オーディオ

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット

耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。

私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。

骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。

耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット

通常はイヤホンと言えば耳を夫妻で音楽を楽しむデバイス。

しかし今回購入したMu6 Ringは、耳を塞がずに音楽を楽しめるという珍しい特徴を持ったデバイスなんだ。

耳を塞がないイヤホンといえば骨伝導式が有名だけど、Mu6 Ringは空気伝導式を採用している。

空気伝導式とは、要は小さなスピーカーが耳の近くに搭載れているイメージを持って貰えればわかりやすいと思う。

骨伝導式と違って振動しないので、こめかみが痒くなったり、骨に振動が伝わる事が不快に感じる人でもMu6 Ringなら快適に使用ができる。

Mu6 Ringのスペック

スピーカータイプ 空気伝導式
サイズ 157mm ×121mm ×20mm
重量 約35g
再生時間 約9時間(連続再生時間)
約200時間(最大待機時間)
充電ポート micro USB
対応コーデック SBC / AAC
防水規格
ノイズキャンセリング
ワイヤレス充電

正面から見るとただの輪っかにしか見えない。

物理ボタンは右側に配置されている。

左側には何も無し。

スピーカーは左右に2箇所づつ。

スピーカー部は可変式。

11段階まで調整が可能。

操作パターン

音楽再生時

  • 中央ボタン1回:音楽の再生/停止
  • 右長押し:次の曲
  • 左長押し:前の曲
  • 右1回:音量を上げる
  • 左1回:音量を下げる

通話・音声アシストなど

  • 中央ボタン1回:通話開始/終了
  • 中央ボタン2秒長押し:着信拒否/電源を入れる
  • 中央ボタン5秒長押し:ペアリングモード
  • 中央ボタン2回:音声アシスタント(Googleなど)

他のイヤホンでは味わえない開放感

通常のイヤホンは耳の穴を塞いで音楽を聞くのが当たり前だけど、Mu6 Ringは全く耳を塞がないので開放感がよい。この開放感はMu6 Ringを手にした人間しかわからない感動だ。

装着しても不快感はなく、こめかみの位置に滑り止めが搭載されているので頭を強く振ってもMu6 Ringがズレにくい。

安定感がスゴいわりに締め付け具合は強くない。不思議。

音質はクリアでほぼスピーカー

耳を塞いでいないのでスピーカーから音が出ているような表現に近い。

音質はとてもクリアで長時間音楽を聴いていても危機疲れをしにくい。

イヤホンで音楽を聴いていると言うよりは、スピーカーで音楽を聴いているような感覚。というよりもほぼスピーカーと言って相違ない。

「開放感>音質」なのは間違いないので、音質にこだわるならMu6 Ringではなく完全ワイヤレスイヤホンを買ったほうがいい。

大音量だと音漏れをする

Mu6 Ringはスピーカーを耳の近くに持っていくようなイメージなので、音量を上げると音漏れをしやすい。

音漏れをしていると言ってもハッキリと聞き取れるほどの音漏れにはならないだろうが、静かな場所でMu6 Ringを大音量で使用してしまうと「あいつ何か音楽を聴いてるな」くらいには気づかれる。

そこそこ環境音が大きい場所であれば音漏れは気にならないだろうけど、静かな場所でMu6 Ringを使うときは注意。

35gの超軽量ボディ

Mu6 Ringはイヤホンに比べて大きい躯体のわりに35gと比較的軽量。

実際にMu6 Ringを装着してみると頭部を締め付けるようにして固定されるので、荷重が分散されて35gよりも軽く感じる。

ねじれにも強くてどんな頭の形状でも対応できそうな柔軟性もMu6 Ringは持っている。

最大9時間のバッテリー持ち

Mu6 Ringはフル充電で最大9時間の連続再生が可能。

1日なら問題なく使い続けることができるバッテリー性能。

待機時間も非常に長くて最大200時間もスタンバイ状態を保つことができる。

バッテリー持ちは良いと言うものの、完全ワイヤレスイヤホンのように充電ケースは付属していないのでこまめに充電をしておくことをオススメする。

【デメリット】充電端子がMicro USB

Micro USBを採用するのはやめろ!

Type-C端子で充電できるスマホもイヤホンも増えてきているのに、なんでMicro USBを採用したのか。

当然のように無線充電にも対応していないのでMu6 Ringを充電するにはMicro USBを使うしか無い。つらい。

【デメリット】通話の声が遠く感じる

通話はできないわけではないけど、あまり快適ではない。

とくに相手の声は遠くに感じてしまって、通話中に聞き返してしまうことが多かった。

駅や店内などの騒がしい環境だとこちらの声も伝わりにくくなり、相手の声も聞こえにくいので環境音の大きい場所での通話はほぼ出来ない。

通話目的でMu6 Ringを買うことはオススメできない。

【デメリット】防水非対応。スポーツタイプなのに。

Mu6 Ringは防水性能が備わっていない。スポーツタイプなのに。(倒置法)

耳を塞がないのでランニングなどのスポーツをしている時に最適なヘッドセットのはずなのに、防水非対応ってどうゆうこと?

野外で使用する際は雨や汗で濡れてしまわないように注意が必要。なんでやねん。

【デメリット】メガネを着けていると痒くなる

Mu6 Ringとメガネのツルが重なって干渉することで、こめかみにメガネのツルが押し当てられる。

公式ではメガネユーザーのための凹みがアピールされているけど、この凹みはクソの役にもたたなすぎてヤバい。凹みが小さすぎてメガネのツルに合わせてセットすることはほぼ不可能。

メガネをずらしたり、Mu6 Ringの先端を真っ直ぐにすれば、メガネに当たらないように装着する事が可能なだけど、Mu6 Ringの本来の性能を発揮できないのでメガネとMu6 Ringの相性は悪い。

Mu6 Ringは面白いヘッドセットデバイス

耳の穴を塞がないことで得られる開放感はイヤホンやヘッドホンを使用している人では味わうことの出来ない体験だ。

私がメガネをかけていなかったらMu6 Ringを毎日つけていたいと思うほど装着感は良い。

装着感・開放感が良いだけに、防水非対応、通話品質に難あり、メガネとの併用が難しいというデメリットが非常にもったいない。まあメガネとの併用は多くには当てはまらないかもしれないけど、私にとっては死活問題。

次回作は防水性能と通話品質を向上することを願う。

更に願わくば我々メガネユーザーに配慮をした製品であることも。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-オーディオ