スマホ

【Galaxy S21】片手で持てる超絶パワーと美麗カメラ。欠点はバッテリー性能

2021年8月28日

SAMSUNGが2021年のフラグシップモデルとして発売したGalaxy S21。

2021年8月時点の私のメイン機として活躍をしてもらっている。

流石あのSAMSUNGの最高技術を詰めこんだスマホなだけあって、Galaxy S21のスペックとパワーは圧倒的

片手持ちのサイズに詰めこんだ圧倒的なパワー

すずき
コンパクトで処理能力が高いスマホが欲しい!

私の手のひらは男性の中では小さめ。手のひらが小さい私がスマホを選ぶ基準は、

  • 片手で操作できるサイズ感
  • 処理能力が高い
  • カメラが綺麗
  • おサイフケータイ機能

以上の4つを満たすかどうかだ。

Galaxy S21 5Gはその全てを満たしているので2021年6月に満を持して購入に踏み切ったんだ。

おサイフケータイ機能は国内版にしか搭載されていないので、私はDocomo版Galaxy S21をメルカリで7万円で購入した。

購入したのはDocomo版

おサイフケータイ機能が欲しかった私は、Docomo版のGalaxy S21を購入した。
Galaxy S21には国内版と海外版がある。

海外版Galaxy S21の特徴

  • simフリー
  • DSDS機能
  • キャリアの余計なアプリが入っていない(Docomoの羊など)

悩むこと数日、苦渋の決断でDocomo版のGalaxy S21を購入する決意をした。
スマホ買い替えの検討について書いた記事は下記。

【スマホ買い替え検討】必要な機能を整理して、欲しいスマホを選択する【Galaxy S10→候補スマホ】

今使っているスマホをSamsungの『Galaxy S10』。2019年に購入したスマホでそろそろ2年間が経つので、次のスマホに買い換えるにはいい時期だろう。 スマホは毎日使うデバイスだから購入価格の ...

続きを見る

Suicaをスマホで使用できるって便利過ぎてヤバい(語彙力喪失)

Galaxy S21のスペック

サイズ(横×高さ×厚み) 71mm × 152mm × 9mm
CPU Snapdragon 888
CPUコア数 オクタコア
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(ROM) 256GB
バッテリー容量 4000mAh
ディスプレイ 有機EL
画面サイズ 6.2インチ
リフレッシュレート ~120Hz
カメラ画素数 約1200万画素(広角)
約1200万画素(超広角)
約6400万画素(望遠)
ワイヤレス充電
テザリング

Galaxy S21は持ちやすいサイズ感

Galaxy S21はハイエンドスマホの中では小さめ。
スマホの横幅が約7cmだから、手のひらの小さい私でも片手で扱える大きさだ。

iPhone12の横幅と比較すると、Galaxy S21の方が0.5mm小さい。このサイズ感ならたぶん女性でも片手で操作ができるはずだ。

やっぱり片手で操作ができるサイズ感って重要だよね。

指紋が付きにくい背面ボディ

Galaxy S21を手にとって地味に感動したのが背面のボディ材質だ。

以前使用していたS10は背面がガラス素材だったので触ると指紋がハッキリと残っていた。

それに対してGalaxy S21の背面ボティはプラスチック。ガラスよりも指紋がつきにくく、割れにくい素材に変更された。かといって安っぽいわけではなくマットな質感にまとまっている。

私はGalaxy S21の背面プラスチックボティの方が好き。

Galaxy S21の重量はちょっと重い

Galaxy S21の重量は公称171g。のはずだんだけど、実際に計ってみると179gあった。

そこまで「重い!」わけじゃないけど、以前使用していたGalaxy S10は公称158gで超軽い。

スマホはポケットに入れて常時持ち運びをするデバイス。だからこそ軽量であることが非常に重要なポイントとなる。
Galaxy S21の重量は私的にはギリ許容範囲。スペックに対する重量と考えれば及第点。

Galaxy S21はスペック高すぎ

Android界を牽引しているSAMSUNGのフラグシップモデルなだけあって、Galaxy S21は驚愕のポテンシャルをその身に秘めている。

TwitterもTik Tokもサクサク見れるし、重いゲームの代表格である「原神」もヌルヌルとなめらかなプレイができる。Galaxy S21ならね(倒置法)。

Snapdragon888搭載

2021年8月時点で最も高性能なAndroid用CPUである、Snapdragon888を搭載している。

旧モデルのSnapdragon865からの変化

  • グラフィック性能が35%アップ
  • AI推論性能が500%アップ
  • 発熱しにくい

処理能力こそが全て。力こそパワー。

AnTuTuベンチマークスコア66万点

Galaxy S21のAnTuTuベンチマークスコア高すぎ。

50万点を超えればハイエンドスマホ、と言われるのでGalaxy S21のスペックは申し分ない。
処理能力の暴力。流石フラグシップモデル。圧巻のパワー。

120Hzの高リフレッシュレート

Galaxy S21は120Hzリフレッシュレートなので、まるで指が画面に吸い付いているように画面がヌルヌル動く。

Twitterのタイムシフトの閲覧や、ゲームのプレイ時に最も効果を発揮する。

120Hzリフレッシュレートを一度体感すると、もう60Hzには戻れない魅力がある。マジで感動体験。

デュアルスピーカー搭載

Galaxy S21はスピーカーが2箇所に搭載されている。

スピーカーの場所は、フロントの受話口部分充電端子横の2箇所。

デュアルスピーカーなだけあって音の広がり、迫力はかなり感じる。
音質もかなりよく感じるが、一部界隈では「ハイエンドスマホの割に音質悪くね?」という声が出ているようだ。

しかし、私の耳には音質良く聴こえる。個人差なのでしょうがない。

画面内指紋認証・顔認証を搭載

Galaxy S21のディスプレイには超音波式の画面内指紋認証が搭載されている。
以前まで使用していたS10と比べると、ロック解除の速度はめちゃくちゃ向上している。

しかし画面内指紋認証は、使い続けることで感度が悪くなる傾向があるため今後解除速度が低下する可能性は否めない。

顔認証はディスプレイの上部に搭載されたパンチホール内のインカメラで認識する。

こちらも指紋認証同様に、以前まで使用していたS10と比較するとロック解除速度は爆速。
コロナ禍によるマスクの着用で顔認証を使う機会は減ったが、部屋にいる時や営業車に一人でいる時は超高速な顔認証でロックを解除してくれる。

ワイヤレス充電2.0に対応

バッテリー持ちとは関係なけど、Galaxy S21はワイヤレス充電2.0の急速充電に対応している。

充電完了までの時間

  • 有線充電・・・1時間30分
  • ワイヤレス充電・・・2時間30分

有線充電の速度には劣るが、それでも差はたった1時間。ワイヤレスなのに。

別デバイスにワイヤレス給電が可能

Galaxy S21はワイヤレスパワーシェアが搭載されている

ワイヤレスパワーシェア

ワイヤレス充電対応の別デバイスをGalaxy S21に乗せることで充電できる。

ワイヤレス充電対応のスマホ・イヤホンをGalaxy S21の背面に乗せることで充電することが可能。
何気に緊急時には便利な機能で、社用のiPhoneSEの充電が無くなりそうになった時にワイヤレスパワーシェアを使用することで難を逃れることが出来た。

Galaxy S21のカメラは綺麗すぎてビビる

Galaxyといえば抜群のカメラ性能。

Galaxy S21に関してもカメラ性能は高さは爆発している。

メインカメラ

自然に近い色合いで撮影できるメインレンズ。

空の青さも自然。

超広角カメラ

調光レンズのAI調整は絶妙。

望遠カメラ

Galaxy S21の望遠カメラは最大30倍のズームが可能。

30倍ズーム

10倍ズーム

通常倍率

ズームしすぎ。この機能を何に活かせばいいのか?誰か私に教えて欲しい。

夜景

素人でもAI補正のおかげでキレイな写真が撮ることができる。

しかし周りが暗い中で、1件だけ明るい建物を撮影すると若干のボヤけは出てしまう。

まあ、これくらいは十分許容範囲でしょう。

Galaxy S21はバッテリーが10時間保たない

高いスペックのGalaxy S21は消費する電力も大きくてバッテリーの持ちが悪い。Galaxy S21はバッテリーフル充電で10時間保たない

Snapdragon888という高スペック、120Hzのリフレッシュレート、明るい画面、どれをとっても消費電力を大きくする要素しか無い。

1日に何度もスマホを操作する人は、1日バッテリーが保たない。

通勤の電車の中や、昼休みにYou Tubeを視聴するなどする人にはモバイルバッテリーが必須になるかもしれない。

Galaxy S21は外部SDカード非対応

前モデルまではSDカードを挿すことでストレージの拡張が可能だった。
しかし、Galaxy S21は外部SDカード非対応となった。

SDカードが非対応になることで、たくさんの写真や動画を撮影する人、アプリを大量にインストール人の生活を脅かされること請け合い。

ストレージ256GBで足りない人は、GoogleドライブやPCにバックアップを取っておく等の対策が必要だ。

Galaxy S21のコスパは少し悪い

ハイエンドスマホの価格は高い、という人は多いけどGalaxy S21はスペックを考えれば妥当な価格帯だと私は考える。

これだけの付加価値が付いたスマホが9万円台なのは仕方がないのかもしれない。

しかし昨今ではミドルエンド帯のスマホの台頭により、5万円以下でAnTuTuベンチマークスコア50万点超えのスマホが増えてきた。

本当にGalaxy S21のスペックが生活に必要なのか?と問われればムムムと答えを詰まらせてしまうが、私自身スマホが好きなのでこれはこれでヨシ!

おサイフケータイを諦めれば選択肢が増える

前項でも書いたけど、Docomo版Galaxy S21を選んだのはおサイフケータイ機能が欲しかったからだ。
しかし改めて考えてみると、財布にSuicaカードを入れることでおサイフケータイ機能に縛られる人生を終えることができる。

そもそもおサイフケータイのために、便利な機能を潰された国内版を使い続けるのはスマホの選択肢を自ら狭めている事に等しい。
おサイフケータイ機能を卒業するためのステップについて紹介している記事は下記。

【電子マネー卒業】おサイフケータイ機能から脱出するために必要なこと【スマホ購入の選択肢が増える】

スマホを買い換えるにあたって「おサイフケータイ」機能を必須としている人は多い。しかしそこが落とし穴になっているのではないだろうか? 「このスマホ欲しい~」↓おサイフケータイ非対応↓購入を断念 こんな経 ...

続きを見る

すでにSuicaカードに切り替え済みで、楽天Edyも付帯されているクレジットカードに変更済み。

次に購入するスマホはもっと自由に選ぶことができる。

自由の翼を手に入れた私を止めることはもう出来ない。o(・ω・o)=з=зビューン

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-スマホ

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5