ガジェット

【Wi-Fi環境の改善】人生はじめてWi-Fi6を体感した話【回線速度が6倍に改善】

2020年12月29日

最近、家の中のWi-Fiが突然切断されてしまうことが増えた。

今までずっとNTT東日本と契約して受け取ったルーターを使用していたけど、これを気にルーターを新しくしようと思ってBUFFALOのWSR-1800AX4を購入した。

どうせ買うんなら回線速度が早そうなルーターにしようとWi-Fi6規格のものを選んだけど、考えていた以上に回線速度が早すぎて超快適

今回はWi-Fi6を初めて導入した体験を記事にする。

回線速度が6倍向上した【37Mbps→220Mbps】

回線速度なんて良くなっても体感できる変化はないでしょ?

そう思っていた時期が私にもありました。

ルーターをWi-Fi6規格のものに変えただけで、なんと回線速度が6倍にも改善したんだ。

【Before】ルーター交換前

【After】ルーター交換後


通信速度を測定したサイトはコチラ

接続する機器の相性もあるとは思うけど、間違いなく通信速度が爆速になった

ルーターを変えるだけでこれだけ変わるならもっと早くルーターを買い換えておけばよかった。

今すぐにWi-Fi6に切り替えるべき理由

今のWi-Fiで困っていないから別に交換しなくてもいいや。

通信読み込みが遅いけど使えないわけじゃないから大丈夫。

Wi-Fiはスマホでしか使わないから遅くてもいい。

こういった考えの人は多いと思う。実際に私もそちら側の考えだったから、言いたいことは理解できる。

しかし、通信速度の遅延は実は自分の時間を無駄にしているんだ。

調べ物をする時のブラウジング速度ゲームのロード待機時間などWi-Fiの回線速度が上がることで生活の時短につなげることができる

遅い回線に慣れてしまうと自分が遅い回線を使っている事すら気づくことができないから、常に情報のアンテナは立てておいて最新情報をキャッチし続けることが大切。

Wi-Fi6とは? メリットは?

名称 Wi-Fi規格名 最大通信速度 周波数

Wi-Fi6【第6世代】

2020年1月~

IEEE 802.11ax 9.6Gbps 2.4GHz帯/5GHz帯

Wi-Fi5【第5世代】

2013年12月~

IEEE 802.11ac 6.9Gbps 5GHz帯

Wi-Fi4【第4世代】

2009年9月~

IEEE 802.11n 600Mbps 2.4GHz帯/5GHz帯

名称なし【第3世代】

2003年6月~

IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz帯

名称なし【第2世代】

1999年9月~

IEEE 802.11a

IEEE 802.11b

54Mbps

11Mbps

5GHz帯

2.4GHz帯

名称なし【第1世代】

1997年6月~

IEEE 802.11 2Mbps 2.4GHz帯

元々正式な規格名は『IEEE 802.11』末尾にアルファベットがつくことでバージョンがアップしているらしい。

全然わからない人もいるだろうけど安心してほしい。私もよく分かっていない。

とにかく分かりにくい名称だったからこそ、もっとわかりやすい新名称として『Wi-Fi6』が登場した

そしてWi-Fi6の強みは「通信速度」「混雑つ強い」「省エネ通信」3つ

ざっくりと説明していく。

Wi-Fi6は「前規格と比べて1.4倍速い」

BUFFALO公式ページより引用

前回のWi-Fi5(IEEE802.11ac)に比べてWi-Fi6の通信速度は約1.4倍で、最大通信速度も9.8Gbpsという超高速通信が実現したらしい。

Wi-Fi5を使っていなかったから分からないけど、すでに6倍の通信速度を体感している私からしてもWi-Fi6は凄いの一言。しゅごい。

Wi-Fi6は「同時接続に強い」

BUFFALO公式ページより引用

私達の生活ではWi-Fiに接続するデバイスが多い。

スマホ、パソコン、ゲーム機以外にもスマート家電などもWi-Fiとの接続が必須。

私の家でもWi-Fiに接続するデバイスが多すぎて、スマホの回線が切れたりすることが多々あったから、同時接続時の回線が安定するとデバイスを使用するときの遅延ストレスが軽減される

コンマ1秒を争うゲームなどでは回線の安定性は必須と言ってもいい。

Wi-Fi6は「省エネ」

Wi-Fi6にはスマホやパソコン側のバッテリー消費と抑える「TWT(Target Wake Time)」という新しい技術が採用されているらしい。

ぶっちゃけよく分かっていないけど、何も設定しないでバッテリーの消費を抑えてくれる機能らしいから付いていて損はない。

よくわからないけど嬉しい。

WSR-1800AX4はWi-Fi6エントリーモデル

BUFFALOから販売されているWSR-1800AX4はWi-Fi6に対応したルーター。

WSR-1800AX4は、Wi-Fi6に対応している中でも価格がかなり安め

特にルーターのこだわりがないけど回線速度を早くしたいと思っている人には、Wi-Fi6のエントリーモデルとしてはオススメ

開封・外観

外箱

Wi-Fi本体

台座

ACアダプター

説明書

スペック

WSR-1800AX4のスペック

製品名 WSR-1800AX4
カラー ホワイト・ブラック
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 11.0W(最大)
外形寸法(幅×高さ×奥行) 36.5×160×160mm
重量 約373g

動作保証環境

結露なきこと

温度 0〜40℃

湿度 10〜85%

保証期間 1年間
VCCI適合 VCCI Class B
主な付属品 スタンド、ACアダプター、LANケーブル(0.5m)、取扱説明書

無線LAN規格

無線LANインターフェース
伝送方式 CCK、DSSS、OFDM、OFDMA、MIMO
周波数範囲(チャンネル) 2.4GHz / 5GHz:
W52 36/40/44/48ch (5180~5240MHz)
W53 52/56/60/64ch (5260~5320MHz)
W56 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch(5500~5720MHz)
W56(新電波法対応) 144ch
準拠規格(最大転送速度)

5GHz:
IEEE 802.11ax:1201Mbps (80MHz 2x2)
IEEE 802.11ac:866Mbps (80MHz 2x2)
IEEE 802.11n:300Mbps (40MHz 2x2)
IEEE 802.11a:54Mbps

2.4GHz:
IEEE 802.11ax:573Mbps (40MHz 2x2)
IEEE 802.11n:300Mbps (40MHz 2x2)
IEEE 802.11g:54Mbps
IEEE 802.11b:11Mbps

セキュリティー OPEN
WPA
WPA/WPA2-mixed
WPA2
WPA2/WPA3
WPA3
Any接続拒否
プライバシーセパレーター
MACアクセス制限(最大登録許可台数:64台)
アンテナ 内蔵アンテナ
5GHz:2本
2.4GHz:2本
アクセスモード インフラストラクチャーモード、中継機能

有線LAN規格

有線LANインターフェース
伝送速度 LANポート:最大1Gbps×4
INTERNETポート:最大1Gbps×1
端子形状 RJ-45型 8極
WAN側IP取得方法 手動 / DHCP / PPPoE / DHCPv6-PD / IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)
セキュリティー
ステートフルパケットインスペクション(SPI)、パケットフィルタリング、VPNマルチパススルー(PPTP)
その他の機能 回線自動判別切替機能

接続方法

BUFFALOのルーターの接続方法は簡単。

モデムとルーターをLANケーブルで接続するだけで完了。

あとは接続する端末側でWi-Fi接続用のパスワードを入力すればWi-Fi6を体感できる。

BUFFALO製品は、ユーザーに使いやすい設定方法で販売価格が安い。素晴らしい商品をいつもありがとう(媚)

迷ったらWi-Fi6にすれば正解

ルーターは下位互換機能を持っていて、Wi-Fi6に対応していれば以前のWi-Fi規格も対応して電波を発信する。

ルーターの購入に悩んだらWi-Fi6に対応したものを選べば間違いない。

Wi-Fi規格は常に最新のものにすることを意識しよう。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ガジェット

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5