パソコン・周辺機器

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。

充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。

私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。

今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしないガジェットだ。

Anker Nano II 45Wのスペック

サイズ 約35mm × 38mm × 41 mm
重さ 約68g
出力ポート数 1(USB Type-C x 1)
USB-C 出力 5V 3A / 9V 3.0A / 15V 3.0A / 20V 2.25A(最大45W)
最大出力 45W

メタリック調で高級感のあるデザイン

Anker Nano II 45Wは、USB-TypeC×1つを搭載した充電アダプタだ。

充電ポートがあるフロント部分は光沢のあるメタリック調。3,000円台で購入できるわりに高級感があって流石は天下のガジェットメーカーAnkerの充電器だと言わざるを得ない。

フロント部分以外はダークグレーの樹脂素材。

感触は固く、どちらかというとプラスチックのような手触りなので、バッグの中に雑にいれてしまうと細かい傷が付いてしまいそうな気がする。

超コンパクトで邪魔にならない

Anker Nano II 45Wの大きさは前項で紹介したとおり35mm×38mm×41mmと手のひらに十分に収まるコンパクトさ。

重量もたった68gと軽いので持ち運びしやすい。

Anker Nano II 45Wのプラグは収納可能。

プラグを収納するとほぼ立方体で、ポケットに入れて持ち運びができるレベルでコンパクト。

同じくAnkerのモバイルバッテリー「PowerCore Fusion 5000」と比較してもこのサイズ差。

RAVPOWERの急速充電器「61W RP-PC112」と比較しても、Anker Nano II 45Wの方がコンパクトなのが分かる。

41W急速充電という機能を携えているのに、こんなにも小さいサイズを実現しているのがだかAnkerの技術力…というよりも世界全体の技術革新は目覚ましい。

バッグに入れて持ち運びが簡単

Anker Nano II 45Wはコンパクトなので、どんなバッグにでも入れて持ち運ぶことができる。

同社から出ているイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」と大きさを比較してもその携帯性は際立つ。

【ノイズキャンセリング機能】Soundcore Liberty Air 2 Pro【まるで水の中にいるような感覚】

最近巷ではAnkerから発売されたSoundcore Liberty Air 2 Proのコスパがヤバいと話題になっている。You Tubeを見てもGoogleで検索してもオススメイヤホンでヒットする ...

続きを見る

私は仕事でリュックサックを使用しているんだけど、その中の収納ポケットにいつもAnker Nano II 45Wを入れている。

外回りの時間調整でカフェに入った時なんかにAnker Nano II 45Wは大活躍だった。コーヒーを飲みながらスマホを充電できるのは超便利。

独自技術の第2世代GaN(窒化ガリウム)搭載

一般の充電器にはシリコン素材が使われるのに対して、Anker Nano II 45Wは第2世代のGaN(窒化ガリウム)という新素材を採用している。

GaN(窒化ガリウム)は、従来の素材に比べて電力損失が少ない。プラグから供給された電力をロスが少ない状態でデバイスに供給することができるので、充電効率が高くて充電完了までの時間が短くなるんだ。

昨今の充電器はGaN(窒化ガリウム)を採用しているものも増えたけど、Anker Nano II 45Wが採用したのはより進化をした第2世代GaN(窒化ガリウム)。

第2世代GaN(窒化ガリウム)は、全モデルと比較して「省サイズ化」「発熱抑制」が向上しているので携帯性と安全性が向上している。

PPS対応なので超急速充電ができる

Anker Nano II 45Wは急速充電(USB-TypeC PD3.0)に加えて、超急速充電(PPS:Programmable Power Supply)に対応している。

PPSとは

電力供給時の電圧・電流を小刻みに変動させて、ガジェット側に最適な電圧範囲と最大電流を自動調整する機能

参考:PHILE WEB

対応しているスマホ、ガジェットはまだ少ないが、対応端末は徐々に増えているので今後に期待。

次世代の規格に対応しているのはありがたい。

Anker Nano II 45Wの充電性能

Anker Nano II 45Wの対応出力は下記。

15W = 5V × 3A
27W = 9V × 3A
45W = 15V × 3A
45W = 20V × 2.25A
45W(PPS):3.3V-16V × 3A
45W(PPS):3.3V-21V × 2.25A

ケーブル給電ができる端末ならほぼ全てに対応しているので、ノートパソコン(Mac/ Windows)、スマホ(iPhone/Galaxyシリーズ/Miシリーズなど)、ガジェット系なら何でもござれのスゴイ奴。それがAnker Nano II 45Wだ。

ACアダプターの代替にできる

Anker Nano II 45Wは出力が大きいので、PD対応のデバイスなら給電することが可能。

つまりPD対応ならWindows PCやMacといったノートパソコンの充電することもできるんだ。

ACアダプタとAnker Nano II 45Wの大きさを比較した写真が下記。

持ち運ぶ荷物は少ないに越したことはない。

バッグの中を圧迫するACアダプターが無くなれば荷物が軽くて、歩む速度も自然に軽くなっていく。

ミニ四駆だって軽量化をするんだから、我々も荷物を減らして軽量化を勧めていかないとTAMIYAに笑われるゾ☆

コンセントで他の充電器と干渉しにくい

Anker Nano II 45Wはコンセントに挿すとほぼ立方体。

Anker Nano II 45W

4cm角の規則性のあるサイズなので、電源タップで複数のコンセントを挿さないといけない時でも整理がしやすい。

Anker Nano II 45W

Anker Nano Ⅱ 30Wと45W・65Wの違い

同社から発売されているAnker Nano Ⅱは出力別に発売されている。

今回紹介している45Wと30W・65Wの違いを比較した表は下記。

製品名 NanoⅡ30W NanoⅡ45W NanoⅡ65W
サイズ 横幅:32mm
奥行:30mm
高さ:28mm
横幅:35mm
奥行:38mm
高さ:41mm
横幅:44mm
奥行:42mm
高さ:36mm
重さ 約47g 約47g 約112g
プラグ収納
USB PD対応
PPS対応
出力ポート USB-TypeC×1 USB-TypeC×1 USB-TypeC×1
最大出力 30W 45W 60W
充電可能デバイス スマホ:○
タブレット:○
ノートパソコン:✕
スマホ:○
タブレット:○
ノートパソコン:○
スマホ:○
タブレット:○
ノートパソコン:○
価格 2,990円 3,390円 3,990円

機能性・携帯性がベストなAnker Nano II 45W

ここまで紹介してきたとおり、Anker Nano II 45Wは急速充電という機能性と、ポケットに収まってしまうほどのコンパクト性・携帯性が特徴だ。

Anker Nano II 45Wならスマホ意外にノートPCの充電器としても使用できる。

1台2役を兼ねるAnker Nano II 45Wは、一家に一台は持っていて損しないガジェットだ。

新着記事

パソコン・周辺機器

2022/8/22

【LogicoolG913 TKL】最強のゲーミングメカニカルキーボード。他のキーボードの方がコスパは高い【価格も最強】

現代人に必須のデバイスといえばパソコンであることは間違いない。 サラリーマン兼ブロガーの私にとって、パソコンは人生に最も必要な存在だ。 デスク周りを充実させる流れで、ワイヤレスキーボードをLogicoolから発売されているG913 TKLを購入した。 巷では「史上最高」と名高いG913 TKL。 というわけで、この記事でゲーミングキーボードのLogicoolG913 TKLをレビューする。 目次1 G913 TKLは価格が高すぎて目眩がする2 Logicool G913 TKL2.1 角度調整は3段階2. ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/8/15

【PCモニターライト:Xiaomi Mijia】たぶんコスパ最強のPCモニターライト【さようなら眼精疲労】

デスク周りを充実させることにハマった。なぜなら私はブロガーだから。 Twitterでガジェットブロガーを名乗る人たちのブログやツイートを漁りに漁り回って、ついにデスクツアーの記事を作れるまでにデスク周りを充実させた。 PCモニターライトといえば「BenQ ScreenBar」という1万円超えのライトが一般的に使われているようだ。 しかし、モニターライトなんて手元を照らすことだけできればいい。それだけの機能に1万円を使うことができるだろうか?いやできない(反語) できる限り安く、そしてコードレスリモコンが付 ...

続きを見る

ガジェット 一人暮らし

2022/7/27

【デスクツアー】東京都在住サラリーマン一人暮らしブロガーのデスク周りを紹介する

私はガジェットやスマホが好きだ。 だからTwitterのフォローはガジェット系のつぶやきをしている人を中心にしているんだけど、ガジェットが好きな人はデスク周りのこだわりが強い人が多い。 そんな人達のツイートを見ているうちに「私もこんなデスク周りにしたい!」という気持ちが湧いてきた。 今回は32歳一人暮らしの底辺ブロガーのデスク周りを紹介する。 目次1 Before→Afterの写真2 電動昇降デスクFlexiSpot3 ノートパソコン:HP ENVY x360 154 PCモニター:LGゲーミングモニター ...

続きを見る

一人暮らし

2022/6/25

新卒・社会人からの一人暮らしはハードルが高い?【家賃の目安と選び方】

社会人になってから一人暮らしを始める人は多いと思う。 一人暮らしを始めるためにはかなりの出費が伴うし、始めたら始めたで身の回りのことをすべて自分でやらなければいけない。 とくに新卒で一人暮らしを始める人は、新しい生活と突然の出費でてんやわんやになってしまいがち。 今回は新卒・社会人で初めて一人暮らしをする人のために、具体的な費用や問題点についてまとめてみたので参考にして欲しい。 目次1 適正家賃は「手取り額の1/3以下」2 新卒・社会人の平均月収と家賃相場3 『家賃+10万円』が1ヶ月の生活費4 一人暮ら ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/6/26

【HP ENVY x360 15】コスパ抜群の型落ちノートパソコンを購入した話【モンスターノート】

HP ENVY x360 15 posted with カエレバ 楽天市場 Amazon Yahooショッピング サラリーマンにとってパソコンの買い換えは一大決心が必要な大きな出費だ。 現代社会で生きる上でパソコンは必須なデバイス。 このブログ記事もパソコンで作っているので、私の生活の中でパソコンを失うことは絶対に有り得ない。 今回はコスパ抜群の型落ちノートパソコン「HP ENVY x360 15」を購入したので、良かったところ・悪かったところを紹介する。 目次1 HP ENVY x360 15を選んだ理 ...

続きを見る

ライフハック 仕事

2022/5/31

すべての社会人が転職エージェントに登録しておくべき理由【ノーリスクで情報収集】

私は今までに2回の転職を経験している。 今働いている会社は3社目で現状では全く不満がないんだけど、転職エージェントには登録を続けている。 その理由は、転職エージェントに登録しておけば求人情報をいつでも検索できるからだ。 求人情報は見ているだけでも人生の選択肢は広がる。 「転職する気は無いんだけど…」という人でも、転職エージェントに登録しておいて損はない。 目次1 転職エージェントに登録しておくべき理由1.1 業種毎の同年齢の年収相場が分かる1.2 仕事の選択肢が多いことを理解できる1.3 完全無料でノーリ ...

続きを見る

-パソコン・周辺機器