オーディオ

【EarFun Free Pro】ANC、外音取り込み、ワイヤレス充電機能が搭載されたイヤホンが5,000円で手に入る時代がやってきた

イヤホンで音楽をじっくり楽しむためにはANC(アンチノイズキャンセリング)が必須。

完全ワイヤレスイヤホンの中にもANC機能が搭載されたものは多いけど、そのどれもが1万円近い金額がしてしまうので初めての買い物としてはハードルが高い。

しかし見つけてしまったんだ。5,000円台で購入できるANC機能搭載のイヤホンを。

今回は5,000円台で「ANC(アンチノイズキャンセリング)」「外音取り込み」「ワイヤレス充電機能」など付加価値が高すぎる完全ワイヤレスイヤホン『EarFun Free Pro』を購入したので紹介する。

5,000円で「ANC」「外音取り込み」「ワイヤレス充電」が手に入るイヤホン

EarFun Free Proの付加価値はとにかくヤバい。

ポイント

  • ANC(アンチノイズキャンセリング)

  • 外音取り込み

  • ワイヤレス充電

  • 低遅延モード

  • 防水性能

  • 最大32時間のバッテリー保ち

  • 急速充電対応

これだけの付加価値をたった5,000円台で手に入れることができる。EarFun Free Proヤバすぎ。

普通これだけの機能が付いた完全ワイヤレスイヤホンを買おうと思ったら1万円は超えるのがほとんど。それを半額で実現させたEarFun Free Proはもう褒め称えるしか無い。

EarFun Free Proのスペック

イヤホン寸法 15mm × 25mm(イヤーピース含む)× 24mm
充電ケース寸法 61mm × 24 mm × 30 mm
イヤホン重量 4.1g
充電ケース重量 41g
ドライバー 6.1mm経ダイナミックドライバー
再生時間 約7時間(イヤホン単独時)
約32時間(ケース併用時
充電ポート USB Type-C
対応コーデック SBC、AAC
防水規格 IPX5
アンチノイズキャンセリング機能
外音取り込み機能
ワイヤレス充電
急速充電

側面には「earfun」のメーカーロゴ。タッチセンサーになっている。

イヤーフックは取り外し可能。

イヤーピースは台形型で耳にフィットしやすい。

ケースは長方形でコンパクト。

スリムなケースなので、持ち運ぶ際にポケットに入れても邪魔にならない。

背面には充電ポート。USB type-C端子に対応している。非常にありがたい。

ケースの開閉はオープン式。ケースが細いので片手でもイヤホンを取り出すことができる。

「earfun」のロゴが素敵!(主観)

操作コマンド

音楽再生コマンド

  • 右1回押す:音量を上げる
  • 左1回押す:音量を下げる
  • 2回押す(右/左):再生/一時停止
  • 右3回押す:次の曲

残念ながら「前の曲に戻る」のコマンドはない。悲しい。

通話用コマンド

  • 2回押す(右/左):受話/終話
  • 2秒押す(右/左):着信拒否
  • 3回押す(右/左):通話切替

その他のコマンド

  • 右2秒押す:音声アシスタントの起動
  • 左2秒押す:低遅延モード
  • 左3回押す:モード切替(ANC/ノーマル/外音取り込み)

ケースがコンパクトで持ち運びが楽

EarFun Free Proのケースは超コンパクト。

EarFun Free Proのケースは細くて小さいのでポケットに入れても邪魔になりにくいサイズ感だ。材質もアルミっぽいので軽くて、ポケットの中に入れても存在感がほぼ無い。

Ankerの「Soundcore Liberty Air 2 Pro」、SOUNDPEATSの「SONIC」のケースと比較した写真は下記。

高さは Ankerの「Soundcore Liberty Air 2 Pro」 よりも数mmくらい高い。

横幅は圧倒的にEarFun Free Proが細い。

これだけコンパクトで軽いとジーパンの小銭入れスペースにも入れることが可能。しゅごい。

イヤーフックで耳からずり落ちない

EarFun Free Proには標準でイヤーフックが装着されている。

サイズは「無し/小/大」の3種類あるから、自分に合ったイヤーフックを選んで付け替え可能。

イヤホンを装着した時にちょっと回転させるとフィット感が増してより安定感が増す。

実際にEarFun Free Proを装着したままランニングをしてみたけど、一度も耳から落ちることなく走り終えることができた。

音質は低音域強めだけど…

EarFun Free Proの音質は低音域が強め。高音域はあまり特徴が感じられなかったが音が悪いわけではなく、良くも悪くも「普通」という感想。

全体的に迫力のあるサウンドを出してくれるんだけど、繊細さは少々欠けてる印象。音声を再生するとボヤけ気味に表現される。コーデックがAptX非対応なのが原因なのかは不明。

しかし、5,000円台でこれだけの音を出せるなら普段遣いで不満が出ることはまず無い。EarFun Free Proを楽しむならロック系、ポップス系などの曲がオススメ。

ANC(アクティブノイズキャンセリング)搭載

EarFun Free Proには搭載されているんだ。ANCが。5,000円台なのに。(倒置法)

ANCの性能だけど、残念ながら完全に外音をシャットアウトすることはできない。

車のエンジン音や電車の走行音が、若干聞こえるくらいの遮音性能。雑踏・雑音がちょうどよい具合に抑えられるのでストレスを感じずに音楽を楽しめる。

家の中で使用しても薄っすらとインターホンの音が聞こえるので室内利用こそEarFun Free Proの真価を発揮する。

低遅延モードも搭載

低遅延モードは、接続デバイスとの遅延を0.1秒以下に抑えることができる機能。

より音声遅延の少ない環境でゲームや動画視聴を楽しめるようになる。EarFun Free Proならね。(倒置法)

防水規格IPX5対応

EarFun Free ProはIPX5に対応している。

運動した際の汗や突然の雨のなかでも、EarFun Free Proなら安心して使い続けることができる。5,000円台なのに。(しつこい)

バッテリーは最長32時間持ち

EarFun Free Proはバッテリー保ちが良い。

イヤホン単独で7時間。充電ケース込みだと最長32時間の長時間バッテリー。

使い方によっては1週間に一度くらいの充電でも余裕で保つ。

急速充電対応

EarFun Free Proは急速充電にも対応している。

イヤホンを10分間充電するだけで最大2時間連続再生ができるようになる。ケースがこんなにコンパクトなのに急速充電まで搭載しているなんてしゅごい。

ワイヤレス充電機能を搭載

前項でバッテリー保ちの良さ、急速充電が搭載されている事は書いたけど、EarFun Free Proにはさらにワイヤレス充電機能まで搭載されている。5,000円台で買えるのに。

ケースだけでもワイヤレス充電はできるので、イヤホンを使用しながらケースをワイヤレス充電器に乗せておけばいい。

外音取り込みモードは役に立たない

EarFun Free Proの外音取り込みモードは、ノーマルモードとほとんど変わらない。

音楽を再生している状態だと相手の声がほとんど聞こえない。音楽を止めてようやく相手の声が聞き取れる程度のレベルなので実用性は殆どないと思っていい。

Ankerの完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」の外音取り込みモードと比較すると雲泥の差。

まあ、5,000円台の完全ワイヤレスイヤホンに外音取り込みモードが搭載されている事自体が凄いことだから我々ユーザーの感覚が麻痺してしまっているのかもしれない。

通話品質はゴミ

公式ホームページでは通話品質もPRされているけど、EarFun Free Proの通話品質は良くはない。むしろ悪い。

相手の声は聞こえにくいし、自分の声も伝わりづらい。1分の通話の中で「え?」と聞き返されること、聞き返すことが6回繰り返された私が言うんだから間違いない。

静かな環境なら通話はできるけど、外出先で通話することは避けたほうが良い。

コンパクトなのに付加価値が高すぎる完全ワイヤレスイヤホン

ところどころ粗が見えたものの、

  • ANC(アンチノイズキャンセリング)
  • 外音取り込み
  • ワイヤレス充電
  • 低遅延モード
  • 防水性能
  • 最大32時間のバッテリー保ち
  • 急速充電対応

と、5,000円台で購入できるイヤホンの中でもEarFun Free Proの付加価値はトップクラスだと言える。

それに付け加えてケースもコンパクト。ジーパンのポケットに入れても全く圧迫感がないほどのサイズ感には脱帽しか無い。

ANC機能搭載の完全ワイヤレスイヤホンの入門機としては、5,000円台で購入できるEarFun Free Proは最適。

新着記事

パソコン・周辺機器

2022/8/22

【LogicoolG913 TKL】最強のゲーミングメカニカルキーボード。他のキーボードの方がコスパは高い【価格も最強】

現代人に必須のデバイスといえばパソコンであることは間違いない。 サラリーマン兼ブロガーの私にとって、パソコンは人生に最も必要な存在だ。 デスク周りを充実させる流れで、ワイヤレスキーボードをLogicoolから発売されているG913 TKLを購入した。 巷では「史上最高」と名高いG913 TKL。 というわけで、この記事でゲーミングキーボードのLogicoolG913 TKLをレビューする。 目次1 G913 TKLは価格が高すぎて目眩がする2 Logicool G913 TKL2.1 角度調整は3段階2. ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/8/15

【PCモニターライト:Xiaomi Mijia】たぶんコスパ最強のPCモニターライト【さようなら眼精疲労】

デスク周りを充実させることにハマった。なぜなら私はブロガーだから。 Twitterでガジェットブロガーを名乗る人たちのブログやツイートを漁りに漁り回って、ついにデスクツアーの記事を作れるまでにデスク周りを充実させた。 PCモニターライトといえば「BenQ ScreenBar」という1万円超えのライトが一般的に使われているようだ。 しかし、モニターライトなんて手元を照らすことだけできればいい。それだけの機能に1万円を使うことができるだろうか?いやできない(反語) できる限り安く、そしてコードレスリモコンが付 ...

続きを見る

ガジェット 一人暮らし

2022/7/27

【デスクツアー】東京都在住サラリーマン一人暮らしブロガーのデスク周りを紹介する

私はガジェットやスマホが好きだ。 だからTwitterのフォローはガジェット系のつぶやきをしている人を中心にしているんだけど、ガジェットが好きな人はデスク周りのこだわりが強い人が多い。 そんな人達のツイートを見ているうちに「私もこんなデスク周りにしたい!」という気持ちが湧いてきた。 今回は32歳一人暮らしの底辺ブロガーのデスク周りを紹介する。 目次1 Before→Afterの写真2 電動昇降デスクFlexiSpot3 ノートパソコン:HP ENVY x360 154 PCモニター:LGゲーミングモニター ...

続きを見る

一人暮らし

2022/6/25

新卒・社会人からの一人暮らしはハードルが高い?【家賃の目安と選び方】

社会人になってから一人暮らしを始める人は多いと思う。 一人暮らしを始めるためにはかなりの出費が伴うし、始めたら始めたで身の回りのことをすべて自分でやらなければいけない。 とくに新卒で一人暮らしを始める人は、新しい生活と突然の出費でてんやわんやになってしまいがち。 今回は新卒・社会人で初めて一人暮らしをする人のために、具体的な費用や問題点についてまとめてみたので参考にして欲しい。 目次1 適正家賃は「手取り額の1/3以下」2 新卒・社会人の平均月収と家賃相場3 『家賃+10万円』が1ヶ月の生活費4 一人暮ら ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/6/26

【HP ENVY x360 15】コスパ抜群の型落ちノートパソコンを購入した話【モンスターノート】

HP ENVY x360 15 posted with カエレバ 楽天市場 Amazon Yahooショッピング サラリーマンにとってパソコンの買い換えは一大決心が必要な大きな出費だ。 現代社会で生きる上でパソコンは必須なデバイス。 このブログ記事もパソコンで作っているので、私の生活の中でパソコンを失うことは絶対に有り得ない。 今回はコスパ抜群の型落ちノートパソコン「HP ENVY x360 15」を購入したので、良かったところ・悪かったところを紹介する。 目次1 HP ENVY x360 15を選んだ理 ...

続きを見る

ライフハック 仕事

2022/5/31

すべての社会人が転職エージェントに登録しておくべき理由【ノーリスクで情報収集】

私は今までに2回の転職を経験している。 今働いている会社は3社目で現状では全く不満がないんだけど、転職エージェントには登録を続けている。 その理由は、転職エージェントに登録しておけば求人情報をいつでも検索できるからだ。 求人情報は見ているだけでも人生の選択肢は広がる。 「転職する気は無いんだけど…」という人でも、転職エージェントに登録しておいて損はない。 目次1 転職エージェントに登録しておくべき理由1.1 業種毎の同年齢の年収相場が分かる1.2 仕事の選択肢が多いことを理解できる1.3 完全無料でノーリ ...

続きを見る

-オーディオ