スマートホーム

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。

私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。

今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。

カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい

SwitchBotカーテンは、スマート家電の一つ。

スマホと連携することで、自動でカーテンを開閉することができるようになる。

スマホで管理できるので、設定したスケジュールで運転が可能。

SwitchBotカーテンをしようすることで、朝は太陽の日差しで起きることができる。…と思って購入したけど、開閉時のモーター音がうるさい。

朝日で目覚めるはずが、モーター音で起きる日々が始まってしまった。どうしてこうなったんだ。

Switchbotカーテンのスペック

サイズ 6.5 x 5.1 x 11.6 cm
重量 196g
対応カーテンレール ・ポール型レール
・角型レール
・U型レール
・I型レール
付属品 クリップx1個
TypeCケーブルx1本
取扱説明書x1冊
フック(U型)x1セット
バッテリー リチウムイオン電池
充電時間 約2時間
連続使用可能時間 約8ヶ月(フル充電時)

取り付け・セットアップ

Switchbotカーテンの取り付けは直感で簡単に完了する。

そもそも最近の家電製品は、直感で扱える物が多いような気がする。たぶん家電の進化が頭打ちをしているから、真新しい機能が無くなってきているんだろう。Switchbotカーテンを取り付けながら私はそんな事を思ったのであーる。

カーテンレールに合わせてSwitchbotカーテンを購入する

まずは部屋のカーテンレールの形状を確認する。

カーテンレールの形状に合わせてSwitchbotカーテンを購入する。

ポールタイプ

U型カーテンレール

I型カーテンレール

アプリと同期させる

まずはスマホにアプリをダウンロードする。

SwitchBot

SwitchBot

無料posted withアプリーチ

アプリのダウンロードが完了したら、Switchbotカーテンをスタンバイ状態にする。

Switchbotカーテンのボタンを3秒長押しすることでスタンバイ状態が開始。スタンバイ状態になるとランプが点滅する。

スタンバイ状態になるとアプリに検出される。

成功と表示されてば同期完了。

カーテンレールに取り付ける

Switchbotカーテンは3つのパーツに分かれている。

ローラーを片方つけた状態でカーテンレールに取り付ける

横向きにカーテンレールに挿入して、

半回転させる。

もう片方のローラーも同様に設置する。

あとは合体させれば設置終了。

設置してみるとかなり大きく見える。

カーテン開閉距離の調整

設置が完了したら、カーテンを開閉させる距離を設定する。開閉距離の設定・変更は全てアプリ操作で決定する。

 

これでSwitchbotの設定は終了。所要時間は10分程度だった。

セットアップ完了

加速度センサーで半自動開閉もできる

カーテンを手動で開けると加速度センサーが感知して、自動でアプリに設定した距離までカーテンが開く。

もちろん閉めるときも同じ。加速度センサーを感知させれば、Switchbotカーテンが自動でカーテンを締めてくれる。

タイムスケジュール機能で清々しい目覚め

アプリで設定することでカーテンの開閉をスケジュール化が可能。

朝の目覚める直前にカーテンが開くことで、太陽の日差しを身体に浴びることができる。清々しい朝を迎えることができる。

そして日没の時間に合わせてカーテンを閉じることで、静かな夜を過ごすことができる。

【デメリット】モーター音がうるさい

すずき
起きる前にカーテンが開いて、朝日で目覚める日が続くんだろうなぁ(儚い夢)

Switchbotカーテンを購入する前まではこんな事を思っていたんだけど、実際に使ってみるとモーター音がうるさい。

気持ちよく寝ていたらウィィィィィンを言うモーター音が鳴り出して、朝日を感じる前にモーター音で目が覚める日が続いている。

Switchbotカーテンには静音モードがあるんだけど、モーター音はそこそこうるさい。

【デメリット】静音モードもそこそこうるさい

モーター音を比べて聞いてみてもあまり静かになって感じはしない。

静音モードにしたことろでモーター音に叩き起こされる日々が変わることはなかった。

静音モードの切り替えはアプリで設定できる。

モーションモードの項目をタップすることで、高性能モード⇔静音モードを切り替えられる。全然変化を感じることができないが。

【デメリット】Switchbotカーテンは充電式

SwitchbotカーテンはUSB Type-Cから充電して使用をする。

満充電で8ヶ月動くので、バッテリー持ちはかなり良い部類だろう。ただ充電が切れたら、カーテンレールから外して再充電が必要なのでそれはそれで面倒くさい。

そんな面倒くさがりの人は別途オプションでソーラーパネルを購入すれば、Switchbotカーテンがバッテリー切れを起こすことが無くなる。

でもソーラーパネルは別売りで2,500円。オプションにしては高すぎ。

【デメリット】声で操作するには別途オプションが必要

すずき
OK、Google。カーテン開けて

Switchbotカーテンを購入することで声で操作ができると思っていたんだけど、Switchbotカーテン単独では音声操作ができない。

音声操作をするためには別途でSwitchbotリモコンハブを購入する必要がある。

Switchbotリモコンハブの価格は3,500円。Switchbotカーテンは8,000円なので、カーテンを声で操作できるようにするためには約12,000円が必要になる。高すぎ。

一人暮らしには過ぎたる家電

Switchbotカーテンは8,000円と高いスマート家電なのに、カーテンを開けることしかできない。

しかも声で操作するためには+3,500円が必要になるので、実質12,000円は使わないとカーテンを音声操作することができないということだ。

12,000円払ってカーテンを開け閉めするだけってコスパ悪すぎ。

一軒家を持っている前提で、カーテンの締め忘れや日中に日光を取り込みたいというならSwitchbotカーテンは素晴らしいスマート家電だとは思うけど、一人暮らしには無用の長物。

豚に真珠。馬の耳に念仏。一人暮らしの部屋の窓は多くて2つなので、2つのカーテンくらいは自分の手で開けたほうがマシ。

少なくとも一人暮らしにはSwitchbotカーテンは不要。たぶんメルカリで売る。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-スマートホーム

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5