オーディオ

【コスパ最強】Anker:Soundcore Life P2【5,000円で購入できる完全ワイヤレスイヤホン】

2021年2月8日

イヤホンにケーブルは不要。

通勤・通学・家事・ブログ執筆中に音楽を最大限楽しむためにはケーブルが無い完全ワイヤレスイヤホンを使用するのが最高の選択だと私は信じている。

今回は、Ankerから発売されているコスパ最高の完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P2」を紹介する。

Soundcore Life P2はコスパが高い

Soundcore Life P2の凄さは、付加価値がもりもりの高クオリティなワイヤレスイヤホンなのにたった5,000円以下で購入できるところだ。

Ankerの製品には優良なものが多いことは多くの人が知っているだろうけど、Soundcore Life P2のコスパの高さは異常。マジでヤバみ。

スペック

製品仕様
再生時間

最⼤7時間(イヤホン本体のみ)

最⼤40時間(充電ケース使⽤時)

充電端子 USB Type-C
重量 約62g(充電ケース含む)
防水規格 IPX7
通信方式 Bluetooth 5
Bluetoothプロファイル A2DP / AVRCP / HFP
対応コーデック SBC / AAC / aptX
パッケージ内容

本体・充電ケース・イヤーチップ

USB-C & USB-A ケーブル

クイックスタートガイド

製品カラー

ブラック

ホワイト

イヤホンのボタン操作

『音楽』コマンド操作

曲の再生/一時停止

ボタンを1回押す(左右どちらでも可)

次の曲

右イヤホンのボタンを2回連続で押す

前の曲

左イヤホンのボタンを2回連続で押す

『通話』コマンド操作

電話に出る

着信中にボタンを1回押す(左右どちらでも可)

電話を切る

通話中にボタンを1回押す(左右どちらでも可)

着信を拒否する

着信中にボタンを1秒間長押し(左右どちらでも可)

その他のコマンド操作

イヤホンの電源を入れる

ボタンを1回押す(左右どちらでも可)

イヤホンの電源を切る

ボタンを3秒間長押し(左右どちらでも可)

Googleアシスタントなどの音声コマンド

ボタンを1秒間長押し(左右どちらでも可)

【メリットSoundcore Life P2の使用感

ここからはSoundcore Life P2を実際に使ってみて感じたメリットを紹介する。

間違いなく5,000円以下で購入できるレベルのイヤホンの中ではトップクラスのスペックを持っているから刮目してほしい。

イヤホンがコンパクトで軽い

Soundcore Life P2はワイヤレスイヤホン。

当然のようにケーブルが無いから装着していても邪魔にならないし、イヤホンのそもそもの重量が軽い。

その重量はなんとたった6g。

装着していて重いと感じることはたぶん無い。

最大40時間の長時間バッテリー

Soundcore Life P2はイヤホンだけで最大7時間の音楽再生ができる。イヤホンケース自体が充電ケースの役割を持っていて、併用することで最大40時間の再生が可能。しゅごい。

普段遣いであればイヤホン単体で使用しても1日は十分に持つだろう。

私はSoundcore Life P2を1日30分くらい仕事の合間に30分ほど使用しているけど、充電は1週間に1回以下。バッテリー持ち良すぎ。

音質はクリアで低音が○

低音域をしっかりと伝えてくれるのがAnkerのイヤホンの特徴。

出力される音は全体的にクリアなので、曲やYou Tubeの音声もはっきりと聞き取ることができる。

尖った部分がないので万人受けする音質だろう。

低音が強すぎるわけではないから、ドゥンドゥンと重低音を聞かせたい人には少々物足りないかもしれない。

ガンガン低音を聞かせたい人は、同じAnkerが発売している「Soundcore Spirit X2」の方がオススメ。

遅延の少ないaptXコーデック対応

Soundcore Life P2のコーデックはaptXを採用している。

コーデックとは?

Bluetoothのデータ通信規格

コーデックが新しいものほど「高音質」で「低遅延」

aptXコーデックはCD音源相当の高音質、0.07秒±0.01秒の低遅延で音楽を再生できる優秀な規格。

aptXの上に「aptX HD」「aptX LL」というコーデック規格が存在するが、その差は一般人にはおそらく判断できない。ここを気にする人は間違いなくオーディオマニアだろう。

片耳だけでも使用可能な汎用性

Soundcore Life P2は充電ケースから片方だけ取り出して使用することもできる。

音楽を聞きたいけど外部の音も聞かなければいけない状況でも、Soundcore Life P2なら十分に対応できる。

しかもシームレスだから充電ケースから取り出した瞬間、設定したデバイスに自動接続してくれる。

IPX7の防水性能

IPX7は「水深1mに水没しても30分間内部に浸水しない」という防水規格。

普段遣いには十分すぎる防水性能だから、スポーツの汗や雨程度であれば全く問題がない。

充電方法がType-C端子

Soundcore Life P2の充電端子は、Androidスマホや最新型iPadの充電でも採用されているType-C端子。

むしろLightning端子やmicroUSB端子は早く廃止してほしい。Type-C端子は裏表がなくて充電速度もデータ転送速度も早くて、マジで理想の端子規格だと思う。Type-C端子を崇めよ(ドヤ顔)

ハンズフリーでクリアな通話品質

Soundcore Life P2の完全ワイヤレスイヤホンだから正直通話品質は期待していなかったんだけど、想像を裏切る高品質な通話ができて驚き。

通話用マイクが小さなイヤホンの中に入っているからハンズフリーで通話ができる。

通話用のノイズキャンセリング機能が搭載されていて、駅の構内や街の中でも自分の声がクリアに伝わるから「え?今なんて言ったの?」と相手から聞き返されることもない。

【デメリット】Soundcore Life P2の使用感

ここからはSoundcore Life P2を使ってみて感じたデメリットを紹介する。

しかし、Soundcore Life P2はコスパが良過ぎでデメリットというには些細過ぎる。

ケースがちょっぴり大きい

充電ケースを兼ねているから大きいのは仕方がないけど、もう少しケース全体のサイズを小さくしてほしかった。

Soundcore Life P2をポケットに入れておくと確かな存在感を発揮する。

イヤホン単体でも十分なバッテリー持ちだから、私はケースから取り外してイヤホン単独で持ち運んでいる。たぶんそのうちイヤホンを無くすだろう。少し先の未来が見える私は見聞色の覇気の使い手だったのかもしれない。

激しく動くと落ちる

Soundcore Life P2を使っている時にランニングは出来ないだろう。

力んで顔に力が入ってももれなくイヤホンは落下する。なんなら笑ってもイヤホンが落ちる。

カナル型イヤホンの宿命だから仕方がない、と割り切るほかない。

物理ボタンだから操作時に耳穴が圧迫される

Soundcore Life P2は物理ボタンを採用しているから、イヤホン装着時にボタンを押すとどうしても耳にイヤホンを押し込んでしまう形になる。

タッチセンサーならこんなことにはならない。

好みによるけど私は物理ボタンの方が操作している感があって好き。よって無問題なのでヨシ!

イヤホン単体で音量調整が出来ない

イヤホンに搭載されているボタンは物理ボタン一つなので、イヤホン単体では音量操作ができない。

接続端末で直接操作して音量を操作しないといけないのはちょっぴり不便に感じる。

私はYou Tubeでひろゆきの雑談動画を流した後に、他のチャンネルが再生されて耳が壊れそうになった。ひろゆきの動画は音が小さすぎ。分かって貰える人は多いはず。

【コスパ最高】普段遣いのワイヤレスイヤホンの決定版

万人受けする音質と、長時間バッテリー、そしてこの高品質をたった5,000円以下で購入できるという高コストパフォーマンス。

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンの中でも、ぶっちゃけトップランクに位置するイヤホンなのは間違いない。

特にこだわりがない人にとってはSoundcore Life P2は完全ワイヤレスイヤホンの最適解になるだろう。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-オーディオ