パソコン・周辺機器

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。

充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。

私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。

今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしないガジェットだ。

Anker Nano II 45Wのスペック

サイズ 約35mm × 38mm × 41 mm
重さ 約68g
出力ポート数 1(USB Type-C x 1)
USB-C 出力 5V 3A / 9V 3.0A / 15V 3.0A / 20V 2.25A(最大45W)
最大出力 45W

メタリック調で高級感のあるデザイン

Anker Nano II 45Wは、USB-TypeC×1つを搭載した充電アダプタだ。

充電ポートがあるフロント部分は光沢のあるメタリック調。3,000円台で購入できるわりに高級感があって流石は天下のガジェットメーカーAnkerの充電器だと言わざるを得ない。

フロント部分以外はダークグレーの樹脂素材。

感触は固く、どちらかというとプラスチックのような手触りなので、バッグの中に雑にいれてしまうと細かい傷が付いてしまいそうな気がする。

超コンパクトで邪魔にならない

Anker Nano II 45Wの大きさは前項で紹介したとおり35mm×38mm×41mmと手のひらに十分に収まるコンパクトさ。

重量もたった68gと軽いので持ち運びしやすい。

Anker Nano II 45Wのプラグは収納可能。

プラグを収納するとほぼ立方体で、ポケットに入れて持ち運びができるレベルでコンパクト。

同じくAnkerのモバイルバッテリー「PowerCore Fusion 5000」と比較してもこのサイズ差。

RAVPOWERの急速充電器「61W RP-PC112」と比較しても、Anker Nano II 45Wの方がコンパクトなのが分かる。

41W急速充電という機能を携えているのに、こんなにも小さいサイズを実現しているのがだかAnkerの技術力…というよりも世界全体の技術革新は目覚ましい。

バッグに入れて持ち運びが簡単

Anker Nano II 45Wはコンパクトなので、どんなバッグにでも入れて持ち運ぶことができる。

同社から出ているイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」と大きさを比較してもその携帯性は際立つ。

【ノイズキャンセリング機能】Soundcore Liberty Air 2 Pro【まるで水の中にいるような感覚】

最近巷ではAnkerから発売されたSoundcore Liberty Air 2 Proのコスパがヤバいと話題になっている。You Tubeを見てもGoogleで検索してもオススメイヤホンでヒットする ...

続きを見る

私は仕事でリュックサックを使用しているんだけど、その中の収納ポケットにいつもAnker Nano II 45Wを入れている。

外回りの時間調整でカフェに入った時なんかにAnker Nano II 45Wは大活躍だった。コーヒーを飲みながらスマホを充電できるのは超便利。

独自技術の第2世代GaN(窒化ガリウム)搭載

一般の充電器にはシリコン素材が使われるのに対して、Anker Nano II 45Wは第2世代のGaN(窒化ガリウム)という新素材を採用している。

GaN(窒化ガリウム)は、従来の素材に比べて電力損失が少ない。プラグから供給された電力をロスが少ない状態でデバイスに供給することができるので、充電効率が高くて充電完了までの時間が短くなるんだ。

昨今の充電器はGaN(窒化ガリウム)を採用しているものも増えたけど、Anker Nano II 45Wが採用したのはより進化をした第2世代GaN(窒化ガリウム)。

第2世代GaN(窒化ガリウム)は、全モデルと比較して「省サイズ化」「発熱抑制」が向上しているので携帯性と安全性が向上している。

PPS対応なので超急速充電ができる

Anker Nano II 45Wは急速充電(USB-TypeC PD3.0)に加えて、超急速充電(PPS:Programmable Power Supply)に対応している。

PPSとは

電力供給時の電圧・電流を小刻みに変動させて、ガジェット側に最適な電圧範囲と最大電流を自動調整する機能

参考:PHILE WEB

対応しているスマホ、ガジェットはまだ少ないが、対応端末は徐々に増えているので今後に期待。

次世代の規格に対応しているのはありがたい。

Anker Nano II 45Wの充電性能

Anker Nano II 45Wの対応出力は下記。

15W = 5V × 3A
27W = 9V × 3A
45W = 15V × 3A
45W = 20V × 2.25A
45W(PPS):3.3V-16V × 3A
45W(PPS):3.3V-21V × 2.25A

ケーブル給電ができる端末ならほぼ全てに対応しているので、ノートパソコン(Mac/ Windows)、スマホ(iPhone/Galaxyシリーズ/Miシリーズなど)、ガジェット系なら何でもござれのスゴイ奴。それがAnker Nano II 45Wだ。

ACアダプターの代替にできる

Anker Nano II 45Wは出力が大きいので、PD対応のデバイスなら給電することが可能。

つまりPD対応ならWindows PCやMacといったノートパソコンの充電することもできるんだ。

ACアダプタとAnker Nano II 45Wの大きさを比較した写真が下記。

持ち運ぶ荷物は少ないに越したことはない。

バッグの中を圧迫するACアダプターが無くなれば荷物が軽くて、歩む速度も自然に軽くなっていく。

ミニ四駆だって軽量化をするんだから、我々も荷物を減らして軽量化を勧めていかないとTAMIYAに笑われるゾ☆

コンセントで他の充電器と干渉しにくい

Anker Nano II 45Wはコンセントに挿すとほぼ立方体。

Anker Nano II 45W

4cm角の規則性のあるサイズなので、電源タップで複数のコンセントを挿さないといけない時でも整理がしやすい。

Anker Nano II 45W

Anker Nano Ⅱ 30Wと45W・65Wの違い

同社から発売されているAnker Nano Ⅱは出力別に発売されている。

今回紹介している45Wと30W・65Wの違いを比較した表は下記。

製品名 NanoⅡ30W NanoⅡ45W NanoⅡ65W
サイズ 横幅:32mm
奥行:30mm
高さ:28mm
横幅:35mm
奥行:38mm
高さ:41mm
横幅:44mm
奥行:42mm
高さ:36mm
重さ 約47g 約47g 約112g
プラグ収納
USB PD対応
PPS対応
出力ポート USB-TypeC×1 USB-TypeC×1 USB-TypeC×1
最大出力 30W 45W 60W
充電可能デバイス スマホ:○
タブレット:○
ノートパソコン:✕
スマホ:○
タブレット:○
ノートパソコン:○
スマホ:○
タブレット:○
ノートパソコン:○
価格 2,990円 3,390円 3,990円

機能性・携帯性がベストなAnker Nano II 45W

ここまで紹介してきたとおり、Anker Nano II 45Wは急速充電という機能性と、ポケットに収まってしまうほどのコンパクト性・携帯性が特徴だ。

Anker Nano II 45Wならスマホ意外にノートPCの充電器としても使用できる。

1台2役を兼ねるAnker Nano II 45Wは、一家に一台は持っていて損しないガジェットだ。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-パソコン・周辺機器