ガジェット

【G-SHOCK】高級ブランド「ウブロ」に激似のタフネス腕時計【逆輸入モデルは電波機能が無くて悲しい】

2020年8月23日

4年前に営業職に転職した私は、仕事中に身につける腕時計を探していた。

ある時にG-SHOCKシリーズの『G-STEEL』と出会い一目惚れをして、気づいたら通販サイトで注文。

1週間後には腕に付けていたんだ。衝撃的!

コスパ最高な上に格好いいんだけど、海外逆輸入モデルには電波での時刻調整機能が付いていないのでちょっぴり後悔している。

高級腕時計のデザインに激似

G-STEELのデザインは、あの高級腕時計ウブロのデザインに似ているので間違いなく格好いい。

あまりにも似すぎているのでパクリではないかと言われているが、洗練されたデザインだからこそ他社がオマージュするのは仕方がないことだろう。

日本車だって、海外車のデザインや機能を摘んで自社製品のスペックアップに繋げている。

優れた物だからこそ真似される。

オマージュは、ウブロが素晴らしいブランドであることの証明であり、決してウブロの価値を下げる行為ではない。

出会いは突然、営業の研修中に

転職して先輩営業マンとお客さん廻りをしていたある日のこと。

訪問先の会社の部長が着けている腕時計から目が離せなくなった。

すずき
あれ?ウブロ?

地方のお世辞にも大きな会社ではなかった。

こんなところで高級腕時計を着けていたら追い剥ぎにあっても文句は言えないだろう。

あまりにも気になったので聞いてみた。

これは「G-SHOCK」なんですよ。

G-SHOCKの外観のイメージはFROGMANだったので、まさに衝撃のデザインだった。

その日のうちにネット通販で購入をして、翌週にはG-STEELを身に着けていた。

庶民的なベストプライス

高級腕時計ウブロに似たデザイン。

さぞかしG-STEELもお高いんでしょう?

安心してください奥さん。

G-STEELは庶民でも買える良心的な価格なんです。

25,000~50,000円の間でG-STEELを購入することができる。

最新モデルになれば当然高いんだけど、型落ちモデルだと比較的安く買えるし、ネットショッピングでSALE価格になっている場合もある。

あの耐久力が売りの「G-SHOCK」なので当然のようにコスパは最強。

壊れることなんてほぼ無い。

【誤算】購入したのは『逆輸入モデル』だった

私が購入したのはG-STEEL「GST-S100D-1A4」。

G-STEEL逆輸入モデル

購入価格は約25,000円だったので、G-STEELの中でも一番安価なモデル。

あとから気づいたんだけど、この型番は海外からの逆輸入モデルだった

逆輸入モデルならでは欠点が隠されていて、買った当時の私は数年後に後悔することになるとは予想もしていなかった。

逆輸入版には電波時刻調整できない

G-Steelを買ってから3年後に、

すずき
あれ?腕時計の時間ズレてる?

ちょっとだけ時刻がズレている事に気づいてしまった。

実際に腕時計とスマホの時間を比べてみると、4分ほどのズレが発生していた。

時刻のズレ

改めて調べてから知ったんだけど、逆輸入版のG-Steelには時刻の自動調整機能である電波時計が付いていないんだ。

実は私が購入したG-Steelは逆輸入モデルだった。

全く気づかなかった。

逆輸入モデルの時刻調整は手動

国内モデルに自動時刻調整が付いているのに対して、逆輸入モデルの時刻の調節方法は手動。

時刻調整は手動

簡単にできるんだけど面倒くさい。

秒単位の調整になると手動では難しいのでそこもネック。

1年間で1分程度のズレであれば、年一回ほどの調整をしておけばいいので、「まあいいか」という気持ちで今は全然気にしてない(嘘)。

逆輸入モデルの方が安い

私が逆輸入モデルを知らずに購入していた原因がその安さによるものだった。

自動時刻調整が搭載されている国内モデルに比べて、逆輸入モデルは安い。

当時から私はケチだったのでよく調べもせずに逆輸入モデルを購入していた。

国内モデルと逆輸入モデルの価格差は約5,000円

この2つのモデルの価格差は約5,000円。

腕時計を買う金額としては大きな金額差にはならない。

5,000円の値差だけで、自動時刻調整が機能として付いているので買うなら国内モデルを買うべきだった。

かなしみ。

G-STEELの共通点

逆輸入モデルの悲しいポイントを上記してしまったけど、ウブロに似ているG-STEELシリーズのコスパは本当に最高

国内モデル・逆輸入モデルの共通点を紹介する。

G-STEELの共通点

  • 耐久力は抜群
  • 電池交換の必要がない
  • タイマー計測機能
  • LEDライト搭載

天下のCASIOのG-SHOCKはやっぱりスゴイ!!

耐久性はG-SHOCKなので抜群

かなり雑に4年間使っていたのに、ガラス面に傷は一つもない。

4年間で傷は全く無い

G-STEELはG-SHOCKシリーズの一つなので、その耐久性は折り紙付き

無敵の耐久力をいつでも発揮しているG-STEELこそ最強のタフネス腕時計だ。

G-STEELの耐久性

  • 耐衝撃構造
  • 20気圧防水

G-SHOCKの耐久テストはとにかく過酷で有名。

昔アメリカでは、アイスホッケーのクラブで腕時計を打って、キーパーがその腕時計を確認すると問題なく時刻を刻んでいたというCMが放送されていた。このCMは有名なので一度は見たことがあるかも知れない。

腕時計を力の限りハンマーで叩いたり、高速回転させながらガラス板に叩きつけている動画が公式のHPに掲載されているので一度見ていただきたい。

それだけのテストを乗り越えたG-STEELの耐久力は抜群。

もしも何かあれば、腕時計よりも先に私の腕の方がグチャグチャに壊れる。腕時計の耐久力を考える必要はないので安心。

電池交換が必要ない

G-STEELには、ソーラー充電機能が搭載されている

腕時計を身に着けて生活しているだけで充電されるので永遠に使える。

暗所に長期間放置してしまい、充電が切れてしまったことがあったけど太陽の光に一日当てていたら復活した。

ズボラな人でも、この腕時計を持っていれば安心。

タイマー計測機能を搭載

時間が分かるだけではなく、G-STEELなら時間の計測もできる

ボタンを押すとタイマー機能を開始

左下の[MODE]ボタンを押すことで、タイマー計測機能を選択することが可能。

タイマー計測機能

  • ストップウォッチ
  • タイマー
  • アラーム

特にアラーム機能は便利。

最大で5つのアラーム設定ができるので多様せざるを得ない。

LEDライト搭載で男心をくすぐる

耐久力も高く、これだけの機能を搭載したアナログ時計なのに、さらにG-STEELは光る

ライト機能は男子永遠の憧れ

男心を刺激する仕様は素晴らしい。

ウキウキが止まらないだろう?

メタルバンドは重い

メタルバンドは格好いいんだけど、ウレタンバンドより当然重い。

メタルバンド込みの重量は168g。

メタルバンドは重い

公式サイトに記載されているウレタンバンドの重量と比較すると、メタルバンドの方が50g以上重くなる。

軽量化を求める人はウレタンバンドに付け替える事をオススメする。

実は2020年10月にメタルバンドからウレタンバンドに交換した。交換したことを書いた記事は下記。

G-STEELのベルトを軽量化する【人生初のベルト交換】

腕時計は毎日身につけるもの。 毎日身につけるからこそ、重いよりは軽いほうが良いに決まっている。 前々から腕時計のベルトを金属のメタルバンドから軽量なウレタンバンドに変えようと思っていたところ、タイミン ...

続きを見る

最新モデルはパッと見は、ウブロのビッグバンにしか見えない

G-STEELの最新モデルは、多彩な機能が盛り盛りの状態をしっかりと維持。

見た目がよりウブロに似てきていて、遠目に見たらウブロのビッグバンにしか見えない。

近くで見るとデジタル時計の部分が絶妙にダサいのは内緒。

ウブロを普通に購入すると100万円以上するので、5万円程度で購入できてウブロより頑丈なG-STEELのコスパは最高。

購入するなら『国内モデル』を選んだ方が良い

国内モデルと逆輸入モデルの差は、電波時計調整機能が付いているかの違い。

国内モデルと逆輸入モデルの差額は、約5,000円。

G-STEELは高耐久で電池交換も必要ないので、かなりの長期間使用することができる。

長期間使用できる物だからお金を惜しむ必要はない。

例えば5年間使うとして、差額を日割り計算すると2.7円。

自動時刻調整の機能は、間違いなくその価格以上の価値があるので機能を搭載している国内モデルを購入しよう。

2回めの転職を機にGST-B100Dに買い替えた

2021年5月にめでたく転職をした。年収は上がったし、残業時間も減ったし、東京に住むことになって2021年は変化の年になるはずだ。

G-STEEL B100Dについて紹介している記事は下記。

【G-SHOCK】ビジネスシーンでも使えるタフネス腕時計【ゴツくてカッコいい漢の腕時計】【G-STEEL B100D】

タフネス腕時計の代名詞といえばG-SHOCK。 その中でもG-STEELシリーズは、プライベートでもビジネスシーンでも使えるデザインで当然耐久力も抜群。価格もお手頃でコスパがかなり高い。すでにG-ST ...

続きを見る

転職について書いた記事は下記。

転職サイト『doda』を利用して年収が95万円アップした話【体験談】

2021年の5月から私は新しい会社に転職する。 新しいことをしたい、もっと深く踏み込んだ仕事がしたい、という気持ちが大きくなってきたので30歳になったことを機に転職活動を去年の秋口くらいから始めていた ...

続きを見る

人生で2回目の転職を決意した理由【転職は自分の価値を確認できる】

現在、私は転職活動の真っ最中だ。 私個人の転職歴は、今回の転職が無事に済めば2回めの転職になる予定だ。 転職にも人それぞれ理由があり大きく分けて2パターン「会社に不満を抱えて転職」「スキルアップのため ...

続きを見る

年収が約100万円増えたのでマジで不満はない。これから価値観が変わる可能性は大いにある。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ガジェット

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5