スマートホーム

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。

私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。

今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。

カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい

SwitchBotカーテンは、スマート家電の一つ。

スマホと連携することで、自動でカーテンを開閉することができるようになる。

スマホで管理できるので、設定したスケジュールで運転が可能。

SwitchBotカーテンをしようすることで、朝は太陽の日差しで起きることができる。…と思って購入したけど、開閉時のモーター音がうるさい。

朝日で目覚めるはずが、モーター音で起きる日々が始まってしまった。どうしてこうなったんだ。

Switchbotカーテンのスペック

サイズ 6.5 x 5.1 x 11.6 cm
重量 196g
対応カーテンレール ・ポール型レール
・角型レール
・U型レール
・I型レール
付属品 クリップx1個
TypeCケーブルx1本
取扱説明書x1冊
フック(U型)x1セット
バッテリー リチウムイオン電池
充電時間 約2時間
連続使用可能時間 約8ヶ月(フル充電時)

取り付け・セットアップ

Switchbotカーテンの取り付けは直感で簡単に完了する。

そもそも最近の家電製品は、直感で扱える物が多いような気がする。たぶん家電の進化が頭打ちをしているから、真新しい機能が無くなってきているんだろう。Switchbotカーテンを取り付けながら私はそんな事を思ったのであーる。

カーテンレールに合わせてSwitchbotカーテンを購入する

まずは部屋のカーテンレールの形状を確認する。

カーテンレールの形状に合わせてSwitchbotカーテンを購入する。

ポールタイプ

U型カーテンレール

I型カーテンレール

アプリと同期させる

まずはスマホにアプリをダウンロードする。

SwitchBot

SwitchBot

無料posted withアプリーチ

アプリのダウンロードが完了したら、Switchbotカーテンをスタンバイ状態にする。

Switchbotカーテンのボタンを3秒長押しすることでスタンバイ状態が開始。スタンバイ状態になるとランプが点滅する。

スタンバイ状態になるとアプリに検出される。

成功と表示されてば同期完了。

カーテンレールに取り付ける

Switchbotカーテンは3つのパーツに分かれている。

ローラーを片方つけた状態でカーテンレールに取り付ける

横向きにカーテンレールに挿入して、

半回転させる。

もう片方のローラーも同様に設置する。

あとは合体させれば設置終了。

設置してみるとかなり大きく見える。

カーテン開閉距離の調整

設置が完了したら、カーテンを開閉させる距離を設定する。開閉距離の設定・変更は全てアプリ操作で決定する。

これでSwitchbotの設定は終了。所要時間は10分程度だった。

セットアップ完了

加速度センサーで半自動開閉もできる

カーテンを手動で開けると加速度センサーが感知して、自動でアプリに設定した距離までカーテンが開く。

もちろん閉めるときも同じ。加速度センサーを感知させれば、Switchbotカーテンが自動でカーテンを締めてくれる。

タイムスケジュール機能で清々しい目覚め

アプリで設定することでカーテンの開閉をスケジュール化が可能。

朝の目覚める直前にカーテンが開くことで、太陽の日差しを身体に浴びることができる。清々しい朝を迎えることができる。

そして日没の時間に合わせてカーテンを閉じることで、静かな夜を過ごすことができる。

【デメリット】モーター音がうるさい

すずき
起きる前にカーテンが開いて、朝日で目覚める日が続くんだろうなぁ(儚い夢)

Switchbotカーテンを購入する前まではこんな事を思っていたんだけど、実際に使ってみるとモーター音がうるさい。

気持ちよく寝ていたらウィィィィィンを言うモーター音が鳴り出して、朝日を感じる前にモーター音で目が覚める日が続いている。

Switchbotカーテンには静音モードがあるんだけど、モーター音はそこそこうるさい。

【デメリット】静音モードもそこそこうるさい

モーター音を比べて聞いてみてもあまり静かになって感じはしない。

静音モードにしたことろでモーター音に叩き起こされる日々が変わることはなかった。

静音モードの切り替えはアプリで設定できる。

モーションモードの項目をタップすることで、高性能モード⇔静音モードを切り替えられる。全然変化を感じることができないが。

【デメリット】Switchbotカーテンは充電式

SwitchbotカーテンはUSB Type-Cから充電して使用をする。

満充電で8ヶ月動くので、バッテリー持ちはかなり良い部類だろう。ただ充電が切れたら、カーテンレールから外して再充電が必要なのでそれはそれで面倒くさい。

そんな面倒くさがりの人は別途オプションでソーラーパネルを購入すれば、Switchbotカーテンがバッテリー切れを起こすことが無くなる。

でもソーラーパネルは別売りで2,500円。オプションにしては高すぎ。

【デメリット】声で操作するには別途オプションが必要

すずき
OK、Google。カーテン開けて

Switchbotカーテンを購入することで声で操作ができると思っていたんだけど、Switchbotカーテン単独では音声操作ができない。

音声操作をするためには別途でSwitchbotリモコンハブを購入する必要がある。

Switchbotリモコンハブの価格は3,500円。Switchbotカーテンは8,000円なので、カーテンを声で操作できるようにするためには約12,000円が必要になる。高すぎ。

一人暮らしには過ぎたる家電

Switchbotカーテンは8,000円と高いスマート家電なのに、カーテンを開けることしかできない。

しかも声で操作するためには+3,500円が必要になるので、実質12,000円は使わないとカーテンを音声操作することができないということだ。

12,000円払ってカーテンを開け閉めするだけってコスパ悪すぎ。

一軒家を持っている前提で、カーテンの締め忘れや日中に日光を取り込みたいというならSwitchbotカーテンは素晴らしいスマート家電だとは思うけど、一人暮らしには無用の長物。

豚に真珠。馬の耳に念仏。一人暮らしの部屋の窓は多くて2つなので、2つのカーテンくらいは自分の手で開けたほうがマシ。

少なくとも一人暮らしにはSwitchbotカーテンは不要。たぶんメルカリで売る。

新着記事

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/12

【体験談】親知らずを抜歯して死にかけた話【痛みが来たのは4日後】

33歳にして俺はついに親知らずを抜いてきた。 術後は全く痛くなくて「あれ?これ余裕じゃね?」とか思っていたんだけど、まさかの親知らずを抜いて4日後に痛みがきて死にかけたんだ。というか今まさに俺は死にかけている。 この耐えがたい痛みをこの記事を見てくれる人と共有するために、今回は親知らずを抜いた体験談を書き殴っていく。 親知らずを抜くメリット・デメリット 「親知らずは抜いたほうがいいよ」と言ってくる人は腐るほどいたけど、明確にメリットとデメリットを提示してくれた人は今までいなかった。 どうせ金をかけるんだか ...

続きを見る

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/4

【体験談】ヒゲ脱毛は湘南美容クリニックの一択だった【大手・最安・単発OK】

数社のヒゲ脱毛カウンセリングを受けた結果、湘南美容クリニックで施術を受けることに決めた。 今回は数ある脱毛サロンのなかで俺が湘南美容クリニックを選んだ理由と実際の体験談を紹介するので参考にしてほしい。 ヒゲ脱毛をするメリット ヒゲ脱毛をして得られるメリットは下記。 ヒゲを剃る時間が無くなる。 清潔感がアップする カミソリなどの出費が無くなる ヒゲ剃りで失う時間は1日10分と言われている。 年間にすると3,650分、つまり約60時間も無駄にしているという計算になる。20歳から33歳までヒゲを剃り続けている俺 ...

続きを見る

DIY ガジェット ライフハック

2024/1/28

【壁美人】賃貸ワンルームでも簡単に壁掛けテレビが実現する【壁を傷つけない】

壁掛けテレビの取り付けといえば「壁に穴をあける」「ねじを壁に打つ」「DIYで突っ張り柱に取り付ける」などをイメージする人が多いだろう。しかし、賃貸アパートで壁に穴をあけると退去時に原状回復の費用負担になるし、DIYで突っ張り柱を作るとなると利便性よりも面倒臭さが勝つ。 それに引き換え「壁美人」はホチキスの針で取り付けるから壁へのダメージを最小限に抑えることができる。 今回は壁美人を使って賃貸ワンルームに壁掛けテレビを導入したので紹介する。俺と同じく賃貸で壁掛けテレビを検討している人の参考になれば幸い。 部 ...

続きを見る

体験談

2024/1/19

【目標】2024年は記憶に残る年にしなければならない【東京都在住33歳独身男性】

いつのまにか2023年が終わっていた。振り返っても大した記憶がない。 今年で34歳になるのに記憶にも記録にも残らない1年を送っていた、という絶望が俺の心を駆け巡る。 このままだといつの間にか老衰で死ぬ。それは避けなければいけない。 というわけで2024年の目標を書き殴っていく。 2023年の記憶はない Q.1年間の思い出は何ですか? A .無いんだな。これが。 2023年を振り返り思い出すことは仕事のことばかり。 残業時間は100~200時間/月を維持し続けた結果、会社のあらゆる人間に”すずきは仕事好き” ...

続きを見る

お得情報 節約

2024/1/19

キャッシュレス支払いをするべき理由【節約の第一歩】

Suicaから始まり、PayPayや楽天Payなどが普及することでキャッシュレス支払いが当たり前になってきた。 かくいう私は一人暮らしを始めて5年目時点でクレジットカードの作り、8年目で電子マネーを使い始めて、今となってはほぼキャッシュレス生活に完全移行することができた。 実際にキャッシュレス生活に慣れると、家計簿管理が楽ちんで節約にもなって、キャッシュレス支払いで獲得した通算ポイントは100万ポイントを超えている。 今回は、キャッシュレス支払いのメリットと移行方法を紹介する。 キャッシュレスのメリット ...

続きを見る

節約 美容・健康

2023/10/10

フィットネスジムで毎日シャワーを浴びて光熱費を削減した【毎月3,000円の節約】

世はフィットネス全盛期。 今や町の至る所でフィットネスジムを見かけるようになった。 運動をして痩せたり、筋トレをしてボディメイクをしたりと、利用している人によってフィットネスジムに行く目的は様々だ。 フィットネスジムは、運動して書いた汗を流すためにほぼ100%でシャワールームが完備されている。 今回はフィットネスジムで毎日シャワーを浴びて、私がどれだけ光熱費を削減できたのかを紹介する。 自宅で浴びる10分間のシャワーの光熱費は1回100円 自宅でシャワーを浴びた場合、ガス代・水道代を合わせた光熱費は約10 ...

続きを見る

-スマートホーム