ガジェット

【Anker:Power Core Fusion 5000】1台2役のモバイルバッテリー兼USB充電器【価格も安くコスパ高い】

2021年8月6日

充電系のガジェット多すぎ。

急速充電器・モバイルバッテリーなどは種類が多すぎて、あれやこれを購入しているとカバン中がパンパンになってしまう。

できる限り荷物を減らしたい私は、1台で急速充電とモバイルバッテリーの2つの機能を有するAnkerのPower Core Fusion 5000を使用している。

今回は3,000円で購入できる、1台2役のモバイルバッテリーPower Core Fusion 5000を紹介する。

1台2役のモバイルバッテリー兼USB充電器

Power Core Fusion 5000は「急速充電器」と「モバイルバッテリー」の2つの機能を併せ持つ充電器。

1台2役なので旅行先や出張先に持っていくことで、持ち運ぶ荷物が減らすことができる。

持ち運びに便利なポーチ付き

コンセントに挿すための充電プラグが搭載されていて、充電しながらスマホを操作することも可能。

Power Core Fusion 5000のスペック

バッテリー容量 5,000mAh
入力 5V/ 2A
サイズ 約72 x 70 x 31mm
重量 約189g
カラー ブラック・ホワイト・レッド
付属品 本体、Micro USBケーブル、トラベルポーチ、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後) 、取扱説明書

Power Core Fusion 5000は充電プラグ搭載で1役2台

Power Core Fusion 5000にはコンセントに挿すためのプラグが搭載されている。

日帰り旅行や出張の際にはモバイルバッテリーと充電器の2つを持ち運ぶが、Power Core Fusion 5000なら1台で2つの役割を担うことができる。

Power Core Fusion 5000は充電容量5000mAh

製品名にも表記されているように、Power Core Fusion 5000の充電容量は5000mAh。

最新スマホの充電容量は平均で3,000mAh~4,000mAhくらい。

充電が無くなったスマホに一回分フル充電ができる容量なので、日帰り旅行や出張には適した容量だ。

モバイルバッテリーの充電容量は表示よりも少ない

モバイルバッテリーの容量は、使用していく中でエネルギーが消費され充電容量が30%くらい消失する。

使用していくと表示容量の70%程度しか充電ができなくなるので、Power Core Fusion 5000の場合は3,500mAh程度に落ち着く。

Power Core Fusion 5000は充電量をボタンで確認

Power Core Fusion 5000のサイドに位置しているボタンを押すことで充電残量を確認できる。

ランプ未点灯(確認前)

ランプ点灯(確認中)

満タンならランプが3つ。充電残量が少なくなるごとに2つ、1つと点灯するランプが減るので分かりやすい。

Power Core Fusion 5000はUSB端子×2搭載

Power Core Fusion 5000は2台のデバイスを同時充電することが可能。

同時充電する場合は、デバイスの充電が完了→Power Core Fusion 5000の充電というフローで充電される。

Micro-USB端子は本体充電用

USB端子の下にはMicro-USB端子が付いている。

Micro-USBはPower Core Fusion 5000の充電をする場合に使用するので、プラグが付いているPower Core Fusion 5000にはほぼ必要がない。

購入して1年が経つけど私は一度も使ったことはない。

Power Core Fusion 5000は重量190gで重め

10,000mAhのモバイルバッテリーの重量が約200gなのを加味すると、5,000mAhのPower Core Fusion 5000は重い。

コンセント用のプラグという付加価値と、重量というデメリットはトレードオフ。

どちらを重視するかは人によって分かれるポイントだろう。

Power Core Fusion 5000は急速充電対応…あまり早くない

Power Core Fusion 5000の急速充電はそこまで早くない。

あくまで体感だけど通常なら1時間かかる充電が、Power Core Fusion 5000なら50分になる程度。

急速充電を重視するならば、他の急速充電器を利用した方が良い。

Ankerの製品は最大24ヶ月の保証付き

Power Core Fusion 5000を販売しているAnkerの保証は手厚い。

購入した瞬間に18ヶ月の製品保証と、無料のAnker会員になることで+6ヶ月の保証サポートを受けることができる。Ankerヤバすぎ~。

とりあえず持っていれば安心できる充電用ガジェット

Power Core Fusion 5000は「急速充電器」と「モバイルバッテリー」の2つの機能を1台に集約した充電器。

【左】iPhoneSE 【右】ミンティア

スマホの充電が少なくなったらモバイルバッテリーとして使用し、カフェなどのコンセントがある環境があれば充電器として使うことができる。

とくに目的が無いけどモバイルバッテリーが欲しい人は、Power Core Fusion 5000を買っておけばとりあえず安心できる。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-ガジェット