ガジェット

【オールインワン】手帳型のスマホケースを使う理由【傷つかない】

スマホは万能型デバイスなので壊すわけにはいかない。

壊れるリスクを低くするために、スマホにカバーを付けている人は多い。

その中でも私は「手帳型スマホケース」を愛用している。

私が手帳型スマホケースを使い続けている理由を記事にする。

手帳型ケースは『オールインワン』

外出の際の荷物は少ないほうがいい。

アメリカだと小型のカバンを持っている男性はオカマ扱いされる。

男が小型カバンに入れるものなんてないだろ!化粧品でも入ってんのか?HAHAHA、みたいなことらしい。

極端な感性だとは思うけど、外出時に小型カバンが要らないという意見には賛成。外出時に手軽であれば買い物やレジャーを気兼ねなしに楽しむことができる。

手帳型ならカード類が収納できる

私が手帳型のスマホケースを使う最大の理由が、カードが収納できることなんだ。

身分証・クレジットカードをスマホと一緒にすることで、財布を持たないで外出することが可能になる。

私のスマホケースには、運転免許証・クレジットカード・ジムの会員カードをいつも入れているので、簡単な買い物であれば財布は持ち歩かない。

手帳型なら画面に傷がつかない

手帳型のスマホケースは、ディスプレイを傷から守ってくれる。

手帳型はパタパタと開く構造なので、持ち運ぶときにはディスプレイに蓋をした状態になる。

ポケットの中で擦れて、ディスプレイに擦り傷が付くこともない。

日に何度も見るディスプレイに付いた傷は、いつ見てもストレスを感じる。

いつまでもキレイな姿でいて欲しいのはスマホも女性も一緒。

動画視聴がしやすい角度に固定できる

手帳部分を折りたたむことで、スマホを横向きに立てかけることができる。

You Tubeなどの動画コンテンツを2人以上で長時間見ることも可能。

汚れたら買い換えればOK

全てのスマホケースに言えることなんだけど、汚れたり傷ついたら買い換えればいい。

スマホケースは、高くても3,000円程度なので年に1回くらいの頻度での交換がオススメ。

スマホが傷つくと修理代が高く付くので、やっぱり全てのスマホにはスマホケースを付けたほうがいい。

【デメリット】スマホの操作までが手間

手帳型のスマホケースにはディスプレイを守る役目もあることは上記で説明したんだけど、逆にこれが欠点になるとは自分でも思わなかった。

手帳型スマホケース

  1. ポケットからスマホを取り出す
  2. 画面を守っている手帳部分を開く
  3. スマホを操作する

2の「画面を守っている手帳部分を開く」、これが手間になってくる。

長時間の操作をしている分には気にならないけど、LINEの着信毎にポケットから出して~を繰り返すとさすがに面倒くささが隠しきれなくなる。

【デメリット】手の収まりが悪い

この欠点も、ディスプレイを守る役目の手帳部分が原因。

スマホの操作中は手帳部分を折りたたんでいるから、手のひら側に手帳部分がくっつく。 

側面の幅だけ、画像の通り手帳部分が飛び出してしまう

側面部分が飛び出さないようにすると、三角形の隙間が空いてしまうので手の収まりが悪くなる。

【デメリット】ワイヤレス充電ができない

手帳型のスマホケースは、スマホを固定するプラスチック部分と外面の手帳部分の2つで構成されている。

この厚みが原因で、ワイヤレス充電器の給電が安定しない。

絶対にできないわけではないんだけど、ワイヤレス充電器に置く場所が悪いと全然充電が開始されない。

ヤマダ電機でワイヤレス充電器をお試しで使ったら、充電の開始の「ピロン」という音がなったのにその1秒後には充電を開始できていない状態だった。

寝る前にスマホを充電したつもりが、朝起きて充電されていなかったら朝からブルーになってしまうので、ワイヤレス充電器は購入しなかった。

だけど、ワイヤレス充電器への憧れはある。欲しい。

シンプルなスマホケースは画面が壊れそうで怖い

頻繁にスマホを操作するならシンプルなスマホケースを選んだほうがいいんだけど、やっぱり画面が傷ついたり、割れたりするのは嫌。

とは言うものの画面を守るためにスマホを操作時に手帳を毎回開くのは面倒くさいと思うこともしばしば。

画面の保護と、スマホの操作性のどちらを取るかは今後の課題。今の所は画面の保護を重視するので手帳型スマホケースを使うこととする。

スマホを守るなら手帳型

脱キャリアを果たした私のスマホはキャリア保証の修理交換がもうできない。

将来的にはメルカリで今のスマホを売って、新しいスマホを買う軍資金にしようと計画している。

何としてもスマホの傷は最小限に留めなければいけないので、手帳型スマホケース一択。

新着記事

アウトドア ガジェット

2024/4/15

【雨対策】超軽量で超コンパクトな折りたたみ傘と出会った話【KIZAWA】

雨の日に出かけるときの必需品である傘。 しかしビニール傘は大きくて邪魔になるし、一般的な折りたたみ傘もバッグに入れておくには大きすぎる。 そんな時に超軽量で超コンパクトなKIZAWAとかいうメーカーが販売している折りたたみ傘に出会った。 感動するほど軽すぎるKIZAWAの折りたたみ傘を紹介する。 KIZAWAの折りたたみ傘は1/2の重さ KIZAWAの折りたたみ傘はとにかく軽い。 その重さはたったの69g。野菜のキュウリが100gくらいなので、KIZAWAの傘がどれだけ軽いかが分かってもらえると思う。 ス ...

続きを見る

お得情報 ライフハック 一人暮らし

2024/3/31

【蚊を必ず殺す】1,000円以下で200日使える「蚊がいなくなるスプレー」。ワンプッシュで部屋の蚊を撃退する。【効果抜群】

寝てるときに蚊の羽音で目を覚ました経験をした人は多いはずだ。 目を覚ます→電気をつける→蚊を探す→見つからない→電気を消す→蚊の羽音で目を覚ます(以後無限ループ)。 ただでさえ夏場は暑さで体力が低下しやすいのに、蚊の出現ごときで睡眠時間を削られたくはない。 今回はそんな悩みを一発で解決する「蚊がいなくなるスプレー」について紹介する。 「蚊がいなくなるスプレー」で部屋の蚊が消滅する。 結論から言ってしまえば、アース製薬から発売している「押すだけノーマット スプレータイプ」を部屋でワンプッシュするだけで部屋の ...

続きを見る

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/12

【体験談】親知らずを抜歯して死にかけた話【痛みが来たのは4日後】

33歳にして俺はついに親知らずを抜いてきた。 術後は全く痛くなくて「あれ?これ余裕じゃね?」とか思っていたんだけど、まさかの親知らずを抜いて4日後に痛みがきて死にかけたんだ。というか今まさに俺は死にかけている。 この耐えがたい痛みをこの記事を見てくれる人と共有するために、今回は親知らずを抜いた体験談を書き殴っていく。 親知らずを抜くメリット・デメリット 「親知らずは抜いたほうがいいよ」と言ってくる人は腐るほどいたけど、明確にメリットとデメリットを提示してくれた人は今までいなかった。 どうせ金をかけるんだか ...

続きを見る

ライフハック 体験談 美容・健康

2024/2/4

【体験談】ヒゲ脱毛は湘南美容クリニックの一択だった【大手・最安・単発OK】

数社のヒゲ脱毛カウンセリングを受けた結果、湘南美容クリニックで施術を受けることに決めた。 今回は数ある脱毛サロンのなかで俺が湘南美容クリニックを選んだ理由と実際の体験談を紹介するので参考にしてほしい。 ヒゲ脱毛をするメリット ヒゲ脱毛をして得られるメリットは下記。 ヒゲを剃る時間が無くなる。 清潔感がアップする カミソリなどの出費が無くなる ヒゲ剃りで失う時間は1日10分と言われている。 年間にすると3,650分、つまり約60時間も無駄にしているという計算になる。20歳から33歳までヒゲを剃り続けている俺 ...

続きを見る

DIY ガジェット ライフハック

2024/1/28

【壁美人】賃貸ワンルームでも簡単に壁掛けテレビが実現する【壁を傷つけない】

壁掛けテレビの取り付けといえば「壁に穴をあける」「ねじを壁に打つ」「DIYで突っ張り柱に取り付ける」などをイメージする人が多いだろう。しかし、賃貸アパートで壁に穴をあけると退去時に原状回復の費用負担になるし、DIYで突っ張り柱を作るとなると利便性よりも面倒臭さが勝つ。 それに引き換え「壁美人」はホチキスの針で取り付けるから壁へのダメージを最小限に抑えることができる。 今回は壁美人を使って賃貸ワンルームに壁掛けテレビを導入したので紹介する。俺と同じく賃貸で壁掛けテレビを検討している人の参考になれば幸い。 部 ...

続きを見る

体験談

2024/1/19

【目標】2024年は記憶に残る年にしなければならない【東京都在住33歳独身男性】

いつのまにか2023年が終わっていた。振り返っても大した記憶がない。 今年で34歳になるのに記憶にも記録にも残らない1年を送っていた、という絶望が俺の心を駆け巡る。 このままだといつの間にか老衰で死ぬ。それは避けなければいけない。 というわけで2024年の目標を書き殴っていく。 2023年の記憶はない Q.1年間の思い出は何ですか? A .無いんだな。これが。 2023年を振り返り思い出すことは仕事のことばかり。 残業時間は100~200時間/月を維持し続けた結果、会社のあらゆる人間に”すずきは仕事好き” ...

続きを見る

-ガジェット