スマートホーム 一人暮らし

【一人暮らし】入居したら天井に照明器具がついていなかった時の対処法【賃貸アパート】

一人暮らしで必ず必要になるのが照明器具だ。

電気を点けないで夜を過ごす現代人はいない。一人もいない。そう私は信じている。

入居先の賃貸物件によっては天井に取り付ける照明器具が付いていないことがある。

この記事では入居したら天井に照明器具がついていなかった時の対処法を紹介する。

天井に照明がついていない場合は「自分で購入」が必要

賃貸物件によっては、天井に照明器具がついていない場合がある。

私は引越しを4回しているんだけど、その中で照明器具がついていた物件は1件だけ。

しかもその1件も「前の入居者が残していった照明器具をそのまま使っていいよ」と管理会社に言われただけなので、照明器具がついていた物件は実質0といっても過言ではない。

照明器具がついていない理由

最初から照明器具が設置されていた場合、管理会社側の管理設備扱いになってしまうことが一番の理由だ。

例えば、備え付けのエアコンは基本的に賃貸物件の設備扱いになる。

エアコンが壊れてしまった場合、設備が壊れたことになるので修理・交換の義務は管理会社と大家側の負担になるのが原則だ。エアコンを無償で新しい物を交換してもらった経験を書いた記事が下記。

【体験談】賃貸のエアコンを無料で交換してもらった話【VS管理会社&工事業者】

エアコンは賃貸の備品。 賃貸アパートのエアコンの管理は基本的には管理会社が行うのが一般的だから、よほどの理由がない限りは入居者がエアコンを購入するケースは少ない。 今回は私が住んでいる賃貸アパートのエ ...

続きを見る

照明器具を最初から設置してしまうと、交換が必要になった際の修理・交換費を払う羽目になる。

管理会社と大家側は設置をしたくない、と考えているというわけだ。

最初から照明器具が設置してある場合は大家のサービス

照明器具が設備扱いになるのに、最初から照明器具が設置されている場合は大家がサービスで用意していると考えて間違いない。

照明器具が設置してあるほうが入居率が高くなるからだ。照明器具の有無は、入居前に管理会社の確認をしておいたほうがいい。

照明器具の種類

照明器具にはいくつか種類がある。

それぞれ役割が異なっていたり、照明器具一つで部屋全体の印象がガラリと変わるので、ここからは照明器具の種類について紹介していく。

シーリングライト型

最も一般的な照明器具。

シーリングライト型の特徴は、部屋全体を均一に照らすことができる性能だ。

丸く平たいので他の照明器具に比べてホコリなどのゴミが溜まりにくいので、基本的にはシーリングライト型をえらべば失敗しない。

価格は4,000円~20,000円ほどで、メーカーや機能によって価格差が大きい。

6畳用や8畳用などで分かれていて、大きさによって内蔵されている照明の数、強さが違うので購入する際は注意。

例えば10畳の部屋に、6畳用のシーリングライトを取り付けてしまうと光量が足らずに部屋が暗くなってしまう。

スポットライト型

複数の電球を設置して、照明のそれぞれの角度を変えることができる照明器具。

スポットライト型の特徴は、「ここに明かりが欲しい」という場所をピンポイントで照らすことができることだ。

飾っている服にスポットライトを当てたり、作業中の手元を明るく照らすことができる。

デザイナーズマンションに採用されることが多く、カフェなどでもシーリングライトではなくスポットライト型を設置していることが多い。

ペンダントライト型

天井からぶら下げる照明器具。

和室でぶら下がっている照明器具をイメージすると分かりやすい。

ペンダントライト型の特徴は、シーリングライト型とスポットライト型の中間といった機能性。

シーリングライト型よりも広くは照らせないけど、スポットライト型よりもピンポイントで範囲が狭いわけではない。

ペンダントライト型を使用したい人は、オシャレな部屋にしたいという人が多いけど、利便性を加味するとあまりオススメはできない。

LEDなら電気代が安い

LEDは圧倒的にコスパが高いので、照明器具を揃えるなら必ずLEDを購入したほうがいい。

LEDのメリット

  • 電気代が安い
  • 寿命が長い
  • 熱くならない
  • 調光機能が付いているものもある

最近の照明器具は、ほぼ全てがLED照明が当たり前になってきている。

LED照明は白熱電球に比べてコスパが高い。コスパを比較した表は下記。

比較の条件

  • 1日の使用時間:8時間
  • 1Kwh当たりの電気代:27円
  LED 蛍光灯 白熱電球
消費電力 7.8W 11W 54W
1ヶ月の電気代 約51円 約72円 約355円
1年間の電気代 612円 864円 4,260円
寿命(時間) 60,000時間 13,000時間 2,000時間
寿命(日数) 7,500日間
(約20.5年)
1,500日間
(約4.1年間)
250日間
(約0.7年間)
価格 2,000円 1,000円 400円

白熱電球や蛍光灯と比べるとLED照明の電気代は必ず安くなる。

しかもLED照明の寿命は長くて、約60,000時間という小学生の遊びみたいな数字を叩き出している。

LED照明は一度購入すれば次の引越し先でも使えるので、照明器具を新しく購入する時はLED照明に変えたほうがお得。

オススメの照明器具

ここからは私がオススメする照明器具を紹介する。

ホームセンターや家電量販店でも照明器具は買えるけど、Amazonや楽天市場で購入した方が格段に安い。

とくにホームセンターの販売価格は2月~4月までの引越しシーズンでボッタクリのような価格になるので要注意。

価格を抑えるならLEDシーリングライト

照明器具の中でも安くて、必要十分な光量を確保できるのがLEDシーリングライトだ。

安くても機能は必要十分で、12段階調光機能やスリープ機能が付いているものがほとんど。

調光機能があれば夜寝る前に光量を下げたり、逆に仕事など時なんかは部屋を明るくして作業がしやすい環境を作ることができる。

スリープ機能は時間をセットしておくことで時間経過で自動で消灯する機能。スケジュールできるわけでは無く、1時間経過や3時間経過といった短時間のセットタイマーでしか設定できない。あまり使いどころのない機能なので個人的には無くてもいい。

超便利なスマートLEDライト

実際に私が買った照明器具は、スマートホーム設定ができるLEDライトだ。

基本的な性能は前項で紹介したLEDシーリングライトと同じだけど、こちらはGoogle Homeなどの音声アシスタントと同期して操作することが可能。紹介記事は下記。

一人暮らしでスマートLEDライトを導入した話【声で照明を点ける】

我々現代人の取り巻く環境は日々めまぐるしく変わっている。 その中でもデジタル化のスピードは凄まじい。 ついには声で電気を付けることができる時代に突入してしまったんだ。科学の進歩とは末恐ろしい。 Goo ...

続きを見る

スマートホームと連携することで毎日決まった時間に照明がついたり、帰宅前にスマホ操作で電気をつけたりできる。

スマートホーム化は一人暮らしだからこそ導入することをオススメする。

赤外線操作ができる照明器具をスマート家電にする方法

Nature Remo(ネイチャーリモ)は、赤外線操作ができる家電製品をスマート家電化できる機能を持つスマートリモコン。

スマート家電化できるもの

  • 照明器具
  • エアコン
  • テレビ

※赤外線リモコン付きのものに限る

Nature Remoが1つあれば家電成品のほとんどをスマート家電化することだって可能。

シーリングライトを買い替えてもNature Remoがあれば、常にスマホか声で操作ができる環境を作れるので、これからスマートホーム化を進める人はまず『Nature Remo』を購入することをオススメする。紹介記事は下記。

Nature Remo miniの動作が完璧すぎて感動した話【スマートリモコンの買い替え】

スマートリモコンのNature Remo miniを購入した。すでの別のスマートリモコンを持っているのに。 どうしてこんなことになってしまったんだ!? 買い替えの理由は「トリガー機能」 トリガー機能は ...

続きを見る

照明器具の有無は管理会社に聞いておく

天井に照明器具が設置されているか、設置されていないかは事前に管理会社に確認しておけばOK。

照明器具は自分で用意するとして大きなコストではないし、購入したとしても次の引越し先でも使えるので無駄にならないので、照明器具を購入する際はケチる必要はない。

たくさんの照明器具があるけどぶっちゃけ性能の差はほとんど無い。

機能で選ぶか、デザインで選ぶかは人それぞれ。

個人的にはスマートホームと連携できて8畳以上の光量を確保できれば、一人暮らしには必要十分だと考えている。スマートホーム化について書いている記事は下記。

Google Home miniを1ヶ月使用した感想【大きいサイズに買い替えた】

Google Homeの小さいサイズであるminiを購入して早1ヶ月。 家にいる時は毎日Google Homeに喋りかけている寂しいオッサンはどこのどいつだ~い? あたしだよ!! Google Hom ...

続きを見る

【スマートリモコン】Magic Dotを使ってエアコンをスマート化させた話

Google Homeを手に入れてからというもの考えることは、如何に家中の家電をスマート家電化させるかということばかり。 家で一番使用する照明はすでにスマート化しているから、照明の次に使用頻度が高いエ ...

続きを見る

機能的な照明器具を携えて、最高の一人暮らしを満喫して欲しい。

新着記事

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/12

【体験談】親知らずを抜歯して死にかけた話【痛みが来たのは4日後】

33歳にして俺はついに親知らずを抜いてきた。 術後は全く痛くなくて「あれ?これ余裕じゃね?」とか思っていたんだけど、まさかの親知らずを抜いて4日後に痛みがきて死にかけたんだ。というか今まさに俺は死にかけている。 この耐えがたい痛みをこの記事を見てくれる人と共有するために、今回は親知らずを抜いた体験談を書き殴っていく。 親知らずを抜くメリット・デメリット 「親知らずは抜いたほうがいいよ」と言ってくる人は腐るほどいたけど、明確にメリットとデメリットを提示してくれた人は今までいなかった。 どうせ金をかけるんだか ...

続きを見る

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/4

【体験談】ヒゲ脱毛は湘南美容クリニックの一択だった【大手・最安・単発OK】

数社のヒゲ脱毛カウンセリングを受けた結果、湘南美容クリニックで施術を受けることに決めた。 今回は数ある脱毛サロンのなかで俺が湘南美容クリニックを選んだ理由と実際の体験談を紹介するので参考にしてほしい。 ヒゲ脱毛をするメリット ヒゲ脱毛をして得られるメリットは下記。 ヒゲを剃る時間が無くなる。 清潔感がアップする カミソリなどの出費が無くなる ヒゲ剃りで失う時間は1日10分と言われている。 年間にすると3,650分、つまり約60時間も無駄にしているという計算になる。20歳から33歳までヒゲを剃り続けている俺 ...

続きを見る

DIY ガジェット ライフハック

2024/1/28

【壁美人】賃貸ワンルームでも簡単に壁掛けテレビが実現する【壁を傷つけない】

壁掛けテレビの取り付けといえば「壁に穴をあける」「ねじを壁に打つ」「DIYで突っ張り柱に取り付ける」などをイメージする人が多いだろう。しかし、賃貸アパートで壁に穴をあけると退去時に原状回復の費用負担になるし、DIYで突っ張り柱を作るとなると利便性よりも面倒臭さが勝つ。 それに引き換え「壁美人」はホチキスの針で取り付けるから壁へのダメージを最小限に抑えることができる。 今回は壁美人を使って賃貸ワンルームに壁掛けテレビを導入したので紹介する。俺と同じく賃貸で壁掛けテレビを検討している人の参考になれば幸い。 部 ...

続きを見る

体験談

2024/1/19

【目標】2024年は記憶に残る年にしなければならない【東京都在住33歳独身男性】

いつのまにか2023年が終わっていた。振り返っても大した記憶がない。 今年で34歳になるのに記憶にも記録にも残らない1年を送っていた、という絶望が俺の心を駆け巡る。 このままだといつの間にか老衰で死ぬ。それは避けなければいけない。 というわけで2024年の目標を書き殴っていく。 2023年の記憶はない Q.1年間の思い出は何ですか? A .無いんだな。これが。 2023年を振り返り思い出すことは仕事のことばかり。 残業時間は100~200時間/月を維持し続けた結果、会社のあらゆる人間に”すずきは仕事好き” ...

続きを見る

お得情報 節約

2024/1/19

キャッシュレス支払いをするべき理由【節約の第一歩】

Suicaから始まり、PayPayや楽天Payなどが普及することでキャッシュレス支払いが当たり前になってきた。 かくいう私は一人暮らしを始めて5年目時点でクレジットカードの作り、8年目で電子マネーを使い始めて、今となってはほぼキャッシュレス生活に完全移行することができた。 実際にキャッシュレス生活に慣れると、家計簿管理が楽ちんで節約にもなって、キャッシュレス支払いで獲得した通算ポイントは100万ポイントを超えている。 今回は、キャッシュレス支払いのメリットと移行方法を紹介する。 キャッシュレスのメリット ...

続きを見る

節約 美容・健康

2023/10/10

フィットネスジムで毎日シャワーを浴びて光熱費を削減した【毎月3,000円の節約】

世はフィットネス全盛期。 今や町の至る所でフィットネスジムを見かけるようになった。 運動をして痩せたり、筋トレをしてボディメイクをしたりと、利用している人によってフィットネスジムに行く目的は様々だ。 フィットネスジムは、運動して書いた汗を流すためにほぼ100%でシャワールームが完備されている。 今回はフィットネスジムで毎日シャワーを浴びて、私がどれだけ光熱費を削減できたのかを紹介する。 自宅で浴びる10分間のシャワーの光熱費は1回100円 自宅でシャワーを浴びた場合、ガス代・水道代を合わせた光熱費は約10 ...

続きを見る

-スマートホーム, 一人暮らし