ガジェット

【コンパクトなのにオシャレ】SLOWER:折りたたみ式メガネケース

2021年8月16日

このたび人生初のオシャレなメガネケースを購入した。

一泊二日の外出の際は、大きいメガネケースがカバンの中を圧迫していた。しかしSLOWERのメガネケースを使うことでカバンの中のスッキリさせることができる。

すずき
ゴリラなのにオシャレなメガネケースを持っていていいんですか!?

いいんです!(自問自答)

SLOWER折り畳めるメガネケース

メガネケースはカバンの中で邪魔になる、この価値観を根底から覆すメガネケースがSLOWERから販売されている。

人生初のオシャレメガネケースを購入してしまい、私の心は踊りまくっている。

このオシャレケースが約1,500円。なかなか価格もお手頃じゃない素敵。

シックなウッド調デザイン

私はウッド調のデザインの物を選んだ。

私が選んだもの以外にもホワイトウッド調コルク調のデザインが用意されている。

今まで眼鏡市場の付属メガネケースしか使ったことがなかったから、SLOWERのメガネケースはオシャレすぎて震えている。こんなんすでにアンティークやんけ。

表地の材質はPUで滑りにくい

SLOWERのメガネケースの表地はPU(ポリウレタン)。

衝撃や傷にも強い材質だから、多少雑に扱ってもたぶん大丈夫

見た目は木そのもの。しかし、実際にメガネケースに触れてみると、手触りはPU(ポリウレタン)そのものなので脳が混乱する。

手にとって直ぐは脳みそが「あれ?いま木を触ってるんじゃないの?」と訴えかけているのを感じた。

内部はベロア生地でメガネを保護

メガネケースの内部はベロア生地で覆われているので、衝撃からメガネを保護できるようになっている。

ベロア生地って触り心地いいよね。

メガネケースとしては重い

家に荷物が届いてメガネケースを持ち上げた瞬間から感じた

すずき
あれ?想像していたよりも重くね?

メガネケース単独で115g

購入する前は100gを切っていると思っていたので結構な驚きだった。

折りたたみで耐久性を高くするために板を暑くしているので、メガネケース全体の重量が上がってしまっている。重量と耐久力のトレードオフだと思うことで自己解決はした。

スマホと同じくらい薄い

SLOWERのメガネケースはかなり薄い。

スマホと同じくらい薄い

私が前に使っていたGalaxy S10と比較しても大差ないくらい薄い。

メガネ拭きを収納すると畳みづらい

この薄いメガネケースにメガネ拭きを収納すると、メガネケースが膨らんでしまい畳みづらくなってしまった。

メガネ拭きを入れると蓋が開く

蓋はマグネットで閉じるので、力技で蓋をすることもできる。

メガネ拭きは布だし潰れても大丈夫。デメリットになることはないと思う。

大きなメガネは収納できない

SLOWERのメガネケースの形状は三角形。

使用しているメガネの大きさや形状によってはケースに収納できないかもしれない。

後述するけどAmazonの『 Amazon Wardrobe(アマゾンワードローブ) 』を使用することで7日間の無料使用をすることができる

一度使ってみて、気に入れなければ返品すればOK。料金は一切発生しない。

眼鏡市場のメガネケースとの比較

ここからは私が今まで使用していた眼鏡市場のメガネケースと比較していく。

【右】眼鏡市場のメガネケース

メガネケースの幅

幅はSLOWERの方が小さい

メガネケースの高さ

メガネを入れるとSLOWERの方が高い

重さ

眼鏡市場

SLOWER

手に持った感じだとSLOWERの方が重いような気がするんだけど、実際の重量はSLOWERの方が軽い。不思議。

さようなら。眼鏡市場のメガネケース。

Amazonなら一週間試して返品可能

実際に手にとって見ないと分からない、そんな全人類に朗報だ。

Amazonプライム会員になると『Amazon Wardrobe(アマゾンワードローブ)』が無料で使用できる。

Amazon Wardrobeとは

ファッション・小物類を試着、テスト使用ができる。

必要なければ7日以内に返品すれば無料

試しに使ってみて、好みに合わなかったら返品すれば料金は発生しない

Amazon Wardrobeは、Amazonプライム会員だけのサービス。Amazonプライム会員のメリットを書いた記事は下記。

Amazonプライム会員の料金とサービスの詳細【コスパが良すぎて一年間継続していた】

Amazonプライム会員はサービスの量が多く、コスパは高い。 Amazonプライム会員になっている人はたくさんいるだろうけど、全てのサービスを使いこなしている人は少ないと思う。 今回はAmazonプラ ...

続きを見る

今ならAmazonプライム会員は30日間無料体験ができるのでオススメ。

Amazonの公式サイト

30日間無料体験の詳細

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ガジェット

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5