オーディオ

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

2021年10月13日

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。

完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。

今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。

5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン

SOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)のコスパは爆発している。

特徴

  • 5,000円以下で購入できる
  • 驚異の35時間の長時間バッテリー
  • 高音域に強く、Jポップなどを聞くと気持ちがいい
  • ハンズフリーで通話ができる
  • デザインが格好良い

本当にこれが5,000円以下でいいんですか!?って思ってしまうほど、SOUNDPEATS SONICは完全ワイヤレスイヤホンとしての完成度が高い。

SOUNDPEATS SONICのスペック

公式サイトより引用

イヤホン本体寸法 20.5mm × 18.3mm × 27.2mm
充電ケース寸法 61mm × 38.9mm × 34.7mm
イヤホン重量 6g(片耳)
充電ケース重量 47g
ドライバー 6mmダイナミックドライバー
再生時間 約15時間(イヤホン単独時)
約35時間(ケース併用時)
充電ポート USB Type-C
対応コーデック SBC、AAC、AptX Adaptive
防水規格 IPX5
ノイズキャンセリング機能
ワイヤレス充電機能

イヤホンの操作ボタンには物理ボタンが採用されている。

全体がメタリックで格好良い。しかも指紋も目立たない。素敵!

耳の穴にフィットするカナル型。

「L」「R」が書いてあるのでひと目で判断できる。

SOUNDPEATS SONICのケースの外観はメタリック。

ケースの中はプラスチック感が強くなる。外観をよく見せて、内装でコストカットをする企業努力が伺える。

充電ポートはUSB Type-Cが採用されている。

汎用性の高いType-Cなのは嬉しい。

質は高音の表現強めで、中低音は普通

SOUNDPEATS SONICの音質は高音域が強めで、中音域・低音域はフラットな仕上がり。

高音域が強いからといって、中低音域が弱いわけではないので、音楽の全般を楽しむことができる。

特にJポップやEDMみたいな高音を楽しむ曲を聴くなら、SOUNDPEATS SONICは最高の選択肢になるだろう。

私はSOUNDPEATS SONICのせいでNightcoreにハマった。しばらくはヘビーローテションになりそう。

遅延の少ないゲームモード

ゲームモードは映像と音声の遅延を限りなく少なくする事ができる機能。

ゲームモードの切り替え

左ボタンを3回押す

アプリゲームをしている人にとって音の遅延は死活問題なので、特にゲーマーにとってはありがたい機能だと思う。

試しにアイドルマスターをプレイしてみたけど、遅延は感じられなかった。SOUNDPEATS SONICは音ゲーでも十分活躍できそう。

物理ボタンの操作パターンが多い

最近の完全ワイヤレスイヤホンはタッチセンサーを搭載するモデルが増えたけど、SOUNDPEATS SONICには物理ボタンが搭載されている。

物理ボタン式のSOUNDPEATS SONICの操作は、音量操作や曲送り、着信応答・終了など考えうるほぼすべての操作が可能なんだ。

ポイント

  • 1回押す(左/右): 再生/一時停止/着信応答/通話終了
  • 右2回押す:音量を上げる
  • 左2回押す:音量を下げる
  • 右1.5秒長押し:次の曲/着信拒否
  • 左1.5秒長押し:前の曲/着信拒否
  • 右3回押す:音声アシスタントの起動
  • 左3回押す:ゲームモードON/OFF
  • 5秒押す(左/右):ペアリング

ボタン式のおかげで誤操作も少ない。

個人的には2回押しでボリュームが調整できるのがありがたい。

通話用ノイズキャンセリング機能を搭載

SOUNDPEATS SONICには通話用のノイズキャンセリング機能が搭載されている。

周囲の雑音を自動抑制して、テレワークや雑踏の中でもクリアな通話ができる。

実際に通話をしていると途切れることなく通話をできたが、人通りの多い駅内での電話では相手の声が所々聞き取りづらくなった時があった。

とはいうものの、通話に問題がないレベルで、こちらの声は通話相手にはっきり聞こえているようだった。

あくまでも通話用のノイズキャンセリング機能。騒音を打ち消してくれるのは相手に伝える自分の声だけなので、アクティブノイズキャンセリングではないことだけは注意して欲しい。

驚異の35時間のバッテリー持ち

SOUNDPEATS SONICのバッテリー持ちは驚異的で、充電ケース込みで35時間の長時間使用が可能。

充電中はロゴマークが光る

イヤホン単独でも15時間の連続再生ができるので、フル充電であれば丸1日の連続使用もできる。この小さなボディのどこにこんなスタミナが詰まっているのか…。技術の進歩はしゅごい。

フル充電までの充電時間も2時間しかかからない。短い充電で長時間の使用が可能なウィダーインゼリーみたいなイヤホン。それがSOUNDPEATS SONIC。

防水機構でスポーツ用途でも使用可能

SOUNDPEATS SONICはIPX5の防水規格に対応している。

IPX5であれば運動中の汗は全く問題にならず、突然の雨でイヤホンが壊れることもまず無い。

ただし、防水規格に適合しているのはイヤホン本体だけ。

充電ケースは防水に非対応なので、持ち出す際には要注意だ。

もちろん片耳の使用も可能

SOUNDPEATS SONICは当たり前に片耳での使用も可能。

事前にデバイスとペアリングしていれば、ケースから取り出すだけで自動で接続をしてくれる。

片耳での音楽視聴もできるし、片耳での通話も可能。

Bluetooth5.2対応と、さらに最新のaptX Adaptiveコーデック対応なので接続が切れることも遅延することもほぼ無い。通信電波が横行している秋葉原に行っても接続が途切れることもなかったのでSOUNDPEATS SONICの接続安定性は十分に信用ができる。

5,000円以下で購入できるコスパ爆発のイヤホン

ここまででSOUNDPEATS SONICの使用感を紹介したけど、これだけスペックが高い完全ワイヤレスイヤホンが5,000円以下で購入できるのはどう考えても頭がおかしい。

2年前までは5,000円のワイヤレスイヤホンは、音質ゴミ、接続安定性ゴミ、バッテリー持ちゴミの三拍子が揃っていたくらいだったのに、技術の進歩は凄まじい。

完全ワイヤレスイヤホンの購入に迷ったら、SOUNDPEATS SONICを選んでおけば失敗はしない。そう言えるほどSOUNDPEATS SONICの完成度は高かった。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-オーディオ