オーディオ

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

2021年10月13日

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。

完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。

今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。

5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン

SOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)のコスパは爆発している。

特徴

  • 5,000円以下で購入できる
  • 驚異の35時間の長時間バッテリー
  • 高音域に強く、Jポップなどを聞くと気持ちがいい
  • ハンズフリーで通話ができる
  • デザインが格好良い

本当にこれが5,000円以下でいいんですか!?って思ってしまうほど、SOUNDPEATS SONICは完全ワイヤレスイヤホンとしての完成度が高い。

SOUNDPEATS SONICのスペック

公式サイトより引用

イヤホン本体寸法 20.5mm × 18.3mm × 27.2mm
充電ケース寸法 61mm × 38.9mm × 34.7mm
イヤホン重量 6g(片耳)
充電ケース重量 47g
ドライバー 6mmダイナミックドライバー
再生時間 約15時間(イヤホン単独時)
約35時間(ケース併用時)
充電ポート USB Type-C
対応コーデック SBC、AAC、AptX Adaptive
防水規格 IPX5
ノイズキャンセリング機能
ワイヤレス充電機能

イヤホンの操作ボタンには物理ボタンが採用されている。

全体がメタリックで格好良い。しかも指紋も目立たない。素敵!

耳の穴にフィットするカナル型。

「L」「R」が書いてあるのでひと目で判断できる。

SOUNDPEATS SONICのケースの外観はメタリック。

ケースの中はプラスチック感が強くなる。外観をよく見せて、内装でコストカットをする企業努力が伺える。

充電ポートはUSB Type-Cが採用されている。

汎用性の高いType-Cなのは嬉しい。

質は高音の表現強めで、中低音は普通

SOUNDPEATS SONICの音質は高音域が強めで、中音域・低音域はフラットな仕上がり。

高音域が強いからといって、中低音域が弱いわけではないので、音楽の全般を楽しむことができる。

特にJポップやEDMみたいな高音を楽しむ曲を聴くなら、SOUNDPEATS SONICは最高の選択肢になるだろう。

私はSOUNDPEATS SONICのせいでNightcoreにハマった。しばらくはヘビーローテションになりそう。

遅延の少ないゲームモード

ゲームモードは映像と音声の遅延を限りなく少なくする事ができる機能。

ゲームモードの切り替え

左ボタンを3回押す

アプリゲームをしている人にとって音の遅延は死活問題なので、特にゲーマーにとってはありがたい機能だと思う。

試しにアイドルマスターをプレイしてみたけど、遅延は感じられなかった。SOUNDPEATS SONICは音ゲーでも十分活躍できそう。

物理ボタンの操作パターンが多い

最近の完全ワイヤレスイヤホンはタッチセンサーを搭載するモデルが増えたけど、SOUNDPEATS SONICには物理ボタンが搭載されている。

物理ボタン式のSOUNDPEATS SONICの操作は、音量操作や曲送り、着信応答・終了など考えうるほぼすべての操作が可能なんだ。

ポイント

  • 1回押す(左/右): 再生/一時停止/着信応答/通話終了
  • 右2回押す:音量を上げる
  • 左2回押す:音量を下げる
  • 右1.5秒長押し:次の曲/着信拒否
  • 左1.5秒長押し:前の曲/着信拒否
  • 右3回押す:音声アシスタントの起動
  • 左3回押す:ゲームモードON/OFF
  • 5秒押す(左/右):ペアリング

ボタン式のおかげで誤操作も少ない。

個人的には2回押しでボリュームが調整できるのがありがたい。

通話用ノイズキャンセリング機能を搭載

SOUNDPEATS SONICには通話用のノイズキャンセリング機能が搭載されている。

周囲の雑音を自動抑制して、テレワークや雑踏の中でもクリアな通話ができる。

実際に通話をしていると途切れることなく通話をできたが、人通りの多い駅内での電話では相手の声が所々聞き取りづらくなった時があった。

とはいうものの、通話に問題がないレベルで、こちらの声は通話相手にはっきり聞こえているようだった。

あくまでも通話用のノイズキャンセリング機能。騒音を打ち消してくれるのは相手に伝える自分の声だけなので、アクティブノイズキャンセリングではないことだけは注意して欲しい。

驚異の35時間のバッテリー持ち

SOUNDPEATS SONICのバッテリー持ちは驚異的で、充電ケース込みで35時間の長時間使用が可能。

充電中はロゴマークが光る

イヤホン単独でも15時間の連続再生ができるので、フル充電であれば丸1日の連続使用もできる。この小さなボディのどこにこんなスタミナが詰まっているのか…。技術の進歩はしゅごい。

フル充電までの充電時間も2時間しかかからない。短い充電で長時間の使用が可能なウィダーインゼリーみたいなイヤホン。それがSOUNDPEATS SONIC。

防水機構でスポーツ用途でも使用可能

SOUNDPEATS SONICはIPX5の防水規格に対応している。

IPX5であれば運動中の汗は全く問題にならず、突然の雨でイヤホンが壊れることもまず無い。

ただし、防水規格に適合しているのはイヤホン本体だけ。

充電ケースは防水に非対応なので、持ち出す際には要注意だ。

もちろん片耳の使用も可能

SOUNDPEATS SONICは当たり前に片耳での使用も可能。

事前にデバイスとペアリングしていれば、ケースから取り出すだけで自動で接続をしてくれる。

片耳での音楽視聴もできるし、片耳での通話も可能。

Bluetooth5.2対応と、さらに最新のaptX Adaptiveコーデック対応なので接続が切れることも遅延することもほぼ無い。通信電波が横行している秋葉原に行っても接続が途切れることもなかったのでSOUNDPEATS SONICの接続安定性は十分に信用ができる。

5,000円以下で購入できるコスパ爆発のイヤホン

ここまででSOUNDPEATS SONICの使用感を紹介したけど、これだけスペックが高い完全ワイヤレスイヤホンが5,000円以下で購入できるのはどう考えても頭がおかしい。

2年前までは5,000円のワイヤレスイヤホンは、音質ゴミ、接続安定性ゴミ、バッテリー持ちゴミの三拍子が揃っていたくらいだったのに、技術の進歩は凄まじい。

完全ワイヤレスイヤホンの購入に迷ったら、SOUNDPEATS SONICを選んでおけば失敗はしない。そう言えるほどSOUNDPEATS SONICの完成度は高かった。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-オーディオ

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5