スマートホーム 一人暮らし

【一人暮らし】入居したら天井に照明器具がついていなかった時の対処法【賃貸アパート】

一人暮らしで必ず必要になるのが照明器具だ。

電気を点けないで夜を過ごす現代人はいない。一人もいない。そう私は信じている。

入居先の賃貸物件によっては天井に取り付ける照明器具が付いていないことがある。

この記事では入居したら天井に照明器具がついていなかった時の対処法を紹介する。

天井に照明がついていない場合は「自分で購入」が必要

賃貸物件によっては、天井に照明器具がついていない場合がある。

私は引越しを4回しているんだけど、その中で照明器具がついていた物件は1件だけ。

しかもその1件も「前の入居者が残していった照明器具をそのまま使っていいよ」と管理会社に言われただけなので、照明器具がついていた物件は実質0といっても過言ではない。

照明器具がついていない理由

最初から照明器具が設置されていた場合、管理会社側の管理設備扱いになってしまうことが一番の理由だ。

例えば、備え付けのエアコンは基本的に賃貸物件の設備扱いになる。

エアコンが壊れてしまった場合、設備が壊れたことになるので修理・交換の義務は管理会社と大家側の負担になるのが原則だ。エアコンを無償で新しい物を交換してもらった経験を書いた記事が下記。

【体験談】賃貸のエアコンを無料で交換してもらった話【VS管理会社&工事業者】

エアコンは賃貸の備品。 賃貸アパートのエアコンの管理は基本的には管理会社が行うのが一般的だから、よほどの理由がない限りは入居者がエアコンを購入するケースは少ない。 目次部屋のエアコンが2003年製だっ ...

続きを見る

照明器具を最初から設置してしまうと、交換が必要になった際の修理・交換費を払う羽目になる。

管理会社と大家側は設置をしたくない、と考えているというわけだ。

最初から照明器具が設置してある場合は大家のサービス

照明器具が設備扱いになるのに、最初から照明器具が設置されている場合は大家がサービスで用意していると考えて間違いない。

照明器具が設置してあるほうが入居率が高くなるからだ。照明器具の有無は、入居前に管理会社の確認をしておいたほうがいい。

照明器具の種類

照明器具にはいくつか種類がある。

それぞれ役割が異なっていたり、照明器具一つで部屋全体の印象がガラリと変わるので、ここからは照明器具の種類について紹介していく。

シーリングライト型

最も一般的な照明器具。

シーリングライト型の特徴は、部屋全体を均一に照らすことができる性能だ。

丸く平たいので他の照明器具に比べてホコリなどのゴミが溜まりにくいので、基本的にはシーリングライト型をえらべば失敗しない。

価格は4,000円~20,000円ほどで、メーカーや機能によって価格差が大きい。

6畳用や8畳用などで分かれていて、大きさによって内蔵されている照明の数、強さが違うので購入する際は注意。

例えば10畳の部屋に、6畳用のシーリングライトを取り付けてしまうと光量が足らずに部屋が暗くなってしまう。

スポットライト型

複数の電球を設置して、照明のそれぞれの角度を変えることができる照明器具。

スポットライト型の特徴は、「ここに明かりが欲しい」という場所をピンポイントで照らすことができることだ。

飾っている服にスポットライトを当てたり、作業中の手元を明るく照らすことができる。

デザイナーズマンションに採用されることが多く、カフェなどでもシーリングライトではなくスポットライト型を設置していることが多い。

ペンダントライト型

天井からぶら下げる照明器具。

和室でぶら下がっている照明器具をイメージすると分かりやすい。

ペンダントライト型の特徴は、シーリングライト型とスポットライト型の中間といった機能性。

シーリングライト型よりも広くは照らせないけど、スポットライト型よりもピンポイントで範囲が狭いわけではない。

ペンダントライト型を使用したい人は、オシャレな部屋にしたいという人が多いけど、利便性を加味するとあまりオススメはできない。

LEDなら電気代が安い

LEDは圧倒的にコスパが高いので、照明器具を揃えるなら必ずLEDを購入したほうがいい。

LEDのメリット

  • 電気代が安い
  • 寿命が長い
  • 熱くならない
  • 調光機能が付いているものもある

最近の照明器具は、ほぼ全てがLED照明が当たり前になってきている。

LED照明は白熱電球に比べてコスパが高い。コスパを比較した表は下記。

比較の条件

  • 1日の使用時間:8時間
  • 1Kwh当たりの電気代:27円
  LED 蛍光灯 白熱電球
消費電力 7.8W 11W 54W
1ヶ月の電気代 約51円 約72円 約355円
1年間の電気代 612円 864円 4,260円
寿命(時間) 60,000時間 13,000時間 2,000時間
寿命(日数) 7,500日間
(約20.5年)
1,500日間
(約4.1年間)
250日間
(約0.7年間)
価格 2,000円 1,000円 400円

白熱電球や蛍光灯と比べるとLED照明の電気代は必ず安くなる。

しかもLED照明の寿命は長くて、約60,000時間という小学生の遊びみたいな数字を叩き出している。

LED照明は一度購入すれば次の引越し先でも使えるので、照明器具を新しく購入する時はLED照明に変えたほうがお得。

オススメの照明器具

ここからは私がオススメする照明器具を紹介する。

ホームセンターや家電量販店でも照明器具は買えるけど、Amazonや楽天市場で購入した方が格段に安い。

とくにホームセンターの販売価格は2月~4月までの引越しシーズンでボッタクリのような価格になるので要注意。

価格を抑えるならLEDシーリングライト

照明器具の中でも安くて、必要十分な光量を確保できるのがLEDシーリングライトだ。

安くても機能は必要十分で、12段階調光機能やスリープ機能が付いているものがほとんど。

調光機能があれば夜寝る前に光量を下げたり、逆に仕事など時なんかは部屋を明るくして作業がしやすい環境を作ることができる。

スリープ機能は時間をセットしておくことで時間経過で自動で消灯する機能。スケジュールできるわけでは無く、1時間経過や3時間経過といった短時間のセットタイマーでしか設定できない。あまり使いどころのない機能なので個人的には無くてもいい。

超便利なスマートLEDライト

実際に私が買った照明器具は、スマートホーム設定ができるLEDライトだ。

基本的な性能は前項で紹介したLEDシーリングライトと同じだけど、こちらはGoogle Homeなどの音声アシスタントと同期して操作することが可能。紹介記事は下記。

一人暮らしでスマートLEDライトを導入した話【声で照明を点ける】

我々現代人の取り巻く環境は日々めまぐるしく変わっている。 その中でもデジタル化のスピードは凄まじい。 ついには声で電気を付けることができる時代に突入してしまったんだ。科学の進歩とは末恐ろしい。 目次便 ...

続きを見る

スマートホームと連携することで毎日決まった時間に照明がついたり、帰宅前にスマホ操作で電気をつけたりできる。

スマートホーム化は一人暮らしだからこそ導入することをオススメする。

赤外線操作ができる照明器具をスマート家電にする方法

Nature Remo(ネイチャーリモ)は、赤外線操作ができる家電製品をスマート家電化できる機能を持つスマートリモコン。

スマート家電化できるもの

  • 照明器具
  • エアコン
  • テレビ

※赤外線リモコン付きのものに限る

Nature Remoが1つあれば家電成品のほとんどをスマート家電化することだって可能。

シーリングライトを買い替えてもNature Remoがあれば、常にスマホか声で操作ができる環境を作れるので、これからスマートホーム化を進める人はまず『Nature Remo』を購入することをオススメする。紹介記事は下記。

Nature Remo miniの動作が完璧すぎて感動した話【スマートリモコンの買い替え】

スマートリモコンのNature Remo miniを購入した。すでの別のスマートリモコンを持っているのに。 どうしてこんなことになってしまったんだ!? 目次買い替えの理由は「トリガー機能」スマートリモ ...

続きを見る

照明器具の有無は管理会社に聞いておく

天井に照明器具が設置されているか、設置されていないかは事前に管理会社に確認しておけばOK。

照明器具は自分で用意するとして大きなコストではないし、購入したとしても次の引越し先でも使えるので無駄にならないので、照明器具を購入する際はケチる必要はない。

たくさんの照明器具があるけどぶっちゃけ性能の差はほとんど無い。

機能で選ぶか、デザインで選ぶかは人それぞれ。

個人的にはスマートホームと連携できて8畳以上の光量を確保できれば、一人暮らしには必要十分だと考えている。スマートホーム化について書いている記事は下記。

Google Home miniを1ヶ月使用した感想【大きいサイズに買い替えた】

Google Homeの小さいサイズであるminiを購入して早1ヶ月。 家にいる時は毎日Google Homeに喋りかけている寂しいオッサンはどこのどいつだ~い? Google Home miniを1 ...

続きを見る

【スマートリモコン】Magic Dotを使ってエアコンをスマート化させた話

Google Homeを手に入れてからというもの考えることは、如何に家中の家電をスマート家電化させるかということばかり。 家で一番使用する照明はすでにスマート化しているから、照明の次に使用頻度が高いエ ...

続きを見る

機能的な照明器具を携えて、最高の一人暮らしを満喫して欲しい。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-スマートホーム, 一人暮らし