ガジェット

RAVPOWER『61W急速充電器 RP-PC112』を購入した感想【小さいサイズに秘めたるパワー】

2020年12月19日

小さなサイズなのに急速充電器って本当に早いの?

長らく私の中の疑問の一つだった急速充電器をついつい楽天市場でポチってしまった。

RAVPowerの小型急速充電器「RP-PC112」は、手のひらにスッポリ収まる小さいサイズなのに61Wの高出力で充電ができるヤツ。

ノートパソコンのAC充電器に比べると圧倒的に軽いから、もう私はACアダプタを持ち運ぶことは無くなった。

コンパクトなのにパワーが強いって…無敵やん!

今回はRAVPowerの小型急速充電器「RP-PC112」を買ってみた感想を記事にする。

スマホは生活の生命線

スマホは生活に欠かすことができない。

筆者もスマホは大好きで1日に何度も点けたり消したりを繰り返している。

これだけ多く使っているとバッテリーの減りも早くてこまめな充電が必要になってくる。

ある日朝起きるとスマホの充電を忘れていたんだ。不幸なことにモバイルバッテリーの充電残量も0。

仕事に行く前の30分だけ家でスマホを充電して出勤したんだけど、更に不幸なことにその日は外回りの日だった。

充電する時間は朝の30分だけだったからお昼には電池残量が0になり、午後はスマホを全く使えない状態で過ごすことになってしまった。

朝の30分でもっと充電できていればこんな事にはならなかった。いやそもそも充電を忘れなければ良かったんだけど、充電が終わる時間が早くなれば生活にゆとりができるのは間違いない。

RAVPower『61W急速充電器 RP-PC112』のスペック

製品名 窒化ガリウム(GaN)採用 USB Type-C 61W 急速充電器 RP-PC112
カラー ホワイト、ブラック
入力 AC 100V-240V 50/60Hz 1.5A
出力(最大) DC 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A, 20.3V/3A, 61W(最大)
出力ポート USB Type-C
急速充電規格 USB Power Delivery 3.0 (PD3.0) 対応
重量 105g±5g
サイズ 約 49 × 49 × 32 mm
製品保証 18ヶ月(メーカー公式HPにて製品登録後、延長保証12ヶ月追加)

 

対応デバイス

  • iPhone 12シリーズ / 11シリーズ /  Xシリーズ / 8シリーズ / 
  • Samsung Galaxy S9 / S9+ / S8 / S8+ / Note 8 / Note 7など
  • iPad
  • MacBook / DELL など
  • Nintendo Switch

これ以外のデバイスでもUSB-Cポートを搭載していればほぼ全てで充電が可能らしい。しゅごい。

開封・外観レビュー

外箱の時点で小さすぎィ。

中には本体と説明書が入っている。使用方法はコンセントに突っ込むだけだから説明書を見る機会は無い。

急速充電器RP-PC112の本体も当然のようにコンパクト

手のひらにスッポリと収まるコンパクトボディ。

プラグは折りたたみ式だからカバンはもちろん、ズボンのポケットにもスッポリ収まる。過去最高の小型USB充電器の名は伊達じゃない。

ボディはマットなブラック。触ると指紋がつくところが気になる。

マット加工は触りすぎるとテカテカするからあまり好きではない。白を購入すればよかったと後悔している。黒のマット加工は悪い文明。悲しみ。

RAVPOWERのロゴも主張し過ぎず、シンプルな製品を求める人にも納得のデザイン。

充電速度が爆速

急速充電器だから充電速度は当然のように爆速。

従来はシリコン材質で充電器が作られるらしいんだけど、RAVPowerの急速充電器はGaN(窒化ガリウム)という新素材を使用している。

GaN(窒化ガリウム)は、従来の素材に比べて電力損失が少ないからプラグから供給された電力をロスが少ない状態でデバイスに供給することができるんだ。

『RP-PC112』は最大61Wという高出力で充電できるアダプタで、一般的な充電器が10~15Wの充電ができることを考えるとおよそ4倍以上の給電能力を持っていることになる。

スマホ以外にもPCへの電力供給も可能になる出力だから汎用性も高めなスゴイやつだ。

外国でも使える幅広い電圧規格

日本で使えるデバイスでも電圧が合わなくて海外で使えない物は多いけど、『RP-PC112』は世界各国の幅広い電圧に対応しているからどこに行っても使用できる。

対応電圧は100V~240V。

日本の電圧がいくつかも私は知らないけど、海外の電圧でも使用できるっていうだけでなんとなく安心できる。海外に行ったことはないけど。

過充電を防ぐ保護機能

急速充電という言葉は聞こえはいいけど本当に大丈夫?そんな疑問は私も抱えていた。

デバイスに無理に大きな電力を供給し続けるとバッテリーの寿命を縮めてしまうんだけど、『RP-PC112』は心配無用らしい。

RP-PC112には、マルチ充電チップという保護機能が搭載されている。

このマルチ充電チップは接続したデバイスに適した出力で充電をしてくれる機能で過電圧、過電流、過熱が起こることを未然に防いでくれる。

手のひらサイズのコンパクトボディ

RP-PC112のサイズは想像以上に小さくて、家に届いたダンボールのサイズと梱包されている中身のギャップに驚いた。もう少し小さいダンボールに梱包すれば、価格がもっと安くなるんじゃないかと思っているのは私だけじゃないはず。なんとかしてよAmazon。

急速充電器は一般的な充電器よりも供給する電力が大きいから使用する部品が多くて本体サイズが大きくなりやすいらしいんだけど、RP-PC112の大きさは手のひらにスッポリと収まるコンパクトサイズ。

実際に重量を計ってみると107gしかなくて、コンビニで売っている肉まんと同じくらいの重さ。

超軽量過ぎて震える。

プラグを収納できる

かばんに入れて持ち運んだりする時に意外と気になる点が形状。

凹凸があると収納ポケットからはみ出したり、ふとした瞬間にバッグに入れている物同士が擦れて傷が付いてしまうかもしれない。

RP-PC112はコンセントに刺すためのプラグが収納可能だからほぼ真四角な形状のまま持ち運びができる。カバンの中に入れても凹凸がほとんどないから安心。

バッグのポケットやガジェットポーチの中にも収納させやすい形なのはきっとRAVPowerの商品デザイナーによるユーザー目線の利便性を追求した結果に違いない。

やっぱり製品のデザインはシンプルイズベスト。過ぎたるは及ばざるが如しと言うように、過度な装飾、無駄な装飾は必要ない。

本体が熱くならない

RP-PC112は最大61Wの高出力での充電が可能。

電気の出力が大きいんだから通電中の本体の温度が高くなることが心配だったんだけど、使ってみると本体が全然熱くならない。こんなに大きい電力を供給しているのに熱くならない理由はGaN(窒化ガリウム)という新素材が使っていることがポイントになっている。

GaN(窒化ガリウム)は前述したように電力損失が小さいこと以外にも、発熱量が少ないというメリットもあるらしい。

とはいうものの、一般的な充電器の倍以上の出力を持っているのにほとんど熱くならないのは不思議でしょうがない。たぶん上手いこと熱を発散する工夫がなされているんだと思う。

私が使用しているGalaxy S10でゲームアプリを稼働している時の方が手に熱量を感じる。RAVPowerの技術力は侮りがたし。

ノートパソコンの充電も可能

ノートパソコンの給電にはACアダプターが定番だけど、急速充電器RP-PC112があればACアダプターの代替が可能。

試しに私のDELLのノートパソコンで充電できるかを試してみたらバッチリ給電することができた。

ACアダプターは急速充電器RP-PC112の3倍以上の重量で、今までずっと外出時には持ち運んでいた。

ACアダプター

急速充電器RP-PC112


今までは純正のACアダプターを使わざるを得なくて外出のときは毎回持ち運んでいたけど、もうあんなに重い物を持っていかなくて住むと思うと不思議と表情がほころんでくる。

普段の荷物が洗練されていくのはちょっぴり嬉しみ。

Mac Bookの充電器としても使える

最大61Wの高出力なアダプタだからMacBookの充電器としても使用できる。私はMacBookを持っていないから関係ないけど。

MacBookの充電器に比べても小さくて軽量だから、まだMacBookに付属されていた充電器を使用している人は今すぐに捨ててRAVPowerの『RP-PC112』を購入しよう

きっと素晴らしい明日が待っているはずだ。私はMacBookを持っていないから関係ない。

こんなに便利なのに価格は4000円未満

急速充電器は便利だけど充電器を購入するのにそこまでお金はかけられないという人は多いだろう。私も充電器への出費は少ないほうがいいと思っている。

安心してください奥さん。RAVPower『RP-PC112』は4000円未満で購入することができるんです。

充電器としての価格は高めだけど、MacBookなどのノートパソコンの充電ができることを考えると決して高い値段ではない。

61W急速充電器『RP-PC112』のまとめ

61W急速充電器『RP-PC112』のまとめ

  • USB-C PD対応で最大61Wの急速充電ができる

  • コンパクトで持ち運びがしやすい

  • 60W対応のノートパソコンに充電が可能

  • 対応電圧の幅が広いから海外でも使用できる

  • 5000円未満という低価格で購入できる

RAVPowerの『RP-PC112』を購入したことで、スマホの充電が爆速で完了する環境を作ることができた。

嬉しい誤算でノートパソコンに給電をすることもできるようになったので、今まで持ち運んでいた純正ACアダプターを廃止してRAVPowerの『RP-PC112』を持ち運ぶことにする。

ACアダプターに比べたらRP-PC112は超軽量なのでバッグに入れても苦にならない。

コンパクトだから1台持っていれば生活の安心感が増す。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ガジェット

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5