社の変更は、最初の手間を惜しまなければ後はずっと節約の効果を発揮する

今回みたいに劇的な固定費の削減だって、もっと早くにお得な情報を仕入れていれば余計なお金を払わずに済んでいたはず。

日々お得なサービスは誕生している。

お得情報を受信する鋭いアンテナが、私達消費者には必要だよね。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ライフハック

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5