スマートホーム

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

2021年10月10日

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。

私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。

今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。

カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい

SwitchBotカーテンは、スマート家電の一つ。

スマホと連携することで、自動でカーテンを開閉することができるようになる。

スマホで管理できるので、設定したスケジュールで運転が可能。

SwitchBotカーテンをしようすることで、朝は太陽の日差しで起きることができる。…と思って購入したけど、開閉時のモーター音がうるさい。

朝日で目覚めるはずが、モーター音で起きる日々が始まってしまった。どうしてこうなったんだ。

Switchbotカーテンのスペック

サイズ 6.5 x 5.1 x 11.6 cm
重量 196g
対応カーテンレール ・ポール型レール
・角型レール
・U型レール
・I型レール
付属品 クリップx1個
TypeCケーブルx1本
取扱説明書x1冊
フック(U型)x1セット
バッテリー リチウムイオン電池
充電時間 約2時間
連続使用可能時間 約8ヶ月(フル充電時)

取り付け・セットアップ

Switchbotカーテンの取り付けは直感で簡単に完了する。

そもそも最近の家電製品は、直感で扱える物が多いような気がする。たぶん家電の進化が頭打ちをしているから、真新しい機能が無くなってきているんだろう。Switchbotカーテンを取り付けながら私はそんな事を思ったのであーる。

カーテンレールに合わせてSwitchbotカーテンを購入する

まずは部屋のカーテンレールの形状を確認する。

カーテンレールの形状に合わせてSwitchbotカーテンを購入する。

ポールタイプ

U型カーテンレール

I型カーテンレール

アプリと同期させる

まずはスマホにアプリをダウンロードする。

SwitchBot

SwitchBot

無料posted withアプリーチ

アプリのダウンロードが完了したら、Switchbotカーテンをスタンバイ状態にする。

Switchbotカーテンのボタンを3秒長押しすることでスタンバイ状態が開始。スタンバイ状態になるとランプが点滅する。

スタンバイ状態になるとアプリに検出される。

成功と表示されてば同期完了。

カーテンレールに取り付ける

Switchbotカーテンは3つのパーツに分かれている。

ローラーを片方つけた状態でカーテンレールに取り付ける

横向きにカーテンレールに挿入して、

半回転させる。

もう片方のローラーも同様に設置する。

あとは合体させれば設置終了。

設置してみるとかなり大きく見える。

カーテン開閉距離の調整

設置が完了したら、カーテンを開閉させる距離を設定する。開閉距離の設定・変更は全てアプリ操作で決定する。

これでSwitchbotの設定は終了。所要時間は10分程度だった。

セットアップ完了

加速度センサーで半自動開閉もできる

カーテンを手動で開けると加速度センサーが感知して、自動でアプリに設定した距離までカーテンが開く。

もちろん閉めるときも同じ。加速度センサーを感知させれば、Switchbotカーテンが自動でカーテンを締めてくれる。

タイムスケジュール機能で清々しい目覚め

アプリで設定することでカーテンの開閉をスケジュール化が可能。

朝の目覚める直前にカーテンが開くことで、太陽の日差しを身体に浴びることができる。清々しい朝を迎えることができる。

そして日没の時間に合わせてカーテンを閉じることで、静かな夜を過ごすことができる。

【デメリット】モーター音がうるさい

すずき
起きる前にカーテンが開いて、朝日で目覚める日が続くんだろうなぁ(儚い夢)

Switchbotカーテンを購入する前まではこんな事を思っていたんだけど、実際に使ってみるとモーター音がうるさい。

気持ちよく寝ていたらウィィィィィンを言うモーター音が鳴り出して、朝日を感じる前にモーター音で目が覚める日が続いている。

Switchbotカーテンには静音モードがあるんだけど、モーター音はそこそこうるさい。

【デメリット】静音モードもそこそこうるさい

モーター音を比べて聞いてみてもあまり静かになって感じはしない。

静音モードにしたことろでモーター音に叩き起こされる日々が変わることはなかった。

静音モードの切り替えはアプリで設定できる。

モーションモードの項目をタップすることで、高性能モード⇔静音モードを切り替えられる。全然変化を感じることができないが。

【デメリット】Switchbotカーテンは充電式

SwitchbotカーテンはUSB Type-Cから充電して使用をする。

満充電で8ヶ月動くので、バッテリー持ちはかなり良い部類だろう。ただ充電が切れたら、カーテンレールから外して再充電が必要なのでそれはそれで面倒くさい。

そんな面倒くさがりの人は別途オプションでソーラーパネルを購入すれば、Switchbotカーテンがバッテリー切れを起こすことが無くなる。

でもソーラーパネルは別売りで2,500円。オプションにしては高すぎ。

【デメリット】声で操作するには別途オプションが必要

すずき
OK、Google。カーテン開けて

Switchbotカーテンを購入することで声で操作ができると思っていたんだけど、Switchbotカーテン単独では音声操作ができない。

音声操作をするためには別途でSwitchbotリモコンハブを購入する必要がある。

Switchbotリモコンハブの価格は3,500円。Switchbotカーテンは8,000円なので、カーテンを声で操作できるようにするためには約12,000円が必要になる。高すぎ。

一人暮らしには過ぎたる家電

Switchbotカーテンは8,000円と高いスマート家電なのに、カーテンを開けることしかできない。

しかも声で操作するためには+3,500円が必要になるので、実質12,000円は使わないとカーテンを音声操作することができないということだ。

12,000円払ってカーテンを開け閉めするだけってコスパ悪すぎ。

一軒家を持っている前提で、カーテンの締め忘れや日中に日光を取り込みたいというならSwitchbotカーテンは素晴らしいスマート家電だとは思うけど、一人暮らしには無用の長物。

豚に真珠。馬の耳に念仏。一人暮らしの部屋の窓は多くて2つなので、2つのカーテンくらいは自分の手で開けたほうがマシ。

少なくとも一人暮らしにはSwitchbotカーテンは不要。たぶんメルカリで売る。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-スマートホーム