ガジェット

【G-SHOCK】ビジネスシーンでも使えるタフネス腕時計【ゴツくてカッコいい漢の腕時計】【G-STEEL B100D】

2021年7月18日

タフネス腕時計の代名詞といえばG-SHOCK。

その中でもG-STEELシリーズは、プライベートでもビジネスシーンでも使えるデザインで当然耐久力も抜群。価格もお手頃でコスパがかなり高い。
すでにG-STEEL S100Dという一つ前のモデルを持っていたんだけど、転職を機にメタリックでカッコいい『G-STEEL B100D』を購入した。

G-STEELは4万円で買える高コスパ腕時計

今回買い換えたG-STEEL B100はG-SHOCKシリーズの例にも漏れずコスパが高い腕時計だ。

耐久性が高く、デザインも無骨でカッコよく、プライベートもビジネスシーンでも身につけられる汎用性を併せ持つ。こんな腕時計が今まであっただろうか。いや無い。

使用期間を考えれば4万円は高くない。

G-STEEL B100Dの耐久力は抜群。

車にはねられても壊れないし、象に踏まれてもたぶん全損はしない。普段遣いでG-STEEL B100Dが壊れることはないので、仮に5年間使い続けることができれば1日当たり21.9円の出費にしかならない。

耐久性の低い腕時計を使うくらいなら、G-STEEL B100Dを買った方が8億倍良いに決まっている。

転職を機に買い替えた

5月にめでたく転職を果たした。年収も上がったし、東京に住み始めたし、2021年は飛躍の年になる気がする。
転職活動について書いた記事はコチラ。

人生で2回目の転職を決意した理由【転職は自分の価値を確認できる】

現在、私は転職活動の真っ最中だ。 私個人の転職歴は、今回の転職が無事に済めば2回めの転職になる予定だ。 転職にも人それぞれ理由があり大きく分けて2パターン「会社に不満を抱えて転職」「スキルアップのため ...

続きを見る

転職サイト『doda』を利用して年収が95万円アップした話【体験談】

2021年の5月から私は新しい会社に転職する。 新しいことをしたい、もっと深く踏み込んだ仕事がしたい、という気持ちが大きくなってきたので30歳になったことを機に転職活動を去年の秋口くらいから始めていた ...

続きを見る

東京に住む希望を書いた記事はコチラ。

東京に住むことに対する期待と不安【30歳で初の東京進出】

私は2021年5月から転職して東京都に住むことになる。 今まで栃木県、岡山県、福島県と移り住んできたけど、今回は人生初の主要都市への居住ということで様々な感情が入り混じっている。 今回は私が東京に行く ...

続きを見る

G-STEELは職場でも使える格好良いデザイン

G-STEEL B100Dはカッコいい。間違いなくカッコいい。(語彙力の喪失)

メタリックなベゼルと重厚感のある厚みが高級感を演出していて「これ本当にG-SHOCKなの?」と疑念を持たざるを得ないほどカッコいいデザインなんだ。

ちょっと見ただけではG-SHOCKだとは気づかれない。ビジネスシーンでも使えるタフネス腕時計がG-STEEL B100Dの正体だ。
ゴツくて素敵。

パッと見は高級腕時計のHUBLOT

G-STEELシリーズはあの高級腕時計HUBLOTの人気モデルのビッグバン連想させるデザイン。一瞬見ただけでは「あれ?あいつ高級腕時計つけとるやん!」と思われるに違いない。それだけHUBLOTに似ている見た目なんだ。

引用元:HUBLOT公式ホームページ

G-STEELシリーズをデザインした人は間違いなくHUBLOTのデザインをパクったに違いない。パクリは悪いことではない。良いものを真似て更に良いものを作り出すことが進化の鉄則なので、他社にパクられるだけカッコいいデザインを作り出したHUBLOTは間違いなく世界トップクラスの腕時計メーカーだ。

G-STEEL B100Dのスペック

構造・材質
  • ショックレジスト(耐衝撃構造)
  • ガラス材質:無機ガラス
  • ケース材質: 樹脂/ステンレススチール
  • ベゼル材質:ステンレススチール
  • バンド:ステンレススチール
機能
  • タフソーラー充電
  • バッテリーインジケーター表示
  • パワーセービング機能(暗所での省電力機能)
  • モバイルリンク機能(Bluetooth® SMART 対応機器との無線通信による機能連動)
  • デュアルタイム(ホームタイムの時刻入替機能付き)
  • ストップウオッチ機能
  • タイマー機能
  • アラーム機能
  • 日付・曜日表示
  • 12/24 時間制表示切替
  • LEDライト
防水性 20気圧防水
使用電池 二次電池
連続駆動時間

フル充電から充電なしの駆動時間

  • 5ヶ月
  • パワーセービング状態:2年間
サイズ 58.1×53.8×14.1mm
質量 101g
到着可能サイズ 約145~215mm

G-STEELは当然に頑丈過ぎる

G-STEEL B100DはG-SHOCKの派生シリーズなので、その耐久性は折り紙付きだ。

引用元:G-SHOCK公式ホームページ

G-SHOCKの耐久試験は全てにおいて頭がおかしすぎてヤバい。

ポイント

  • 水中に沈めてボタンを数万回押す
  • 1万ボルトの電気を流す
  • 人体が耐えられない程の遠心力をかけ続ける
  • コンクリートに機械で叩きつける

頭がおかしすぎる実験を詳細に書いてくれているサイトがコチラ。
https://oceans.tokyo.jp/watch/2020-1004-5/
引用元:OCEANS

G-STEELはタイマー・アラーム・ストップウォッチ機能搭載

「MODE」ボタンを押すことで3つの機能を切り替えて使うことができる。

ポイント

  • 「STW」がストップウォッチ機能
  • 「TMR」がタイマー機能
  • 「ALM」がアラーム機能

G-STEEL B100Dを身に着けていれば咄嗟な出来事にも対応可能。コンビニで買ったカップラーメンだってきっちり3分計りきることができる。

とはいうものの、私はこの機能を使ったことはない。アラームもタイマーもスマホで十分。まあ機能は多いに越したことはないし別にあって困るものじゃないから良いよね。

G-STEELはソーラー充電で半永久的に使える

G-STEELは電池交換をする必要がない。

なぜならG-STEELにはソーラー充電が採用されているので、普段身につけているだけで自動で充電され続ける。
太陽が出ている限り実質半永久的に稼働を続ける事ができるはずなんだ。

G-STEELの電池残量メーターはウルトラマンみたい

ソーラー電池の残量は左側のプロペラみたいなメーターで確認することができる。

「FIND」ボタンを押すことでプロペラが回って、電池残量を表示される。赤のメーターが多いほど充電残量が多い。
プロペラが回っている見た目はウルトラマンをどことなく連想させる。人によっては仮面ライダーのベルトかもしれない。どちらも詳しくはないから知らぬ。

G-STEELは光る

G-STEEL B100Dの「LIGHT」ボタンを押すことで文字盤の中のLEDライトが光る。これで夜間や暗い場所でも時刻を確認することができる。

ただし、LEDライトは文字盤の一箇所なのでお世辞にも見やすいとは言えない。でも腕時計が光るって男の子にはたまらないよね。

G-STEELの時刻合わせはスマホのアプリ同期

G-STEELの時刻は狂うことはない。
スマホにアプリをダウンロードしてG-STEELと同期することで、自動で正しい時刻に合わせてくれる。

1秒単位で狂いのない時間を指し示してくれる。これがスマホ社会の恩恵だ。
以前使っていたG-STEEL S100Dは時刻調整が手動だった。G-STEEL S100Dについて書いた記事は下記。

【G-SHOCK】高級ブランド「ウブロ」に激似のタフネス腕時計【逆輸入モデルは電波機能が無くて悲しい】

4年前に営業職に転職した私は、仕事中に身につける腕時計を探していた。 ある時にG-SHOCKシリーズの『G-STEEL』と出会い一目惚れをして、気づいたら通販サイトで注文。 1週間後には腕に付けていた ...

続きを見る

1日4回自動で同期

G-STEELの周辺にスマホを携帯しておくことで、1日に4回自動で時刻合わせをしてくれる。
スマホは常時携帯しているから、G-STEELの時間が狂うことは絶対にない。

ウレタンバンドに交換した

メタルバンドのモデルを購入したけど、毎日身につける物だから軽いほうが良い。

以前使用していたG-STEELに取り付けていたウレタンバンドを取り外して、G-STEEL B100のメタルバンドをウレタンバンドに交換した。交換した話を書いた記事は下記。

G-STEELのベルトを軽量化する【人生初のベルト交換】

腕時計は毎日身につけるもの。 毎日身につけるからこそ、重いよりは軽いほうが良いに決まっている。 前々から腕時計のベルトを金属のメタルバンドから軽量なウレタンバンドに変えようと思っていたところ、タイミン ...

続きを見る

メタルバンドはギンギラギンで格好良いんだけど、毎日つけているとちょっぴり重い。しかも仕事でタイピングをしているときに手首の負担が爆増したから、まだメタルバンドを使っている人は今すぐにウレタンバンドに交換をオススメする。

G-STEELは一度買えば実質一生使える

G-SHOCKシリーズの耐久力に加え、ソーラー電池を搭載しているG-STEEL B100Dは、一度購入すれば実質一生使うことができる腕時計だ。

ベゼルのパッキンが劣化したりすれば買い替えを検討しなければいけないけど、一般人がプライベートで使用する分にはそうそう壊れることはないだろう。

プライベートからビジネスシーンまでどんな場面でも身につけられるG-STEEL B100Dが、40,000円で購入できるのだからコスパが爆発していると言って差し支えないだろう。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ガジェット

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5