一人暮らし

家のポストに迷惑チラシを投函させない方法【一人暮らし】

ポストに投函されたチラシ。

ほとんどの人は読むこともなく捨てているだろう。

つまり我々のポストには、無作為にゴミが投函されているということだ。

ゴミのポイ捨てを許さない好青年な私が、家のポストに迷惑チラシを投函させない方法をこの記事でみんなに伝授したい。

迷惑チラシが投函されすぎてウザすぎ

家に帰ってきてポストを見たら迷惑チラシが入っていてうんざりしたことはないだろうか?

一人暮らしをしたことがある人は、一度は思ったことがあるだろう。

すずき
どうせ見ないんだからポストに入れるなよ!!

そして、迷惑チラシの中に大事な手紙や書類が入っていて、捨てた経験もあることだろう。

かくいう私も何度も煮え湯を飲まされた。

再配達の書類がチラシに挟まっていたことに気が付かず、届けられなかった商品がAmazonに返ってしまったことだってある。

事の原因は全て「迷惑チラシ」に他ならない。異論は認めない。

現代の不法投棄人「ポスティングマン」が全ての元凶

迷惑チラシを投函してくる元凶は「ポスティングマン」。

彼らは1日に1,000枚以上の投函ノルマを課されて、家という家を練りまわり”チラシ”という名のゴミをポストに投函し続ける新手の不法投棄人。

彼らは課されたノルマの達成のためだけに歩き、その腕は迷惑チラシを投函するためだけに機能している。

より多くのチラシを配るため、全力を投じているポスティングマン。

彼らに投函をやめさせるためには、「この家には投函したらダメ」と認識させることが必要だ。

ポストに投函禁止のシールを張る

私はとった対策は単純で、ポストに投函禁止のシールを張っただけなんだ。

このシールをAmazonで購入して、翌日に荷物を受け取り、ポストに張り付けた。

しかもこのシールは防水仕様なうえ、超対光インキを使用しているから日光への耐久力も高い。

たったこれだけで、迷惑チラシが投函されなくなった。

たぶんだけど本当に効果があるのは、「悪質な投函は即刻警察に通報します」の文言だと思う。

日本の国家権力というパワーワードはやはり強い。

シールを張り付けて3か月で投函されたチラシは2枚だけ

投函禁止のシールを貼り付けて3か月間で、迷惑チラシを投函されたのはたったの2回。

今までは1週間に10枚は入っていたことを考えると、シールの効果は絶大だった。

チラシという名のゴミが投函されることは少なくなり、明確に我が家から出てくるゴミの量が減った。

紙をゴミに出すって思っていた以上にゴミ袋の容量を取っていたんだね。

それでも迷惑チラシを投函してきた猛者への対策

効果絶大なシールを貼ったにも関わらず、我が家のポストに投函をしてきた猛者。

たぶんこいつらは「ごみのポイ捨て禁止」や「駐車禁止」などの看板や注意書きを無視できる悪い意味で選ばれた逸材に違いない。

相手は百戦錬磨の強者。こちらも徹底抗戦をするしかあるまい。

ということで、まずは「迷惑行為として警察に通報」をして、そのあとに「チラシに記載されている電話番号に苦情の電話」をした。

警察からは「あぁ。…はい」と正直迷惑そうな返答だったが、彼らも国家公務員のため善良な市民からの要望なら何かしら行動をせざるを得ないであろう、と希望的観測をもって通報をした。

投函した猛者を雇用しているであろう会社に対しては、警察に連絡をした旨・二度とチラシを投函しないように教育してほしい旨を伝えた。情熱的に。

結果として、さらにその後3か月でポストに投函された迷惑チラシの数は0になった。

めでたく我が家はチラシという名のゴミが不法投棄されることはなくなったわけだ。

それでも入れられたときにしようと思っていた対策

結果、迷惑チラシが投函されることは無くなったんだけど、それでも投函が止まらなかったときにしようと思っていた対策は下記。

  • 手書きの大きな文字で「チラシ投函禁止」とポストに書く
  • チラシを入れていた会社の名前をアパートに晒す
  • アパートの管理会社に連絡する
  • 家にいるときにチラシが投函されたら、ポスティングマンを捕まえて教育する

入れられない努力が必要

必要もないチラシを投函してくるポスティングマンが全ての現況ではあるけれど、こちら側でポストに投函されないように努力することが必要。

変な話ではあるけど、現実は甘くない。

シールを張り付けても効果がなければ手書き。

手書きでダメなら、会社名を追記してみる。

それでもダメなら通報してみるなど、ポスティングマンに「ここの住人には関わらない方がいいな」と思わせる手法を試行錯誤していこう。

新着記事

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/12

【体験談】親知らずを抜歯して死にかけた話【痛みが来たのは4日後】

33歳にして俺はついに親知らずを抜いてきた。 術後は全く痛くなくて「あれ?これ余裕じゃね?」とか思っていたんだけど、まさかの親知らずを抜いて4日後に痛みがきて死にかけたんだ。というか今まさに俺は死にかけている。 この耐えがたい痛みをこの記事を見てくれる人と共有するために、今回は親知らずを抜いた体験談を書き殴っていく。 親知らずを抜くメリット・デメリット 「親知らずは抜いたほうがいいよ」と言ってくる人は腐るほどいたけど、明確にメリットとデメリットを提示してくれた人は今までいなかった。 どうせ金をかけるんだか ...

続きを見る

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/4

【体験談】ヒゲ脱毛は湘南美容クリニックの一択だった【大手・最安・単発OK】

数社のヒゲ脱毛カウンセリングを受けた結果、湘南美容クリニックで施術を受けることに決めた。 今回は数ある脱毛サロンのなかで俺が湘南美容クリニックを選んだ理由と実際の体験談を紹介するので参考にしてほしい。 ヒゲ脱毛をするメリット ヒゲ脱毛をして得られるメリットは下記。 ヒゲを剃る時間が無くなる。 清潔感がアップする カミソリなどの出費が無くなる ヒゲ剃りで失う時間は1日10分と言われている。 年間にすると3,650分、つまり約60時間も無駄にしているという計算になる。20歳から33歳までヒゲを剃り続けている俺 ...

続きを見る

DIY ガジェット ライフハック

2024/1/28

【壁美人】賃貸ワンルームでも簡単に壁掛けテレビが実現する【壁を傷つけない】

壁掛けテレビの取り付けといえば「壁に穴をあける」「ねじを壁に打つ」「DIYで突っ張り柱に取り付ける」などをイメージする人が多いだろう。しかし、賃貸アパートで壁に穴をあけると退去時に原状回復の費用負担になるし、DIYで突っ張り柱を作るとなると利便性よりも面倒臭さが勝つ。 それに引き換え「壁美人」はホチキスの針で取り付けるから壁へのダメージを最小限に抑えることができる。 今回は壁美人を使って賃貸ワンルームに壁掛けテレビを導入したので紹介する。俺と同じく賃貸で壁掛けテレビを検討している人の参考になれば幸い。 部 ...

続きを見る

体験談

2024/1/19

【目標】2024年は記憶に残る年にしなければならない【東京都在住33歳独身男性】

いつのまにか2023年が終わっていた。振り返っても大した記憶がない。 今年で34歳になるのに記憶にも記録にも残らない1年を送っていた、という絶望が俺の心を駆け巡る。 このままだといつの間にか老衰で死ぬ。それは避けなければいけない。 というわけで2024年の目標を書き殴っていく。 2023年の記憶はない Q.1年間の思い出は何ですか? A .無いんだな。これが。 2023年を振り返り思い出すことは仕事のことばかり。 残業時間は100~200時間/月を維持し続けた結果、会社のあらゆる人間に”すずきは仕事好き” ...

続きを見る

お得情報 節約

2024/1/19

キャッシュレス支払いをするべき理由【節約の第一歩】

Suicaから始まり、PayPayや楽天Payなどが普及することでキャッシュレス支払いが当たり前になってきた。 かくいう私は一人暮らしを始めて5年目時点でクレジットカードの作り、8年目で電子マネーを使い始めて、今となってはほぼキャッシュレス生活に完全移行することができた。 実際にキャッシュレス生活に慣れると、家計簿管理が楽ちんで節約にもなって、キャッシュレス支払いで獲得した通算ポイントは100万ポイントを超えている。 今回は、キャッシュレス支払いのメリットと移行方法を紹介する。 キャッシュレスのメリット ...

続きを見る

節約 美容・健康

2023/10/10

フィットネスジムで毎日シャワーを浴びて光熱費を削減した【毎月3,000円の節約】

世はフィットネス全盛期。 今や町の至る所でフィットネスジムを見かけるようになった。 運動をして痩せたり、筋トレをしてボディメイクをしたりと、利用している人によってフィットネスジムに行く目的は様々だ。 フィットネスジムは、運動して書いた汗を流すためにほぼ100%でシャワールームが完備されている。 今回はフィットネスジムで毎日シャワーを浴びて、私がどれだけ光熱費を削減できたのかを紹介する。 自宅で浴びる10分間のシャワーの光熱費は1回100円 自宅でシャワーを浴びた場合、ガス代・水道代を合わせた光熱費は約10 ...

続きを見る

-一人暮らし