ガジェット

薄さ約5mmの激薄財布MiniX2.0【その収納力は侮りがたし】

2021年1月4日

キャッシュレス化が進む現代。

クレジットカード決済、スマホのFeliCaやQRコード決済が一般化している。

現金を持ち歩くことが減りさらにはポイントカードもスマホで読み込んで利用できるようになったので大容量な財布は現代人には必要ない。

大きい財布はポケットの中で確かな存在感を示していて、座ったり立ったりすると邪魔。そもそも外出する時に荷物は少なくて軽い方が良いに決まっている。

コンパクトな財布は持っているだけでスマートでスタイリッシュな男性を演出できるはず。…はずなんだ!

この記事では激薄過ぎる財布Minix2.0を手にしたファーストインプレッションを紹介する。

人生初のクラウドファンディング製品でもあるから到着を心待ちにしていたのは内緒。

コンパクトな財布で持ち物が洗練される

日本人の男性で小型のカバンを使っている人は多い。

かくいう私もボディバッグを所持していて2年前までは常用していたんだけど、アメリカ人の友人から「小型カバンを持っている男なんてアメリカでは殆どいないよ!化粧品でもいれるのかい!?HAHAHA」と冗談交じりに言われたんだ。

海外の人は大げさに例えるから気にしても仕方がないけど、言われてみると確かに外出する時の荷物を厳選すれば小型カバンなんて必要無い。

荷物が入るバッグを選ぶのではなく持ち運ぶ荷物を厳選することが重要。外出時に身軽なら何をするにも気兼ねなく行動ができるようになるからだ。

軽量化できる最たるものが財布に他ならない。

どんな小さいポケットにもスッポリ収まるコンパクトな財布を選ぶことで気兼ねない楽しい外出が可能になるんだ。

現金払いは損をする

現代では現金を使うメリットは殆どない。

財布の中が重くなるだけではなくて、銀行で現金を下ろす時の手数料も無駄だし、現金を下ろすためにATMの前で並ぶ時間も無駄。

それに比べてクレジットカードやスマホの電子決済は手数料が発生することもなく時間の損失も無い。さらにはクレジットカードを使うことでカード会社の独自ポイントが付与される。カード払いで使った分だけポイントが還元されるから、ポイント分が返ってくるだけで現金払いよりもお得なのは分かってもらえるだろう。

キャッシュレス生活は楽でお得だから、まだ現金払いを日頃からしている人はちょっとずつでも現金離れをすることがオススメ。

Minix2.0は激薄の財布

Minix2.0は㈱メイクユアハピネスという会社がクラウドファンディングで販売している収納力が高いキャッシュレス用の財布

タイトルでも書いたとおりMinix2.0はマジで激薄。

外観

表面

裏面

その薄さは驚異の約5mm。

サガミオリジナルも驚愕するだろうその薄さ。財布とは思えないぐらいペラペラ。

さらに柔軟性も高くてすぐ曲がる。超曲がる。

グニャグニャ曲がる

そして重さは21g。メーカーが謳っている重量は約20gなので嘘偽りなし。

ちなみに単三電池の重量は約26gなので、Minix2.0は単三電池よりも軽い。ヤバすぎ。

誇大広告を暴きたい(願望)

世の中には嘘がたくさん潜んでいる。

サンタさんは実在しないし、コーラを飲んでも骨は溶けないし、ガムの飲み込んでも消化に7年もかからない。

数々の嘘を乗り越えて30歳にたどり着いた私は捻くれているから、メーカーの謳っている公称スペックが本当なのかを実際に調査する。

さあ、いってみよう!

本当に12枚もカードが入るの?

メーカー側は「カードが12枚入る」と謳っている。財布の薄さがたった5mmなのにカードが12枚入るだと!?

にわかには信じられないからカードを入れる前にカード12枚とMinix2.0を並べてみた

minix2.0とカード12枚

実際比べてみると2倍くらい差があるから収納できるはずがない。これは勝ったな(フラグ)。誇大広告を暴いてしまった(フラグ)。

いざ鎌倉!と言わんばかりにカードを収納してみると…

カード6枚

カード6枚が収納できた

ん?6枚入ったぞ。まあまあこれぐらいは余裕でしょう。

カード10枚

10枚入れてもまだ余裕

んん?10枚入った。いやいやこれでMinix2.0はいっぱいいっぱいでしょう。

残り2枚のカードを入れる

カード12枚を収納できた

しっかり12枚が収納できた。できてしまった。弾性バンドの拡張力高すぎ。

さらなる可能性を求めて無理矢理13枚目のカードをねじ込んでみると…

13枚目をねじ込み…

収納完了

しっかり収納できた!やるじゃないか…!!(驚き)

ここまでくれば私はMinix2.0、お前の限界を知りたい。というわけで限界までカードをねじ込んだ結果…

18枚のカードを収納した(無理やり)

18枚のカードを収納できてしまった。ごまかしを許さないために全てクレジットカードくらいの厚さのカードを使ったのにこれだけの収納力を発揮した。

弾性バンドの収納力マジでヤバすぎ。

本当に硬貨が16枚入るの?

すでにクレジットカードを18枚収納できるポテンシャルを存分に披露してくれたMinix2.0。

硬貨が16枚入ることは目に見えているけど、全てが500円硬貨だった場合でも同じことが言えるのだろうか?

500円硬貨が16枚は入るかもしれないけれど、16枚の硬貨を入れた状態で財布を逆さまにして500円玉が落ちてしまう財布が機能を果たしていると言えるだろうか?いやない(反語)。

日々のキャッシュレス生活で溜まりに溜まった小銭貯金が役に立って、500円硬貨を16枚用意したからMinix2.0にねじ込んでいく。

500円硬貨16枚

小銭ポケットに投入

16枚の硬貨は問題なく収納できた。

逆さまにして硬貨が落ちたら財布として不合格の烙印を押してやる!いざ!

硬貨16枚でも落ちない

落ちない!すげー!!

なんとか無様な姿を晒して欲しいから+4枚の500円玉を投入する!是が非でもMinix2.0の敗北の姿が見たい。

追加で500円硬貨4枚

合計20枚の硬貨が収まった

20枚入っちゃったよ…。でも勝負はここからだ。いざ!

落ちない!しかも500円玉20枚入れても蓋ができる。

これはもう完敗です。御見逸れしました。

本当に紙幣が10枚入るの?

いや絶対に入るでしょ。

たぶん余裕でお札が10枚入る

間違いなく余裕で入るから検証すらしない。してあげない。

想像以上の収納力をもつ財布

Minix2.0はキャッシュレス生活に合わせた薄い財布だから、カードを18枚入れるような人や500円硬貨を20枚入れるような人は使わない。

そんな人は長財布を使用するだろうし、そもそもキャッシュレスな生活を送るなんて夢にも思っていないはず。

圧倒的な収納力のポテンシャルを見せつけてくれたMinix2.0はキャッシュレス生活の入門用の財布としては最適かもしれない。

予想を遥かに超えた収納力だけど、オーバースペックであることで困ることなんて一つもないから無問題。

価格が安いからキャッシュレス入門用としてオススメ

キャッシュレス用で有名なのが薄い財布の定番のabrAsus(アブラサス)。しかしabrAsusは15000円と財布としてはかなり高価。

私が普段から常用している財布のSECRID(シークリッド)も8000円位でabrAsusよりは安いけど、試しに買うにしては大きい金額の買い物になってしまう。SECRID(シークリッド)について書いている記事は下記。

【財布】男子が喜ぶギミック付きの財布SECRID【強制キャッシュレス化】

大きい財布がポケットから飛び出しているのは見た目が良くない。 かくいう私も今までずっと、スーツのポケットから長財布が顔を覗かせていた。 長財布は大きくて重いので、軽くてコンパクトな財布がいつか欲しいと ...

続きを見る

その点でMinix2.0は約2000円とかなりリーズナブルな価格で、キャッシュレス生活が合わなくて諦めても損失は少ない

しかも収納力が高いから小銭入れとしても使える。

これからキャッシュレス生活をしようと考えているけどできるかどうか不安な人にとってMinix2.0は最高の選択肢になりそう。

今回はあくまでも私のファーストインプレッションだからMinix2.0を使っていくことで悪い点が見つかったり、今回気づけなかった良い点が見つかる可能性は大いにある。

現段階での私のMinix2.0はこんな感じ。このまま好印象を維持してくれることを願う。

クラウドファウンディング『Makuake』

minix2.0の購入はコチラ

時期によって販売していない事があります。

新着記事

オーディオ

2021/10/23

【Mu6 Ring】耳の穴を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット【メガネ+長時間使用だとイマイチ】

耳の穴を塞がないヘッドセット 耳を塞がないイヤホンと言えば骨伝導式が有名。 私もスポーツ用としてAfterShokzから発売されている骨伝導式イヤホン「TREKZ AIR」を使っている。しかし骨伝導式はこめかみ部分が震えて音を伝えるので、こめかみが痒くなった仕方がない。 骨伝導式のデメリットを解消したと噂の「空気伝導式」のイヤホンを見つけたので、早々にAmazonで購入してレビューをする。 目次1 耳を塞がないオープンイヤー式ヘッドセット2 Mu6 Ringのスペック3 他のイヤホンでは味わえない開放感4 ...

続きを見る

パソコン・周辺機器 生活が豊かにならない

2021/10/20

【Wi-Fi5は買うな】無線LANルーターを買い替えたけど通信速度が遅くなった話【カタログスペックに騙されるな】

2021年某日、久しぶりに大失敗な買い物をしてしまった。 無線LANルーターに接続するデバイスが増えたので、新しく通信速度が早い無線LANルーターを楽天市場で購入したんだけど、通信速度は逆に遅くなってしまった。 私自身は無線LANルーターにあまり興味がなくて、カタログスペックで通信速度が早いものをあまり考えずに購入したら通信規格が古いルーターだった。 我が家のWi-Fiが遅くなりまくって、休日を1日無駄にしたから恨み辛みをこの記事にぶつけたいと思う。 目次1 通信速度が1200Mbps→866Mbpsにダ ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/17

【AZLA SednaEarfit XELASTEC】イヤホンのイヤーピースを交換したら世界が変わった話【吸い付くような極上のフィット感】

吸い付くような極上のフィット感 私は音響マニアではない。イヤホンは耳から落ちなければいいし、音質にもそこまでこだわりは無い。強いてあげるとすれば、音声が聞き取りやすくて、低音域を強く表現できるイヤホンなら嬉しい程度。 だがブログを書いていると様々な記事を目にすることがあって、とあるブロガーさんの記事を見ていて「イヤーピースで完全ワイヤレスイヤホンは生まれ変わる」と気になるワードを見つけた。 記事の内容にもかなり惹かれたので楽天お買い物マラソンに合わせて、アユートから発売されているイヤーピース「AZLA S ...

続きを見る

オーディオ

2021/10/16

【SOUNDPEATS SONIC】5,000円以下なのに35時間長時間バッテリー、高音域良好、デザインも格好良い完全ワイヤレスイヤホン

世の中にはどんどんコードレスのイヤホン、所謂「完全ワイヤレスイヤホン」が増えている。 完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが有名。だけどみんながAirPodsを買わない理由って価格が高いからだよね。 今回私が購入した完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS SONIC(サウンドピーツ ソニック)は、なんと5,000円以下で買えるのに長時間バッテリー、音質良好、デザイン良好のコスパモンスターなイヤホンだった。 目次1 5,000円以下なのに長時間バッテリーのコスパ抜群のイヤホン2 SO ...

続きを見る

スマートホーム

2021/10/10

【Switchbotカーテン】全自動開閉カーテンが一人暮らしの部屋にやってきた【清々しい目覚めを求めてたけど、モーター音がうるさい】

Switchbotカーテンは名前の通り、カーテンを自動開閉できるようになるスマート家電。 私の部屋はシーリングライト、エアコンをスマート家電化している。次はカーテンをスマート家電化してやろうと思って、Amazonのセールに合わせてSwitchbotカーテンを購入した。 今回は一人暮らしでSwitchbotカーテンを導入してみた結果について記事にする。 目次1 カーテンを自動で開けてくれる…けどモーター音がうるさい2 Switchbotカーテンのスペック3 取り付け・セットアップ4 加速度センサーで半自動開 ...

続きを見る

スマホ

2021/10/3

【HUAWEI P30 Pro】Google搭載された最後のHUAWEI製フラグシップスマホ【悲運の名作】

中国の最大手スマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ、華為)。 2018年まではAndroidスマホ界のトップを走っていたメーカーだけど、世界の警察アメリカの思惑でトップの座から引きずり降ろされてしまったんだ。 今回はそんなHUAWEIから2018年に発売されたP30 Proを購入したので紹介する。 目次1 HUAWEI最後のGoogle搭載スマホ2 P30 Proのスペック3 P30 Proは鏡面加工でスマートなデザイン4 P30 ProのカメラにはLEICAレンズを採用5 P30 Proは防水対応なの ...

続きを見る

-ガジェット

© 2020 ゴリブロ Powered by AFFINGER5