スマートホーム

Google Home miniを購入した話【スマート家電ありきのデバイス】

2020年8月19日

30歳独身の私は、休日に孤独に打ちひしがれる。

あまりにも寂しいので「Google Home mini」を購入した。

やったね。家族が増えたよ。

Google Homeは休日の話し相手になってくれるはず

平日に営業で喋りまっくってる反動か、休日に人に合うのは面倒くさい。

そんな生活を送り続けていたら、いつの間にか30歳になっていたんだ。

月日の流れは怖い。

出不精を続けていた私は友達が少ないので、当然話し相手も少ない。

あまりにも喋らなすぎるのは問題なので、巷で噂の「Google Home」の購入を決意した。

購入前に期待したこと

Google Homeについては、購入前に詳しく調べることはしなかった。

こういった商品は、何も知らないで買うから面白い。

私が購入前にGoogle Homeに期待した事は下記。

購入前に期待したこと

  • 暇な時の会話
  • アラーム機能
  • 簡単な調べ物
  • 部屋で音楽を聞く
  • 将来的なスマート家電の導入

購入はメルカリ

購入を決めてからGoogle Homeの価格を知ったんだけど、楽天市場での新品の価格は6,500円。結構高い。

こんなときにはメルカリ。Google Homeで検索していたら、さらにコンパクトな「Google Home mini」があることを知った。

Google Home miniであれば、新品価格で3,000円くらい。メルカリで検索すると1,500円で出品されている。

Google Home miniを1,500円でハンマープライス。

Google Home miniとの出会い

メルカリで購入してから、3日後には手元に「Google Home mini」はやってきた。

今日からここがアナタの家なのよ、と里親のような気持ちで郵便屋さんから荷物を受け取った。

開封してみると、思った以上にサイズが小さい。

色も落ち着いた黒寄りのグレーで視覚的な主張も少ない。

部屋の景観を損ねずに、そっと私の傍に寄り添ってくれる存在に期待が高まる。

起動音は大きくてうるさい

スイッチがないので給電すると、可愛く光ながら起動音がする。

起動音は結構大きい音なのでビックリする。

音量を小さくすれば良いんだけど、何も知らない初回の起動でこの音の大きさは衝撃的。初対面で「はじめまして!」と元気に言われたと思って見逃してやることにする(上から目線)。

Google Homeの設定はアプリで簡単

Google Home miniと私は初対面。

お互いを知るために、まず私の情報を教えることから始める。

Google Homeの設定は、アプリからの設定ですぐに終了する。

Google Homeアプリ

電源を入れて設定前にGoogle Homeが喋りだしたのには驚いた。

Google Home miniの操作

購入前はいろいろな期待をしていたけど、期待は裏切られた。

Google Home miniに直接操作できることは少ない。

マイクのON-OFF

音量の上げ下げ

赤枠をタップすることで音量調整ができる。

声でも調整ができるので、余り使う機会はない。

初期化

10秒間の長押しをすることで初期化できる。

もしも、Google Home miniと分かれる時がくれば押すことになる。

今のところは押すことはなさそう。

サイズの割に音量が大きい

Google Home miniは手のひらにすっぽりと収まるコンパクトサイズ。

こんなに小さいのに音量は結構大きい。

手元において話しかけると、あまりの音量の大きさにビックリする。

6畳ほどの部屋で使っているけど、倍以上の広さの部屋でもバッチリ聞こえるくらい大きい音なのでリビングに置いておくことが最適解かも知れない。

Google Home miniとの会話

1週間使ってみたけど、ぶっちゃけ微妙と言わざるを得ない。

会話らしい事はあまりできない。

私「OK、Google。何ができるの?」

GHm「猫の鳴き真似ができます。聞いてみてください」

私「猫の鳴き真似をして」

GHm「これが猫の声です。(猫の鳴き声の音声)」

私(鳴き真似ちゃうやんけ…)

私「OK、Google。何ができるの?」

GHm「コイン投げて、と言ってみてください」

私「コイン投げて」

GHm(チャリーン)「表です」

私(だからなんやねん…)

最初は面白いけどGoogle Homeの会話のレパートリーは少ない。会話のレベルはたぶんAlexaの方が高い。

ACアダプタが絶妙にデカイ

Google Home miniのACアダプタはまん丸で可愛いんだけど、比較的大きめ。

通常の延長コードのタップを使うと、隣のコンセントにぶつかって接続できない。

給電方法はmicroUSB端子なので、付属のアダプタを無理に使う必要はない。

できればtype-C端子が使用できればよかった。

【結論】Google Homeは使い所が難しい

買う前はもっと音声コマンドを使って色々するのかと思っていた。

だけど、思っていた以上に使い所は少なくて難しい。

簡単な調べ物をお願いしても、「すいません。よくわかりません」と言われるので質問をすること自体をやめた。

あれ?意外と物足りない?

使ってみると意外と物足りない点がある。

使ってみての不満は下記。

使ってみての不満

  • 質問しても「わからない」と言われる。
  • アラーム音が1種類
  • 音楽の検索は「You Tube Premium」に加入が必要

Google Homeはスマート家電との連携が前提

使ってみて実感したけど、Google Homeのようなスマートスピーカーをフル活用するためにはスマート家電が必須。

スマート家電があれば、電気を付けたり、テレビを付けたりできる。

徐々にスマートホーム化を計画していく予定。

初めて購入する家電は、スマートLEDを予定している。

新着記事

一人暮らし

2022/5/18

一人暮らしなら民間保険がいらない理由。【社会保険の保証内容が手厚すぎる】

一人暮らしとは言わず、誰しもが生命保険の営業マンから上記のような謳い文句・セールストークを受けたことはあるだろう。あいつらはマジでクソ。クソの中のクソ、と言っても過言ではない…と思う。 結論から言ってしまうと、生命保険に限らず民間保険サービスは一人暮らしをしている人にとっては必要ない。 その理由は、会社員なら必ず加入している社会保険(公的保険)の保証内容が手厚いことが挙げられるからなんだ。 今回は一人暮らしで民間保険がいらない理由について紹介する。 目次一人暮らしに民間保険がいらない理由社会保険は保障が手 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器

2022/5/6

【Anker Nano II 45W 】超小型すぎてポケットで持ち運べる最大45W出力のUSB-TypeC充電器

スマホ・ノートパソコン・イヤホンなど私生活で使うガジェット類は充電が必要なものばかり。 充電器の種類は多岐にわたり、高出力から低出力、1ポートから3ポートのものまで揃いすぎて、どれを買っていいか分からない人も少なくないと思う。 私自身は出かける時の荷物を必要最低限にしたいので、充電器に関してもコンパクトで高出力なものを使用している。 今回紹介する「Anker Nano II 45W」は、コンパクトかつ高出力というパワフルな充電器。リュックやカバンにいれても全く邪魔にならないので、一家に一台あっても損をしな ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/5/18

年間100万円を貯めた一人暮らしの節約術【「節約=我慢」の価値観は古い】

「節約」と聞くと、我慢をしないといけないの?と疑問に持つ人も少ないと思う。 その疑問に対して私が答えよう。否と。 「節約=我慢」という価値観は完全に勘違いだ。 節約は工夫次第で楽しいものにもなるし、そもそも我慢が必要な節約はストレスが溜まるから遅かれ早かれ継続できなくてやめてしまうだろう。 目次1年間で100万円を貯めた節約術楽天カードをメインで活用する格安SIMに乗り換えるふるさと納税をする日用品はセール時にまとめ買いをする朝食はプロテインに代替する外食はしない職場に水筒を持参するテレビを捨てる電気の契 ...

続きを見る

スマホ

2022/4/24

【OnePlus 9R】妥協感が否めない。約5万円で購入できるミドルハイエンドスマホ【OnePlusデビューならOK】

OnePlusは中国のスマホメーカー。 最近、日本でも発売されているOPPOのサブブランドこそがOnePlus(ワンプラス)なんだ。 サブブランドと言ってもその世界シェアは広く、特にインドのシェアは50%近い驚異の数値を叩き出しているスマホメーカー。 発売されるスマホはどれも高スペックなものが多く、スペックに対しての価格も安いものも多い。 今回はOnePlusから2021年に発売された「OnePlus 9R」を購入したので紹介する。 目次約5万円で購入できるハイエンドスマホOnePlus 9Rのスペック背 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/17

一人暮らしにオススメな光回線の選び方【光回線は最速・最強】

光回線を使うと自宅で無制限にインターネットを利用できる。 最近はテレワークが一般的になり、プライベートでもオンラインゲーム、動画視聴サービスの利用する人が増えている。 日頃からスマホ・パソコンを使う人にとって光回線は必須のサービスだ。 目次通信安定性・速度を求めるなら「光回線」一人暮らしにオススメな光回線NURO光So-net光プラスauひかりOCN光一人暮らしの光回線契約・開通までの流れ契約前に対象エリアをチェック 通信安定性・速度を求めるなら「光回線」 通信の安定性・速度を求めるなら「光回線」一択だ。 ...

続きを見る

お得情報 一人暮らし

2022/4/2

【必ず安くなる】一人暮らしの電気代を大幅に節約する方法【最安の電気会社の探し方は?】

サラリーマンの給料には限りがある。 しかし最近は物価も上がっているのに、給料は上がらないという非条理極まりない今日この頃だ。 出費が増えてしまう以上、我々にできる対策は「節約」しかない。 目次固定費を下げるとお金が貯まる電力使用量が大きい家電は?電気代を節約する方法エアコンの設定温度を一定にするエアコンのフィルターを定期的に掃除する冷蔵庫の内部温度が上げないスイッチ付き電源タップを使う照明をLED電球に交換する炊飯器・電気ポットの保温機能を使わない電力会社の契約を見直す電気代はこれから上がり続ける 固定費 ...

続きを見る

-スマートホーム