スマホ ライフハック

【電子マネー卒業】おサイフケータイ機能から脱出するために必要なこと【スマホ購入の選択肢が増える】

2021年8月3日

スマホを買い換えるにあたって「おサイフケータイ」機能を必須としている人は多い。しかしそこが落とし穴になっているのではないだろうか?

「このスマホ欲しい~」

おサイフケータイ非対応

購入を断念

こんな経験をしたことがある人は多いはずだ。

そんな人達にはおサイフケータイ機能から卒業することをオススメする

おサイフケータイ機能に依存しない生活。そこには無限の可能性が秘められている。

おサイフケータイ機能搭載スマホは種類が少ない

Suicaや楽天Edyなどの電子マネーをスマホで使うには、おサイフケータイ機能が必須。

しかし、おサイフケータイ機能は国内版の一部のスマホにしか搭載されていないんだ。

デザインが気に入って欲しくなったスマホ

高スペックでゲームをサクサク楽しめるスマホ

高解像度のカメラを搭載しているスマホ

ほしいと思ったスマホにおサイフケータイ機能が搭載されていなかったら、「このスマホが欲しかったけど諦めよう」と購入を断念してしまう人が続出する。

おサイフケータイ機能を諦めれば購入できるスマホの種類が増える

おサイフケータイ機能を使わないようになれば、ほぼ全てのスマホを購入検討の候補にすることができる。最近スマホの買い替えを検討をしたので参考にして欲しい。

【スマホ買い替え検討】必要な機能を整理して、欲しいスマホを選択する【Galaxy S10→候補スマホ】

今使っているスマホをSamsungの『Galaxy S10』。2019年に購入したスマホでそろそろ2年間が経つので、次のスマホに買い換えるにはいい時期だろう。 スマホは毎日使うデバイスだから購入価格の ...

続きを見る

特に海外スマホはおサイフケータイ機能が搭載されていない代わりに下記の特徴を備えているケースが多い。

海外スマホを使用するメリット

  • simフリー
  • メモリが大きい
  • ストレージも大きい
  • DSDS機能(simカードを2枚挿せる)


国内版に比べて性能が高く、メルカリなどのフリマサイトでも売却しやすい。

おサイフケータイ機能を卒業する方法

おサイフケータイを卒業するには、全ての電子マネーをカードタイプにする事が必須。

大体の人はSuica+電子マネー1種類だから、財布にカードが2つ増やすだけでおサイフケータイ機能から卒業することができる。

Suicaをカード型に変更する

おそらく日本人が一番使用している電子マネーのSuica。特に首都圏では電車移動がメインになるので使用している人が多いだろう。

スマホにインストールしていたモバイルSuicaをカード型に乗り換えることで、おサイフケータイ機能を卒業することができる。

Suicaカードの作り方

Suicaをカード型にする方法は2つ。

Suicaカードの作り方

  • 東日本の駅でSuicaカードを作る
  • ビックカメラSuicaカードを作る

何も考えずSuicaを使いたい人は、東日本の駅でSuicaカードを作ろう

少しでもお得にSuicaを使いたい人は、ビックカメラSuicaカードを作ろう

①東日本の駅で作る

東日本の主要な駅ならカードタイプのSuicaを作ることが出来る。

駅でSuicaカードを作る方法

  • Suicaエリア内のJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口
  • JR東日本の新幹線停車駅のみどりの窓口

カードの購入には500円の預り金が必要。Suicaカードが不要になって返却した場合は、500円が返ってくる。銭湯のコインロッカーみたいだよね。

②ビックカメラSuicaカードを作る

ビックカメラSuicaカードは、クレジットカードにSuicaが付帯されているカード。

貯まったビックカメラポイントをSuicaにチャージ出来るし、ビックカメラやソフマップで買い物をするとポイント還元率がアップする。

詳細は公式サイトをご確認ください

ビックカメラSuicaカード公式サイト

年間で1回でもクレジットカードを使用すれば年会費524円が無料になる。

1年に1度は忘れずにビックカメラSuicaカードでクレジット払いが出来る人は、こちらのカードのほうがオススメ。

各社電子マネーをカードタイプに変更する

私は楽天Edyを使用しているのでスマホアプリを止めて、クレジットカードに付帯している楽天Edyに変更した。

楽天Edyに関わらず、非接触型の電子マネーをカードタイプにすることで、スマホのおサイフケータイ機能から卒業することが出来る。

各社電子マネーの公式サイト

上記に挙げたのは使用率の高い電子マネー。ここに載っていない電子マネーを使用している人は各自Google先生で検索して欲しい。

おサイフ機能を諦めれば海外スマホを使える

おサイフケータイ機能を諦めることで、ほぼ全てのスマホが購入する選択肢に入れることができる。

前項でも書いたが海外スマホのほとんどはおサイフケータイ機能が搭載されていない。

最初からおサイフケータイ機能を条件に入れなければ、simフリーでスペックの高い海外版スマホを使うことも可能。

スマホは生活で最も使うデバイス。おサイフケータイからの卒業は、人生の選択肢を増やす事と同義であると考えても良いのではないだろうか、という締めで終わる事とする。

グッバイ。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-スマホ, ライフハック

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5