スマホ

【Galaxy S10】 まだまだ活躍できる2年前のハイエンドスマホ【今から使うのも有り】

2021年9月1日

先日、SAMSUNGの最新モデルGalaxy S21を購入してメイン機として使い始めた。

しかし、Galaxy S21を使えば使うほど、軽くてバッテリー持ちが勝っているGalaxy S10に恋しさを感じている。2年前の型落ちスマホなのに(倒置法)

今回はGalaxyS21を使ってみて感じた、旧モデルGalaxy S10のスゴさについて紹介する。

2019年のフラグシップモデルは2021年でも活躍できる

Galaxy S10は2019年に発売されたSAMSUNGのフラグシップスマホ。

現時点では上位モデルのGalaxy S20、Galaxy S21が既に発売されているので、Galaxy S10は2年以上前の型落ちスマホと成り下がっている。

しかし、流石は天下のSAMSUNGのフラグシップモデル。

2年以上前のスマホなのにGalaxy S10まだまだ現役で使用ができる素晴らしいポテンシャルを持っているスマホなんだ。

Galaxy S21は売却検討中

Galaxy S10からの買い替えで、最新モデルのGalaxy S21を購入した。

処理スペックには全く不満がないんだけど、Galaxy S21はバッテリー持ちが非常に悪い。レビュー記事は下記。

【Galaxy S21】片手で持てる超絶パワーと美麗カメラ。欠点はバッテリー性能

SAMSUNGが2021年のフラグシップモデルとして発売したGalaxy S21。 2021年8月時点の私のメイン機として活躍をしてもらっている。 流石あのSAMSUNGの最高技術を詰めこんだスマホな ...

続きを見る

フル充電でギリギリ1日持つかどうかなので、Galaxy S21を売却して別のスマホに乗り換えるかを絶賛検討中。超悩む。

Galaxy S10のスペック

サイズ(横×高さ×厚み) 70mm × 150mm × 8.5mm
CPU Snapdragon 855
CPUコア数 オクタコア
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(ROM) 128GB
バッテリー容量 3300mAh
ディスプレイ 有機EL
画面サイズ 6.1インチ
リフレッシュレート ~60Hz
カメラ画素数 約1200万画素(広角)
約1200万画素(超広角)
約1600万画素(望遠)
ワイヤレス充電
防水性能 IPX8

私のGalaxy S10は国内版なのでおサイフケータイ機能搭載。

代わりにDSDS機能が無かったり、ストレージ容量が減らされている。悲しみ。

Galaxy S10はめちゃくちゃ軽い

Galaxy S10の重量はたったの159g。最新モデルのGalaxy S21と比較すると20gも軽い。

厚みも薄くてケース込みでも余裕の片手持ちが可能。

最近はスマホの高スペック化が進んで、そのぶん重量も右肩上がりで増えているので型落ちと言えどGalaxy S10の軽量っぷりは素晴らしい。

Galaxy S10の背面ボディはギラッギラ

Galaxy S10の背面ボディはガラス素材が使用されているので、ギラギラのピカピカ。

ピカピカ過ぎて鏡としても使える。ギラギラっぷりがヤバい。

手で触れば指紋が付きまくり、手垢目立ちまくりになる。

しかもガラス素材なので落下の衝撃などで、ヒビが入ったり割れてしまったりするらしい。Galaxy S10にはラバーケースが必須。

Galaxy S10は2021年でも活躍できるスペック

流石、天下のSAMSUNGのフラグシップスマホ。

2年以上の型落ちといえど、Galaxy S10のスペックは2021年でも十分に活躍できる性能なんだ。

Snapdragon855搭載

Galaxy S10には2年前の最高性能CPU、Snapdragon855が搭載されている。

Snapdragon855の性能があれば、重いアプリゲームの原神だってスムーズにプレイできる。素敵やん。

メモリ8GB

Galaxy S10のメモリは8GB。

海外版は16GBモデルが有るので、同時にたくさんのアプリを同時使用する人はメモリの大きい海外版を使用したほうがいい。

一般的な利用であればメモリは8GBあればサクサクと操作できる。

AnTuTuベンチマークスコア 51万点

Galaxy S10のAnTuTuベンチマークを測定した結果、51万点を叩き出した。2年間使い続けたのに(倒置法)

2年間メインスマホとして使い続けた事で、おそらくスコアが下がっているはず。

しかしそれでも50万点超えのハイエンドスマホの意地を貫き通してくれたGalaxy S10が好き。

リフレッシュレート60Hz

Galaxy S10のディスプレイは有機EL、リフレッシュレートは60Hz。

120Hzに慣れてしまうと、Galaxy S10の60Hzは動きがカクカクしているように感じてしまい物足りなくなる。

120Hzの高リフレッシュレートは一度体験するともう戻れない。もう沼やね。

デュアルスピーカー搭載

Galaxy S10はGalaxyシリーズの例の漏れずデュアルスピーカー対応。

スピーカーの場所は、フロント受話口部と充電端子横の2箇所。

音の広がりも悪くなく、私の性能の悪い耳だととても良く聴こえる。

しかし、最新モデルのGalaxy S21と比較すると音の広がりが少々弱く感じる。こればっかりは最新モデルのS21がスゴイとしか言いようがない。

画面内指紋認証・顔認証搭載

Galaxy S10は超音波式の画面内指紋認証・フロントカメラの顔認証の2種類のセキュリティシステムが搭載されている。

指紋のロック解除の精度はあまり良くない。というかぶっちゃけ悪め。

これは私が2年近く使い続けたこともあるかもしれない。画面内指紋認証はスマホを使い続けることで、認証の精度が落ちるので注意。

顔認証の速度はそこそこ速い。

外ではマスクを着けているため、出番が減ったけど顔認証はあると超便利。

ワイヤレス充電対応

Galaxy S10はワイヤレス充電に対応している。

わざわざType-C端子のケーブルを挿す必要がなくなるので、全ての端末がワイヤレス充電対応になる世界を私は望む。

ワイヤレス充電器をこれから購入する人は、絶対に縦型ワイヤレス充電器をオススメする。縦型充電器のレビュー記事は下記。

縦型ワイヤレス充電器なら、通知が確認できるし、重力でポジションに収まるので設置ミスで充電し損なう事が無くなる。

逆ワイヤレス充電で電力をシェア

ワイヤレスパワーシェアをONにすることで、別のデバイスをワイヤレス充電することができる。

ワイヤレスパワーシェアの方法は、Galaxy S10の背面にワイヤレス充電対応のデバイスを載せるだけ。

別デバイスを充電できるのは地味に便利。もしもの時の命綱だと覚えておくだけで安心感がマシマシ。

Galaxy S10のカメラ性能はAI補正が優秀

SAMSUNGのスマホはカメラ性能が高い。

Galaxy S10は2年以上のスマホなのに、最新モデルのGalaxy S21のカメラ性能と遜色がない。

メインカメラ(広角レンズ)

メインカメラに当たる広角レンズは映え映えの写真が撮影できる。

緑色が濃くなるのに対して、空の色は自然に近い。

AI補正だけでこんな写真が撮影できる。緑色の濃さは現実離れはしているけど、これはこれで有り。映え~。

超広角レンズ

超広角レンズは全体的に色が濃い目な仕上がり。特に空の青色はメインレンズと比べると目立つくらい濃い。

広角レンズに比べて更に濃く映るので、よりコントラストの効いた写真が撮影できる。

望遠レンズ

望遠レンズは最大10倍まで拡大できる。空の色はメインレンズ同様に自然の色に近い。

2倍望遠

望遠レンズも超広角レンズ同様に、コントラスト強め。

倍率を上げても鮮明に撮影できる。

10倍望遠

最大まで拡大すると写真全体がぼやける。致し方なし。

ボヤけは大きくなるものの、全然見える写真が撮影可能。

夜景

ナイトモードをONにすることで、光によるボヤけを少なくし、キレイな写真が撮影できる。

比較写真のがナイトモードONの状態

夜景の白飛びも減り、全体がハッキリとした印象の写真が撮影できる。

AI補正で調整してくれるのでナイトモードをONにして、シャッターを切るだけで誰でもキレイな夜景が撮影可能。

Galaxy S10は外部SDカード対応

Galaxy S10は128GBの内部ストレージに加えて、SDカードで拡張が可能。

写真や動画を大量に保存する人でも、SDカードを使用・追加していくことで消さずに残し続けることができる。

とは言うものの、パソコンにバックアップしたり、クラウドに保存すればSDカードが必要になるほどストレージ容量を圧迫することは無いんじゃないか、と思う今日このごろ。

まあ、有るに越したことはないのでヨシ。

Galaxy S10にはイヤホンジャック対応

有線イヤホンはバッテリー切れの心配もないので、完全ワイヤレスイヤホンを避ける人でもGalaxy S10なら有線イヤホン使い放題。

音質にこだわる人は有線イヤホンを使っている人が多いので人によってはメリットになるかも。。

私は完全ワイヤレスイヤホンを使用するので、イヤホンジャックを使うことは無かった。

Galaxy S10とGalaxy S21の比較

旧メインスマホのGalaxy S10と最新モデルのGalaxy S21を比較した表は下記。

  Galaxy S10 Galaxy S21
CPU Snapdragon 855 Snapdragon 888
メモリ(ROM) 8GB 8GB
ストレージ(RAM) 128GB 256GB
外部SDカード ○ 最大512GB
画面サイズ 6.1インチ 6.2インチ
リフレッシュレート 60Hz 120Hz
カメラ性能 約1200万画素(広角)
約1200万画素(超広角)
約1600万画素(望遠)
約1200万画素(広角)
約1200万画素(超広角)
6400万画素(望遠)
イヤホンジャック
サイズ(横×高さ×厚み) 70mm × 150mm × 8.5mm 71mm × 152mm × 9mm
重量 158g 171g

Galaxy S10のストレージ容量は少ないが、外部SDカードで拡張可能なので完璧に補完が可能。

カメラも普段遣い程度であれば望遠レンズは使う機会は少ない。

Galaxy S10は抜群に軽いので手のひらが小さくて、重いゲームをプレイをしない人向き。・・・ってそれワシやないかい!

カメラ性能の比較

Galaxy S10は緑色が強め。Galaxy S21は青色が強めに表現される。

比較画像は下記。

メインレンズ(広角レンズ)

超広角レンズ

望遠レンズ

普段遣いならGalaxy S10で十分

ブラウジング、SNS、ゲームと普段遣いするだけなら、Galaxy S10のスペックでも十分に満足ができる。

むしろ原神などの重いゲームもさくさくプレイできるので、もうGalaxy S10で良い気がしてきた。

重いアプリを使わなくて、軽いスマホが欲しい人はGalaxy S10で十分に満足することができるだろう。

2年前の型落ちスマホなので、そこそこ安くAmazonでもメルカリでも購入できる。それを考えるとGalaxy S10はコスパがかなり高いスマホだと言っても過言ではない。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-スマホ

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5