ガジェット

タブレットは一人暮らしには必要なかった【使い所が難しい】

2020年9月1日

数年前に購入したタブレット。

購入前は、

すずき
タブレット買ったら、スマホとタブレットを使いこなして快適な毎日を送ってやるぜ

と思っていたのに、今となってはタンスの肥やし。

実際に一人暮らしだとタブレットを使用するよりも、スマホで全てを完結してしまった方が便利で簡単で効率的。

正直、買ったことをちょっぴり後悔している。

これからタブレットを購入している一人暮らしをしている人に言えることは、「タブレットは必要ない可能性が高い」ってことなんだ。

一人暮らしにタブレットは必要ない

一人暮らしにタブレットは必要ない。

その一番の理由が、「タブレットは使用するタイミング」が難しいことなんだ。

手軽さで言えば、

手軽さ

  1. スマホ
  2. タブレット
  3. パソコン

スマホとパソコンの間なので一見、良いとこ取りに見える。

しかし、これこそがタブレットを使用する上での最大のトラップ

結論を言えば、タブレットを買うくらいなら、そのお金を使って他のアクセサリーを購入したほうが建設的。

外で使いづらい

タブレットはその大きさから、外で使用する事はほとんどない。

スマホと違って、片手での操作ができない事が最大のデメリット。

片手操作は無理

スマホであればズボンのポケットに入れて、使いたい時に出して使う事ができるけど、タブレットはそうはいかない。

手軽さはスマホには勝てない。

持ち運びにくい

重量500g、タブレットカバーを付けると800g弱のタブレットをわざわざ外に持っていくには、当然のようにカバンが必要。

タブレットのみの重量
タブレットカバー付きの重量

タブレットを直持ちで携帯する人は見たことがない。

使いづらいデバイスのために、カバンを持って荷物を増やして行くなんて非合理の極み。

充電が手間、電池持ちが悪い

スマホ同様にタブレットにはバッテリーが内蔵されているので、持ち運びが前提に作られている。

でも、その充電って本当に必要?

外出時にスマホを家に置いて、タブレットだけを持って出かける人はいないと思う。

スマホで十分なデータ通信ができるので、無駄なデバイスのために充電する手間は惜しみたいところ。

しかも、スマホに比べてバッテリー容量は大きい傾向があるけど、スマホよりも全体が大きいので使用電力も大きい。

相対的にすぐに電池が切れる感覚だったので、この項目を記載した。

良いタブレットであれば、問題にならないかもしれない。

スマホとの差は「画面の大きさ」だけ

タブレットに搭載されているCPUはスマホにも搭載されているレベルの処理量でしか無い。

高性能なWindowsタブレットやiPadであれば話は別だけど、世間一般で買われているタブレットの性能を見ると、スマホとの差は画面の大きさだけ。

スマホとの大きさ比較

画面の大きさは情報収集には欠かせない要素だけど、スマホのような手軽さが無いので使いづらい。

「パソコンの代替」にはならない

スマホの様な手軽さがない分、パソコンのような使い方を期待したいが、それも期待を裏切ってくるのがタブレットの悲しいところ。

アプリによってはパソコンには搭載されている機能が、タブレットでは使用できない機能であることも少なくない。

excelやWordといった仕事面でよく使用するアプリでも、タブレット版では機能を省略されている事が多い。

パソコンよりも手軽に使用できるけど、クリエイティブな作業ができないタブレットに、「パソコンの代替」としての機能は期待してはいけない。

クリエイティブ作業=パソコンが最適

コンテンツの作成などのクリエイティブな作業をするならパソコン一択。

例えば、当ブログ「ゴリブロ」の記事作成もパソコンを使用している。

今流行のプログラミングをするためにもパソコンは必須。

CPU処理速度も爆速だし、使用できるアプリも数多い。

データの保存も外部ストレージの後付が可能なので安心感も段違い。

何かを作りたいと思っているのであれば、パソコンが最強の選択肢でファイナルアンサー!

お手軽さ=スマホが最適

人間1人に対してスマホ1台の時代。

外出するときも必ずスマホを携帯しているので、タブレットの出番は日常にはない。

片手に収まる携帯性とお手軽さは、タブレットには出すことができないスマホの魅力。

お手軽な普段遣いをするのであれば、スマホが究極の選択でファイナルアンサー!!

タブレットの利点をなんとか絞り出す

ここまでボロクソに言ってしまったわけなんだけど、筆者もタブレット所持者。

なんとかタブレットの良い点を見つけてあげたい。

パソコンよりも作業性が悪く、スマホよりも手軽さが無いタブレットの長所は、「何とか持ち運びができる程度の大きさの画面」であると結論づけて猛プッシュしていくしかない。

子供に使わせる

家に甥っ子が訪ねてきた時に使ってもらうように使用すればどうだろうか?

子供にスマホを渡すと、アプリやデータを消去される恐れもある。

タブレットを渡しておけば、大切なデータを消されることもない。

安心感は大切。

複数人で動画を楽しむ

友達や恋人が来た時に、一緒に動画を見て楽しむことができる

テレビよりも画面が小さいので、自然と2人の距離も近づいていく。

リア充は回れ右。

結局、スマホをテレビに繋げば解決

しかし、複数人で動画を楽しむのであれば、テレビにスマホを繋いでしまえば大画面で映像を楽しむことができる。

スマホ用の端子とHDMI端子が両端に付いているケーブルが販売しているので、タブレットを購入するよりも安価でお財布に優しい。

Chromecastであれば、無線でテレビにミラーリングできるらしいので、コチラのほうがお手軽。

【結論】複数人の使用が前提なのでいらない

タブレットの特徴

  • 何とか持ち運びができるサイズ

  • スマホよりも大きい画面

  • パソコンよりもお手軽な使用感

上記の点からタブレットの最適な使用方法は、友達や恋人などの複数人での視聴だと言える。

しかし、複数人での使用であればテレビを使った方がタブレットよりも大画面で映像を楽しむことができるので、一人暮らしにタブレットの必要性は皆無

数年前に購入したタブレットには、今後も部屋の片隅でひっそりと見守ってくれるオブジェクトとして活躍をしてもらうことにする。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ガジェット

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5