ガジェット

G-STEELのベルトを軽量化する【人生初のベルト交換】

2020年10月11日

腕時計は毎日身につけるもの。

毎日身につけるからこそ、重いよりは軽いほうが良いに決まっている。

前々から腕時計のベルトを金属のメタルバンドから軽量なウレタンバンドに変えようと思っていたところ、タイミングよくAmazonのセール商品で交換用のベルトが販売していたので購入を決意し、人生初の腕時計のベルト交換を決行した。

G-STEELのベルトをメタルバンドからウレタンバンドに交換したことを記事にする。

軽くなるとストレスが減る

腕時計のベルトを金属からウレタンに交換してから普段の生活でとにかく思ったことはストレスが減るってことなんだ。

金属であるメタルバンドを身に着けていた時は「こんなもんでしょ」くらいにしか考えていなくて惰性で生活をしていた。

だけど軽量なウレタンバンドに変更してから腕時計全体の重量が軽くなったので、手首への負担や肘や肩などの左腕全体の負担が激減した

仕事が終わって腕時計を外した時の、左腕全体の疲れは全く無くなったんだ。

身に着ける物の重さが数十グラム軽くなるだけで、こんなにも毎日の生活が楽になるんだったらもっと早く腕時計のベルトを交換しておけばよかった

G-STEELはコスパ最高の腕時計

G-STEEL」はCASIOが発売しているタフネス腕時計G-SHOCKのシリーズの一つ。

G-SHOCKといえばカジュアルでスポーティなデサインが多いけれど、G-STEELシリーズはどちらかというとビジネスよりのデザイン。

G-STEELのデザインは、高級腕時計の「HUBLOT(ウブロ)」をパクr…オマージュしているから抜群にカッコいい。

すでにブログ記事にしているのでコチラを見て頂ければ幸い。

【G-SHOCK】高級ブランド「ウブロ」に激似のタフネス腕時計【逆輸入モデルは電波機能が無くて悲しい】

4年前に営業職に転職した私は、仕事中に身につける腕時計を探していた。 ある時にG-SHOCKシリーズの『G-STEEL』と出会い一目惚れをして、気づいたら通販サイトで注文。 1週間後には腕に付けていた ...

続きを見る

誰でも簡単に交換できる

人生初の腕時計のベルト交換。

腕時計のベルトの交換なんて時計専門店でやってもらうくらいしか思いつかなかったんだけど、

すずき
愛着がある時計だしいっそのこと自分でベルト交換をしてみよう

と思い立ったのはひぐらしがなくある夏の日のこと。

やる前までは特殊な工具が必要なんじゃないか、と思っていたけどそんな事は全く無かった。

ベルトの交換は、六角レンチがあれば誰でもできる簡単な作業なんだ。

いざ取り組む直前までは腕時計のベルト交換は専用の工具が必要だと思っていたから、拍子抜けと安堵が押し寄せてきて感情の起伏のハッピーセット状態。

交換作業の手順

交換作業は予想以上に簡単だった。しかもご丁寧なことに交換用に購入したベルトと一緒に「六角レンチ」が同封されていたんだ。

六角レンチを持っていない人でも、新しく工具を買う必要がない親切設計なのは実にありがたい。痒いところに手が届く流石は日本が誇る巨大企業のCASIOだ。開発者を褒めてあげたい(何様)。

今回は使用しなかったけど、一緒にドライバーも付いていた。G-STEELのベゼルの交換するのに使うのかもしれないけど現段階では取替を考えていないので工具箱に大切に保管することにする。

メタルバンドを外す

すべての元凶であるメタルバンド君には早々に退席を願うとしよう。

付属の六角レンチでネジを外す。

ネジは4箇所に付いているので、すべてのネジを外すとベルトが外れる。

ウレタンバンドに付け替える

今まで恋に焦がれた軽量なウレタンバンドに早速と交換する。

外した手順の逆をするだけなので、六角レンチでネジを締めるだけで交換は完了。

ベルトの両側をネジで締めれば交換完了。もう片方も同じ要領でベルトを固定する。

交換完了

完成!所要時間はたったの10分程度。

すずき
実際に交換してみるとウレタンバンドもカッコいいじゃないか!

メタルバンドに比べてカジュアル感が増したし、接触する皮膚にも優しいウレタン素材なのでお肌が弱い人も安心して使用ができる。

メタルバンドは重い

今更何を当たり前のことを言っているんだ!と言われてしまうのはわかるんだけど、メタルバンドは金属だから当然のごとく重い。

実際にメタルバンドを使用していた時は肩こりに悩まされていたんだけど、軽量なウレタンバンドに交換したら肩こりが殆どなくなったんだ。うれしみ。

メタルバンドの重さを例えると、腕時計を着けている左腕は罪人が足につける鉄球のようで、悪いことをしていないのに罪の意識を植え付けられてしまいそう。

巷では真面目が服を着て歩いていると噂の私からすれば実に不名誉なことなので、ウレタンバンドに交換することで罪の意識の呪縛から解き放たれた。嘘だけど。

ウレタンバンドは70g以上も軽い

改めて交換前と交換後の重さを比較した写真が下記。

メタルバンドは全体重量167g
ウレタンバンドは全体重量94g

なんとその差は73g!

金属製のメタルバンドを着けていた時から比べると、ウレタンバンドは圧倒的に軽くて驚く

あまりにも軽すぎて左腕がどこかに飛んでいってしまいそうなまである。

この感覚は、朝起きて「今なら野球で150km/hの球を投げられる気がする!」と錯覚する感覚に近い。

腕時計も軽量化に成功し、半年で20kg以上の減量にも成功した私は軽量化のプロと言っても差し支えないのではないだろうか?

シーンによって使い分けが可能だけど、多分二度と交換しない

「今日はウレタンバンドの気分!」

「仕事だからメタルバンドに交換しておこう」

気軽に簡単に交換できるからシーンに分けての使い分けることが可能だけど、軽くて手首に負担がかからずに金属よりも皮膚へのダメージが少ないウレタンバンドが最強。

たぶんメタルバンドに交換することは無いと思う。

次に交換するとすればメルカリに売却するときだろうね。

軽量化は正義

いつも身につけるものだから軽量化することで、腕時計を常時着けている左腕、主に手首への負担が減る

メタルバンドだとノートパソコンを操作する時に金属部分がキーボードに当たって傷ついていくんだけど、ウレタンバンドならそんな事を気にする必要はない。

手首への負担を少なくすることで日々の生活のレベルが上がって豊かな生活を送れる、という強引な締めでこの記事を締めくくりたいと思う。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ガジェット

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5