オーディオ

【コスパ最強】Anker:Soundcore Life P2【5,000円で購入できる完全ワイヤレスイヤホン】

2021年2月8日

イヤホンにケーブルは不要。

通勤・通学・家事・ブログ執筆中に音楽を最大限楽しむためにはケーブルが無い完全ワイヤレスイヤホンを使用するのが最高の選択だと私は信じている。

今回は、Ankerから発売されているコスパ最高の完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P2」を紹介する。

Soundcore Life P2はコスパが高い

Soundcore Life P2の凄さは、付加価値がもりもりの高クオリティなワイヤレスイヤホンなのにたった5,000円以下で購入できるところだ。

Ankerの製品には優良なものが多いことは多くの人が知っているだろうけど、Soundcore Life P2のコスパの高さは異常。マジでヤバみ。

スペック

製品仕様
再生時間

最⼤7時間(イヤホン本体のみ)

最⼤40時間(充電ケース使⽤時)

充電端子 USB Type-C
重量 約62g(充電ケース含む)
防水規格 IPX7
通信方式 Bluetooth 5
Bluetoothプロファイル A2DP / AVRCP / HFP
対応コーデック SBC / AAC / aptX
パッケージ内容

本体・充電ケース・イヤーチップ

USB-C & USB-A ケーブル

クイックスタートガイド

製品カラー

ブラック

ホワイト

イヤホンのボタン操作

『音楽』コマンド操作

曲の再生/一時停止

ボタンを1回押す(左右どちらでも可)

次の曲

右イヤホンのボタンを2回連続で押す

前の曲

左イヤホンのボタンを2回連続で押す

『通話』コマンド操作

電話に出る

着信中にボタンを1回押す(左右どちらでも可)

電話を切る

通話中にボタンを1回押す(左右どちらでも可)

着信を拒否する

着信中にボタンを1秒間長押し(左右どちらでも可)

その他のコマンド操作

イヤホンの電源を入れる

ボタンを1回押す(左右どちらでも可)

イヤホンの電源を切る

ボタンを3秒間長押し(左右どちらでも可)

Googleアシスタントなどの音声コマンド

ボタンを1秒間長押し(左右どちらでも可)

【メリットSoundcore Life P2の使用感

ここからはSoundcore Life P2を実際に使ってみて感じたメリットを紹介する。

間違いなく5,000円以下で購入できるレベルのイヤホンの中ではトップクラスのスペックを持っているから刮目してほしい。

イヤホンがコンパクトで軽い

Soundcore Life P2はワイヤレスイヤホン。

当然のようにケーブルが無いから装着していても邪魔にならないし、イヤホンのそもそもの重量が軽い。

その重量はなんとたった6g。

装着していて重いと感じることはたぶん無い。

最大40時間の長時間バッテリー

Soundcore Life P2はイヤホンだけで最大7時間の音楽再生ができる。イヤホンケース自体が充電ケースの役割を持っていて、併用することで最大40時間の再生が可能。しゅごい。

普段遣いであればイヤホン単体で使用しても1日は十分に持つだろう。

私はSoundcore Life P2を1日30分くらい仕事の合間に30分ほど使用しているけど、充電は1週間に1回以下。バッテリー持ち良すぎ。

音質はクリアで低音が○

低音域をしっかりと伝えてくれるのがAnkerのイヤホンの特徴。

出力される音は全体的にクリアなので、曲やYou Tubeの音声もはっきりと聞き取ることができる。

尖った部分がないので万人受けする音質だろう。

低音が強すぎるわけではないから、ドゥンドゥンと重低音を聞かせたい人には少々物足りないかもしれない。

ガンガン低音を聞かせたい人は、同じAnkerが発売している「Soundcore Spirit X2」の方がオススメ。

遅延の少ないaptXコーデック対応

Soundcore Life P2のコーデックはaptXを採用している。

コーデックとは?

Bluetoothのデータ通信規格

コーデックが新しいものほど「高音質」で「低遅延」

aptXコーデックはCD音源相当の高音質、0.07秒±0.01秒の低遅延で音楽を再生できる優秀な規格。

aptXの上に「aptX HD」「aptX LL」というコーデック規格が存在するが、その差は一般人にはおそらく判断できない。ここを気にする人は間違いなくオーディオマニアだろう。

片耳だけでも使用可能な汎用性

Soundcore Life P2は充電ケースから片方だけ取り出して使用することもできる。

音楽を聞きたいけど外部の音も聞かなければいけない状況でも、Soundcore Life P2なら十分に対応できる。

しかもシームレスだから充電ケースから取り出した瞬間、設定したデバイスに自動接続してくれる。

IPX7の防水性能

IPX7は「水深1mに水没しても30分間内部に浸水しない」という防水規格。

普段遣いには十分すぎる防水性能だから、スポーツの汗や雨程度であれば全く問題がない。

充電方法がType-C端子

Soundcore Life P2の充電端子は、Androidスマホや最新型iPadの充電でも採用されているType-C端子。

むしろLightning端子やmicroUSB端子は早く廃止してほしい。Type-C端子は裏表がなくて充電速度もデータ転送速度も早くて、マジで理想の端子規格だと思う。Type-C端子を崇めよ(ドヤ顔)

ハンズフリーでクリアな通話品質

Soundcore Life P2の完全ワイヤレスイヤホンだから正直通話品質は期待していなかったんだけど、想像を裏切る高品質な通話ができて驚き。

通話用マイクが小さなイヤホンの中に入っているからハンズフリーで通話ができる。

通話用のノイズキャンセリング機能が搭載されていて、駅の構内や街の中でも自分の声がクリアに伝わるから「え?今なんて言ったの?」と相手から聞き返されることもない。

【デメリット】Soundcore Life P2の使用感

ここからはSoundcore Life P2を使ってみて感じたデメリットを紹介する。

しかし、Soundcore Life P2はコスパが良過ぎでデメリットというには些細過ぎる。

ケースがちょっぴり大きい

充電ケースを兼ねているから大きいのは仕方がないけど、もう少しケース全体のサイズを小さくしてほしかった。

Soundcore Life P2をポケットに入れておくと確かな存在感を発揮する。

イヤホン単体でも十分なバッテリー持ちだから、私はケースから取り外してイヤホン単独で持ち運んでいる。たぶんそのうちイヤホンを無くすだろう。少し先の未来が見える私は見聞色の覇気の使い手だったのかもしれない。

激しく動くと落ちる

Soundcore Life P2を使っている時にランニングは出来ないだろう。

力んで顔に力が入ってももれなくイヤホンは落下する。なんなら笑ってもイヤホンが落ちる。

カナル型イヤホンの宿命だから仕方がない、と割り切るほかない。

物理ボタンだから操作時に耳穴が圧迫される

Soundcore Life P2は物理ボタンを採用しているから、イヤホン装着時にボタンを押すとどうしても耳にイヤホンを押し込んでしまう形になる。

タッチセンサーならこんなことにはならない。

好みによるけど私は物理ボタンの方が操作している感があって好き。よって無問題なのでヨシ!

イヤホン単体で音量調整が出来ない

イヤホンに搭載されているボタンは物理ボタン一つなので、イヤホン単体では音量操作ができない。

接続端末で直接操作して音量を操作しないといけないのはちょっぴり不便に感じる。

私はYou Tubeでひろゆきの雑談動画を流した後に、他のチャンネルが再生されて耳が壊れそうになった。ひろゆきの動画は音が小さすぎ。分かって貰える人は多いはず。

【コスパ最高】普段遣いのワイヤレスイヤホンの決定版

万人受けする音質と、長時間バッテリー、そしてこの高品質をたった5,000円以下で購入できるという高コストパフォーマンス。

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンの中でも、ぶっちゃけトップランクに位置するイヤホンなのは間違いない。

特にこだわりがない人にとってはSoundcore Life P2は完全ワイヤレスイヤホンの最適解になるだろう。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-オーディオ

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5