オーディオ

【LinkBuds】今までの開放型イヤホンを過去にする耳を塞がないリング型イヤホン【SONYの技術は世界一ィ!!!】

2022年3月5日

日本が誇る一流メーカーのSONYから、イカれたデザインの完全ワイヤレスイヤホン『LinkBuds(リンクバッズ)』が発売された。

通常イヤホンは耳穴を塞いで音楽を楽しむけど、LinkBudsはリング型で耳穴を塞がない形状になっている。

耳穴を塞がないので外音をしっかりと聞き取れる。

耳に入れて装着するカナル型イヤホンが苦手な人は、インナーイヤー型・骨伝導イヤホンを使用するしか選択肢がなかった。しかしLinkBudsはそんな悩みを解決できる超新星として現れたオーディオ市場に現れた新ジャンルイヤホンだ。

この記事ではLinkBudsを実際に使用してみたレビューを紹介する。

耳を塞がないイヤホン

LinkBudsの最大の特徴は「耳を塞がない」というこれまでのイヤホンの常識を覆した奇抜なデザインなんだ。

ドライバー部分がリング型になっているのでLinkBudsを装着していても、外音や人の話し声をしっかりと聞き取ることができる。

耳穴を塞がないので、耳への負担が小さい。

SONY公式HPより引用

今までイヤホンを使っていて耳がツラいと感じたことのある人や、ランニングやスポーツ用のイヤホンを探していた人にはLinkBudsはオススメ。

LinkBudsのスペック

充電ケース寸法 45mm × 40mm × 28mm
イヤホン重量 4.1g
充電ケース重量 34g
42g(イヤホン込み)
ドライバー 12mmダイナミックドライバー
再生時間 約5.5時間(イヤホン単独時)
約17.5時間(ケース併用時)
充電ポート USB Type-C
対応コーデック IPX4
防水規格 SBC、AAC
アンチノイズキャンセリング ×
ワイヤレス充電 ×
急速充電 ×
付属品 本体、充電ケース、フィッティングサポート(XS/S/M/L/XL)、充電用USBケーブル(Type-C、約20cm)、取扱説明書

LinkBuds外観

LinkBudsの最大の特徴はリング型。

独特の形状なので「コレ本当にイヤホン?」と疑いたくなる。

真後ろから見るとまん丸で可愛い。

所々にある白い点々はLinkBudsのデザイン。決して耳くそではない。

充電ケース

ボタンを押すと指輪ケースのように蓋が開く。

フィッティングサポーターは5種類

LinkBudsは開放型イヤホンなのでイヤーピースではなく、フィッティングサポーターで耳に固定する。

フィッティングサポーターはXS~XLの5種類が付属。

フィッティングサポーターを耳表面のくぼみに入れ込んでLinkBudsを支える。

安定性は高くて「これなら耳から落ちない!」と実感できるレベル。さすが天下のSONY。

LinkBudsのイコライザー設定

「低音や高音を楽しみたい」という人のためにLinkBudsにはイコライザーを自由に設定可能。

専用アプリ「Headphones Connect」のサウンドからイコライザーをいじることができる。

イコライザーの他にも"DSEE"や"タップ操作の機能変更"、"イヤホンの自動一時停止"などの細かい操作もアプリで設定できる。

特にSONYの立体音響技術「360 Reality Audio」は耳の形を測定して、音を最適化してくれる先端技術。音の迫力と臨場感は圧倒的なので、LinkBudsを使用するなら必ず設定して欲しい。

ケースは超コンパクト

LinkBudsはイヤホンも小さいけど、充電ケースも超コンパクト。

各メーカーの完全ワイヤレスイヤホンのケースは小型化が進んでいるけど、SONYのLinkBudsは今までにないほどコンパクトでヤバい。普段私が愛用していたAnker社の「Soundcore Liberty Air 2 Pro」とのケース比較画像は下記。

Soundcore Liberty Air 2 Proのレビュー記事は下記。

【ノイズキャンセリング機能】Soundcore Liberty Air 2 Pro【まるで水の中にいるような感覚】

最近巷ではAnkerから発売されたSoundcore Liberty Air 2 Proのコスパがヤバいと話題になっている。You Tubeを見てもGoogleで検索してもオススメイヤホンでヒットする ...

続きを見る

私は普段からカバンを持たないようにしているので、イヤホンケースのコンパクトさはかなり重要視している。コンパクトさは正義。

LinkBudsは小さいポケットにも入るサイズ感。うっかりカバンに入れてしまうとカバンの中で行方不明になってしまうかもしれない。

外音をそのまま耳に届ける形状

LinkBudsはリング型イヤホンという独特な形状になっている。

今までの完全独立型イヤホンには無かったかなり独創的なデザインだ。

リング型担っているドライバーを耳の中に入れてイヤホンを装着するので、耳の穴を完全に塞がない。

すずき
耳穴を塞がない、って言っても結局は外音は聞き取りにくいんでしょ?

装着前の私はそう思っていたけど、LinkBudsは良い意味で期待を裏切ってくれた。

LinkBudsで音楽を聴きながらでも余裕で会話ができる。リング型イヤホンの聞きとりやすさは衝撃的。

LinkBudsの装着感はGOOD

LinkBudsの重量はたった4gで、完全ワイヤレスイヤホンの中でも軽量でコンパクトな部類に入る。

リング型になっているドライバーを耳の中に装着するため、通常のイヤホンと比べると慣れが必要になる。

リングを耳の中に入れて、ヘッドのフィッティングサポートで支えるように固定する。

フィッティングサポートは5種類(XS/S/M/L/XL)のサイズが用意されている。耳の小さい人も大きい人も安心。

フィッティングサポートがしっかりと支えてくれるので、ランニングや筋トレなどの激しい運動でも安定感は抜群。

耳からLinkBudsが落ちることは殆どないので、安心して通勤通学での使用もできる。

LinkBudsの操作は耳元タッチ

LinkBudsは振動で操作ができるようになっている。

耳元をトントンと叩いて音楽の再生・停止や通話操作をするんだけど、未来感があって「あれ?俺超かっこよくね?」と操作のたびに悦に浸れる。

操作コマンドはダブルタップとトリプルタップのみ。

専用アプリからコマンド操作の割り当てをすることで、音量コントロールをしたり、音声アシスタントを起動するように設定することが可能。LinkBudsには未来を感じる。

通話機能はクリアで必要十分

LinkBudsには高精度ボイスピックアップテクノロジーとかいう凄そうな機能が搭載されていて通話品質はかなり高い。

実際に散歩をしながらLinkBudsで通話をしてみたけど全然問題なく会話ができた。

通話中でも車やすれ違う人の話し声も聞き取れるので、それなりに騒がしい環境下でもLinkBudsなら安心できそう。

通話自体もノイズが少なく聞きやすいので、通話用のイヤホンとしての完成度は高い。

IPX4の防水規格

LinkBudsはIPX4の生活防水規格に対応している。

IPX4

水の飛沫に対して保護

風雨、シャワーくらいまでなら耐えられる

生活防水レベルなので水の中に落としたりすると壊れる可能性が高い。

濡れた手で触ったり、突然の雨に打たれる程度なら大丈夫。

音質にこだわる人には不向き

LinkBudsは開放型のイヤホンなので"集中して音楽を楽しみたい"と思っている人や、"イヤホンはとにかく音質が高くなきゃダメ!"とこだわりを持っているには不向き。

LinkBudsの仕上がりは中高音域が強く重低音域が弱い音質。

決して音質は悪くはないけど、カナル型イヤホンに比べると音の臨場感は劣ってしまう。

外音を聞きながら音楽を楽しむ「ながら聴き」に適したイヤホンだ。

音漏れはしやすい

ドライバーの中心がリング型に空いているので音漏れがしやすい。

静かな空間で音量を50%以上にするとシャカシャカ音がして、あの人音楽を聴いてるなと分かる程度。

静かな空間で音楽を楽しむならLinkBudsは不向き。

ワイヤレス充電非対応。23,000円なのに。

LinkBudsはワイヤレス充電ができない。23,000円もするのに。(倒置法)

たぶんケースをコンパクトにし過ぎたが故に、ワイワレス充電機能を搭載できなかったんだと思う。

LinkBudsのコンパクトなケースにワイヤレス充電が搭載されたら最強だったのに…。

技術的な問題なのかもしれないけど、23,000円のイヤホンだのでワイヤレス充電は搭載されていて欲しかった。

充電ケース併用で17.5時間使用できる

LinkBudsはイヤホン単独で5.5時間、充電ケース併用で17.5時間のバッテリー持ち。

1日使用なら問題ない。

バッテリー残量はアプリで確認できるので、状況を見て片耳使用をすればOK。

LinkBudsは耳への負担が少ない最新デザインのイヤホン

ここまでLinkBudsを紹介したとおり、これまでのイヤホンの常識を覆す革新的なデザインをしている。

耳穴を塞がないので負担が少なく、ながら聞きや通勤通学用のイヤホンとしては優秀。

耳穴を塞ぐカナル型イヤホンが苦手な人にはLinkBudsはオススメだ。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-オーディオ